賞状書士 資格 講座

賞状書士の資格:検定試験の概要

賞状書士

◆賞状書士の資格:検定試験ガイド!

  • 【資格試験名】: 賞状技法士(賞状書士・賞状書法士)
  • 【受験資格】: 日本賞状書士協会の「賞状書士養成講座」もしくは「毛筆プロ養成講座」の全課程を修了した人
  • 【資格の種類】 民間資格。3級、2級、1級があります
  • 【試験日程】: 毎月実施

 

 賞状書士の資格詳細を見る


賞状書士の資格取得後は、どんな仕事があるの?

◆賞状書士の資格を取れば、どんな仕事をするんでしょうか?

 

・賞状書士は賞状の筆耕だけではなく、祝儀袋の表書き・招待状の宛名書き・表札・胸章など、仕事の需要は豊富、幅広く活躍することができます。在宅ワーク の可能性もありますし、副業、内職、アルバイトには最適 ではないでしょうか。

 

気になる賞状書士の収入は?

 

・一般的な賞状の報酬は1枚2000〜5000円、慣れれば賞状1枚を1〜2時間でこなせ、時給換算で約2500円が相場、貴重な専門技能です。

 

◆賞状書士の職場と将来性は?

 

・賞状書士の働き場所は、官公庁、一般企業、デパート・スーパー、印刷会社、イベント会社、
学校・団体、ホテル・地域の自治会やサークルなど、で喜ばれる活躍ができるでしょう。
パソコンなどのITが普及している現在、毛筆文字の存在は随分ずいぶん貴重になっているので、文字の資格は、とても将来性のある専門技能 と言えます。
・お中元、お歳暮や冠婚葬祭など、ことあるごとに賞状書士としての仕事の需要は尽きません。

 

詳しい資料はこちら  賞状書士の資格詳細

 

文字の資格:まとめ
賞状書士の資格は、筆を使って賞状を書く筆耕技能を認定する資格です。現在、パソコンが普及したとはいえ、文字の資格はいまだに豊富な需要があります。まず、「がくぶん総合教育センター」の通信講座で、賞状を書くための書道としての筆力や、文字の大きさ、レイアウトのセンスなど、具体的なスキルを学ぶことが先決です。賞状書士の検定試験は、賞状書士養成講座の修了時に受験可能となります。試験の種類は、賞状書士(賞状技法士)1級、賞状書士(賞状技法士)2級、賞状書士(賞状技法士)3級があります。合格率は(1級)が約15%程度のようです。賞状書士の求人募集は、なかなかみつけにくいですが、賞状書士求人情報掲示板などをチェックしてみるといいでしょう。