以前は、経理部や財務部がといった直接お金を管理する部署の人たちが取得を目指す資格だった簿記検定。
しかし、最近では営業部でも取得を推奨する会社が増えてきている。

その主な理由としては、
簿記の知識というものは経営管理や経営分析の基礎技能になるためだと考えられる。

これから先、キャリアアップを目指すサラリーマンにとっては、
持っていれば有利な資格になっていくだろう。
また、学生の就職にも有利に働くと言われているので、
学生さんは早めに取っておこう。