ユニオン、人革連、AEUと、世界規模で合同軍事演習が計画されています。そこへ無力介入を決めたソレスタルビーイング。そんな世界の動きをちょっとずつ、それぞの思惑もちょっとずつ…って感じのお話でした。

それとやっぱりアリー・アル・サーシェスは只者じゃありませんね。「第4独立騎兵連隊(?)ゲーリー・ビアッジ少尉」って聞こえたんですけど、何が本当の彼なのやら…。目的は何なのか、誰の命令で動いてるのか、これまた気になるところです。

昇給したグラハムとか、二度ぶたれて恋に落ちたコーラサワーとか、スメラギさんに脈なしなビリー・カタギリとか、お姫様の寝室に神出鬼没の刹那とか、色々気になったところはありますが、見所はやっぱり次回ですかね。絶対的に不利な状況でマイスター達がどう戦うのか。何かが起こりそうで、これは楽しみです!!

そして今回からOPとEDが変わりました。1期とは打って変わってどちらも女性ボーカルなのが新鮮です。刹那vsサーシェスになるのは必至みたいですね。EDは映像からも、切なさ、儚さ、そしてちょっとだけ友情…みたいな雰囲気が感じられて私は好きでした。何より曲が無意味にやかましくないのがいいです♪

Ash Like Snow(初回生産限定盤)(DVD付) フレンズ

機動戦士ガンダム00 2 機動戦士ガンダム00 3