透華「ん?」

純「どうした?」

透華「しっ! 衣が寝てますわ」

純「それはいいけど、どうしたんだっての」

透華「今、寝言を言ったような……?」

純「まさかぁ?」

続きを読む