facebookで六日町商工会の夜な夜なグルメガイドのHPをシェアしたから・・・というわけではありませんが、夜な夜な、六日町に行きたくなりました。と言っても、居酒屋さんやスナックにいったわけではなく向かった先は銭淵公園。今日の日中にマルシェなども開かれ大変賑わって ...

魚沼・十日町は米処でもあり、蕎麦処でもあります。“へぎ”という容器にはいった一口サイズに手繰られた蕎麦をみんなで囲んで食べるのです。なかには、ひとりで一升食べる方もいらっしゃるのだそう。注文とは関係なく小鉢とお漬物が先にきます。このあたりでは、蕎麦の薬味 ...

塩沢牧之通りへは、鈴木牧之記念館前の大きな駐車場に車を停めて歩いていきます。BANK ・ 銀行 などありません。 この通りにあるのは、両替商です。卵を産み付ける位置で、積雪の量を占ったと思われるカマキリ。今日のお目当ては、魚沼や塩沢、この周辺の美味しいお土産 ...

ちょっとした贈り物をしたいとき、必ず行く場所があります。魚沼産コシヒカリの名産地にある一帯であり、“魚沼の里”として多くの観光客の方にも親しまれている場所です。八海山の蔵、雪室、菓子処、蕎麦屋、食堂、ベーカリーなどからなりますが、中でも私の好きな場所がこ ...

十日町のクロステンに行ってきました。世界最多級の数のつるし雛でギネスブックにも登録されたという『幸せを呼ぶ傘つるし雛』や、十日町や津南、魚沼や新潟県内の美味しいものや素敵なお土産品が並ぶ越後妻有お土産館、カフェレストラン、着物ショップなどがあり、大地の芸 ...

7年前に初めて訪れた一宮の農具市。日曜日、しかもお天気とあって、大変賑わっていました。コシヒカリの名産地、南魚沼に待望の春を告げる農具市。新潟名物ぽっぽ焼きや、たい焼き、広島焼きやイカ焼き。りんご飴やクレープ、果物や野菜、鉢植えの花など多くの露店が道に並び ...

地方に暮らすことのメリットの一つに、『 生産者が見える地元の素材を使い、名店で仕込まれた技術で仕上げられた美味しい物を、驚くような価格で食することができる。』 というのもあります。美味しいイタリアンを気軽に食べたい!と思ったときに思い出すのがこちら、イ’ ...

小林啓子さんの 真冬のコンサートが六日町・十日町で開催されます。コンサートの前日(2月25日)に、南魚沼市の池田記念美術館で少しだけお披露目があるのだそうです。お披露目は無料ですが、美術館への入館料が必要です。入館料:おとな500円・高校生以下無料越後湯沢の宿 ...

日本一、日本酒を飲む県として知られる(え、知られていない?)新潟県。【RETRIP】日本一の日本酒消費量を誇る新潟。昔は200の蔵元があった『佐渡ヶ島』で愛される日本酒5蔵+3。 でも書かせていただきましたが、新潟県民の酒好きは他県を圧倒的に引き離しています。そんな日 ...

1月20日~2月28日まで、南魚沼市の池田記念美術館にて魚沼ベストショット展が開催されています。1月21日(土)には出展者による作品解説会も行われ、盛り上がったようです。この後、2月4日(土)には、初心者向け写真教室も開催されます。デジタルカメラをもって出かけてみてはい ...

実はこの四季彩湯沢ほんとの暮らし伝えるブログを書いていて、何度か町で声を掛けられたことがあるんです。『なぐもさんですか? 私たち、あなたのブログをみて湯沢に住むことを決めたんです。』 と。いや~驚きました。そして同時に責任を感じてしまいました。その方たち ...

夏にご紹介(虫除け・偏頭痛・ダイエット!今、再注目をあびているハッカ油。南魚沼の特産品です。)した薄荷油ですが、冬でもこんな使い方がおすすめです。薄荷油をマスクに1滴たらして。す~す~して、気持ちよいです。風邪やインフルエンザ・ノロが猛威を振るっているよ ...

南魚沼で栽培して塩漬けにしたハイビスカスローゼルを使った雪国ローゼル(ローゼル塩漬け)が販売となりました。もともと温暖な地域で栽培されているハイビスカスローゼルを、冬は真白き世界に包まれる雪国で栽培したいという想いから、日本の北限である南魚沼での栽培に挑 ...

贈り物を探しに、南魚沼市のベイリーブスへ。人工的に作られた香りはあまり得意じゃないけれど、天然由来のエッセンシャルオイルやアーユルヴェーダは好き。気持ちにも、作用してくれるオイル。 どんな香りを贈ろうか。待ち合わせまであと1時間。ランチもここに、しようかな ...

本日より、11月8日まで南魚沼市の池田記念美術館にて野上公平遺作展が開催されます。野上氏は彫刻家としても知られ、この夏除幕式が行われたIRAS・アラキ・オルコック彗星発見の地の記念碑も手掛けていらっしゃいましたが、残念ながら昨年ご逝去されてしまいました。遺作展中 ...

↑このページのトップヘ