2011年03月17日

ほんとの情報は?

来るひと会うひと、震災と原発の話があいさつのようになっています。

みなさん、とても詳しい。

友人知人関係者などなどから得たという情報をおそわります。
どこでそういう情報が手にはいるの? というのもかなりあります。
おもしろいです。

しかし、しかし。

基本的には汗をかいてる情報がすきです。信頼を覚えます。
本人が体験し実践し検証し考究したナマの話や、そこから見出した知恵や工夫に価値を感じます。

中小企業の社長が汗水たらし眠れない夜をすごして得た実体験に価値を求め、
学者や評論家の理屈は二の次三の次とする雑誌づくりから仕事をスタートしたせいかもしれません。

あいさつがわりのハナシには、もちろんそんなリアルな情報は求めませんよ。
へえーと感心するばかりです。

でも、なにかを自分が判断しようとするときは、真贋を求めます。
誰もが、感覚的に情報の真贋をとらえますよね。

そういう意味では、メディアから届く情報にいまひとつ汗の迫真力がないような気がして・・・。

そんな情報のことを、もっと突き詰めて研究しいこうとしてます。

silver100 at 22:12│Comments(0)TrackBack(0)出版 編集者 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字