2009年02月19日

(1)なんてタイトルにつけたが、次いつ更新できるかわからないので大きなことをいうのはやめておこう。

ともかく今季のプロ野球で私が注目しているのは、

セ・リーグの3強と3弱の壁が壊れるか?というところだ。

「クライマックスシリーズ」は今年3年目になる。3年連続同じ顔ぶれではやる意味がないといわれても仕方がない。

パリーグでは西武とオリックスが下位から盛り返したりとかなり順位の変動が激しい(激しくなってきたというべきか)

今季のセリーグは巨人は上原が抜け、中日が川上、ウッズ、中村ノリが抜けているにもかかわらず、目立った補強が行われなかった。

中日はある程度空きポジションを作って競争させようとしているようだし、巨人も姿勢としては、坂本に続いて大田、中井と若い選手を抜擢しようとはしているようである。(ポジションがあいているようにはみえないが)

要するに144試合のレギュラーシーズンは育成にさきながらでも、3位は確保できるだろうとふんでいるようである。それが過去2年での感触ということだ。

はっきりいえば、下位3球団をなめている。

では、なめられた3球団だがこっちはどうかというと、例年どおりの補強だ。

ただ、どのチームもなにかのきっかけで化けそうな気配はあると思うのだが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 



(22:38)

2005年02月19日

twin今年注目したいのはミネソタ・ツインズである。
数年前には削減対象球団として名前の上がった同球団だが、
その後はプレーオフ常連といっていいほどチーム力を上げてきた。
 
そして、今季、その中心だったコスキー(サード)とグズマン(ショート)がチームを去った。
すでにチームを去った、
投手ではミルトン、グァダード、
野手ではA.J.ピアジンスキ、ミントケイビッツ、キールティーなどを合わせて、ひとつ世代交代という感じなのである。
 
これだけ放出があって、リーグ最下位に近い年俸でどの程度やるのか?
 
ともかく、スゴイのはファームからの育成力で、生え抜きの率が高い。
現Rソックスのデビッド・オルティスもツインズ出身。
 
さらには、トレード代償の若手の指名にうまさがある。
ノブロック放出(ヤンキースへ)の代償だったミルトン、グズマンを育てあげたのが、強豪になった一つの契機である。
 
さて、今季だが、
先発陣はサンタナ、ラドキー、シルバ、メイズのリーグ屈指の先発陣は健在。
外野もハンター、ジョーンズ、スチュアートは健在。
内野はかなり変わりそうなので、紹介していこう。
mou
 
キャッチャーはジョー・モウアーである。
01年ドラフト、イの一番指名からすくすく育って、昨シーズンメジャーに昇格したものの故障で欠場が長引いた。
今年やり直し。
83年生まれで、打撃もよく主軸を打つのではないかといわれている。
ミネソタ出身で文字通り地元期待の星である。
 
 
アメリカ大陸予選の段階ではオールカナダの4番を打っていたが、成長が早かったのでオリンピックのころにはメジャーにいたという選手。
この人の成長でミントケイビッツはRソックスに放出された。
 
 
一応、セカンドはこの人で決定的といわれている。
01年からレギュラー。
 
コスキーの抜けたサードはカディアーが期待されている。
01年には3Aで30本打っていて、将来の大砲として期待されてきた。
とにかく守備が下手なのが、悩みの種だった。
そういうわけで、ここ数年は外野かDHの起用が多かったようだ。
ディフェンス売りのチームなので、無難にこなしてもらいたいところ。
 
 
ショートは何人かキャンプ中に試すようである。
カストロに決まるのは一番面白みがないといっていいだろう。
守備優先でいきてきたベテラン選手だからだ。
他の候補は
Jason Bartlett
Nick Punto
Augie Ojeda
 
他の選手に比べるとやや年はいってるが、メジャー3年め。
 
 
アスレチックスがちょうど先発陣再編成となったのとは逆で、
野手の再編成に挑むというかたちになったツインズ。
 
アスレチックスのビリー・ビーンGMはマネー・ボールで「種あかし」をしてくれたわけだが。
ツインズのテリー・ライアンGMの手腕もなかなかのもの。
 
フォード、モウアー、モノーを中心とした打線が形成されるのか?
強力投手陣が打線を育てる・・ことはあるのか。
 
日本人が在籍する、Wソックス、インディアンズと同地区だけど、
オレは注目するぞ。
 
記事:
 
 
 


(12:40)

2005年02月17日

BG
 
 
 
 
 
成田童夢、夢露というネタみたい兄妹が表彰台に上がったのだが、
成田夢露を負かして1位になった、
Gretchen Bleiler(グレチェン・ブレイラー)が気になったんで調べてみた。
 
むむ、ESPNで美人アスリートに上げられておるやはり。
 
 
ま、トリノで見られるのかな。
 
 
 


(13:07)
先週のア・リーグに続き、ナ・リーグのランキング。
 
1.アトランタ・ブレーブス(↑3)
抑えから先発復帰のスモルツ、A’Sから獲得のハドソンのツートップ。ハンプトンとトムソンの昨シーズンは出来すぎの感はあるが、故障復帰のラミレスがそこを補うだろう・・ということです。

2.シカゴ・カブス(→2)
プライアー、ウッド、ザンブラーノ、マダックス・・
名前だけならトップだけど。ケガが多い。

3.フロリダ・マーリンズ(↑6)
こちらもベケットとバーネットが健康なのが前提。

4.ニューヨーク・メッツ(↑8)
ペドロ獲得は正解か。

5.ヒューストン・アストロズ(→5)
クレメンス残留。昨季はペティトも故障だし。
ベルトランがいなくなって、守備にもヤヤ不安。

6.セントルイス・カージナルス(↓1)
マルダー獲得でもこの順位?
もともと地味なメンバーではあるが。

7.ロサンゼルス・ドジャース(↓4)
ロウ獲得のドジャース。内野は心配。

8.サンフランシスコ・ジャイアンツ(↑12)
9.サンディエゴ・パドレス(↓7)
10.フィラデルフィア・フィリーズ(↑13)
11.ミルウォーキー・ブリュワーズ(↓10)
12.ピッツバーグ・パイレーツ(↓9)
13.アリゾナ・ダイアモンドバックス(↑14)
14.コロラド・ロッキーズ(↑16)
15.ワシントン・ナショナルズ(↓11)
大家投手は3番手
16.シンシナティ・レッズ(↓15)
 
こうしてみると、ナの西地区は投手力に関してはレベルは高くないが拮抗した争いといえるのだろうか。
 
 


(02:24)

2005年02月15日

ロドマン
 
髪は丸刈りにちかくておとなしくなった。
田臥と一緒のチームでやってるんだからな〜
スゲー話。
 


(03:01)

2005年02月13日

 
2人の名選手が引退を決意した。
マローンはこの日曜に会見を開き、ミラーは今季限りということだ。
 
マローンは「メイルマン」という異名を持っていた。
郵便屋さんのようにきちんとゴールにボールを運んでくれるという意味だ(だったはず)。
 
ドリームチームまず、彼は92年バルセロナ五輪のドリームチームオリジナルメンバーに選ばれていた。
僕はドリームチームきっかけでNBAを見始めたので最初に名前を覚えた選手の一人であることは間違いない。
 
いまや伝説的ドリームチームメンバー
4  クリスチャン レイトナー
  5  デヴィッド ロビンソン 
  6  パトリック ユーイング
  7  ラリー バード
  8  スコッティ ピペン
  9  マイケル ジョーダン
 10  クライド ドレクスラー
 11  カール マローン
 12  ジョン ストックトン
 13  クリス マリン
 14  チャールズ バークレー
 15  アーヴィン “マジック” ジョンソン
 
マローンとストックトンチームではユタ・ジャズに所属し、同じくドリームチームのメンバーだったストックトンとともに優勝を目指した・・
が、ブルズの前に2度ほどファイナルで敗れ去った(はず)。
熱を出したマイケル・ジョーダンにやられたこともあったな〜。
 
マローン(w)
 
 
 
 
 
 
ビルドアップされた肉体は有名で、NBA選手の憧れの存在だった。(写真はプロレス出場時のマローン)
 
 
 
 
レジー・ミラーレジー・ミラーは3Pの名手である。
今はピストンズのHCであるラリー・ブラウンがペイサーズのHC時代にスターの仲間入りをした。
その前までは、マイケル・ジョーダンにトラッシュトークを仕掛けたり問題児といわれていた。
 
ともかく、第4Qのいいところで次々と3Pを成功させる様は「ミラータイム」といわれて、ファンを興奮させた。
 
スミッツというセンターの同僚の引退がもう少し遅ければ、優勝できたかもしれなかったのだが・・
 
レジー・ミラーといえば、映画監督でニューヨーク・ニックスの大ファンであるスパイク・リーとのトラッシュ・トーク合戦が名物だった。
 
スパイク・リー写真のスパイク・リーは「8」のユニフォームを着ているのでスプリーウェルがニックスいたころだが、背番号「3」をつけた、ユーイングとスタークスが揃った時代の「強いニックス」のころは本当に面白かった。
 
ミラー所属のペイサーズは例の暴行事件での出場停止の影響で苦戦している。
なんとかプレーオフでもう一度「ミラータイム」を見たいものだ。
 


(05:18)

2005年02月11日

スポアイ誌に先発ローテーションランキング(ア・リーグ)が載ってたのでご紹介。
括弧は昨年の総失点のランキング
 
1.ボストン・Rソックス(↑4)
2.ニューヨーク・ヤンキース(↑6)
この2強で争うか?ま、共にハデな補強だけれども。

3.ミネソタ・ツインズ(↓1)
サンタナ、ラドキー健在で高位キープ。

4.クリーブランド・インディアンズ(↑13)
ミルウッド補強で一気にアップ?伸び盛り多し。

5.ロサンゼルス・エンゼルス・オブアナハイム(↓2)
6.トロント・ブルージェイズ(↑7)
7.オークランド・アスレチックス(↓3)
リーグ屈指の投手陣も中位に転落?

8.シカゴ・ホワイトソックス(↑10)
9.テキサス・レンジャース(↓5)
10.デトロイト・タイガース(↑12)
11.ボルチモア・オリオールズ(↓9)
12.シアトル・マリナーズ(↓7)
モイヤーはもうしんどいという予想

13.カンザスシティ・ロイヤルズ(↑14)
14.タンパベイ・デビルレイズ(↓11)
 
マリナーズはマドリッチに期待しとるけど・・
タトゥーだらけのマドリッチマドリッチ
(長袖のことが多いけど・・)
 


(16:14)
『行列のできる法律相談所』で、磯野貴理子が
「ヤンキースにニカウスキーという投手がいる。
ヰが入ったら、ニッカウヰスキーだ!と思った」
という話を何の脈絡もなくしていた。
 
実際、いたんだけど来年からはツインズです。
 
ニカウスキー

(03:00)

2005年02月10日

え〜と、何回か書いてますけど、
僕の中ではサッカーって「好きなスポーツランキング」の中では下位なほうなんですよね。
どっちかというと、野球やアメフトやバスケやバレーなどのように、
「監督が指示して(あるいは選手交代で)、ビビっと流れが変わる」というスポーツのほうが好きなんですよね。
サッカーは流れが悪くて、なにか手を打たなくては・・という状況なのに時間帯によってなにもできないという時間があるのがもどかしいというか・・
 
というわけで、サッカーでも、選手交代がうまい(というかはまる)チームは見ていて面白いな〜と思うんです。
シドニー五輪のときの日本代表(本山が入って雪崩式にポジションを買えて・・という)とか
02年の韓国代表とかね。
 
で、初期ジーコジャパンなんかは親善試合でも交代がないんだから、つまらなくて仕方がなかったんですが、
アジアカップぐらいからは、かなり面白くなってきたな〜という感じです。
 
とりあえず、日本人監督にはできんやろな〜という采配が多いような気がします。
 
昨日(2/9)だって、田中と中村の交替なんて「おお」という感じだったとおもうんですが。
結局大黒が決めてるし。
 
サッカーの交替って「理」じゃなくて、「勝ったらいい」ということなんじゃないかと思わせるんですよね。
麻雀と同じで。
理屈でうまく捨ててるよりも、なんせ「上がったヤツ」のほうが強いというか・・
 
っつーわけで、ジーコジャパンの選手交替は「要チェックや!」ということです。


(16:57)
きのう(2/9)の
「世界一強いカブトムシは?」だけど、
国産カブトムシの健闘はすごかった。
 
それはともかく、ヘラクレスオオカブトのほうも
(トーナメントの)山は結構厳しかったんだけど、いちいち強い勝ちっぷり。
ネプチューンとアクティオンゾウカブト。
 
次はクワガタだな。


(02:41)

2005年02月09日

 
あらかた、FA市場も片付いた中から実績的にめぼしいのを拾ってるというか・・・
これ、アトランタあたりがやってると「再生に自信があるんだね」と思えるんだけど。
 
こう見ると、野茂も one of them という感じか・・
 
若手はいいのがいるんだし、そっちに期待してるけど。


(02:55)

2005年02月08日

つげちゃんさんご紹介のテレビ欄占いやってみました!
 
6 テレビしけたろう

4:55 歴史◇美術館
5:30 今朝のしけたろう
7:10 英会話 しけたろう体当たりレッスン
7:30 しけたろうと子どものテレビタイム
8:15 (字)朝の連続ドラマ しけたろうのオリンピック 有森也実ほか
8:30 (N)◇35 細い生活◇探訪! 九州横町▽大阪で自然満喫▽丹波民謡の旅
10:20 (S)渡る世間はしけたろうばかり(再) 深津絵里 安室奈美恵 穴井夕子 片桐はいりほか
11:00 (S)竹内力の演歌まっしぐら 嶋田久作
11:30 株式(N)
11:50 (N)ウォッチ◇(天)
0:00 突撃しけたろう 結婚秒読み戸田菜穂登場
1:00 手話(N)
1:05 (S)太いプリクラ(再)
1:45 (字)いきいきしけたろう(再)
1:55 わいわいワイド 椎名へきるさん静岡で号泣▽激ヤセ浅野温子の謎▽仲村トオルの軽い豪邸
4:00 母と子のテレビターイム しけたろうさんといっしょ▽50しけたろうー▽作って▽5:00英語▽15ふたり▽30おじゃる▽パッチ▽50(字)忍たましけたろう太郎
5:54 (N)の林
6:23 (N)スクランブル 都知事法成立で何が変わる?▽白っぽいミジンコならおまかせ 松本人志 穴井夕子ほか
7:00 プロ野球〜佐渡島ドーム 巨人×しけたろうズ 解説・アグネス・チャン 実況・浜崎あゆみ(最大延長9:24まで、以降の番組繰り下げ
8:54 (N)スポット
9:00 金星エンタテイメント「毛糸探偵・高い世界の裏には泥沼恋愛事情が…鼻毛の罠に美女たちはどうしたのか」 松下由樹  小堺一機 及川光博 井上陽水 渡部篤郎 笑福亭笑瓶ほか
10:54 (S)茨城紀行◇57(天)
11:00 (S)しけたろうZ 「山口もえ真剣お見合い あらら小さいわ」
11:30 香西かおりのNEWS123 黒田アーサーほか
0:20 (N)
0:25 しけたろうエクスプレス ブラ珍添い寝の旅▽0:55スカート精鋭▽1:25ひまわり王国
1:57 (S)「スパゲティーの輝く夜に」 桂三枝 阿部寛
3:35 和田アキ子のミッドナイト制服(3:50終了)
 
しけたろうさんの平均視聴率は、23.2%、
テレビ局タイプは、TBS系列です!
 
TBS系列さんの性格
一言でいうと熱血漢です。人一倍正義感が強いあなたですが、時に正論を押し通して、まわりの風当たりを強くしてしまうこともあります。見た目は陽気で朗らかですが、内には秘めた悩みを抱えていたりもします。コンプレックスを隠すために、ガッチリ身体を鍛えたり。基本的には清潔でシンプルな世界観を持って生きています。
 
グリーンがつっこみどころ
 
深津絵里と安室の共演!
この二人が兄弟とかってすごい設定っぽいぞ。
 
あゆとアグネス・チャンの実況。
あゆは昔ヘンなしゃべり方やったけど最近はそーでもないような。
コッチが慣れた?
 


(23:55)

2005年02月07日

ブレィディーベリチックあ〜やっぱりペイトリオッツは強いね〜。
前半こそ、イーグルス守備が頑張っていい試合だったけど、
後半10点差がついたところで、試合はベリチックの掌中にあり。という感じでした。
 
オンサイドキックまでもつれたんだから良かったというべきか・・・
 
テレル・オーウェンス(T.O.)も思ったよりはよく受けたけど、結局サイドライン際ばかりでそんなに怖さはなかったやろな。
結局、ブレイディーとマグナブのデキの差という感じの試合になってもーた。
 
DB陣の若さが懸念(4人中3人がルーキーと2年め)というマスコミがようやく探したような弱点もたいしたハンデにならず・・・
もうしばらく黄金時代が続きそうな感じですな。
 
4年で3回もスーパー制覇なんだから、アレだけど、
ディロンはホンマうれしいやろな。
「優勝を狙って移った」といってもそんなにうまくいくもんじゃなし、だいたい自分がその期待に答えての結果やからな〜。
ベンガルズのときは報われんかったもんな。
 
そういう意味でいうと、ブレイディーは歴代スーパースターの中でも「雌伏の期間」がほとんどないということで、面白みが欠けると思うんだけどどうでしょう。
 
※ドラフト6巡目、全体199位というのがあるか。
でも、正QBになってから負けがこんだり、惜しいところで負けたりってのがあまりにも少ないな〜ということ。


(19:35)

2005年02月06日

 

 大リーグ公式ホームページは3日、仮想野球ゲーム「ファンタジーベースボール」の評価となる今季の実力選手ランキングを発表。マイナーを含む全選手を対象としたトップ100人に、マリナーズ・イチロー外野手(31)が22位(外野手部門8位)、ヤンキース松井秀喜外野手(30)が39位(同15位)に入った。昨年のイチロー41位、松井94位から大きくランクアップ。イチローには「首位打者の最右翼。30盗塁に得点王も狙える」、松井には「3割30本100打点を期待していい」と今季活躍に太鼓判を押した。メッツ松井稼頭央内野手(29)は二塁と遊撃の両部門で、それぞれ9位と11位にランクイン。二遊間を組むレイエスより高い評価を得た。今年からメジャーに挑戦する日本人選手では、ホワイトソックス井口忠仁内野手(30)が二塁手部門で25位に入った。

記事中では野手しかないんで投手のランクを調べてきたぞ。
先発 77位大家 99位石井
リリーフ 18位高津 34位大塚 99位長谷川
 
高津はクローザーになってるから評価が高いのかな。
石井、長谷川は厳しいな〜。
 
 


(01:00)

2005年02月04日

top
 
 
 
 
 
 
 
 
ESPNにトッププロスペクトのトップ10(投手、野手別)が紹介されていたので紹介。
 
野手
1) Andy Marte, 3B, Atlanta
2) Joel Guzman, SS, Los Angeles
3) Ian Stewart, 3B, Colorado
4) Delmon Young, OF, Tampa Bay
5) Daric Barton, C, Oakland
6) Prince Fielder, 1B, Milwaukee
7) Casey Kotchman, 1B, Anaheim
8) Dallas McPherson, 3B, Anaheim
9) Carlos Quentin, OF, Arizona
10) Jeremy Reed, OF, Seattle
 
投手
1) Felix Hernandez, RHP, Seattle
2) Adam Miller, RHP, Cleveland
3) Jeff Francis, LHP, Colorado
4) Chad Billingsley, RHP, Los Angeles
5) Scott Kazmir, LHP, Tampa Bay
6) Jesse Crain, RHP, Minnesota
7) Dan Meyer, LHP, Oakland
8) Huston Street, RHP, Oakland
9) Gavin Floyd, RHP, Philadelphia
10) Matt Cain, RHP, San Francisco

 
投手のNO.1のフェリックス・フェルナンデス(シアトル・写真)なんですがかなり期待されてるようで、こんな記事が・・・
 
まだ、18とか19なんですが。
 
野手10位のアンディ・リードは今年センターで起用といわれてますね。
 
 


(00:01)

2005年02月03日

スポーツアイ・ESPNを見ていて気づいたんですが、
ラシード・ウォレスの背番号が「36」に変わっています。

ラシード2

 

 

 

 

 

 

 

少なくとも昨年までは「30」だったはずなんですが・・・ラシード1

 

 

 

 

 

 

で、その「30」は今先日エルデン・キャンベルなどを放出してとった、

アローヨが付けてるんですよね。

アローヨ2アローヨ1

 

 

 

 

 

 

右はユタ・ジャズ時代ですが。

ラシードもトレイルブレーザーズのころから、ずっと「30」を付けてたわけですから、愛着もあったでしょうが、

このまだ若いアローヨに背番号を譲ったということなんでしょうか?

だとすれば、随分と大人になったな〜という気がします。

チームリーダーの自覚?



(21:32)

TO1

 

 

 

 

 

 

オーウェンズがスーパーボウル出場を宣言

TOが出なきゃ話にならんでしょ。

人生で何回もないチャンスなんだし。

 

 



(21:17)

2005年02月02日

ソーサ2パルメイロ日本風にいうと、ONという感じの「強打者コンビ」としては、
ヤンキースのシェフィールドとアレックス・ロドリゲスがなかなかのものなのだが、
(昨季までで415本と381本)
そんな二人が子どもに見えてくる500本コンビがオリオールズに誕生しようとしている。
 
 
ソーサパルメイロのコンビである。
ソーサは昨季までで歴代7位の574本。
パルメイロは歴代10位の551本。
 
さらにスゴいのはこの二人はチームメートになるのは初めてではないということである。
1989年にレンジャースで1年だけ同じチームだった。
その年はソーサが1本、パルメイロは8本だけ・・・
 
まさに10数年のときを超えての競演となるわけである。
二人ともやや峠は越えた感はあるが、今年は何本打つのか、楽しみだ。
 


(17:50)

2005年02月01日

ノリ
ノリの入札球団はやっぱりドジャースだったようですね。
(他にあるわけない?)
 
まぁ、スタメンは無理でも1軍ベンチならなんとかなるのではと思っていたんですが、そうでもなさそうですね。
ノリが現実的に守れるのは1塁と3塁ですが、ここの現在のスタメン候補である、ヒソプとバレンティンは左打ちです。
で、ベンチ要員としてすでに契約している二人がいるのですが、それが共に右打ちなんですね。
 
一人はアントニオ・ペレスですが、彼はまさに「トップ・プロスペクト」ですね。
メジャーではセカンドですが、マイナーではショート、サードも守ってるようで使いでがいいですね。ベンチに置いときやすい。
 
もう一人はオルメド・セインズ
こっちはノリより年上で1塁、3塁を守れる選手のようです。
この選手は曲者なのは前所属球団がアスレチックスだってことです。
ようするに、デポデスタGMがドジャース移籍のときに連れてきたともいえる選手でかなりお気に入りではないでしょうか。
 
メジャーは内野の控えをどれぐらい入れるか知りませんがそんなに多くはないでしょう。
ショートもできるとアピールするか?
というわけで、なかなかキツそうな雰囲気漂ってます。
 


(23:07)