May 2011

May 30, 2011

文章の上手なプロ野球選手選手権

というのがあったら、私は間違いなく石井琢朗に投票します。ゴーストがいるんじゃないかという位うまいこと書きくさる。その口八丁で元アイドルと婚姻中にアナウンサーも落したんか!?と穿った見方をすればきりがないけれど、23日の「広島においでよ!」という記事では声をあげて泣きました。福島からズムスタまで車で家族みんなで観戦に行きたいんだけれど、福島ナンバーの車を見た店の人に入店を拒否されたりしている状況なので、広島に行っても受け入れられるのか危惧しているという福島県のカープファンに対するメッセージ。タクローは、ちょっと前に乗ったタクシーで放射能が怖いという話をしていたら、実は運転手さん原爆を経験されていて、そんなに恐れんで広島の人間に聞きんさい!って言ってらしたって書いてました。ましてやカープファン同士、どこから来たってファミリーだから大丈夫だよって。

入店拒否とか意味分かんない。そんな店潰れてしまえ、そんな心根の腐った人間はちんこも腐ってしまえ!!と思いました。そして一緒にズムスタで丸とそよぎ応援しようぜ!って心はカープファミリーになってました。間違えた。

とにかくタクロー、赤くなってもいい味出してます。今日も負けたけど、ファンのみんなのコメント見て元気になりました、あざーす☆みたいなアホなことをわざわざ発信するどこぞの選手とは一線を画す。

silly_joker at 23:31|Permalink

May 28, 2011

女子には関係ないクリニックの広告が掲載されてる週ベ

仕事とっとと終えてGo smoking友の会本拠地へタバコ届けに行ってきました。色々な話が聞けて面白かったです。多分私が加入したのは筒井康隆の何かを読んで知ってなんかおもろそうじゃなーと思ったから…だった気する。ずいぶん前な気がするので、まじで覚えてないですが。その筒井の話も色々聞けました。帰りは同じ方向の方がいらしたので、お話しながら帰って…ホームで買い忘れていた週ベを買いましたところ、そっからずっと野球の話よ。何が楽しいって野球の話ができる人と思いっきり野球の話することよ。またお話できたらいいな。

帰って用事済ませて、週ベぱらぱらめくってたら異質な広告が。包茎治療3.15万円!って。スポーツ用品メーカも資金繰りきついんかもしれんが、週刊ベースボールマガジン社の広告営業さんもうちょっと頑張ってくれ、と思いましたです。いつもなら阪神タイガース関連DVDとかの広告で埋めてたスペースかな。逆1位で西宮地区の経済も委縮してるんかいな。

まあ寝込んだ割には充実した一週間だった?ので、週末も適当に頑張ります。とはいえ明日ギター背負って歩かなきゃなのに、雨なんかな。雨降って地固まるというので、渋々我慢してやるか。

silly_joker at 00:34|Permalink

May 26, 2011

原因不明の発熱とか

いや〜ん。2日寝込んでました。今日から復帰。いきなり残業で試合見られなかった!マー君を相手に2-1という、プロ野球っぽい試合だったみたいさ。

1日目はめまいがひどくて動けんくて休みますーと会社に電話し、薬飲んで寝た。お昼過ぎに起きたらなんかおかしい。熱っぽい。測ったら結構出てた。寝てれば治るべと思ってまた寝た。2日目の朝になっても下がってないので、クリニックに行った。風邪っぽくないんだけどなーとドクターが言う。じゃあ何!この発熱は何なの!私なんの病気なの!死ぬの!?私死んじゃうの!?みたいに面白がって詰め寄ったら、原因不明の発熱だね!って言われた(笑)。なーんじゃそりゃ。

真面目な話、ストレスでも発熱ってあるんだってさ。最近変わったことあった?って聞かれてあー大きいトピックとしたら宮城にお手伝い行ってきた、ほんで今あちこち支援活動とりつけるのに昇級試験の勉強いっこもしないで動いてるという話をしたら、原因それじゃね?ってさー。熱下がらなければ心療内科行った方がいいとも言われたが、行く気ないのでロキソニン飲んで解熱しとります。頭悪いのに自分に故意にプレッシャーかけてたのも一因なんでしょう。復旧のお手伝いするにも、まずは自分が健康でnight!人体って不思議。オーバーヒートしたら、少し冷やしましょう。暑い夏はこれからなんだからさ!

silly_joker at 22:49|Permalink

May 24, 2011

被災地へ行ってきました(5) bridge the gap

「もう2か月経つんだから、大分きれいになったんじゃない?」と雑談の中で言っている人がいました。飛んでも八分。そんなわけない。つい2、3週間前の段階で、気仙沼の大川にはまだ家や車が一部頭を出した状態で沈んでいました。まだご遺体がある可能性があるとのことでした。そんな状態からたった2、3週間。きっとヘドロも泥もまだまだ堆積していることでしょう。このまま気温が上がったらヘドロに混じった魚の腐敗が進んで、大変なことになる。そうなる前に少しでも片付けたい。そう、きれいになるの何段階も前の状態、片付くことすらままならないのが現状なんだ。

東京に帰ってから、face to faceだったりメールや電話だったり、もちろんwebを通しても、怒涛のアウトプットをしてきた…つもりです。友人知人行政企業、私なりの精一杯。でも、全然足りてない。まだまだ復旧の序盤でしかないのだということが、届いていない。愕然としました。残念ながら。自分の生活が満ち足りていればハッピーな人には、対岸の火事でしかないのかな。他人事なのかな。

昨日一緒に作業したメンバーと慰労会で飲んだんだけど、みんな今すぐにでも現地に行きたいって言ってた。現地を見て実際に作業をしたので、まだまだやることが山積みなのがわかるから。人手が全然足りないのが実感できるから。でも素人が行っても、迷惑掛けることになるでしょ?って、そんなことありえない。普通に想像力のある人なら、いくらでもやることがあるんだ。目に入るんだ。根性と思いやりだけ持っていけば、現地にはいくらでも手伝うことはあります。ボランティアセンターのリソース不足で受け入れが一時的にストップしても、それは決して復旧したからじゃあない。他人事じゃない。1億人全員が一致団結して、利害とかそっちのけで助け合わなきゃいけない事態なんだ。もっと声を大にして伝え続けなければいけないと、褌をしめなおした次第です。褌巻いてないけど。

私にできることは、時間を作ってまた現地に手伝いに行くことも当然、人手がいくらあっても足りない状態だということを伝え続ける、そして今現地で精力的にお手伝いをしてくれている人たちを支援する。銃後は銃後でしかなく、歯がゆいけれど、何もしないよりはいい。
3月下旬か4月上旬か覚えていないけれど、webで知った平さんという方。仙台の方なのかな。お若いのに、ダイナミックに動く。素早く動く。だから人望もある。毎日忙しいだろうにブログもマメに更新していらっしゃる(支援を広げるには広報活動も大切な要素)。FUCK震災、ふざけんな、なめんな。そんなスタンスで精力的に動く。こういう信頼のおける人を支援することも、復興の前の復旧段階の今できることのひとつだと思います。どうせ地球のチリだからな。スコップ団のTシャツ届いたら、私もスコップ団の一員としてできる限りのことをもっとしよう。生涯をかけて、東北の復興を目指そう。今までは歌うことで子どもとかじいちゃんばあちゃんを喜ばせてきた。歌のボランティアはライフワークなので続けるけど、復興までの現地支援もライフワークにするんだ。

東京と気仙沼の距離は、400kmオーバー。遠い。でも、遠くない。震災被害は、他人事じゃない。さっきも書いたけど。助け合わないでどうする。
気仙沼だけじゃない。石巻も女川も、この前銀座で義援金付き日本酒を出張販売してらした須賀川も、原発で避難区域になってしまった町なんか、復旧作業は致命的にできていないと思う。悔しくて仕方ない。神も仏もいないかもしれない、でも人がいた。何年後か、何十年後かわからないけれど、そうやって笑い合えるように。ロックな感じで頑張っていきましょう。

silly_joker at 00:25|Permalink

May 22, 2011

よく寝てよく飲んだ

土曜日はお友達とお洒落寿司屋でランチして、お買い物しようかってぶらついたけどあまりの暑さに早々に退散。ベッドに寝っ転がってDSしてたら寝ちゃって、起きたら23時過ぎ。びっくりだよ!!日曜は夕方から飲み会だったのでルンルンで起きて着替えてお化粧…中に豪雨。まあいいやとジーパンびっしょりにして出かけて飲んできました。時系列のぐちゃぐちゃな私の話をうんうんと聞いてくれるよき友よ、ありがとう。また飲もう。ばいばいしたらサマンサがまだ開いていたので、ミッキーのチャームを買いました。どこにつけようかな。

ほっこり楽しい週末でした。また一週間がんばるべー!ベイスターズもがんばるべー!!

silly_joker at 22:20|Permalink

May 21, 2011

義援タバコ募集のお知らせ

Go smoking友の会では、被災地への救援物資として”義援タバコ”を募集しています。

車があれば、タバコを買いに行くことは不可能ではないかもしれない。
でも、車が流されて、あるいはガス入れる資金も底をついて、
こんな状況だからこそ一服してひとときだけでもほっとして欲しいのに、
タバコ吸いたいなんて言えない人のところにタバコを届けたい。

という企画です。ご協力どうぞよろしゅう!私を直接知っている人は、手渡しOKです。

※go smoking友の会は、嫌煙家と争わずに平和にタバコを楽しむ人たちののんきな集まりです。

以下、メールマガジンより抜粋。
--------------------------------------------
支援物資に協力出来ないか?と連絡がありました。

お話を聞くと、現地の方の希望を聞きリストを公開してダンボール1箱から
支援を募集されているが、「タバコ」だけがいくら告知しても送ってくれる
支援者が少なく困っているそうです。

そこで、会員の皆さまからお手持ちの1箱(未開封)を集めて
被災地に送りたいと考えております。
何とぞ、ご協力をお願いします。

●郵送でタバコ支援する方法
寄付用の未開封のタバコ(シガレット)1箱以上を入れ、支援者リストに表示する
お名前(ニックネーム、匿名希望可)のメモ書きを入れてお送りください。

 *お名前の無かった方は、「匿名希望」とさせていただきます。

郵送先:〒108-0072
    東京都港区白金1-25-27 2F (株)シュガーカンパニー内
    Go smoking 友の会 タバコ支援 宛

受付期間:2011年6月6日(月)必着

集まった支援タバコは、Go smoking 友の会 本部でまとめ、支援頂いた方の
お名前のリスト(ニックネーム、匿名希望可)と併せて被災地に送らせて頂きます。

繰り返しになりますが、ご協力どうぞ宜しくお願い致します。
--------------------------------------------

silly_joker at 01:04|Permalink

May 16, 2011

被災地に行ってきました(4) 思わぬ伏兵

毎年春先はアトピーでかゆかゆになります。桜が散ってしばらくすると治まる感じかな。DRエイミーによると春先は色々出す時期なのだそう。毎年何を出しているんだ私。
とにかく、落ち着いたと油断して東北行きのバスに乗ったのが4月29日。翌30日の夜には全身にアトピーが復活して寝袋の中でかゆさのあまりのたうちまわる羽目になりました。完全に油断だった。
会社の近所の岩手物産館みたいなとこで、岩手の人に気候は東京と1月違うと思った方がいいと言われていたのです。気温だけ気にしていたけれど、空気感も1月違うのです。なので、4月末=東北では3月末位の、超ピークの時期だったわけです。お陰でまだ治らず、毎日かゆかゆ三昧。

これから先、現地でも気温が上がって作業が大変になると思います。5月上旬でも防塵マスクしてゴーグルかぶると、ゴーグルすぐに曇ったもん。曇り止めがどの程度有効かわかりませんが、ないよりましだと思います。東京都お手伝い隊は今何期が派遣されているんだろう。色んなノウハウを構築していきましょう。がんばろう日本!

silly_joker at 00:26|Permalink

May 15, 2011

あれこれままならぬsunday

d32c65e0.jpg関内くんだりまで負け試合を見に行ってきました。疲れた暑かった日焼けした!!9回裏もうちょっと粘りたいわね。ひちょり帰ってきたの見られたからいいや。ふん。

写真は気仙沼の空に現れた彩雲(雲の縁がうんたらかんたらで、虹とは呼ばないみたい)です。シェアしてもらった中にあった。見たのは5/3日だったと思う。世界中から集まった祈りが形になったのだと信じたい。私一人の命で2万人が元気に帰ってくるなら喜んで犠牲になるのですが、どうやらそれは簡単にできることではないみたい。悔しいもんだのう。


silly_joker at 19:43|Permalink

May 14, 2011

be tough

都民ボランティアで現地行って少しはタフになったと思ってた。こないだ焼肉屋さん行った時茄子も食べられた(やっぱりくにゃっとして不味かったぜ!)。でも、方向音痴は直っていなかったみたい。金曜日は午後会社から地下鉄で2駅、歩いても20分もかからない別の会社での集まりに出かけ、迷いに迷って最終的にタクシーに乗ったという。福島県須賀川の出張販売で義援金付き日本酒とか買ってたので、荷物は重いわ方角はわからないわで半べそでした。
MTGの後は懇親会だったので楽しく飲んで、2次会でまたタクシー乗って銀座へ逆戻り。スナック?で楽しく美味しくお酒をガブ飲みし、リクエストされるままにカラオケで場を盛り上げ、ノーギャラなのに働いてしまうエンタテイナーの悲哀を感じつつギリ終電帰宅でした。
今日も飲み会だったけどこちらは早い時間に終わったので、良かったです。つぶれた喉で録音して、ひと仕事終えた感のある土曜日。

お部屋の掃除は…明日。明日。エンタテイナーも歳なので、眠いです。

silly_joker at 22:47|Permalink

May 12, 2011

録音したら90MBもあったので音はアップできないですけど

僕の故郷 海辺の小さな町
君と歩いた道 魚を掬った川
18で飛び出したまま 置き去りにした
なだらかな山と海に愛された町

まばゆい光 きらめく波間
沈む夕日に夢を語った
君も町もあの頃のまま
僕を待っていると思っていた

夜空見上げれば 北斗七星
「東京へ行く」君に告げた夜と
少しも変わらず輝いている
少しも変わらず輝いているのに

bridge

失くしたものを取り戻すには
あまりにも僕は無力だから
父と母がそうだったように
ここでまた日々を紡いでゆこう

サンマ漁に向う漁船のエンジン
少し遅い春の桜並木
亀山のリフト ウミネコの群
なだらかな山と海に愛された町

僕の故郷 海辺の小さな町
君と歩いた道 魚を掬った川
高台から臨むあの海に眠る友よ
僕は今君を思っています

僕は今君を思っています



週末までにタイトル決めて、mp3で録音してみまする。
まきばの湯で歌いたいわ。

silly_joker at 22:53|Permalink

May 11, 2011

被災地に行ってきました(3) 作業-2

ほとんどメモランダムになっている気がする。誰かの役に立つことあるのかいな?とも思うのですが、少なくとも記録しておけば自分は色々思い出せそうなので続きもアップロードしておきます。

3日目:
小学校そばのお宅のお片付け手伝い。男性陣は泥出し、女性陣は家の中と庭に分かれての清浄作業。私は庭に流れ着いたごみをひたすら集めました。植え込みに潜り込んでの作業だったため、松の木の太い枝に頭ががっつんがっつん当たりました。初めてヘルメットが役に立った。表面に出ているごみは氷山の一角、小さいなスコップでほじくり出しては袋に入れるの繰り返し。手作業ですので、はがきや写真など沢山拾いましたが、無心で作業。今自分の家にあるものが、そのまま流れ出してどこかのお宅の庭にある状態を想像していただければ、ごみの種類が種々雑多であることは容易に想像がつくかと思います。

この日は暴風警報が出ており、ゴーグルなしでは作業ができない状態でした。前日別のチームが室外に運び出した50枚近い畳を男性陣が運び出したところで作業中止の連絡。

4日目:
3日目と同じお宅のお手伝い。女性陣はガラスサッシ及び網戸のお掃除。男性陣は家の裏側の泥出し。崩れた石塀の片付けも。お水が使えるお宅だったので、洗う洗う。ひたすら洗う。跳ね返った水が目に入っても、気にせず洗う。でも、網戸に着いた油がどうしても取れない。無念なれど出来ることしかできないので、大掃除のようにぴかぴかにするのは速やかに諦めて少しでもきれいな状態に持って行く方向で作業。男性陣は敷地内に流れ着いた、幹が直径60cmはありそうな大きな松を運び出してました。依頼者さんは無理じゃないかと言っていたのに。やるね。作業中、真横に延びる虹を見ました。

5日目:
同じ地区の側溝のヘドロ撤去作業。ヘドロはすごく重くて、スコップいっぱいにすくってしまうと女性では全部土嚢袋に入れられない(半分以上こぼれる)。なので、すくう作業は男性がして、女性は土嚢袋の口を開けて待ちいっぱいになったら縛るという連携が一番効率が良かったです。一通りスコップですくった後デッキブラシでこすったらこれまた結構な量のヘドロがすくえました。初めて知ったんだけど、下水って結構複雑な流れに設計されていて、川のように上流から下流へシンプルに流れているのと違う。真中からこっちは西にこっちは東にとか。流れは、住民の方でも知ってるわけじゃないので、見極めがちょっと大変でした。
予定していた1ブロックの作業で時間ちょうど。最終作業日だったのでもっとやりたい気持ちはたぶんあったと思うけれど、そういうわけにもいかなくて、残念。作業着も捨てることになっていたので、みんな汚れ放題に汚れました。

この地区の方は、昼間はご自宅に片付けに来ているけれど夜は避難所で休んでらしたようです。元気に見えてもすごく疲れてらっしゃったと思う。とても喜んでいただけて、それが少しでも明日への元気になったのなら本望です。

他のチームもほぼ似たような作業だったかと思いますが、他に炊出し作業というのもオーダーにはありました。話を聞いたら、調理機材の関係だと思いますが「調理方法は煮る・ゆでるのみ、食材は野菜のみで200人分」などの制約もあったようです。調理方法が限られるのはリソース不足・インフラのせいだし、肉がないのは人数分用意できない(日持ちしないから)という事情があったと思います。そのあたりも持ち込んでやれるのであればいいなと思いました。実際同じ都民ボランティアのチームが夕ご飯の炊出しに行った避難所では、昼食に宮城県のチームがバーベキューをしに来ていたそうで、その残りの食材も使って結構なお料理ができたと言っていました。

現場にあるものを最大限に利用して、可能な限りの結果を出す。どんな作業でも一緒だなあと思います。
とりあえず、ラフな記録です。何か思いだしたら追記します。

silly_joker at 00:32|Permalink

May 08, 2011

閑話休題

東北のことを思いつつも、自分の生活も元に戻さないといけない日曜日です。明日は仕事だというのに通勤バッグも決まらない!

現地に行く前のガイダンスで震災ストレスという言葉を初めて知ったんだけど、端的に言えば感情のコントロールがうまくいかなくなったりするみたい。涙が止まらなくなったり。確かに震災直後丸1日泣いたりしてたわ。お手伝いから帰ってきたら1日おきに泣いてるわ。もともとよく泣くのであんま気にしてないですけど。今日は気仙沼の曲を作っていて出来たので歌ったら泣けてしかたなかったですが、そんな自分を冷静に見て人間の感情って複雑だなぁとか思う余裕もあるので、大したストレスではない。何度も言うけど、明日からは長期的支援を取り付ける広報係にならなくてはね。

昨日はひちょりの実家の焼肉屋に行ってきました。別れたつもりの男と行ったんだけど、別れたつもりの男としては別れたつもりはないらしく、こちらもなんとも複雑な状態。確かに話は一番合うけどね。男は経済力がないととか自分で言う割にはアレだからね。南米で売れてよと冗談めかして言いましたが、そんなに日本が嫌ならどっか行けばと思いつつもいなきゃいないでそれなりに淋しいので、女心も複雑ですわ!

silly_joker at 22:47|Permalink

被災地に行ってきました(2) 作業-1

気仙沼ボランティアセンター(VC)は、活動時間を15時までと定めていました。これは、ボランティアの健康・VCの運営等の複数事情からの取り決めだと思われます。ですので、残業すればいいじゃん的な意識でなく、15時で上がることを考えた仕事の進め方が必要です。残業がNGな理由としては、上記以外に昨日お隣の地区にきていた団体は18時までやってくれたのに今日うちに来てくれた団体は16時までしかしてくれないの?と受け入れ側が不公平感を抱くことのないように、との配慮もあると思いますので、時間厳守です。

9時開始でお昼休みを1時間とると、作業は実質5時間。広範囲に手を付けて結局たいして進まないという事態を避けるために、作業に入る前に簡単なブリーフィングで優先順位と仕事の割り振りを行うと効率がいい。これは、普通の仕事と同じです。
また、個人のお宅ではあそこもここも、という風にどんどんリクエストが出てくることが考えられます。この場合も依頼者とリーダーがきちんと話をし、優先順位を付けてもらうこと、危険を伴う作業であれば別の機会(重機を入れる等)を考えてもらうなどの対応が必要になることも考えられます。

GWということもあり社会人が多いチームで活動できたため、私はかなり効率的な作業ができたと思います。ただ、意識の低い学生の団体等と共同作業の場合は、彼らを「上手に使う」必要があります。指示を出されないと動けない子でも、的確な指示を出せば戦力になる。少しでも作業を進めるため、大人が子供をマネジメントしてあげるのも結果的には大切かなと思いました。ぶっちゃけて言えば指示出されないと動けないような人材は現場には必要ないとも思うのですが。これ言っちゃうとおしまいなので、言わずに飲み込んだ私です。

行った作業は以下です。

1日目:
民宿を営んでらしたお宅で大量の食器・畳を外した居(客)室の床板及び壁、什器の清浄。泥及びがれきは撤去済み。水道が生きていたので床板は水をかけてデッキブラシでこするとかなり汚れが取れました。

2日目:
市内小学校の清浄。泥・ヘドロ・ごみ・がれき撤去。手順としては、おおまかにがれき・ごみを撤去してから泥(たぶん、ヘドロが乾燥したもの)をスコップでかき集め、さらにごみを掘り出し分別。泥を一輪車及びバケツで運び出しという感じでした。職員室はケーブル類が多かったようで、大きいペンチ?が大活躍したらしいです。大量にガラスが落ちていたので、作業時にけがしないよう別にまとめて捨てました。家庭科室には包丁など気をつけないと危険な物品もかなりありました。ヘドロで足もとが滑るため、細心の注意を払いつつの作業でした。

知り合いが、同時期石巻に行っていました。気仙沼は私達ボランティアに対しwelcomeな雰囲気があったように感じましたが、石巻では何しに来たんだ、帰ってくれというようなことを言われたとのこと。彼の場合はボランティアでなくギャラの発生する仕事で自衛隊との作業だったようです。被災した方の心情は察するに余りあります。例えどのようなことを言われようと、淡々と作業をこなすだけの覚悟が大切だなぁと思いました。無視するのではなく、ネガティブコミュニケーションとでもいうのでしょうか。このような場合、ただ頭を下げるだけでもいいのではないかと話を聞いて思った次第です。

3日目以降は明日書きます。

silly_joker at 00:39|Permalink

May 06, 2011

被災地に行ってきました(1) 持ち物あれこれ

都のプログラムに参加するに際し、持参すればよかったなと思うものは結構あります。私達は公共施設をお借りして寝泊りしていました。以下私見ですが、ご参考まで。

【衣】
 私達は時間的余裕がなかったため、ちゃんとしたお洗濯は一切できませんでした。おパンツは集団生活のお部屋に干すわけにもいかないだろうということで日数分持参し、吸汗速乾のスポブラ3枚をお風呂で体を洗うついでに洗濯して使い回しました。Tシャツも日数分持って行った方がいいと思います。班によってはランドリーのあるお風呂に行くなどできたようですので、お洗濯できたらラッキー位のつもりでの準備をお勧めします。
 また、作業着にしているレインコートが相当臭くなります。ヘドロの匂いがかなり付きます。なので水洗いするのですが、干すためのハンガーが不足している状態でした。不足物資としてハンガーがあがっていたので早々に追加されると思いますが、念のために針金ハンガーを何本かお持ちになると便利かも。

【食】
 絶対的に足りないのが野菜です。コンビニでサラダなどの調達は可能です。とはいえ時間的余裕もなく、炭水化物オンリーとなるのが常。いつも摂っているDHCのサプリを気休めに飲んでいました。カロリーメイト・ご飯(レンジでチン系&アルファ米)・カップ麺は都が用意してくれています。
 いろいろな人の話を聞くと、お菓子類を大量に持ってきて消費しきれず持ち帰りのケースが多かったようです。現地調達可能なので、過度に持ち込まない方が利口かも。

【住】
 極端に寝付きの悪い私はここが一番苦労しました。…というか期間中、睡眠はあきらめました。眠剤飲んでも寝れねーし!敗因は、枕と耳栓を持っていかなかったことだと思います。女子部屋でもいびきは複数人がかいていましたので、耳栓は必携です。男子部屋はいびきの自覚がある人ばかりでないため、「いびきが気になって眠れない人が別の部屋で寝る」という方法だったそうです。作業を効率的に行うためにも、睡眠はなるべく取れるように準備をしていって下さい。

【その他】
 とにかく、コンビニなんかのビニール袋は多めにお持ちください。自分の荷物整理というより、車の中で何かと必要でした。汚れものの整理とかちょっとしたごみを入れたり。
 ウェストバッグは作業用というよりも貴重品を携帯することが主目的でした。別のメンバーが持っていてこれはいいなと思ったのは、ペットボトルをベルトにぶら下げるカラビナみたいなグッズです。これから先気温がどんどん上がりますので、作業中にもこまめな水分補給が必要になると思われます。

また思いついたら加筆します。

silly_joker at 22:37|Permalink

May 05, 2011

被災地に行ってきました(0)

東京都の都民ボランティアで6泊7日の被災地お手伝いに行ってきました。留守中メールフォームからご連絡いただいたお二方、明日中にはお返事出しますのでもう少々お待ち下さい。間に合えばいいのですが、もし間に合わなかったらすみません。私は岩手県一関市の公共施設に宿泊して移動日の2日間以外の5日間、気仙沼市のお手伝いをしてきた次第です。

自分が動くことも大切だけれども、情報を発信してまわりを巻き込み大きな支援にすることが何よりも大切であることから書ける範囲の詳細と、これからボランティアで現地入りを予定されている/考えておられる方へのご参考になるかと思いますので、体験を書いていきます。

本日は、これにて失礼。

silly_joker at 21:58|Permalink

May 02, 2011

リフレッシュ

ワム!
本日暴風のため、作業は午前中のみでした。お手伝いチーム10名で現場入りしましたが皆ポテンシャル高く依頼者の希望作業が午前中で終わり、午後なにすんべというところでしたので、ケセラセラ。
午後ちょっとミーティングして、3時過ぎからお風呂に向かい、現地入りしてから初めてゆっくり体を洗いました。リフレッシュしてあと2日全力疾走です。
一人ではミクロな力でも集まると最終的には結構な力になると思います。何年かかるかわかりませんが世界中から長期間なサポートが集まることで、いつかきっと復興してみせましょう。と、思います。


silly_joker at 20:11|Permalink