湯沢・南魚沼への旅に、おすすめしたい場所があります。それは、外山康雄 野の花館。 関越道塩沢石打ICよりわずか1分。スキーをされる方には舞子の近くといったほうが分かりやすいでしょうか。透け感のある涼し気なのれんをくぐり風を感じながら、外の椅子で寛ぐのも気持ち ...

あらゆる分野の専門家が、気になる旬な記事をアップしている All About(オールアバウト)。ビューティ (アロマテラピー) の項目で、今人気沸騰中なのがこちらの記事、夏の必需品ハッカ油の使い方。虫除けから暑さ対策まで。この、ハッカ。 実は、湯沢のお隣、南魚沼市 ...

30年以上も昔、国語の教科書に掲載されていた谷崎潤一郎の「陰翳礼賛」に心を奪われていた私が、時を経て陰翳礼賛に着想したアート作品に巡り合うことがあるなんて思ってもみませんでした。 しかも、アーティストは外国人であるジェームズ・タレル氏。行ってみたいと願いな ...

越後湯沢から車で約55分。名水百選にも選ばれた、水の美味しい場所として知られる龍ヶ窪。新潟県が発行している “わきでる想い 新潟県の名水(表紙:龍ヶ窪)”によると、1日約43,000tの湧き水があり、1日1回池全体の水が入れ替わるのだそう。こちらには、いくつかの竜神 ...

三年に一度のイベント、大地の芸術祭が行われたのは2015年(昨年)ですが、このGWも特別企画(2016春)が開催されていました。大地の芸術祭の年でなくても、特別企画が終わっても、まだまだ楽しめる作品が多く妻有にはあります。雪国観光圏のフリーペーパーscf(スノーカント ...

里山に咲く桜はそ早々に舞い散ってしまいましたが、足元には芝桜が存在感を見せる時期となりました。湯沢でも、大源太で少し芝桜を観ることができますが、芝桜と言えば魚沼・奥只見レクリエーション都市公園が素晴らしく、ちょうど芝桜まつりを開催していることもあり行って ...

美しい星峠の棚田2009年NHK大河ドラマ天地人のオープニング映像や、孤独のグルメ(十日町編:脱皮する家)でも紹介された十日町の人気スポット。展望台からの一枚田を耕した直後でしょうか。水が茶色く濁っていました。もう数日たって落ち着いたころが見ごろかもしれません。 ...

3年に一度、新潟妻有エリアで開催される芸術の祭典 大地の芸術祭(前回は2015年に開催)が、期間限定で特別展越後妻有2016春を行っていました。芸術の里には、自然の美しい芸術もあります。その一つ、美人林と呼ばれる美しいブナ林。まわりには、レジャーシートをしいてお弁 ...

小千谷にある、さつまいも農カフェ きららに行ってきました。小千谷・さつまいも で ピーンときた方は、かなりの四季彩湯沢ツウ!はい。 5年ほど前、小千谷をPRするためのブロガーモニターツアーがあったときに、お誘いいただいたのが小千谷のさつまいも姫、リッツさん。 ...

4月も終わりに近付いてきましたね。新潟県の桜の名所、長岡市の悠久山公園に行ってきました。ソメイヨシノは葉桜になっていましたが八重桜が満開でした。大きめの花がポンポン咲いている八重桜もきれいですね。公園内のいたるところにイスやテーブルが設置されています。とて ...

4月になっているのに昨夜は雪。今朝は快晴、サクラと雪の写真を撮りに湯沢中央公園に行ってきました。湯沢中央公園のソメイヨシノ。(2016-4-12 朝7:30頃)花の上に雪が積もっているのですが写真だと分かり辛いですね。朝日が射してどんどん雪が融けていきます。ベニヤマザ ...

天気が良いので苗場方面にドライブ2年ほど佐渡ヶ島に行っていたので本当に久しぶりの苗場。私の佐渡のブログはこちら佐渡旅(sadotabi)ちょうど見頃のきれいな水芭蕉が咲いていましたよ。春を感じるフキノトウもあちこちで顔を出しています。●ふき味噌の作り方はこちら足 ...

スノーシーズン真っ最中、ソチ五輪も真っ最中ですが、みなさま深夜~明け方にかけてテレビ中継をみていて寝不足が続いているのではないでしょうか?いよいよ今夜、フリースタイルスキー、ハーフパイプ(HP)の予選・決戦が放送されます。南魚沼の小野塚彩那選手が登場する ...

東京でも、雪が降ったり寒い日が続いているようですね。みなさま、お元気ですか?わたしは・・・元気です♪さて。今日は、久しぶりに 『雪』のなか、歩いてみました。いつも、車で一瞬に通り過ぎてしまう道を、一歩一歩 歩いてみました。車だと 5~10m位にしか感じないス ...

あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いいたします。今日の湯沢は本当に気持ちのいい一日でした。朝一番に積もった雪の上を歩いたら、まるで片栗粉のように 『きゅっきゅっ』と 音がする。『スキー滑りた~い。』 とテンション上げていたら 駐車場に張 ...

↑このページのトップヘ