まわた日記

SPIRAL MOONの面々がお届けする、ちょっと素敵な独り言 ⇒2016年6月15日(水)〜19日(日)下北沢「劇」小劇場にて『雨夜の月に 石に花咲く』を上演。ご来場ありがとうございました。

肉弾戦?!

皆様おはようございます!

NOVA企画 朗読会vol.2、昨日無事に終了致しました!
ご来場下さいました皆様に心から感謝致します。野村vs秋葉の魂の肉弾戦をお楽しみいただけましたでしょうか?

そして今回は初めて使わせていただく会場でしたが、とても素敵で物語の世界も大きく広がったと感じています。
第3回もお楽しみいただけるよう精進します! 次はどんな物語に寄り添えるでしょう。私もドキドキしています。
この企画、楽しいです〜!!


◇◆秋葉舞滝子◆◇

NOVA 朗読会vol.2

おはようございます!
東京もぼんやり梅雨が明けたようですね!
すっかり御無沙汰しておりますがSPIRAL MOONは次回公演に向けて動き始めています。
皆様にお知らせできる準備が整いましたらすぐにご報告致しますので、今しばらくお待ち下さいませ。

さてその前に。

今年2月に続き、SPIRAL MOONでもお馴染みの野村貴浩さん(劇団め組)とのユニットで朗読会をします。
2人きりで脳が酸欠になるくらい稽古しています。面白いです。
お時間がありましたら是非お越し下さいませ!

NOVA 朗読会vol.2

『グッド・バイ』
『葉桜と魔笛』

作:太宰治
出演:野村貴浩(劇団め組)
秋葉舞滝子(SPIRAL MOON)

日時:
2016年8月11日(木祝)
17:00〜、19:00〜
※受付開始&開場は開演の20分前

会場:
古民家asagoro
東京都中野区若宮3-52-5
※西武新宿線【鷺ノ宮駅】より徒歩6分
http://www.asagoro.com/
☆会場は住宅街の中にあり、少々わかりにくい場所です。上記ホームページにアクセスマップがございますのでご確認下さいませ。

料金:2,000円(時間指定、自由席)

ご予約:
お名前、時間(17時開演もしくは19時開演)、人数を秋葉までお寄せ下さい。座席数に限りがあるため早めのご予約をオススメします。

※お願い
◯会場が小さいためお席は25席ほどを予定しております。また当日は野村、秋葉の2人しかいないため、何かとご不便をお掛けするかもしれませんが、何卒ご理解頂けますようお願い致します。
◯開演時間を過ぎますとご入場いただけない場合がございますのでご注意下さい。
◯未就学児童のご入場はご遠慮下さい。
◯場内への飲食物の持ち込みは禁じられております。


夏真っ盛り、蟬時雨の夕べを風情ある古民家でお楽しみ下さい!


◇◆秋葉舞滝子◆◇

ちぎらっちょの手づくり日記 小説編

みなさんこんにちは!
今日は主演の久堂秀明さん演じる志田亀雄さんが書いた小説の装丁デザインのご紹介をしたいと思います。

実はこの小説、台本上ではタイトルが出てこないものだったのです
Σ(・ω・ノ)ノ

演出補佐であり役者としても編集長役を演じた河嶋政規さんと、担当編集者役の渡辺幸司さんがアイディアを出してくださいました
さすが文芸誌雑草の編集さん達ですね

小道具として実際にある本を参考に調べるわけですが、売られているものは帯がついていてもちろんそこにはキャッチコピーや説明文、バーコードなどもあるわけです
(=゚ω゚=;)

できる限り本物と同じに見えるように、細かい文章までしっかり内容に合わせて考えられています。頑張ってますね河嶋さん…

正直上演中はお客様にはそこまで読み取ることはできませんが役者さん達もきっと小道具ひとつでテンションが上がったりするんじゃないでしょうか 笑

お客様から「2冊目は終演後に舞台を覗き込んで見たり出来たんだけど、1冊目が見られなかったから機会があったら画像を載せて欲しい」とのご要望もいただきましたので、はりきってご紹介したいと思います

ジャン
1冊目「蒼竜峡の橋とその先の道」
蒼竜峡


そしてこれはボツプラン 笑

蒼竜峡ボツプラン


この写真は現地に出向いて河嶋さんが撮影してくださった沢山の写真の中から選んだもので、それに私が橋を合成して作っています。
どこまで頑張るんだ河嶋さん……
よーく見ると文芸誌雑草の会社名が「現代草造舎」であることがわかりますね。
そしてバーコードでも遊んでます 笑

ジャジャン♪
2冊目「ボレロ」

ボレロ


そしてこれはボツプラン達 汗

ボレロボツ


こうしてコメディーとしての小説ボレロの表紙が決まったわけですね。

ボレロ_装丁

蒼竜峡_装丁



並べるとまとめ買いした人みたい(^m^)
小説

小説2

データだったものが装丁されるとやっぱり嬉しいですね!

次回公演でも役者さんのテンション上げのお役に立てるかしら 笑
楽しみですねぇ。

それではまたみなさんに劇場でお会いできるのを楽しみにしています。

装飾担当 千吉良

ちぎらっちょの手づくり日記 ロビー装飾編

装飾担当 千吉良です!
今日はロビー装飾をご紹介したいと思います
(・◇・)ゞ

今回は舞台装飾でも使っている折り紙の花をロビーに咲かせました*・゜゚・*:.。..。.:*・゜
入り口受付では秋葉さんが育てたバラの花もお出迎え

いらっしゃいませ


ポスターにも

ポスター


階段の垂れ幕には大きなお花

垂れ幕


物販コーナーにもお花が咲いています。

物販コーナー


あれ?猫さんが覗いてますね。タマの仲間達かもしれません。
この猫さん達は2008年の17th「日射し」のときにロビーに登場しました。
それ以来住みついているようで、気付くといろんなところから見守ってくれています。
みんな手作りの仲間達です

お手洗いにも
ドアノブ飾り


男子トイレ壁とお香立


女子トイレお香

ちょっとかくれんぼっぽいですね

ちぎらっちょの手づくり日記 舞台装飾編

みなさんこんにちは!装飾担当の千吉良です。
無事公演も終演しましたので、装飾思い出写真をご紹介していこうと思います。

今回の舞台は先代から続く田舎の金物屋さんの日本家屋が舞台でしたね。
秋葉さんや装置の星さん、演出補佐の河嶋さんとで舞台装置について打ち合わせが行われるのですが、今回からは私も打ち合わせに参加させていただいて早い段階から舞台のイメージ図を起こすことが出来ました。

最終的なものとは違いますがこんな感じでイメージをイラストで共有します。
舞台イメージ


打合せではいろんなアイディアが出されていき、装飾もたくさんのヒントをもらいます。
例えば、表彰状(消防団ポンプ車の部努力賞、青年団卓球大会個人3位)や、消防団での写真などが飾られています。あれ?そういえばこんな設定どこかで聞いたことがあるような…
久堂さんのまわた日記「妻には頭が上がりません」

FAX電話の上にはバスや電車の時刻表。これも現地の写真を河嶋さんが撮りにいってくださったものを参考に、作りました。

時刻表写真


他には、金物屋さんのイメージになるようなものを足したかったので、貼り紙以外にも、初めて手書きで金看板作りにチャレンジしてみました。
製作過程をちょっとご紹介。

先ずは、ベースに色を入れていきます。
金看板1_ベース


カッティングシートを貼って、文字や絵柄の部分が抜けているので上から金色をいれます。
金看板2_シート


他の色も重ねていき
金看板3_着色


シートを剥がすと絵柄が見えてきた!!(*゚o゚*)
金看板4_剥離


最後は微調整をしたら完成☆☆
金看板5_仕上がり

ここまでの作業時間は1時間
ε=ε=(;´Д`)猛ダッシュ

この他にも懐かしい飾り物としてくす玉を折り紙で作りました。
image1


折り紙製作は今回も野口佳子さんにご協力いただきました。
(=゚ω゚)人(゚ω゚=)とっても器用なよしこちゃん♪
最近はすっかり装飾作りのパートナーになってきています。

複雑な立体の折り図は、私一人ではチンプンカンプン 笑
よしこちゃんの協力無くしては完成できません
(´д`;)

くす玉はこんな風に小さなパーツが集まって出来ているんですよ。

くす玉途中


ロビー装飾でも折り紙を飾っていますが過去にも一度、やはりよしこちゃんに助けてもらいながら全て真っ白な折り紙を作ったこともありました。

「徒然なるままに…装飾おもいで写真1」
「徒然なるままに…装飾おもいで写真2」
「徒然なるままに…装飾おもいで写真3」

(*´∇`*)懐かしいなぁ。SPIRAL MOONと折り紙って素敵な組み合わせだと思っているのです。

IMG_0935のコピー


お次はロビー装飾をご紹介しますニャ(^・x・^)←タマ?

たま

御礼

…あれから一週間が経ちました…

あれからまだ一週間しか経っていないのが不思議なくらい、遠い昔のようです。
現実世界に戻ってきた証でしょうか…。

本番中…いや、小屋入りから…いやいや、その一週間前の集中稽古&舞台セット製作から、よく夢をみていました。

朝、「ハッ」として目が覚めて、「ガバッ」と起きて携帯を見ると、集合の5分前!
「やっべーよ!」とか「なんでだよ!」とか言って…
…その声で目が覚めるのです。

…恐ろしい夢です…。
起きた時の動悸の激しいことこの上ない…。
2週間中、10日は見たでしょうか…。
2回ループした日もありました。
もちろん(?)、現実になった日もありました。

公演が終わって…片付けが終わって…翌翌日の真っ昼間。場所は屋外。
たまたまエアーポケットのように時間が空いて、疲れていたので座っていたら、いつの間にかうたた寝を…。
この何でもないタイミングに、またしてもこの夢が!
しかも、寝ていたのは1〜2分くらいなのに!

とはいえ、動悸がおさまってくると…焦る理由は全くなく…
…嗚呼、終わったんだな…
…と何となく寂寥感…

…いやいや寂しくないから!安堵の方!

そして更に4〜5日経ち…もう夢を見ることはなくなりました。
繰り返しますが、あれが一週間前までの出来事とは嘘みたいです。
この心地よい疲労感は、なかなかでないのです。
思い返せば、「ああしたら良かった」とか「あれもできた」等、後悔(?)は尽きませんが、きっと僕なりに今の全力を出し切ったということなのでしょう。
それもこれも、観に来ていただいたお客様と、支えていただいたスタッフさん、共演の役者達のお陰です。
本当にありがとうございました。

また何時か何処かでお会いしましょう。
ありがとうございました。

星達也

御礼(浦沢)

毎度の事ではございますが、ご挨拶遅れまして申し訳ございません。
文芸雑誌「雑草」編集長、浦沢役のかわしまでごさいます。

5月の頭から徐々に稽古を重ね、共演者やスタッフの皆さん、そして観客の皆さんと育てることが出来ました。
ありがとうございました!

思えばナハトムジークという作品で柄澤さんから頂いた仁という役から10年。
今回頂いた浦沢も僕の中で凄く好きな役になりました。

あの時より少しはマシになったのかしらん?

もっと丁寧に作れたのではとか、愛することが出来たのではとか思うのは、これまたいつものことで。
いつか一週間経っても後悔が湧き上がらない芝居が出来たらいいな、などと。

ま、そん時は満面の笑みでピースサインをしながら引退でしょうね。

次の作品でまたお目にかかれるのを楽しみに。
首を長〜くしてお待ち下さい。

ではまた劇場で。

◎かわしままさき◎

御礼。

この度はご来場頂きありがとうございました!!
そして、支えて頂いたスタッフの皆様。
この場を借りてお礼申し上げます。

三回目の登場ということで、少しでも座組の力になれるよう‘覚悟’をもって挑んだ今回。
結果は、イーブンってところで…
バディである浦沢こと河嶋さんにはご迷惑おかけしてばっかり。
早く信頼される人間になりたーい!

それでも本番を駆け抜ける事が出来たのは、やはりお客様の存在でした。良くも悪くもリアクションがすぐに返ってくる。
それを力にして前にすすむ!
改めて舞台っていいなぁと思いました。

では皆様にお会い出来るその時まで、日々精進して参ります!

渡辺幸司

招きたくなるお家、もしくは私の感想

遅くなりましたが、SPIRAL MOON the 34th session『雨夜の月に 石に花咲く』、無事に公演終了いたしました。
ご来場いただいたお客様、関係者のみなさま、応援して下さったみなさま、ありがとうございました。 劇場に入って、セットが建って、音や明かりが入って、劇場入口からお手洗いから丁寧な装飾が施され、 劇場全体がなんだか人を招きたくなる家みたいな空間でした。
きっと今までも、これからも沢山の人が入って出て行く場所なんだろうな、と。
私の知らない時間の息遣いがそこここに漂っているような。
本番でも、舞台に一歩入るたびに、全ての人・ものに助けられました。
こんなことを言っちゃうと傲慢かしらん、とも思いつつ、 観ているお客様も、役者と同じ部屋にいて、同じ時間を体験できるように、物語を紡いでいけたら、と願いながら舞台に立っていました。 終わってみて、初参加のSPIRAL MOONを一言で表すなら、「招きたくなる家」でした。
本当に本当にありがとうございました。
また、いつか、どこかで、お会いできる日を楽しみにしております。
??印田彩希子??

日常から日常へ

千秋楽を迎えて2日たちました。

だんだん舞台の日常から普段の日常へと戻りつつあります。

もとの日常に戻るのは少し寂しい気もします。

しかし時間はまってくれず、否応なしに次の物事へ進んでしまいます。

そこで、そのあとでも、この一ヶ月半の経験を上手く生かせればと思います。

そして最後に、ここまで無事これたのは共演者の方やスタッフさん達、そしてご観劇いただいた皆様のお陰です。

本当にありがとうございました。

それではまたどこかでお目にかかれればと思います。


百瀬晃人




Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
記事検索
  • ライブドアブログ