2008年06月17日

『看護師の資格』

看護師の資格について紹介したいと思います。看護師というのは医師の指示に従って専門的な知識や技術を使って診療を助けたり色々な病気や障害のある人の看護をするのが看護師の資格の仕事です。看護師の資格の合格率は94パーセントと言われています。看護師の資格は専門の看護学校で看護師の資格についての色々な勉強をしてから試験を湯検するので、比較的合格率が高い試験と言われています。看護師の資格を取得してからの就職先としては、病院や介護老人施設などで働くことができ、看護師の資格は結婚してからも続けることが出来るために、将来的にもとても役に立つ資格だといわれています。看護師の資格を取ってからの看護師としての仕事は、体や心、生活環境などをケアしながら看護することが主な仕事です。看護師の資格の受験資格は高校を卒業してから指定された学校で三年以上看護学課を修了した人など、看護師の資格の受験資格があります。看護師の資格の日程は大体毎年2月くらいになっています。看護師の関連している資格としては准看護師の資格や、保健師の資格、自衛隊看護学生などの資格が他にもあります。看護師の資格は一生続けていける年齢に関わらない仕事として人気がありますが、まだまだ給料の面では厳しい病院が多いようです。

sikakudoor at 05:34 この記事をクリップ!
リンク
Categories
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ