July 26, 2007

鷲宮神社にオタクが集合

8b5c2642.jpgというニュースを見ましたよ。有名なアニメの舞台になってるんだそうな。鷲宮だよ〜?なんで??小学校の頃徒歩遠足で行った、あの鷲宮神社でしょ???変なの。でも、地元の近くが盛り上がるのはなんだかほほえましいので、オタクの皆さんは是非わが故郷久喜にも立ち寄ってヨーカ堂でお買い物でもしてってください。大宮栗橋線まで行けば温泉とかも出来たみたいよ。

以下病気のこと。

手術の日程を決めてから報告しようと思ってましたが(報告する必要があるのかも疑問だけどご心配頂いているし。お気遣いありがとうね)、主な検査結果は両側皮様嚢腫ということでした。左右の卵巣に腫瘤があるということでかなりショックだったです。右はまだ4cmなんだけど左が直径10cm位のボールになっていてしかもお腹のど真ん中に鎮座ましましており、MRIでもビックリするほど大きく自己主張していました。ネットで調べていたらブラックジャックのピノコは皮様嚢腫が変異したんですって?私のお腹には2人のピノコの素がいるということです。多分腹膜に癒着してるから、社会復帰までちょっと時間がかかりそうとのこと。

健診したドクターもかかりつけ医もお腹の真ん中にあるのは筋腫だねとの所見だったし普通そうだろーと私も思い込んでました。そうだったのかー子宮の前にあるから変だなーとは思ったんだけどさ!とかかりつけ医。長時間かけて説明してくれ、不安と疑問を大分減らしてくれました。子宮には腺筋症がありましたがメスを入れるほどではないみたい。唯一それだけが救いです。乳房は乳腺症の疑いという予想通りの軽い結果だったので、これもラッキー。

手術は開腹で行うことにしました。希望していた腹腔鏡下の手術は、腫瘤の大きさ故諦めざるを得ませんでした。お腹をぺろっと開けてしまった方が、術野が確保できる分少しでも多く卵巣の組織を残してもらえそうだし。来週再来週で入院の時期を決めてきます。術後しばらくはお腹に力が入れられないから重いもの絶対持てないとの先達の言葉を聞いて、ギターも持てないし歌も歌えないだろうなーとチラリ思ったり。

もうさんざ泣きつくしたから、ドクターの腕を信じて残っていると信じる卵巣の正常な組織をなるべく多く残してもらえるよう祈るだけです。祈りの合間に健保で入院費用の補助制度と手続き方法を調べたりしつつ。万一卵巣を摘出せざるを得ない場合に備えて術前に卵子だけを摘出して、冷凍して保存するにはいくらかかるか調べたり(50万とか100万とか諸説紛々)、生命保険も契約内容を確認しなくちゃです。女性疾病特約とかつけてるからさ。仕事も年度末で帳尻あわせに忙しいので、もうしっちゃかめっちゃかしてます。とりあえずこんな感じです。

中学時代からの友人が、手術を決めて心細く家路に着いたまさにその瞬間「検査結果どうだったの?電話しようと思ったけど…」ってメールをくれました。その後電話で報告して、心強い言葉を貰いました。嬉しかったわ。


つらつらと弱音を吐きましたが是非定期的におっぴろげ検査を受けるべきだな、と思います。こんなに大きくなる前に発見できていれば経過観察も含めて色々な選択肢があったわけだし。赤ちゃんが産めないかもしれないなんて悲観してびーびー泣いたり産婦人科の待合室でお腹の大きな女性の横に座らされ複雑な心境になったり、出来ればこんな思いしないに越したことありません。婦人科の手術としては決して難しい手術ではないけれど開けてみなければわからないなんて状況になる前に、処置をするためには定期的な検査しかないようです。出来るなら自分が引き継いだ命のバトンをさ、次に渡したいじゃん。検査です検査〜。私は鈍いからか、診察台でおっぴろげるのもなんとも思わないけれど、なんだかやだ!とおっしゃる女子が多いのも事実。でも相手は専門家で見慣れてんだからどうってことないと思うのですよ。

silly_joker at 00:03│