青森県 蔦沼(つたぬま)の紅葉

「沼面に映る華やかで激しい赤」

青森県十和田市にある蔦沼(つたぬま)は、奥入瀬エリア屈指の人気スポットです

10月中旬から下旬にかけてが紅葉のベストシーズンと言われていて、蔦沼を囲うブナをはじめとした木々が鮮やかな赤や黄色に染まります

ピークである10/20頃から1週間ほどは、蔦沼が最も美しく輝く朝焼けを撮ろうと、多くのカメラマンが早朝より訪れます


朝日が昇りより赤さを増す木々

空までも鏡のように映し出す



新緑の映る風景も必見





青森県、十和田市にある千年の秘湯とも呼ばれる蔦温泉


そこから少し北にすすむと四季によって様々な景色をみせる蔦沼、月沼、長沼、菅沼、瓢箪沼に、少し離れた場所にある赤沼を加えた7つの沼の総称「蔦七沼」という 神秘の沼が存在します。沼を囲うブナをはじめとした木々が鮮やかな赤や黄色に染まり、湖に映る華やかな世界を見せてくれます

朝日が昇ると山々はさらに真っ赤に染まり、その姿を蔦沼の水面にくっきりと映し出す様はまさに絶景とのことです


タイムラプス 蔦沼


蔦七沼
TEL0176-51-6770
青森県十和田市奥瀬 


アクセス:
JR青森駅→JRバスみずうみ号十和田湖行きで1時間38分、バス停:蔦温泉下車、徒歩すぐ
東北道黒石ICから国道102・394・103号経由41.6km1時間




※沼めぐりの小道と呼ばれる遊歩道が整備されており、1時間半程をかけてゆっくりまわる事ができます