2007年10月26日

意外性

今日、亀田興毅の謝罪会見がありましたね。
今まで、亀田家に関する話しは一切書いたことが無いんですが、今日の会見は意外だったので、少し書こうと思います。
まぁ、私は当初から亀田家の人間の言動が嫌いだったので、もともとボクシングへの興味が薄いのも合わせて今まで試合を1つも見ず、ニュースでその種の話題がやっているとチャンネルを変えるなどしていました。
今回の件で、亀田家に批判が集中したのは、まぁ、正直良かったと思うぐらいだったんですが。
しかし、今日の亀田興毅の会見での態度は今までの印象が若干変わりましたね。
「真面目な態度出来んじゃん」って感じで。
あんなのを見ると少しばかり、兄弟に関してはこれから先復帰してきてもいいような気がしますね。
親父は人間的にだめな感じですが。
ただ、今までと同じく、私が亀田家に無関心なのは変わらないと思いますが。
まぁ、少し嫌いじゃなくなった、くらいですからね。結局。

それで、さらに言いたいんですが、この事件で本当にひどいのはマスコミだと思います。
本当に馬鹿としか思えないです。
TBSの亀田びいきの実況・解説っていう話しとは別の、この事件に関するテレビ局等の報道の仕方です。
朝青龍のときもそうでした。
私は、正直朝青龍も嫌いだったので、それらが批判される報道はいいんですが、それは、長くて2日報道すれば十分でしょう。
どこのテレビ局もあまりにも長くやりすぎだと思います。
先週の木曜日、夕方のニュースが始まる17時頃にテレビをつけたら、日本テレビ・TBS・フジテレビ・テレビ朝日、全てのニュース番組で今回の亀田家の騒動に関する報道をしていました。
その瞬間、かなり苛立たしかったですね。
そのときはスイッチを切りました。
この国には、他に報道することは無いんでしょうか?
時津風部屋の件等は、人命が関係しているので、連日報道することはあってもいいとは思いますが(相変わらず取材方法が周囲へのいい迷惑なのは置いといて)、朝青龍や亀田家の話しは、本人や関係者には重要でも、世の中にとってどれほど重要な話でしょうか。
この手の話題を全く報道しないというのもつまらないとは思いますが、どう考えてもやりすぎでしょう。
本当に1日2日やれば十分じゃないですか?
連日特集組むなんて有り得ないです。
テレビは好きですが、情報を発信する側がこんなに頭悪くて、受け手がそれに踊らされている現状は嫌いです。
というか、危機感を持ちますね。

まぁ、最近ゲームの話しばっかりしていますが、今回はほんの少しだけ真面目な話題を。

で、前回の記事で書いていくと言った内容は、後々また書いていきますよ。
まぁ、くだらない話しに間違いは無いでしょうけどね。(笑)

silhouettem at 12:30|PermalinkComments(0)clip!時事 | テレビ

2007年10月15日

結局

本日、「大乱闘 スマッシュブラザーズ」(64)を買いました。
前から欲しいと書いていましたが、やっと手に入れました。
ただ、問題として、64本体はあってもコントローラーが1つしか無い、ということですね。
つまり、みんなでできない。
スマブラって、1人でやっていたら絶対つまらないですよね。
友人とかは持っているんだろうか?
せめてあと2個は欲しいところですが。


あと、今日初めて、「スーパーマリオワールド」のカセットに、小さく「SUPER MARIO BROS.4」と書いてあることに気が付きました。
15年間気が付かなかった…。


ところで、最近ブログに書くような話しが無いんですよ。
近頃は、更新数がかなり少ない上にそれなので、ちょっと問題です。

で、私が今できる話は結局ゲームのことしかないと思ったので、これからしばらくゲームネタでいきます。
まぁ、それ以外の話題があれば、そのつど書いていきますが。

とりあえず、企画としては「自分が持っているゲームについて1本ずつ書いていく」ということになるので、よろしくお願いします。



「PKサンダー!!」
「マザー」をやったことがないので、ネスについてはほとんど知らないです。
ちなみに私はリンクだけしか使いません。
遠距離から爆弾魔。
そしてブーメラン。

silhouettem at 19:26|PermalinkComments(0)clip!ゲーム 

2007年10月06日

フメツノサムライトマトキルナリ

今日は、3つ話題を。


では、1つ目。
今回のタイトルの元になってる「スケッチブック」。
今週からアニメが始まりましたね。
なかなか良い感じでしたね。
空がちゃんと喋らないし。(笑)
大体のキャラも出てきましたね。
とりあえず今後は、涼風コンビと空閑先輩に期待しています。あとケイトにも。
ちなみに、私は空閑先輩が、どうしてもララァに見えて仕方ないんですが。(笑)
そういえば、原作読んだ最初の頃は、佐々木先輩と栗原先輩が男か女かよく分からなかったなぁ。
懐かしい。


2つ目。
今日、このHPを見ました。
前から、wiiのこの機能が気になっていたので、どんなものがあるか見ていたんですが、私が持っているファミコンソフト(=有野が挑戦したソフト)がけっこうあるのに驚きました。
そして何より、意外なところに説明書があった、ということです。
私が買うファミコンソフトには、当然といえば当然ですが、説明書が付いていないので、操作方法やその他情報は、ゲームセンターCXのDVDか自分自身が頼りなんですが(ネットで調べるのは面倒くさいので)、まさかこんなところにそれがあったとは…。
アイテムの情報とか、今までなんとなくでしか分からなかったので、ちょっと嬉しいです。
あと、世界観やストーリー。
これは説明書がないと、ファミコンはソフトだけじゃ分かりづらいですからね。
「ソロモンの鍵」や「迷宮組曲」にまさかこんな重厚なストーリーがあったなんて。
そして極めつけが2つ。
「いっき」に代官が登場していたこと。
悪代官は永久に出てこないと思ったら、なんかいるらしいです。
っていうか、見たこと無いんですけど…。
そして、クリボーの紹介文が「キノコ王国を裏切ったキノコ。」だったこと。
キノコだったのか!?
クリボーだから、ずっと栗だと思っていました。
21年目にして知った衝撃の真実…。

裏切った報いとして、ひげのおっさんにひたすら踏まれ、ときには無限増殖と称して107匹連続踏み消される哀れな存在。
それがクリボー…。

なんかこのページを見ていたらwiiが欲しくなってきました。
これで、「スーパーマリオRPG」と「スマッシュブラザーズ」があったら本当に買っていたのに。惜しい。

余談ですが、この前「マイティボンジャック」を買いました。
これも、けっこうすごいストーリーだったんだなぁ。


そして、3つ目。
先日、桑田佳祐の「TOP OF THE POPS」を買ったんですよ。
聞いてみたら、DISC2がやばかったです。

「クリといつまでも」

知っている人は、この曲の何がすごいか分かると思います。
最初聞いているときに、不覚にもあれが思い浮かんでしまったんですよ。あれが。
で、曲が進んでいくと、正しくあれの歌でした。(笑)
途中で“さあ、腕を前から上にあげて、リスの体操がはじまるよ〜”って来たときには、桑田佳祐の天才さにやられました。
全部言っちゃったじゃん、って。(笑)
で、もう1度、今度は歌詞カードを見ながら聞いたら、笑いが止まりませんでした。
もう気分は

Skipped Beat,Skipped Beat

Skipped Beat,Skipped Beat


でした。
ちなみに、「スキップ・ビート(SKIPPED BEAT)」も良いですよ。曲としても空耳としても。
ちなみに、私にはもう1つ空耳で、「魔ジュニア」が登場します。

やっぱり桑田佳祐さん最高ですね。


なんか、今回の3つ話題を振り返ってみると、共通ワードが1つ出てきちゃうんですが、意図したわけではないですよ?(笑)

silhouettem at 23:56|PermalinkComments(0)clip!音楽 | ゲーム

2007年09月29日

逆だと思うのになあ

また、1週間遅れ〜な感じで書きます。


今週の日曜日、霧里さん、ヤンさんと秋葉原へ行ってきました。
いまさらですが、7月に出たPC版メルブラが欲しくなったんで、私から誘って。
まぁ、2人に最近会っていなかったからっていう方が、理由としては大きかったんですけれども。


で、最初2人にメルブラ探しに付き合ってもらいました。
正直、秋葉原は相当どれぐらい来ていないのか分からないぐらい久しぶりだったので、道の記憶がほとんどありませんでした。
なので、基本2人の後から付いていくっていう形で、あちこち回りました。
が、どこも無く。
1箇所だけ売っているところを見つけたんですが、それ、外箱がでかかったんですよね。
予想通り初回限定版と書いてあったので、お店の人に、通常版ありますか?、と聞いたら、初回限定版しか仕入れていないとのことでした。
普通は逆じゃねぇか?と大きな疑問が浮かびましたが。
限定版の値段では買うつもりは無かったので、諦めました。


その後、食事をとってゲーセン。
メルブラとか格ゲーをけっこうやってきました。
何か最後の店では、隣の方ですっごい熱い「ぷよぷよ通」の対戦が繰り広げられていました。
100連戦は突破していましたね。
中央の星の数がすごかったです。そして、連鎖も。

それと、超久しぶり(6月以来)のアクエリアンエイジオルタナティブもやってきました。
私は、この時点でアクエリアンテイル・追加カード、一切触っていませんでした。
で、何の進歩も無いデッキで2人と対戦を。
どちらもかなり手加減してもらってるような感じで、とりあえずヤンさんには勝利、霧里さんには敗北。
霧里さんのときは、棒にやられました。やっぱ画面が見れていないです。
でもまぁ、ヤンさんのデスルーンをすっかり忘れていて危なかったときに、私の一番気に入っていた、「時田 歩」で自MBとタイムスリップ、の方法で回避できた、っていうのがあったんで、それがけっこう嬉しかったですね。
で、2人と対戦できたという区切りで、アクエリオルタ完全に引退することにしました。
でも、一応思い入れもあるので、カードは取っておきます。


そして、晩御飯は、2000円ちょっとの90分食べ放題のしゃぶしゃぶでした。
最後に皿1枚残っちゃったのがもったいなかったですが。
原因は私がそんなに食えなかったからだと思います…。すいません。

そして、食事が終わって解散。
2人ともありがとうございました。



―コメント返信―

中尉さん
お久しぶりですw
途中2ヶ月も空いたのに、まだここを見てもらっていたとは。(笑)
忍者龍剣伝1と迷宮組曲(先日手に入れました)は、近いうちにやってみるつもりです。
私のプレイではないですが、この2本、内容知ってるんですけど、本当に泣きますね。(笑)
最終的には変な風に笑えてきます。
他のソフトは知らないんですが、悪魔城は最近興味があるので、一緒に情報等調べてみようと思います。

silhouettem at 15:29|PermalinkComments(0)clip!一般 | ゲーム

2007年09月22日

謎は……解けなかった

今日、「アトランチスの謎」攻略しました。
まぁ、エンディング画面自体はもうゲームセンターCXのDVDのおかげでわかってたんですが。

前に「10面でハマっています」って書いた後、すぐに10面が実はすっごい簡単だということに気が付いたんですが、その後どう行けばいいのかがDVDで省略されていて分からなかったので、スター無しの最短ルートで1度目の最終面に挑んだんですが。

絶対無理。

なんか、あれをスター無しでいける人もいるらしいですが、私は無理です。
たぶん、マリオを使っても無理です。

なので、有野と同じ道筋を探し続けました。
途中で入っちゃいけないところ入ったりとか、意味不明なところ通ったりとか。
なんかキーワード“NAGOYA”なんていうのもあったんですが、なんだったんでしょうか?
これは本当に今でもわかりません。
あと、BLACK HALL!って書かれた真っ暗な面に入ったら、ゲームオーバーになるまで落下し続けるっていう状態になって、「ひでぇなぁ」連呼したときもありました。

それで、ずっと扉を探し続けていたら、ものすごく身近な10面にありましたね。
灯台何とやらでした。
まさかあんなところにあったとは…。
その後は、何も難しいことなくすっごい順調でした。
想像以上に楽に最終面行って、無事師匠を発見して、クリアでした。
ただ、クリアした結果が当然DVDのあの場面なんですが、その後スッタフロールもなく、行こうと思えば、他の面にまた戻れてクリアしていないかのように進められて、最終面に居残っても、ひたすらあの場面から進展しないで、時間切れになったらOUTになって、機数分だけクリアした状態の最終面が繰り返されるという、エンディングらしさが何も無いクリアだったので、最後にものすごい大きな謎が残ってしまいました。
有野さん、私には結局謎は解けませんでしたよ…。


でも、まぁ、意味不明な点も多かったけれども、楽しかったですよ。
私としてはけっこうオススメです。
有野のプレイを見てからだとなおさらです。
ゲームセンターCXで見て知っている人同士で、集まってプレイするとけっこう楽しいかもしれませんね。


次は、「ソロモンの鍵」に挑戦しようと思います。

silhouettem at 23:57|PermalinkComments(1)clip!ゲーム 

2007年09月21日

A級ライセンス

一週間前の話なんですが、友人とここへ行ってきました。

デイリーショッパーズ











なんていうか、3年遅れです。

とりあえず、DVDで有野がやっていたものは大体やってきました。

まぁ、最初にやったのがものすごく久しぶりに見た「ワニワニパニック」なんですけどね。

ワニワニパニック











ちなみに、こんな点数なんですが、これって何点までいけばすごかったのか、もう覚えていないです。
100近くいったらすごいのかな?
とりあえず、テンションだけは高かったです。


その後に、今回の最大の目的になっていた、これです。

A級ライセンス











久々の10円ゲームは、やっぱり面白かったですね。
ゲームセンターCXを見てなくて、この手の10円ゲームもほとんどやったことが無いと言っていた友人も、結果かなりハマってました。
まぁ、1枚目でいきなり、10円もスタート部分にハマっていたんですが。
お店の人がどこにいるんだかわからなくて時間がかかりましたが、見つけて直してもらいました。
まぁ、そのおじさんには結構苦労させちゃったなぁと。
その後もう1回ひっかかったし。
機体が古いので、ちょっと壊れているみたいです。
その後は最後まで大丈夫だったんですが、ずっと10円入れるときが怖かったです。
で、友人と交代でやったんですが、その途中、友人がコイン3個投入して「3連星」的な技を開発してました。
「こうすると、次へ落としやすい」っていうことで。
その発想はなかったんで、「すげぇな」って連呼していたら、その技で先を越されました。
ちょっと悔しかったので、私はずっと意地の正攻法でいって27枚目。
有野と同じ入り方でした。(1人で勝手にテンション上がりました)
ちなみに、出てきたのは「ハッピーシリーズ」じゃなくて「メルヘンシリーズ」でした。

メルヘン






賞味期限も「2008.03」。
残念。


で、これもやってきました。

ジャンピングラリー











2回ほどやって失敗したら、さっきのおじさんが「10入れて7入れたら、2回で行けるよ。」とのこと。(このときは忘れていましたが、有野もそれでやってましたね。)
その通りにしたらすっげぇ簡単でした。
おじさん、ありがとう。
そして、この筐体は期待を裏切りませんでした。

雑











雑に落ちてました。(笑)

他にもこういうのをやってきました。

モグラたたき











なんか叩いても反応しないのがあって26点までしかいきませんでしたね。
古いのかそういう仕様だったのかはわかりませんでした。




おにたいじ











玉4個でした。
でも下手でした。




あした天気になーれ











なんかメダル投入口が使えなかったので10円でやりました。
ただ、成功して出てくるのはメダルなので、サイクルができないっていう、謎のゲームになってました。
きっと3年前のあの調子の悪さが直らなかったんでしょうね。

あと↓のや、昔見た懐かしさ溢れるゲームを色々やってきました。

カエル











メダル











ちなみに、やっぱり「ハングオン」はありませんでした。

で、帰り際にもう1回ジャンピングラリーで景品もらって(おじさんに教えてもらったやり方は鉄板でした)、ラストの1回にA級ライセンスであっけなく沈んで、帰りました。
計1530円。
金額以上に楽しめました。
付き合ってくれた友人にも感謝です。

楽しかったんで、これからも、たまゲーめぐりしたいですね。
次は、「悪い笑い方をする社長」のいる所へ行こうかなぁ。(笑)

silhouettem at 17:03|PermalinkComments(0)clip!ゲーム 

2007年09月12日

某漫画に食欲魔犬っていうのがいるんですが…ゲーム欲魔人?

約2ヶ月ぶりの更新です。
けっこう放置しちゃったけど、久しぶりに書きます。


そんな久しぶりの話題なんですが、最近私はかなりの勢いでゲームにハマってます。
下はここ数ヶ月で買ったゲームソフトで、

ストリートファイター

餓狼 MARK OF THE WOLVES

龍虎の拳 〜天・地・人〜

CAPCOMvsSNK2

ドラゴンボールZ3

魂斗羅

高橋名人の冒険島(FC)

アトランチスの謎(FC)

いっき(FC)

トランスフォーマー コンボイの謎(FC)

忍者龍剣伝(FC)

っていう感じなんですが。(他にもまだ4本ぐらい買ってます。)

まぁ、分かる人には気付いてもらえると思うんですが、基本、格ゲー有野です。

格闘ゲームは前々から好きだったんですが、最近は、今まで手を出すつもりの無かったものをどんどん買ってますね。
まぁ、どれもいまさら感のあるものばっかりですが。(笑)
でも、今だからこそ、どれも安くなってとても買いやすいんですよね。
THE BEST価格じゃなかったら、ゲーム画面をほとんど見たことのない「龍虎の拳」はさすがに買ってなかったと思いますし。
ただ、どれもあまりやっていませんけど。
「餓狼」でテリーとロックのEDを見たぐらいかな。
でも、「ドラゴンボールZ3」は最近ずっとやってますよ。
その前に2を買ってほぼ全クリアをしたんですが、そのおかげで3を買ってハマれましたね。
全然面白さが違いましたよ。
ただ、3は戦闘場面以外はほとんどストーリーを飛ばしているので、原作知らない人には、何のことか全く分からないと思いますが。
まぁ、2のストーリーはかなり厳しかったんで、それよりはいいと思いますけどね。

そして、もう1つ。
この前やっとファミコン互換機(残念ながらマイク無しなので、「たけしの挑戦状」には挑戦できませんが)を買ったので、今まで買っておいただけのFCソフトを今やっています。
一昨日には「ソロモンの鍵」も買ってきちゃいました。
まぁ、そこで1つ惜しかったのは、「マイティボンジャック」も買おうとしたんですが、あまりにもソフトが汚かったので買えなかったことですね。
良く買い取ったなって言う感じでしたが。
それは置いといて、一通り触って、今はひとまず「アトランチスの謎」攻略を目指しています。
実感としては良く有野と東島は攻略できたなっていう感じですよ。
すっごい難しいです。ステージ10でハマっています。
靴持ってるのに…。
有野と同じく、1人前用意しろっていう感じです。むしろマリオ。(笑)
「いっきの人」は助けられるんでしょうか?



しかし、何だか知らないけれども、安倍首相が辞めることになって、今日は大変な日になりましたね。
こんなことがあると、自民と民主の政権交代が本当にあるかもしれないって、現実感を伴って考えちゃいます。
しかし、なんで辞めることにしたのかがわからないですね。
法案が通るかどうかの結果で、決めるようなことを言っていたのに。
その結果が出る前ですからね。
なんか病気が原因だと言われていますが。
先の参議院選挙での自民党の敗北は、マスコミが自民党の悪口しか言わなかったから起こったと思っているんですが、その後もマスコミは、安倍首相を(過剰な感もあるぐらい)批判し続けていましたから、それが心労等の一因になっているんでしょうか。

しかし、これから先の政治はどうするんでしょうね。
辞めちゃうことは仕方が無いので、重要なのはこれからですよ。
次の首相には誰がなるのかが難しすぎると思うんですけれども。
誰も適材はいないような感じですけど、変なのが来ないようにまずは願うしかないですよね。
ちなみに、私は、安倍首相は特段嫌いじゃなかったですよ。
確かに、あまり役には立たなかったかもしれませんが、その他の人物よりは(消極的な理由からですが)良かったんじゃないかなと。
まぁ、一応、安倍首相自身には不正は無かったわけですし。

でも本当に、今回、その他の中から変なのが後任に選ばれないか心配です。
麻生氏が有力視されていますが、あの人はローゼンメイデンでも読んでおとなしくしていてくれればいいと思うんですけどね。
ちなみに、ちょっと前に、小泉新党がどうのなんていう発言も各ニュースでありましたが、小泉前首相は私にとってすでに過去の人物なので、いまさら持ち出すことも無いと考えています。

いっそのこと民主党に任せて結果を見るっていうのも、これから先、もしかしたら必要なのかもしれないですね。
でも、小沢氏とかはなぁ…。

どうなんでしょう?



まぁ、最後に、日本の政治家とマスコミの皆さんに一言。
「(…ベジータめ…!)責任持てよ…」

silhouettem at 19:36|PermalinkComments(0)clip!ゲーム | 時事

2007年07月25日

セーブか?ワープか?参議院選挙

すごい久しぶりですね。もう1ヶ月以上…。
そんなに忙しかったかなぁ。
まぁ、とにかく本題を。

で、1ヵ月ぶりの話題はちょっと真面目な内容でいってみます。
今、参議院選挙の時期ですからね。
私も有権者ということで、それっぽく政見放送を多少見たりしていますが。
しかし、やっぱり誰に入れるかは迷いますね。
ぶっちゃけ入れたくなる人いないし。
またドクター中松と黒川紀章が立候補していて、軽く笑っちゃったし。
っていうか、政見放送見ていると、60歳超の人が多いんですよね。
さすがに、60何歳とか70何歳とかって言われると、入れる気がなくなっちゃいますね。
まぁ、若いからといって、入れられるものでもないですけど。
1番良いのは白紙かなぁとも考えてしまいますが。

そして、今回の選挙で、誰に入れる入れないよりももっと気になるのは、自民党大敗・民主党躍進の風潮があることです。
そりゃあ、自民党が駄目なのははっきり分かることですが、代わりに民主党に入れようか、っていうのも無しだと思うんですよ。
私は別に自民党支持者ではないですけれども、とても今の民主党には政権与党は任せられないと思うんですよね。
確かに今回の選挙は参議院ですから、民主党が過半数の議席を獲得したとしても、政権が入れ替わることはないですが。
私としては、自民党は信じられないから民主党に、ではなくて、どっちも駄目だっていう判断が1番妥当なんじゃないかと思うんですが。
そうすると、やっぱり白紙投票ってことでしょうかね。

まぁ、自民と民主の議席数が逆転するなんていう話は、いくらかマスコミが煽っている感もあるんで、実際はどうなるかはわからないですけれども、ちょっと心配です。

ちなみに、私が野党に望むことは、与党の法案に反対するだけじゃなくて、きちんとした対案を出して、政治を正しい方向に持っていってほしいです。
野次を飛ばすための党、野党だけは勘弁してほしいです。



で、真面目にしては薄っぺらい内容の話から変わりますが、最近、PS版「ロックマン2」やってます。
今、最後のクイックマンステージのレーザー地帯に大ハマりしています。
ちなみに、もちろん(?)有野と同じ順番でやってます。
っていうか、相変わらず「ゲームセンターCX」に大ハマりしていますね。
この前も、ずっと待っていたボーナスステージの放送を、興奮しながら見ていましたよ。
たまゲーの店が、結構近くの住所だったので、そのうち行ってみようかなとか思っていますが。
10円ゲームをやりたいんですよね。
昔近所にあった駄菓子屋でやったことがあるんですが、それ以来10年近くやっていないので、今すっごいやりたいんですよね。
昔は10円も貴重だったので、数えるぐらいしかやらなかったのも拍車をかけているんですよ。
しかも、その近所の店とたまゲーで紹介されていた店の景品が、同じ20円の金券っていうところが懐かしくて。
昔1回か2回ぐらいしか金券取れたことが無かったんですよ。
だから、そのうち本当に誰か誘って行きたいですね。

余談になりますが、今日やっと給料日なので、本当に久しぶりに遊びたいなと。
ついでに、6月5日以来、全く触っていない「アクエリアンエイジ オルタナティブ」をやろうかとも思っています。
全然新カードもアクエリアンテイルとかっていうのも何も知らないですしね。(笑)

silhouettem at 16:21|PermalinkComments(1)clip!時事 | ゲーム

2007年06月22日

あのおそろしいむらへいってきました

今から10日前、「カプコンクラシックスコレクション」というゲームが目に入ってしまったんですよ。
お金も厳しいのに、一目惚れして買ってしまいました。
そりゃあ、「ゲームセンターCX」を見て以来ずっと憧れていた「魔界村」と「大魔界村」が入っていたんですから。

そして、ついに憧れの魔界村に入村できたわけですが、最初はとにかく笑いました。
あまりの難しさにとにかく笑っていました。
一角獣×2と戦ったときは、ある意味ツボでしたね。
それを過ぎ去ると、とにかく「ヒドイ」しか出てきませんでした。
っていうか本当にひどすぎるゲームですね。
ドラゴンとか、本当に倒せるのか、慣れるまではかなり疑問でした。
極めつけは、せっかくステージ6まで行っても、武器に十字架を持っていなければ、ステージ5に戻されるという、情け容赦ない仕掛けでしたね。
つまり、あのステージ6を十字架で駆け抜けて、大男とレッドアリーマーとサタン2体を倒せっていうことなんですよね。
無理。
っていうか、あまりに理不尽な状況だったので、サタンを倒して扉に向かったらもう1体いたときとか、それを倒しても十字架が無くてステージ5に戻されたときとか、バグだと思いました。
大体、十字架探してこいって言うので、ステージ5に戻すなんてひどすぎますよ。
ステージ6からでいいっていうのに。

で、そんなこんなで一昨日までステージ6までの道にハマり続けていたんですが。
昨日、やっと魔王を拝むことができて、どこが弱点なんだかよく分からない戦いも勝ち抜いて、2週目も攻略して、ついに「魔界村」のエンディング画面を見ることができました。
まぁ、画面自体はゲームセンターCXで見させてもらっているんですが。
とりあえず、有野越えができたので満足です。

そして、これから「大魔界村」が待っているんですよね。
たぶん、無理じゃないですか?(笑)
とりあえず、イノコMAXは超えたいと思います。


あと、最近、「トランスフォーマー コンボイの謎」(FC)が240円で売っていたので、買いました。
でも、以前の「スターフォース」と同じく、ファミコンはありません。
っていうか、クレーンゲームで取った互換機を、色々駄目だ、と思って捨ててしまいました。
きっとそのうち、ファミコンを買うと思います。
そうすれば、「たけしの挑戦状」を買っても、きちんとプレイできますしね。
ちょっとした目標の1つです。
っていうか、今日「高橋名人の冒険島」・「いっき」・「アトランチスの謎」が売られているのを見たんですよ。
お金さえあれば、その場で確実に買っていましたね。
計1500円ほど。
あと3日ほど、売れずに待っていてほしいです。



話は変わりますが、今週で大体のドラマが最終回を迎えましたね。
今期は面白いものが多かったです。
で、そんなドラマの最終回。特に今日の話です。

「スリルな夜」にはどうしようもないくらいやられました…。
「SM喫茶」って…。
結局、最終回の主役は、あのリストカット&アンクルカットの医者だったんじゃないかと。
まぁ、でも、色々片付いたので良かったです。
なんか東さん一家もすっごい復活しているし。

それと、「生徒諸君!」。
最終的にナッキーがすごい好きになりましたが、どうしても、最後のドッジボールで3回ほど、NGだろうっていう場面があったのが、気になってしょうがなかったです。(笑)
結局、三井といとこの件は、忘れることで解決でしたからね。
ちょっと不完全燃焼な感じで。
まぁ、いいか。
面白かったし。

そういえば、「セクシーボイスアンドロボ」は、わざわざ三日坊主の幽霊まで出したのに、さっぱりした内容だったのが、自然な雰囲気で逆に良かったなぁと思いましたね。
やっぱり、松山ケンイチがハマり役だったんじゃないかなと。

そして、あと残すは「ライアーゲーム」と「プロポーズ大作戦」になりました。
ライアーゲームは3時間もやるので楽しみです。
でも、それ以上にプロポーズ大作戦が気になってしょうがないんですよね。
前回の放送で、健が礼の手を取って走り出したので、「おぉ」って思ったら、エンドロールが出てきたので「おぉ!?」って。
あんなところで終わらせるなんて。
すっごい気になります。



―コメント返信―

霧里さん
結城 望か。
そんな対抗策があったのか。
やっぱり研究不足なんだなぁ。
っていうか、最近は20日間近くプレイしていないんだよな…。
だから、テイルも新カードも全く触れていない…。
アクエリじゃなしに、魔界村にお金を使っちゃったからね。
お金ができたらやりにいこうかな。
一緒にやりたいのもあるからね、空いた分を取り戻しておかないと。



「ホルン協奏曲 第4番 K495 第2楽章」

silhouettem at 23:59|PermalinkComments(0)clip!ゲーム | テレビ

2007年06月08日

事実は小説より奇なり、しょせん作り話ではありますが、しかし。

最近、アクエリオルタで、全然勝てません。
前回書いた後の今日までの4戦全敗です。
1回戦目で終わります。
で、そこでやる気も無くなって終わります。
こっちは、赤白とか青白とか青赤とか、色々試行錯誤重ねていますが、ことごとく黒につぶされていますね。
本当に、最近は黒の入っていないデッキとは戦っていないんですけど…。
完全に壁にぶつかってしまったんでしょうね。
黒がとにかく脅威です。
あの攻撃力には追い込まれてばかりですね。
特に、ィアーリスを見ると、すっごい怖いですけど。
これは、対イレイザーの戦術をいいかげん考えないと…。
どうしたもんかなぁ。

ちなみに、獲得カードとしては

斎木 新名(白)

タイムストップ(2枚目)

斎木 美奈(白)

九玄天女(2枚目)

と、良い方なのかなぁっていう感じなんですが。

もう、どんなデッキを組んでいいのかも思い浮かびませんしね。
白は種類が多いんですが、白って結局カマエルに怯えなきゃいけないんですよね。
黒対策としては難しいんじゃないかと。
あと、以前と違って、赤は豊富になってきたんですけどね。
逆に、青は4枚から全く増えていないんですが。
たぶん、今の私には、青が一番性に合っているような気もするんですけどね。
無いものねだりしてもしょうがないし。

ちなみに、黒のカードもいくらか良いのがあるんですが、今のところ黒は使う気は無いです。
何ていうか、ガンダムが強いからって、自分もガンダムを使うんじゃなくて、ザクで勝ちたいんですよ、そこは。
それが腕の見せどころっていう奴で。
あと、黒を使うと結局コピーになっちゃうような気もするんですよね。
まぁ、今はルシフェル等の影も形も無いので、それは無理なんですが。

しかし、現在の壁は果たして打破できるのかどうか疑問です。
負け続けているので、資金も響いてますよ。


ところで、今日はテレビを見ていて、もう疲れました。
「生徒諸君!」と「スリルな夜」で、大変な事件ばっかり起こっているので、見ている側としてはたまらないですね。
大体、前回の予告の段階で、もうこっちは気を揉みましたし。
この先どうなんのかなぁ。
気分的には、「たった四杯で夜も眠れず」ですね。
眠れますけど。(笑)

まぁ、でも、「生徒諸君!」の方は主人公が相当明るいので、学園モノの中では、なんかすっごい安心して見られるんですよね。
まぁ、内容と関係無いところでものすごく、珠里亜に内山理名と本郷奏多が合わさって、「嫌われ松子の一生」の匂いがしていることが気になっているんですが。

ただ、「スリルな夜」は見るたびに事件と謎が増える一方で、しかもまだほとんど解決したものが無いので、早く結末にたどり着きたいです。
っていうか本当に気になる。
せめて何か1つでも事件が解決してくれれば…。

しかし、今期のドラマは良い作品が多いですね。
どれも先が気になっています。
特に、「ライアーゲーム」は一週間経つたびに、毎回焦らされていますね。
なんか、最終回は3時間もやるみたいなんですが、どういう結末になるんでしょうか。
ちなみに、原作は読んだこと無いです。
だからこそ、楽しんでいるんですけどね。先が分からないので。
ちなみに、この作品もなんですが、戸田恵梨香と天才キャラの組み合わせなので、「DEATH NOTE」の匂いがしています。
もう1つちなみに、松山ケンイチは、絶対「L」よりも今の「ロボ」役の方がハマっています。
あれですね、私の中では、「のだめカンタービレ」の上野樹里並みです。
っていっても伝わりにくいとは思いますが…。
まぁ、とにかく、私の中ではすごい、っていうことです。


では、こんなところで、今日は終わりにしようと思います。
最後に1つ、気になっていることを。

「早く礼に告白しろよ、健三!」

本当にすごいじれったいです。
いや、話数の関係で、そんなに早く告白させたら駄目なのはわかっているんですが。
でも、毎週待つのもしんどいです。
気になって仕方ない。



「楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より 第1幕への前奏曲」