何故だか、頭の中で、長渕剛がぐるぐる回っています。
それも Captain of the Ship です。
何故?!
ご存知の方もいると思いますが、そもそも全部で13分もある曲で、伝説の桜島ライブではこの曲だけで30分やったという逸話もあるくらいです。歌詞を一部だけ。


生きてくれ!生きてくれ!生きてくれ!お前の命は生きる為に流れている
お前がどうするかだ!お前がどう動くかだ!
決めるのは誰だ?やるのは誰だ?行くのは誰だ?そう お前だ!お前が舵を取れ
お前が行け!お前が走れ!お前が行くから道になる
前へ前へ前へ前へただただひたすら前へ突き進めばいい
わかるか!わかるか!お前か決めろ お前がしっかり舵を取れ
ヨーソローヨーソロー…

と、こんな感じでラストの方は続いていきます…いや、頭から最後までこんな感じです。
いい曲なんですよ、ホントに。でも…

…熱い…熱すぎる…。もっと言うと、怖い…。

ちょっと冷めてる僕には刺激が強すぎます。
前に「熱狂的な長渕剛ファン」という役をもらい、舞台で一部歌う(叫ぶ?)為に、散々聞き倒して、稽古帰りに多摩川を自転車で走りながら歌い倒したから残っているのでしょうが、もう10年以上前なのに…。
ぐ〜るぐるぐ〜るぐる…ヨーソローヨーソロー…。
船のお芝居だからかな?…あ、これは言っちゃいけないヤツでしたっけ?

星達也