2008年10月06日

炊飯器を買いました。

炊飯器を買いました。

もうずっと感じてはいたんですが、炊きたてのごはんがどうもおいしくない。一晩たったごはんがまっ黄色。一日たったごはんが米にもどってる。。。

これまで使っていた炊飯器は、「まぁどれを使っても一緒」だろうということで10,000円もしないくらいの安いやつ。いちおうIHだったけど・・・

ということで炊飯器を買うことにしたんですが・・・

・値段がある程度するのはやむを得ない(40,000円くらいは覚悟)
・圧力IHタイプ。
・保温しても味が落ちない。

各社のカタログをもらってきて、ネットで価格調査、ユーザの声を比較検討・・・

SANYO TOSHIBA HITACHI National・・・

これまで使ってたTIGER(ついでにZOJIRUSHI)は敢えて候補からはずすことにしました。

炊飯器のモデルの切り替え時期ってちょうど9月ころだったので(食欲の秋を前にして・・・なんでしょうけど)型落ちのモデルも含めて検討することができました。

型落ちのモデルだと同じ予算で新モデルの1~2ランク上のものを狙うことができます。

で、最終的に絞った候補は・・・

SANYO「おどり炊き」シリーズの昨年の最高モデル(ECJ-XP10)
TOSHIBA「真空圧力炊き」シリーズの昨年の最高モデル(RC-10VSA)
発売当初は10万円近辺で売られていたモデルです。

在庫情報や価格情報をチェックして、最終的に決めたのは・・・

TOSHIBAのRC-10VSA

決め手になったのは

値段(37,000円)
保温性能

です。

SANYOの方が割引率は高かったのですが、安くても47,000円で10,000円の開きは大きく・・・それから、炊きたてじゃないご飯を食べることの方が多いので真空保温することで黄ばみやにおいを防ぎ、味落ちしないというTOSHIBAのモデルにしたというわけです。

RC-10VSA

さてさて実際に使ってみての感想ですが・・・

うまい。。。同じお米で炊いたご飯とは思えない。
ご飯つぶがつぶれていない。ご飯の「味」がする。
おかずなしでご飯が食べられるくらい。

12時間以上たったご飯で作ったお弁当でも「ちがう・・・」
おかずなしでご飯が食べられるくらい。

というわけで炊飯器の買い替えは大成功!

食欲の秋・・・ご飯が美味しいのはある意味困るかも・・

silky_audrey at 17:06│