まわた日記

SPIRAL MOONの面々がお届けする、ちょっと素敵な独り言 ⇒2017年7月12日(水)〜16日(日)、下北沢「劇」小劇場にて『おんわたし』上演しました。ご来場、ありがとうございました!

答え合わせ。

どうも。かわしまです。

正解者が出ましたー!

『御礼、そして…。』で出題した問いの解答をお伝えしたいと思います。

ではまず問題をおさらいしましょう。

問題。
270人の行列があります。
この行列は1分間で3人ずつ増えていきます。
1つの窓口を開けると90分で行列はなくなります。

〜觚を2つ開けると何分で行列がなくなるでしょう?
10分で行列をなくすには、いくつの窓口を開ければ良いでしょう?

ヒントは、『順番に考えていくこと。』

では順番に考えていきましょう。
1.1つの窓口を開けると90分で行列がなくなることから、元々いた270人と90分で増えた3×90=270人が窓口を通ったことになります。
1分で1つの窓口から、540人÷90分=6人が通ったということになります。

2.では窓口を2つ開けると1分で何人行列は減るかを考えてみましょう。
1つの窓口で6人ですから2つの窓口が開くと12人行列は減りますが、1分で3人増えていくので、実質9人ずつ減っていくことになります。

3.ここでようやく,量笋い鯏える準備が出来ました。行列は270人います。1分で9人減ることから270人÷9人=30分。30分で行列はなくなります。
,療え…30分。となります。

4.さて続けて△飽椶蠅泙后10分で行列をなくす。元々いるのが270人。10分で増えるのが30人。つまり300人を10分で通過させれば良いわけですから、1分で30人を通過させることになります。1つの窓口から1分で6人通りますから、30人÷6人=5。5つの窓口を開くと行列は10分でなくなります。
△療え…5つ。となります。

正解者の『しおみーの』さんには素敵なプレゼントを差し上げます。

お楽しみに。

ではでは。

◎かわしままさき◎

役者との出会いを求め、キャスト募集ワークショップを開催します!

みなさまこんばんは!
週間予報を見事に裏切り、先週は東京も晴れ続き。梅雨明けしてなかったのに!
劇場で南の海風をご堪能いただけましたでしょうか。

さて、『おんわたし』が閉幕して一息つく間もなく、私達は次の公演に向けて
走っております。
『おんわたし』での新しい出会いがすっかり楽しくなってしまった演出家秋葉の希望で
今回もキャスト募集ワークショップを開催します!
SPIRAL MOONの芝居作りに興味を持って下さったアナタ! さあ、出会いましょう!!
あ、役者さんだけでなく、制作スタッフもいつでも大募集してますよー!!



『あなたと両想いになりたい』
何かを始めなければ、何も始まらないから、
伝えようとしなければ、伝わらないと思うから、
まずは想いを届けることにしました。
10年前よりもずっと遠くにたどり着く為に。
『あなたと両想いになりたい』
これはSPIRAL MOONからの告白です。
======
SPIRAL MOONは演劇ユニットとして公演ごとにベストマッチなキャスティングを行なっています。今回のワークショップは、今年2017年11月、来年2018年6月、11月の公演で役を獲得するためのワークショップオーディションです。これからの芝居創りのために、たくさんの新たな役者との出会いを期待しています。
ご参加いただいた方には、後日今後のスケジュールや出演オファーなどを相談させていただくことがございます。SPIRAL MOONの今後の公演スケジュールにつきましては下記に掲載しています。
SPIRAL MOONでは、本番稽古さながらのワークショップを行っています。SPIRAL MOONの現場の雰囲気や芝居の作り方、演出・秋葉舞滝子の役者への向き合い方など、実際に肌で感じていただけたらと思います。どうぞお気軽に応募くださいませ。


【オーディション日程・持ち物】
8/19(土)10:00〜12:00
8/27(日)10:00〜12:00
※いずれか一度で結構ですが、両日参加の方も大歓迎です。
※事務所・劇団等に所属されている方は必ず所属事務所・劇団の許可をお取りください。

場所: 世田谷区内稽古場にて
参加費:各日500円(テキスト代込み)
持ち物:飲み物、筆記用具、次回出演予定のある方はチラシ

【応募資格】
20〜40代の男女。舞台経験のある方。
明るく元気な人。世田谷区内(本番直前には川崎市内のスタジオ稽古の可能性もあり)の稽古に通える人。
本番のための稽古は基本平日夜、土日は昼から夜の稽古の日もあり。(本番1週間前からは全日稽古の可能性があるため、スケジュールの確保をお願いします。)※他の仕事等による調整については応相談。

【申し込み方法】
応募フォームよりお申し込みください→https://goo.gl/eNh3Kc
応募が完了した方には、ワークショップ開催場所の詳細をご連絡いたします。
(リンクが開かない場合は、お手数ですが「キャスト募集ワークショップについて」という題名で劇団メールアドレス info@spiralmoon.jp までお問い合わせくださいませ。)


☆SPIRAL MOON 今後の公演スケジュール

2017年11月8日(水) 〜12日(日)
@大山サブテレニアン
『みごとな女』
作:森本薫

2018年6月13日(水) 〜17日(日)
@下北沢「劇」小劇場
『鴛鴦は番の夢を見るか』
作:柄澤太郎

2018年11月14日(水)〜18日(日)
@下北沢「劇」小劇場
『タイトル未定』
作:横田雄紀


【応募締切】ご参加希望回の前日13時まで。
定員に達した場合には早めに締め切る場合がございますのでご了承ください。


======SPIRAL MOONとは
「隣のあなたに寄り添う」をテーマに設立から20年、接客から空間作りに至るまで最大限のホスピタリティを心がけています。「女性演出家らしい丁寧で繊細な演出」と評される秋葉の演出は、言葉では表現できない、人との距離感、心のゆらぎの表現に拘っています。
毎年2公演を企画し上演。地方公演は愛知と大阪での歴あり。国際演劇祭である「BeSeTo演劇祭」に選出。愛知芸術劇場演劇フェスティバル((財)愛知文化振興事業団主催)にてグランプリを受賞。

ユニットHP→http://www.spiralmoon.jp/index.html
Twitter→https://twitter.com/SPIRAL_MOON_all
Facebook→https://www.facebook.com/spiralmoon.official



SPIRAL MOON制作部

1週間経ちました!

ハイサイ!
『おんわたし』公演終了からもう1週間経ちました。

新垣マリコ役の長谷川なつみです。
冒頭で政男と福岡に行き、後半で帰ってきたあの元気娘ですよ!(笑)

御礼が遅くなりまして大変失礼いたしました!

ご来場頂いた方、応援してくださった方、スタッフの皆さん、共演者の皆さん、すべての方に感謝いたします。

皆さんからたくさんの感想を頂けてとてもうれしいです!
どのような感想であれ、何かしら皆さんの心に残っている作品なのだな、と感じております。

マリコは出番の少ないものの、冒頭一発目の台詞が私なので、(「この時刻表古くない!?」)
私のこの最初の台詞で冒頭シーンの雰囲気を作るんだぞ!
と勝手に(?)意気込んでおりました(笑)
そして、政男と冒頭シーンをちゃんと盛り上げたら、作品の前半の流れもきっと良くなるんだぞ!という気持ちでやっておりました。

後半の島に帰ってくるシーンでは、
伸子から叱られて、「はーい!」と正面上を向くのですが、その時の照明がまぶしくて心地よかったのが印象的でした。

稽古開始から公演終了まで約2ヶ月。
たくさんの皆さんのお力を頂いて駆け抜けてまいりました。
突然稽古がなくなってぼーっとしてますが、とにかくこの1週間体調が悪いです(笑)
(楽日辺りから風邪を引きました。夏風邪は長引きますね…)

毎日毎日暑くて体調管理が大変ですが、
皆様くれぐれも体調崩さぬようお気をつけくださいませ!
ご来場頂きまして、本当にありがとうございました!

御礼、そして…。

相変わらずの遅さでの御礼でございます。
かわしまでございます。

遅くなりましたが、『イチャリバチョーデー』に付き合って下さいました皆さん、そして乱暴なフリに付き合ってくれた『しゃもじ』『魂ず』『兜蟹』の3組の芸人さんたち、キャスト、支えて下さったスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。

13年前に、スパイラルムーンと初めて出会ったのがこの『おんわたし』と『庄吉』でした。

『どっか俺を使ってくれる劇団ないの?』と知り合いの制作さんに言い続けていたら、舞い込んで来たご縁でした。

10年前には『庄吉』と『うちなーぐち』にお別れをして、『局長』に出逢ったのです。

『どう渡していくのか』を、考え続けて、考え続けて、なんとかかんとか演じたのが正直なところでした。とはいえあれ以上はないと言い切る自信もありました。

で、今回。
10年ぶりに『局長』になれることに。

10年前の『局長』、そして最初に出逢った13年前の『局長』と、面と向かって戦う日々が始まったのです。

いや、他の作品の再演でも思うことですが、これがなかなか大変なことでして。

いかに自分が頑固なのか。
そしてなんと役者として幼かったのか。
まあ、到達点の遠いことよ。

もしかしたら最大の驚きは、10年経ったら涙脆くなったことかも、知れませんが。
相手役が引くくらい稽古場で泣いたりしましてね。
(本番中、某ステージで涙が流れてしまいましたが、あんなの比べ物になりまへん)

なんやかやで10年ってあっという間のようで、いろんな発見、成長、堕落があるんだなぁ、なんて。

詳しい内容はDVDのオーディオコメンタリーにでも入れましょう。
そちらもお楽しみに。

さてさて、話しは変わります。
『長いよ』なんて思わず、最後まで読んでおくんなさい。

13年前も、10年前も、そして今回もコーラの瓶に入った手紙が『おんわたし』の一つの鍵であることは間違いありません。

そう、ショートケーキといちご大福のアレです。

今日は知念良夫局長(今さらだけど僕ね)が拾った、もう一つのコーラの瓶に入ってた手紙をご紹介します。

難易度は松原洋子ちゃんの問題より、高めです。

問題の答えが分かったら、コメントにどうぞ。
正解者、先着一名様には、僕から素敵なプレゼントを差し上げます。

それでは参りましょう。
問題。
270人の行列があります。
この行列は1分間で3人ずつ増えていきます。
1つの窓口を開けると90分で行列はなくなります。

〜觚を2つ開けると何分で行列がなくなるでしょう?
10分で行列をなくすには、いくつの窓口を開ければ良いでしょう?

ヒントは、『順番に考えていくこと。』

ちなみに連立方程式などは使わなくても解けます。
これ、小学生の問題ですから。

ということで、今回も、ありがとうございました。

◎かわしままさき◎

奇跡のような…

家の近所に家庭的で美味しい中華定食屋さんがあって、その店の店員さんは誰もが礼儀正しく料理の上げ下げのみならず、お絞りを出す時にまで明るく「すみません!」と声を掛けてくれます。

先日、店員さんが定食のプレートを出し、私が気を利かせてテーブルのコップを移動させた時、お互いに「すみません!」となったことがありました。
あれ?
店員さんも私も、謝るようなことはしていないのに、何故「すみません」と言ったのでしょう。

またある時駅で両手いっぱいに荷物を抱えた私に、エレベーターのドアを開けて待っていて下さった方がいました。
私は感謝の気持ちで「すみません!」と頭を下げました。
あれ?
気がついたら私、しょっちゅう「すみません」と言ってるなぁ…。

《すみません》という言葉に感謝の意味もあることは承知しています。
でも、免罪符のように何でもかんでもすみませんと言うのではなく、もっと純粋に《ありがとう》という言葉を使っても良いじゃないか! いや、あらわすべきではないのか!

ありがとうという言葉は《有る》ことが《難い》、つまり奇跡のようだ、という意味ではないかと思います。
日常生活の中で、人との触れ合いの中で、そんな瞬間はたくさんある。

私は、積極的に《ありがとう》を発信していこうと思います。

前置きが長くなりましたが、改めて。

設立20周年記念公演『おんわたし』にご来場下さいました皆様、そして様々な形で関わって下さった皆様、ありがとうございました。
この物語が、できるだけ遠くに届きますように。いつかどこかに辿り着きますように。そう願ってやみません。

そしてこの《有り難たさ》を胸に、いっそう精進して参ります。
これからもご贔屓下さいますよう、どうぞ宜しくお願い致します。

SPIRAL MOONは既に次回11月公演の準備に入っています。
どうぞご期待下さい!


◇◆秋葉舞滝子◆◇

とれたて野菜とくだもの

無事終演致しました『おんわたし』。
長いようであっという間、という最高にありきたりな感想を抱きますが、その密度は明らかに特別なものでした。

西保役でした。榎本です。

ワークショップオーディションを受けてから、本番を終えて一息ついている今まで、気がついたら春から夏に変わってました。

夏は嫌いです。暑いから。

でも、少しだけ好きになりました。

多分『おんわたし』は夏じゃないといけない。
そうじゃないとアイスコーヒーあんなに飲めないですからね。(笑)

再再演という事で色々緊張しました。

しかも西保。

ほぼ初めてのメインの役。
カーテンコールで真ん中に立ち慣れて無さすぎて、劇団の先輩から笑われました(^_^;)

今回、お客様の感想で舞台美術をほめていただく事が多かったです。
演じる側としても、リアルで温かみを感じる舞台美術にお芝居の面でかなり力貰いました!
そしてその美術の一部、黒板の文字は榎本の直筆です。(スイカの部分は千吉良さん)
演出の秋葉さんに「なんでも良いから書いといて」といわれ、それでも3回ほど書き直し、字の下手さに「逆に味だよね」と言われましたが、やっと採用されました。

島の外から来て、去っていくという役でしたが、役者榎本として、島の?郵便局の?の一部になれた気がして内心気に入っておりました。

というわけで、改めましてスパイラルムーン『おんわたし』ご来場頂いた沢山のお客様に感謝致します!
また皆様に楽しんで頂けるよう、役者榎本、精進して参ります!
もしまたスパイラルムーンに出演する機会がありましたら、進化した榎本をどうぞお楽しみに!

image

都会より島がいい

どうも!
都会のロックシンガー 『戸田政男』を
演じさせていただきました、大澤俊です。
舞台『おんわたし』
無事に全公演終了いたしました。
途中参加ではありましたが
スタッフ、役者の方々が本当に暖かく
色んな恩をいただき舞台に立つことができました。
その恩をお客様に渡せていたら幸いでございます。
おんわたしという言葉そしておんわたしという作品が世界中に広まればなんて思ったり…
本当にこの作品に関われて幸せでした!!
スタッフ、役者、お客様、本当にありがとうございました!

最後に小道具で使われていた野菜、果物は
スタッフ、役者が美味しくいただきました!
僕はゴーヤをいただき
ゴーヤーチャンプルーにしました!
味はそこそこ美味しかったです(笑)

75051e28.jpg


それでは、いちゃりばちょーでー!!

大澤 俊

おんわたしとおんがえし。

どうも、保護司の中村役を演じさせていただきました、浅野美由希です。

ご来場くださった皆様、そして陰ながら応援してくださった皆様、ありがとうございました!

今回再再演となるこの作品。
なぜ再再演に至ったのか伺ったところ、SPIRAL MOONの「劇」小劇場初進出作品が『おんわたし』なのだそうです。
そんな思い入れのある作品に携わることができたこと、嬉しく思います。
そもそも、10年前の再演に出演されていた方々が今回も出ているというのがまたすごいことだなと思っております。
今から10年後、私は何をしているのでしょう…。



おんわたし。

誰かにもらったら、
その人に返すのではなく、
誰か他の人に返す。



もちろん、もらった人にも返したいですが、ここで受け取ったものを次に繋げていきたいなと、
おんわたしの精神は、10年後も忘れず持っていたいと思います。
おんがえしもおんわたしも、大切にするぞ!


最後に、
『おんわたし』に関わった全ての皆様に感謝します。
ありがとうございます。

浅野美由希でした。

ありがとうございました!!

ハイサイ、おきゃん(喜屋武珠代)を演じました早川紗代です。

ご来場いただいたみなさま、応援してくれたみなさま、本当にありがとうございました!

再再演となった「おんわたし」はいかがでしたでしょうか。

とても素敵なお話で、私も稽古を重ねる度に、おきゃんのことも物語もますます大好きになりました。

私たちなりの「おんわたし」がみなさまに届いていたら、とても嬉しいです!

観てくださったみなさんの中でこの物語が行き続けますように☆

ではでは、最後はお決まりのこの言葉で。

いちゃりばちょーでー☆

またお会いできることを楽しみにしています。
ありがとうございました。


早川紗代(おきゃん)

感謝!

今晩は平良こと関根です!
昨日無事に舞台公演を終えることが出来ました。
公演期間中にお足を運んで頂いた皆様に心より御礼申し上げます。

今回で3回目の公演になる「おんわたし」ですが皆様如何でしたでしょうか?

文字どおり恩を渡して行く話しですが、私達は普段様々な恩恵を受けています。
日常生活の中で困った時に思いもよらず助けて貰ったりすることも多大ありります。
この時に沸き上がる感情が「感謝」でして、感謝無くして恩を渡して行くことは出来ません。
つまり「おんわたし」とは他人から心を動かされ、お礼の気持ちを伝えて行く話しなのです。

今回の「おんわたし」をご覧いただいた皆様、そして全てに関わるスタッフの皆様に心より感謝を致します!

此れからもSPIRALMOONをどうぞ宜しくお願い致しますm(._.)m






Archives
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
記事検索
  • ライブドアブログ