サイレント・ドライブ

電気自動車や電気バイクについて、

チンク好き、EV好きな方々との交流を楽しみにしています。・・・現在、オーナー交通事故により(;´д`)トホホ…な状況につきちょっとト~ンダウン中W

NO!といいパワー♪

日産からノートEパワーが発売されたのだが、なかなかというか、う〜んというか、です。



充電を気にしないでという謳い文句だけど、普通にレンジエクスレンダーで良かったのではないか?と思う。三菱と提携したことだし無理に違いを出す必要はなかったのではと思う。そのうち、デキる人がプラグインキットみたいなのを作ってくれるんじゃないかと期待している。

notee00
 

カーレンタル

いわゆるレンタカーなのですが、旅行と組み合わせて車を貸し出すとか・・

 

 

 

当地はローカル線の始発駅のある地域です。ローカル空港もあります。奥能登の玄関と云われることが多くあります。パックではなく自分で列車や飛行機で観光に来ていただいて、当町からはドライブで観光が便利で良いと思います。

 ローカル線はいろいろイベントとかやってます。ラッピング列車も走らせていて、花咲くいろはとか永井豪先生の作品がラッピングされています。運転体験も出来るようです。詳しくはのと鉄道まで。空港利用は宿泊など割引クーポンサービスなどあります。

 ここで本題です!  せっかくの能登観光ドライブです。天気の良い日にはオープンエアーで車を走らせるのは如何でしょうか?そういう希望が多いようなら、のと鉄道利用者のと里山空港利用者向けにロードスターな車のレンタルをやれば良いなと思うのです。費用のこともあるので、マツダのロードスターかトヨタのMRSから始めたいなと♪


eunos00 

戸籍名の変更

名前の変更は家庭裁判所に申し出て、変更の理由が認められなければ変更は不可である。



敵国外国人は簡単に変えられるのに、ちゃんと裁判所に申し出ているのに・・・長年使用の通称名を本名として戸籍に登録したいということなのであります。神職や仏職になった、またはなる。何代目とかの営業理由でも許可されるのに・・・まあ、神職の場合は仏職と違いほとんど変更しないと思うけどね。

長年使用の長年は6〜7年らしい。インタネット上ではネットショップも含めかなり前から通称名を使っているのだけど、先例になるのがイヤであるらしい。一般的な(今でははがきや手紙のやり取りよりメールのがおおいよね)手紙、はがきなどで通称名で届くものが多数必要という見解です。多数って?このあたりがいい加減で、裁判官次第という話になります。

何か良い方法はないか考えたわけですが、将来神職につくつもりではあるけど将来なのですぐには使えない・・・そうだ読みだけでも変えようと調べてみると、これが可能!戸籍や住民票に読みがなふりがなはない(住民票には地域によりあるところも・・)住基ネットにある読みふりがなも便宜上らしい。参院での住基ネットの本人確認情報に関する質問主意書」を見るとどうでもいいような、勝手に読みを変えても問題ないような話ではあります。まあ、便宜上とは言え住基ネットに読みふりがながあるなら、それの変更を申し出て正式に自分の希望の読みに申請するのが、住基ネットを利用するパスポート申請でもスムーズに行く。

ということで、役所で住基ネット(住民基本台帳)の読みがなの変更を依頼して変更。といっても、変えた読みを証明するものがないのでパスポートを住基ネットに基づく読みがなで申請する。パスポートを証明資料として、必要な保険証や労働保険証などの読みやアルファベット表記を変更してもらうのが問題がなくて良さそうに思う。通帳とかキャッシュカードやクレジットカードも変更したほうが良いのだろうなと思う。
name00 

Do It's Myself !

カヤックを手に入れようとしたら、レジャー用練習用でも費用がかさむのであった!



ただでくれるってのでも取りに行く費用や送料が半端ない(;´д`)トホホ…オークションでも案外高額。そうだ!自分で造ろう!まあ、いろいろ検索しているうちに自作カヌーというのが目に入り、スプリント艇としては理にかなっていると思いました。木製(合板)ステッチ&グルー工法といいます。

T1規格の3mm厚合板が3枚と2.5mm合板が1枚の計4枚。価格にして2500〜3000円程度。ボンドKONISHI社に聞いたら教えてくれたエポキシ接着剤と積層用樹脂などは接着用ボンドEセットM(1kgセット)、積層用ボンドEセットL (2kgセット)いずれも1:1の混合なので楽。価格は7500〜8000円程度、これにペイント下地用と塗料で15000円以内に納まりそうです。

普通は軽さと価格が反比例するわけですが、自作だと軽いほど安くなります。今ここで詳しく書きませんが、木製であることのメリットとかFRPやCFPRと比べ格段に楽な自作工程。練習用とかレジャ用の船を作って次にレース用スプリント艇を・・とか考えてましたが、より簡単なスプリント艇を初めてのカヤックにしようと思うのです。

 kaya01

EVよりエコ

EVよりエコとなると、まあ人力ってことになるかなと思うのであります。



ということで水の人力、カヌーとかカヤックとか開始宣言!地元にはB&Gがある。無料で使えるカヌーもたくさんあるのです。競技用とは違うけど、いわゆる水のハイキング用とも違う。まあ、沈まないやつで初心者にはピッタリだなと思う。

うまいこと友人が担当者なので借りやすい。家の横の川に降ろして使えればいいのだけど、土手が高くてわたしの足ではちょっと無理。ここはやっぱり艇庫まで行くのが吉!

画像は友人が子供向けの教室を行った時のものみたい。
canue00 

ショップ開設しました♪

mineでの自作品以外に、補聴器の通販ショップを開設しました♪



デシタルの補聴器では使用者お一人毎に設定調整をする必要があるので、本来通販には馴染みません。特に、オーダーメードの耳あな式補聴器の通販は無理ですね。ただ、聴力に合わせた設定をするだけなら、オージオグラム(聴力検査表)をご提出いただければほぼ問題はありません。ショプでは耳あな式と耳掛け式の中間的なレシーバー分離型の小型耳掛け式補聴器をご提案しています。

通販でご心配もあろうかと思いますが(国民性各センター調べによりますと、通販ではいわゆる集音器が多く、仮に補聴器と言えなくない製品でも問題が多いと指摘しています。)製品的にはローカールショップで取り扱っている一流人気メーカーのものなので問題はありません。

 shop00
















リーフ500km超へ!

日産が60kWhの電池パック、航続距離500km超へ



日産自動車は2016年5月25日、電池容量を60kWhに高めた電気自動車(EV)用のリチウムイオン電池パックを「人とくるまのテクノロジー展 2016」(2016年5月25~27日、パシフィコ横浜)に参考出品した。

電池パックは参考出品で、リーフに搭載する電池パックと、縦横の寸法は同じながら、高さは高くなっている。現行型の30kWh仕様のリーフでは、ラミネート型電池のセルを8枚重ねて一つのモジュールとし、それを金属製ケースに入れて積み重ねている。一方、今回展示した60kWh品では、セルを樹脂製のケースに入れて単純に積層しているようだ。日経テクノロジー

サイズが少し大きいとなると、現行のように初期型と交換というわけには行かないか?現行型の発表時、純正ではないけど500km程度走行可能なバッテリーの発表があったのだが、中古車を買って使いまわして、バッテリの能力が落ちて交換!という頃には高性能なバッテリーが安く手に入るかも知れない。いよいよ、ようやく、そんな時代が来たかなと、ちょっとうれしく思う今日この頃ですね。

reaf00

minneミンネ!

Tシャツデザインサイトに続き、自作グッズ販売サイトminneミンネに登録した。



notomonのともんというショップIDでminneミンネに登録しました。主に地産地消的製品を発表していく予定です。ご購入のほどよろしゅうに♪ 

まずは、ヒノキ以上にヒノキなのとヒバのアロマな製品を登録しました。お風呂に浮かべて檜風呂気分な「ヒバのん」と蒸発と既発を利用した「ヒバアロマ」です。

入浴剤「ヒバのん」
notomon06


















ヒバチップ「ヒバアロマ」
notomon03

Tシャツデザイン登録

ありがたく使わせていただいた画像でスマホケースのデザインなどを♪




新しいTシャツデザインサイトSUZURIとかSKIYAKIとか、老舗ではTーSHIRTS TRINITYとかClib-Tとか。先日Tトリニティーで2枚お買い上げ!うれしいっす!♪

gear06
























tag00

クリエイティブ・コモンズ
表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。

Eメアリ(E-MEHARI)

オープン・ビーチカー「Eメアリ(E-MEHARI)」が、フランスで発売。


昨年末にシトロエンが発表したユニークなオープン・ビーチカー「Eメアリ(E-MEHARI)」が、フランスで発売されることになった。往年のビーチカー「メアリ」を思い起こさせるこのクルマは、しかし同様にユニークなコンセプトカー「カクタスM」をベースにした100%電気自動車。autoblog

バッテリーパック無しで販売価格は2万5,000ユーロ(約315万円)は、動画を見て楽しんでねとしかいいようがないかな。とはいえ、バッテリー価格によりますね。

car001 
EVのSilentDrive
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ