CADの資格!CAD利用技術者試験、CADトレース技能審査 : 女性のための資格取得&選び方ガイド

トップページインテリア・建築・雑貨系の資格CADの資格!CAD利用技術者試験、CADトレース技能審査

インテリア・建築・雑貨系の資格

CADの資格

CADは設計・製図のプロフェッショナル

CADの資格には次の3つの種類があります。

1、『CAD利用技術者試験』
2、『CADトレース技能審査』
3、『建築CAD検定』


1、『CAD利用技術者試験』は、民間の資格です。

多数のCADソフトベンダーや教育機関が参加する
パーソナルCAD資格試験として、受験者が多い人気資格です。

就職や転職に有利な資格となっていて受験者も二万人以上います。

1級と2級があり、試験は毎年6月と11月の二回行われます。


【2級』は、CADを利用して、製図業務に関わる人が対象となり、
試験は、筆記試験のみとなります。

おもにCADの基礎知識についての問題で、
総合で8割以上の正解が合格ラインとされています。


【1級】は、CADを利用して、製図業務に関わる人を対象としていて、
試験は、実技試験のみとなります。

CADの実務経験が一年以上の人を想定して出題されます。
総合で8割以上の正解が、合格ラインとされています。

基礎は、コンピュータやネットワークの基礎知識があり、
半年程度、CADを勉強しているもの。

3次元は、設計・製図業務に従事し、3次元CADについての
基礎的知識を持ち、半年以上の実務経験あるもの。


2、『CADトレース技能審査』は、厚生労働大臣認定の公的な資格です。

実務経験者が試験を受けられます。
中央職業能力開発協会が認定する資格です。

「建築部門」と「機械部門」の二つの部門があり、
初級、中級、上級の三段階に分かれています。

試験は、9月と2月(機械・上級を除く)に行われます。
受験資格(実務経験等の条件が必要)があるので、
確認してから申し込むようにしましょう。

合格者には「CADトレース技士」の称号が与えられます。

☆CADトレースとは、設計士、製図家、デザイナーなどが描いた設計図や
デザイン画の下書きを正確に清書する仕事です。

筆記試験と実技試験で総合的に評価されます。
手がけたい分野に絞って、初級からステップアップし上級を狙うことをおすすめします。


3、『建築CAD検定』は、全国建築CAD連盟が主催する民間の資格です。

2~4級に分かれていて、
試験は、建築図面のトレースの実技のみに絞られています。

2級、3級、4級に分けられ、資格認定校での団体受験と一般受験があります。

一般受験は、年二回(4月、10月)に行われ、
団体受験は、年4回(4月、7月、10月、1月)に行われます。




人気ブログランキングへ


トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ե   2011年07月20日 12:44
ʬԹ礬褯ƥȴƻde㤤ʤ⤦񤷤Ƥޤʥե줬ĤäƤޤȤо줷Ƥޤä

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
livedoor プロフィール
人気ブログランキングへ
  • ライブドアブログ

brought to you by "女性のための資格取得&選び方ガイド"
スニーカー