まわた日記

SPIRAL MOONの面々がお届けする、ちょっと素敵な独り言 ⇒2018年11月14日(水)〜18日(日)、下北沢「劇」小劇場にて『トリックスター』を上演します。ご来場を心からお待ちしております!!

季節の変わり目

どうも!!
寒くなると温かいお茶よりも
コーヒーが飲みたくなる大澤俊です!!
そんな僕はよく稽古がはじまると稽古場の近所に喫茶店がないかと探します。
早く着いたときに時間を潰せたり、
物思いにふけったり、
読書をしたり、
1人で過ごす時間はとても大切なんだなぁと最近気づくことができた僕ではありますが、
1人はやっぱり寂しいなと感じるときもあります。

8B7E7E09-FA57-4AB6-A537-723EA56915AE


今回の稽古場の近所に喫茶店はないのですがパン屋があったので外でコーヒーを。
オーガニックコーヒーだそうです。
健康に良さそうな響きだったので買ってしまいました(笑)
うん。美味しい。
健康にいいものはなんとなくあんまり美味しくないイメージがあります。
機会があれば飲んで見てください。
ここのコーヒーおすすめです。
(パンはまだ食べたことないのでわかりません笑)


ちなみに劇小劇場の隣にもコーヒーを出してるお店があります。
そちらも要チェックです!
観劇にこられたときにぜひ飲んで見てください。

寒さに負けず稽古行ってまいります!
ではでは!次のまわたでお会いしましょう!

大澤俊

#まとまると強い

稽古に通う時、ふだん使わない電車に乗っています。

行きも帰りも必ず目に入るもの。

IMG_9182


大好きな絵本「スイミー」


その昔、小学校巡回公演をしていた頃に何度も演じた作品(私はスイミーではなく、その兄弟たちや海の魚役など、いろいろ)

一匹ずつは小さいけど、チカラを合わせて集まれば、大きな魚のようになり(目はスイミーです)自分たちを食べようとする敵を驚かせる!!!


共演者のみなさんの力が小さいわけではなく、もちろんお客様は敵でもありません!

でもこれを見るたびに、「チーム一丸となって」を忘れずに〜!

と言われてるような気がしています。

IMG_9183


「目に映るすべてのものはメッセージ」by ユーミン


なんつって(でもわりと本気)




松橋京子

美味しくなあれ。

稽古が終わり電車に乗って新中野駅で降り、帰路につく。みちみち歩きながらまず考えたことは「何食べようか」ということだ。もちろん「稽古を振り返らねば」という気持ちも大いにある。が、まずは腹ごしらえだ。

「食材、何が残ってたっけ?」と考える。棚にある、週末に買ったピーマン・玉ねぎ・にんじんの三種が脳裏に浮かぶ。冷凍庫に豚肉はあるが、野菜だけでも何とかなる気がする。次に考えることは「どれを主役にするか」だ。

IMG_4865


と考えたところで、私の妄想が走り出す。「どれを選んでもワシのお腹に入るというゴールは同じ。これは舞台もおんなじなのでは。シーンや言葉や仕草のいずれで食いついても、物語で迎えるゴールはおんなじ。折角迎えるゴールならば、美味しい方が良いじゃないか」

いざ書いて眺めみると、これが合ってるのやら合ってないのやらよく分からないのだが、その瞬間はすべてがまあるく腑に落ちたのだ。

さて、何を食べたって?結局、食パン齧って我が腹は満足してしまいました。ああこれから。美味しくなあれ。

小野坂貴之

発送しました!

皆さまおはようございます!
ようやく安定した涼しさがやってきた感じでしょうか。毎日アイスランドの気温を確認して寒さに想いを馳せています。カモーン、冬!!

さて、先行でご予約いただきましたチケットを本日までに全て発送完了しております。
もうすぐお手元に届くかと思いますのでお待ち下さいませ!

IMG_1095



SPIRAL MOON事務局

ショー・マスト・ゴー・オン

今回、なんだか小道具がたくさん!になりそうな気配。
これはなかなかに大変なものなのです。大丈夫か私?

持って出るの忘れた、とか、芝居中に壊れたとか・・・色々あるよねー。


先日、ものすごく久しぶりに、東京サンシャインボーイズの舞台DVDを見ました。
『ショー・マスト・ゴー・オン』
マクベス上演中の舞台裏が舞台の舞台(わかる?)。
大好きな劇団(今はなき、ですが)なのです。みなさんも是非!

ってこれ、それこそ小道具やらなんやらのトラブルに悩まされるという話じゃないですか!
彼らは、冗談のような機転で乗り切り、正にショー・マスト・ゴー・オン!

でも、あんな機転、私にゃ無理です。
ああ、どうかあんな事態になりませんように!!

P.S.『ラジオの時間』もお薦めです♪

    ☆ 豊田真弓 ☆
DSC_0052

空間

みなさまどうも、浅野美由希でございます。

10月1日から稽古が始まり、はやくも半月が経とうとしています。

早いっ!なんて早いんだ!!
稽古の方は、本読みを終え、立ち稽古に入りました。

役の中の人たちは、そこに普通にいるわけですが、私はまだ慣れなくて、借りてきた猫状態です。
空間を自分のものにできるように。
がんばります。

写真はいつぞや旅先で出会った猫ちゃんたち。
自分の空間にしっかりすっぽりおさまってる…。
見習います。



浅野美由希
image1

花束

先日、花屋さんの前を通ったら、只今『ピンク祭り』開催中でした。

きゃーっ!!綺麗!!

image1


今回の芝居。
私はお客様に、強くて美しいエネルギーの束をお渡ししたい…そんな風に思って作品と役と向かい合ってます。

石井悦子

秋色

秋風が肌に心地よい季節となりました。皆様いかがお過ごしでしょうか。

という定型文で入ってみましたが…笑
皆様、初めまして!今回からSPIRAL MOONに出演させていただきます、齋藤航です!

最近街を歩いてて思うことは、ハロウィンまでもう少しですね。至る所がハロウィンの色一色になってきました。僕の周りでも、ハロウィンの時には某「夢の国」に行く人とか渋谷に仮装して行く人だとか、それを楽しむ人が多く見受けられます。
ある意味舞台というのも、役によっては普段自分が着ないような服を着たり、普段自分がしないような髪型、髪色をすることができるという点がハロウィンに近いなと思うんです。

今回は個性的なキャラクターがたくさんいるので内容はもちろんですがそういうところでも楽しんで頂けると思います!

さて、いよいよ本日から前売りの発売となりました!皆さんと劇場で会えることを楽しみにしてます!




一足先にハロウィン楽しみます。


IMG_1048

打ち合わせ

お久しぶりです。
河嶋でございます。

今回も前回の『ピース』に引き続き、作品を提供させて頂けることになりました。
2作品続けて執筆を任せることが少ないスパイラルムーンで、これは快挙です!偉業ですよ、皆さん。

さて昨日のまわた日記を読んでビックリー!
俺、褒められ過ぎー。
俺、褒めてって、よく言ってるけど。
やったー!
たぶん稽古前のコーヒーを奢ったのが効いたな。

ちょっと愚痴。
実は前回の『ピース』を観劇してくれた、かつての劇団員から「本書くの上手くなりましたね」と言われた後、「なんで俺がいた時、こういうの書かなかったんですか」と言われたの。
愚痴終わり。

そう。人は成長するのです。
つうか、昔もそれなりに面白いのを書いてたと思うんだけどね。
ただね、自分で言うしかないから言うけど。今回の『トリックスター』、よく書けているざんす!
名作!いい仕事した。

とはいえ僕は基本、当て書き(役者さんを見て台本を書くこと)をするんで、名作を引き出してくれたのは出演者が素敵だから。

秋葉さんはもちろんのこと、いつか一緒の舞台に出たいとずっと願ってやまなかった石井悦子さん。次はしっとりとした美女役をと僕の作品に出て頂く度に約束をするのになかなか約束が果たせていない豊田真弓さん。気付けば出会いから八年も経つのに僕の新作は初めてという浅野美由希ちゃん。スパイラルのワークショップから本公演に参加するのは実に二人目、一人目の塩見陽子さんの高校時代の同級生という松橋京子さん。

男の子たちは…。
ま、いっか。
次に気が向いたら、書こう。

褒められたから調子に乗って、タイトルに関係ないこと書き過ぎちゃった。

今日は稽古の合間を縫って、美術の荒川真央香さん(通称まおたん)と打ち合わせ。

秋葉さんが仕事で少し遅れたので、まおたんと先に始めると。
まおたん恒例の「本、読み込んできました」
マーカーと付箋が目立ってる。
美術家さんだから、鉛筆で打ち合わせをするんだけど。

おや?鉛筆で台詞に線が引いてある。しかも波線。
「なんか分かりにくかったかな?」聞いてみると「この台詞、これから使っていきます」
いやいや、そんな。照れますな。
「秋葉さんがどう言うのかが、楽しみです」
あ、そうね。

単なる書き物としてのホンを、舞台として、芝居としての名作にするために。
役者がいて、スタッフさんがいて。
中心には演出の秋葉さんがいて。

まおたんとの打ち合わせで目がキラキラする秋葉さんを見て、こりゃやっぱり名作になるぞと予感がプンプンし始めるのでした。

こうやって本番までのひと月。
照明の島田の兄貴、音響のるぅちゃん、音楽の羽山さん、会う度に予感を確信に変えてくれるここには書き切れないメンバーたちと、たくさんのキラキラを持って毎度のことながら突き進んでいきます。

首を長くしてお待ちください。


◎かわしままさき◎

人生を変える作品

スパイラルムーンさんには2回目の出演となります。
新参者の大澤 俊です!!
よろしくお願いいたします!!

さて、今回の作品『トリックスター』は
騙し合いの作品で色々な嘘、真実が出てきます。
最初に台本をいただいて読んだときはちんぷんかんぷんで
どれが嘘でどれが真実なのか、、、わからない、、、でも、面白い、、、
と不思議な感覚になりました(笑)。

これは作家のかわしまさんがすごすぎるのか、、、
役者の方々の表現力がすごすぎるのか、、、
僕がアホなだけなのか、、、と疑心暗鬼になってしまい
僕は演じる前にすでにこの作品のトリックにハマってしまっていて
かわしまさんの手の上で踊らされているのでは、、、
それはそれで悔しいので頑張らねば!!
いや、これすらも作戦のうちなのかもしれない、、
だとしたらあえて、頑張らないで、、、裏をかいて、、、
なんて色々想像してしまう作品です(笑)。

毎回稽古では頭をフル回転フル回転
フルフル回転でやってます。
ただそれだけにこの作品は
僕の人生のなにかを変えるものだと思ってます。
それがなんなのかはまだわからないのですが、
公演が終わったときにまた、まわたを書かせていただけるときは
その正体をお話しできたらなと思います!!

という僕をスーパーやる気にさせる
ここまでもが、かわしまさんの策略であり、、、、、
もうさすがにしつこいのでやめておきます(笑)。
ですが、それぐらい考えさせられる作品です。
ぜひ劇場でその目で肌で感じに来てください。
そして騙されてください(笑)。

それでは次のまわた日記で、
劇場でお会いしましょう!!

no title



大澤 俊
QRコード
QRコード
記事検索
  • ライブドアブログ