フヨウ                        今の夏の季節、家庭の庭先でよく見かける、ピンクの花です。

中には白花もありますが、おおむねピンクが多いようです。

ムクゲと間違いやすいのですが、ムクゲは上に伸びるのに対し、フヨウのほうが横に広がる感じです。両者ともにアオイ科の植物で、ハイビスカスも同じです。

朝に花が開き、夕方には散ってしまう一日花です。

八重咲きの品種で、咲き始めの花が白く、夕方になるにつれてだんだんピンク色に花が染まっていくものをスイフヨウ(酔芙蓉)と呼びます。
お酒を飲んで、だんだん顔色が赤く染まっていく様を例えたものです。