まわた日記

SPIRAL MOONの面々がお届けする、ちょっと素敵な独り言 ⇒2016年11月23日(水祝)〜27日(日)、下北沢「劇」小劇場にて『荒野ではない』上演します

御礼

まずはじめに、ご来場頂いた皆様。
誠にありがとうございます!!

そして、照明、音響、装置、舞台監督、制作スタッフの皆様。共演者の皆様。
ありがとうございます!!

今回の作品は、言葉の力というものを大いに感じた舞台でした。普段と同じ日本語なのに魂の熱量が届いていなかったりと、改めて芝居の怖さ、面白さを実感出来る作品でした。
波田野さん、ありがとうございます!!

また皆様にお会い出来るよう、日々精進して参ります。

渡辺幸司

御礼(チョウコウまたはトゥルク)

恒例とも言える遅れての御礼、申し訳ありません。
ご来場下さいました皆さま、支えて頂いたスタッフの皆さま、共演者の皆さま、そして作家のはっちゃん、演出の秋葉さん、本当に今回もありがとうございました。

実に密度の濃い、そしてあっという間のひと月半でした。

改めて、作品を世に生み出す楽しさと同時に、厳しさを感じることが出来ました。

僕らはご覧頂いた皆さまになんらかのあかりを灯すことが出来ましたでしょうか?

また素敵な作品に出会う為に歩き始めました。
演じ手としても紡ぎ手としてもさらなる成長を目指して。

またお会い出来る日を楽しみに。

ありがとうございました。

◎かわしままさき◎

御礼、そして。

こんばんは、秋葉です。
『荒野ではない』の幕が降りて…4日です。
毎度のことながら日曜日の打上げからそのままトラックで荷返しになだれ込んだため、月曜日の感覚がまるでありません。
時差ボケのように何だか1日損した気分です。

改めまして。
『荒野ではない』にご来場下さいました皆様に心から御礼申し上げます。
立ち向かうのに覚悟とか気合いとか、そんなものがたくさんたくさん必要な作品でした。何故なら、物語で描かれた時代から100年後の私たちは、ぼんやりと生きることに慣れきっていたから。自前の頭でモノを考えることをしなくなっていたから。

自分の身体に火をつけて松明にするような、そんな生き方をした彼らから託された物語を、100年後の私は、私たちは必死に追いかけました。
死にもの狂いにならなくては影にさえ追いつくことができなかったのです。

SPIRAL MOONが政治的な芝居?!と驚かれた方もいらっしゃいましたが、私が芝居を通して訴えたいのは、これまでの作品全てと変わらず、生きるということ、生きていくということ、それだけです。
自分が幸せでありたいと思うように、世界の全ての人間が、この世の生きとし生けるもの全てが暖かな屋根の下で健やかに暮らせるよう本気で願っています。

SPIRAL MOONの作品が100年先の誰かのために、今を生きる私たちのために、ひとつの炎になることを祈ってやみません。

今後ともどうぞ宜しくお願い致します。



そして。
選挙に行きましょう。
血と汗で勝ち取った選挙権です。
誰がどんなことを言っているかよく聞いて、投票しましょう。
私たちの今と未来を決めるリーダーを自分達で選びましょう。


◇◆秋葉舞滝子◆◇

ありがとうございました!

『荒野ではない』をご観劇頂きました皆様、ありがとうございました。
そして、共に闘ったスタッフ、キャストの皆様ありがとうございました。

ちょうどANAの機内オーディオで宇多田ヒカルさん特集が組まれていたこともあり、日本への着陸の時も、フランスへの着陸の時も「真夏の通り雨」を聞いていました。(離陸は爆睡中で気づけば空…。)この曲は演出からもらった一番最初の共通言語です。行きと帰りで全く違うものと言ってもいいぐらい変化しました。始めっからそれくらい読み取れーってことでもありますが、もらったもの、積み上げたもの、深く潜ったことの大きさに震えました。

ノエさんとして生きることで、私として生きること(演劇ができるということ)を実感する日々でした。登場三言目に「イトウノエと申します。」と名乗る度に力がみなぎりました。何人もの方に良い役だったねって言ってもらえて嬉しかったな。
また前回同様、波田野さんの大きく深く緻密な作品と向きあうことは演劇と社会を考える大きな機会となりました。

もっともっと多くの方に届けたかった。

また演劇を続けられるように、日々と演劇が繋がるように、ノエさんのように自分の心を信じていきたいなと思います。

ありがとうございました!


塩見陽子




ありがとうございました

観にきてくださった皆様、キャストの皆様、スタッフの皆様、ありがとうございました。
秋葉さん・河嶋さん・はっちゃん、本当にありがとうございました。

もらったものが沢山あります。今の私じゃ返しきれないものばかりです。
もらった以上のものがお返しできるように。
もっと高みを目指します。

いつか、また、お会いできるように。


??印田彩希子??

「御礼」

大雪ですね。
本日ご来場の皆様には、ご足労をお掛け致します。
どうぞお気を付けていらしてくださいませ。

11月の初雪は54年振りとの事。

そうは言っても奇跡や偶然ではなく、検証をすれば様々な要素が重なり‘雪’という現象に現れることは明白だ。

お芝居も同じ。

各々が様々に積み重ね、一緒に紡ぎ合わせて、舞台という空間を



と、ここまで11/24用に書いていたのを今発見!
書き留めていたことすら忘れていました(笑)

なんか癪なので載せておきます(笑)
続きはどうだったのかしらん?

さて、ご覧いただいた皆様楽しい時間をありがとうございました!

今回体感された皆様、波田野淳紘という作家、是非お見知りおきを。

彼は絶対世に出ます。
僕が出ないままでも彼は出る(笑)

そこに引っ張って下さった秋葉さん、煌めきをくれたトゥルク、書き出すと止まらなくなりますがスタッフの皆様本当にありがとうございました!

キャストの皆もたくさん助けてくれてありがとう!

思うところは各々あるだろうけど、それが今日の実力。

明日勝てば良いのだ!
その為に頭を使うのだ!

頑張れ!
皆頑張れ!

願わくは同じキャストで再演を!
と、声が上がるよう頑張ろうぜ!
(僕が‘紅顔の美青年’をやれるうちに!波田野の意地悪!(笑))

僕らしくない文面で、お別れです。

SPIRAL MOONをこれからも宜しくお願い致します。



スカートにも風が必要だ。
私じゃないものが私を作る。

野村貴浩






最後って書いたくせに

最後の最後に一言だけ

『荒野ではない』
全七回、お越しいただきましたお客様、この公演に関わって頂きました皆様、本当にありがとうございました。

私事で、今年は舞台に立てないと思っておりましたが、参加させて頂けて、とても楽しく貴重な作品になりました。

また何処かで会えるよう縁が細くても長く続きますように。


丸本育寿

幕が上がるのを待つ

今から2時間後には幕が上がります。
もっと遠くへ行きたいのです。
もっとたくさんのものをがあるのです。
全部全部呼吸したい。
吹いてる風は追い風。
窓を大きく開けて、待っています。

??印田彩希子??


【お知らせ】すうべに屋

‎SPIRAL MOONのあの公演をもう一度観たい!DVDを購入し忘れた!と言う方は、
‎ネットショップ『すうべに屋』へ!
‎⁦‪spiralmoon.shop-pro.jp‬⁩

‎前作、「雨夜の月に石に花咲く」が入荷しました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶♪

SPIRAL MOON制作(最上)
image

あと一回!

『荒野ではない』ついに明日が最後の一回!
そして、自分が今回の公演についてまわたを書くのも今日一回が最後!

ホッとしたり、寂しかったり、ラジバンダリ

古いですね。すいません。

ホッとしているのは、こういった文章を書くのが苦手なのでって意味です!
悪い意味ではありません!

さて、本番六回が終わりましたが、未だに毎公演で新しい発見をしております。

見落としていたこともあるし、相手の役者さんが新しいことを出して来てくれたことで見つけられたこともあるし。

同じ芝居やってても飽きないですね。

本当に芝居が楽しい!

今回、この芝居に誘っていただけたこと、ご一緒させていただいた役者の皆様、音響さん、照明さん、美術さん、舞監さん、制作さん、、、、って言っていったらキリがありませんが、本当にありがとうございました!

残り一回、新しい発見をして悔いを残さず、杭を残すよう頑張ります!

最後までよろしくお願い致します!

丸本育寿
Recent Comments
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
記事検索
  • ライブドアブログ