1週空いたと思ったら何だか急展開です。ニコとマキさんの大凶、伊達じゃありませんね。

今回のゲストはプッチーニ。昼間は看護師、そして裏では死に行く者の最期の願いを叶えるというちょっと仕事人ちっくな女3人組。

もたいまさこ、小林聡美、もさかりえ。やっぱりこのキャスティング、素晴らしいです。3人一緒にいるだけで何だか只者じゃない感じ(笑)。

今までの仕事っぷりを見ると、恨みを晴らすと言ってもお仕置きっぽい感じですね。果たして本当にプッチーニは人殺しまでするのでしょうか…。忘れてはいけないという「別子」もどういう人物だったのか気になります。

そしてかなり衝撃だったのがロボの恋。あれほどヲタクだったロボが、ここに来てリアルな恋愛に目覚めてしまいました! 相手はプッチーニ・昭子。マックスロボより大事だなんて…。私もニコ同様、ロボが遠くへ行ってしまったようで寂しい(泣)。

よっちゃんに言われてその気になっただけにも見えたのですが、あの流れで行くときっと本気なんだろうなぁ。一緒にいるととても苦しいそうですよ。しかも手に手を取ってバス停から走りましたしね。

ヤキモチなのか寂しさなのかわかりませんが、悲しげなニコの顔を見るとこっちまで悲しくなります。今までとても身近だった人の心が他の誰かでいっぱいになると、何でこんなに切ないんでしょうね…(泣)。

「ロボにあたしの声が届かない事が、何でこんなに苦しいんだ。スイッチを切る方法を思い出せない。私だってリアルに苦しいよ、ロボ」

毎回ニコのモノローグには心を動かされますけど、今回はロボが離れて行くだけに余計揺さぶられました。やっぱりニコのこの苦しさは恋なのかなぁ…。頑張れ、ニコー!

次回予告が全部今回のダイジェストだったので先が全く読めません。マキさんの命はプッチーニに奪われてしまうのか。そしてロボと昭子さんの逃避行やいかにー。

いつになくシリアス展開の中、よっちゃんだけは弾けてました。まずいラーメンをわざわざ食べさせるなんて、さすがプロフェッショナル(笑)。

セクシーボイスアンドロボ (出演 松山ケンイチ)
セクシーボイスアンドロボ (出演 松山ケンイチ)

「セクシーボイスアンドロボ」オリジナル・サウンドトラック
「セクシーボイスアンドロボ」オリジナル・サウンドトラック