びわ湖の北部、湖北への、雪国を見にドライブ。
大雪の名残で、銀世界が広がっていました。
本来ならここで星空を写したいところですが、そうもいきません。
何しろ寒い。
ここへは家内の好みの道の駅もあり、年に一度か二度ほど、ドライブがてら訪れます。

道の駅では家内の好みの手作り作品がたくさんあり、農産物、こちらの名物のお弁当類や、
特産のお土産も手に取ります。

マキノ高原のメタセコイヤ並木は、四季に応じ、目を楽しませてくれます。
今どきは雪景色。
一番なのは、雪の降るその時の雪景色なのでしょうけど、
なかなか思い切って行けません。
この並木の左側は別荘地として有名で、以前は私たちの蘭の会員で、
カタクリの花を見に来ていました。
今では入ることはできません。
この前は道路が雪に埋もれ、行くことはできませんでした。
そのカタクリのことは、今までもここに書いています。

メタせ並木2並木1

メタセ並木縦3


メタセコイヤ並木2201 1


16418191325380


ここの後は、やや近くの余呉湖に行きました。
ここはワカサギ釣りでも有名なところで、この日も釣り場はいっぱいの人でした。
私は湖周道路を回り、途中で、道の駅で買ったお弁当を頂きました。
周りは山に囲まれ、静かな湖面です。
ただ、雪が降り、湖面が凍ると、見事なウユニ湖のような風景が見えるそうです。
そんな日はなかなか来れませんが、なんとなく好きで、桜の頃にも来ています。
星空は山が囲み、あまり広くは望めません。

余呉湖1


余呉湖2


この日も鳥を観察しに来ている人がカメラを携え、結構おいででした。

私はただ、お昼を頂き、昼寝をし、一周しただけです。