徳島自治労連ブログ

私たち徳島自治労連は、徳島県内の自治体、自治体病院や保育所をはじめ、 外郭団体、関連職場に働くすべての公務公共労働者を対象に組織している労働組合です。自らの要求と住民要求実現にむけて、日々活動しています。

大西そう氏が追加した共通政策ー自民改憲草案反対

大西そう氏は自民党の「改憲草案」の危険性を警告し続けてきました。
そして野党4党と合意(4月26日)の11項目「共通政策」に「自民党の改憲草案に反対」が追加されました。

帝国憲法と自民改憲草案の緊急事態条項はそっくり
(一橋大学名誉教授、渡辺治さんによると、大日本帝国憲法下でこの条項が少なくとも80回乱発されています。)

大日本帝国憲法(8条、70条) ⇒ 自民改憲草案(98、99条)


主 体 
  天皇 ⇒ 内閣総理大臣

国会無視 法律に代わる勅令を発する ⇒ 
       内閣が法律と同じ効力の政令を制定

財政 勅令で財政処分ができる ⇒ 
    総理大臣は財政処分ができる

緊急事態 公共の安全の保持が必要な場合(無限定) ⇒ 外部からの攻撃、内乱等、地震等その他の法律で定める事態(無限定)

VOTE 4 UR LOVE&FUTURE 投票よびかけソング

徳島出身のミュージシャン佐藤タイジ(シアター・ブルック)と、DJ沖野修也(キョート・ジャズ・マッシブ)がタッグを組み、SEALDsをフィーチャーした

VOTE  4 UR  LOVE&FUTURE

無料配信&著作権放棄により、だれにでも使ってもらえる新しい時代の投票呼びかけキャンペーン

「VOTE 4 UR LOVE & FUTURE」動画

VOTE 4 UR LOVE & FUTUREチャンネルページYouTube

野党4党共同提出法案(3)

・畜産物価格安定法改正案:肉牛・豚肉の販売価格が生産コストを下回った場合、差額を補てんする経営安定対策事業を法制化。

・性暴力被害者支援法案:性暴力被害者支援計画の策定を義務付け、ワンストップ支援センターの整備促進などを図る。

・LGBT差別解消法案:性的指向や性自認を理由とした差別的取り扱いを禁ずる。職場や学校などでの差別を解消する方策を盛り込み、実効性確保のために主務大臣が指導や勧告などを行う。

政治分野における男女共同参画推進法案:政党や候補者の自由を確保しつつ、国政選挙や地方選挙で、男女の候補者ができる限り同数となるよう努力義務を定める。

法人税法改正案、会社法改正案、金融商品取引法改正案:資本金100億円超の法人の所得、法人税額等の公示をはじめ、上場企業役員の情報開示を強化する。

野党4党共同提出法案(2)−労基法改正案

1 残業時間の延長の上限規制

 現在、残業は「週15時間」「月45時間」「年360時間」という限度基準があります。(1998年労働省告示)。しかし、この基準には法的拘束力がなく、さらに「特別の事情」があるときはこれを超えてもいいとされているために、企業に無視されています。

 実際、ほぼ8割の大企業が厚労省の示す過労死ライン「月80時間」を超えています。

 全労連、連合等の労働団体は当面の目標として「労働省告示」の法定化で一致。この方向になれば、「労働省告示」の範囲に食い止められます。

2 勤務間インターバル制度

 1日の勤務が終わって次の勤務までに一定の継続した休息時間を与えるというもの

 すでに実施しているEUでは最低11時間と定めています。これによって過酷な働き方が規制されます。


3 裁量労働制の要件の厳格化

 使用者が「健康管理時間」(事業所内と外で労働した時間の合計)を把握し、記録すること。さらに「健康管理時間」を厚労省令で定める時間を超えない範囲内にすることを定めます。


<政府提出法案=残業代ゼロ制度、裁量労働制の要件緩和とは真逆の内容です。>

 

 

野党4党共同提出法案15本(1)

野党4党が今国会に共同提出した法案は15本に。
  戦争法案廃止の2法案をはじめ、広い分野に及んでいます。

労働基準法改正案(次回掲載のほか、
介護職員等処遇改善法案:賃金を
平均月1万〜6000円引き上げるため、助成金を支給。事務職員なども含め、全職種が対象。かつての民主党政権の改善は介護職員に限られていて実効性に難があった。
保育士処遇改善法案:保育士の賃金を月額5万円引き上げる。幼稚園、児童養護施設や放課後児童クラブなどで働く人も対象。
児童扶養手当等改正法案:ひとり親家庭の第2子以降の加算額を1万円増額。支給対象も20才未満まで拡げ、進学を支援する。

民法改正案:選択的夫婦別姓制度を導入し、婚姻年齢を男女ともに18才にする。再婚禁止期間を100日に短縮する成否案が成立したが、この野党案は再婚禁止期間を3年後の検討するとしている。
被災地生活支援法案:被災地復興のカギである住宅再建を後押しするため、支援金の上限を300万円から500万円に引き上げる。

これらは4野党の共通政策のなることを4党が確認した。

記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

徳島自治労連
Infomation
●徳島自治労連●

E-mail:
tokushima-5422@taupe.plala.or.jp

住所:徳島市南前川町4-14
    船橋設計ビル3F

TEL: 088-623-1631
  • ライブドアブログ