すべての罪を被って自害した調所広郷(平幹二朗)の悲哀が伝わって、いい話だったように思います。まるで政治家秘書ですね…。

於一(宮崎あおい)にはあまりに厳しい現実。桜島の見える場所でこんな風に死をいたんでもらえたのが唯一の救いでしょうか。今後の於一の人生にもきっと影響するでしょうし、調所の残したものは大きい気がします。

ぐっと気持ちが盛り上がったのはやっぱり西郷どん(小澤征悦)が出てきたあたりでしょうか。突然の襲撃(?)も耐える! 加えて女性は庇う! めちゃくちゃ余裕ある横綱級の対応でごあした。

そして男の意地とばかり挑んでいった肝付尚五郎(瑛太)の相手をした大久保正助(原田泰造)も、強いーっ! 泰造、思ったよりカッコいいじゃないの。さすが「曲がった事が大嫌い〜♪」な男です(笑)。 (あのあと平謝りでしたね)

身分の差があっても素直に剣の教えを請う尚五郎にも好感が持てました。

泰造の家には由布姫の実母もいらっしゃいましたし(笑)、何かもうこっちの道場メインで見たい気が…。次回はここに於一も加わりそうなのが楽しみです。

前回、養子→縁組とトントン拍子で於一の話が進むのかと思ってましたが、さすがにそこまでは行かないようですね。薩摩での騒動がまだ続くようです。

ちなみに、お由羅(涼風真世)の悪女っぷりがちょっと楽しみになってきてる今日この頃です(笑)。

NHK大河ドラマ・ストーリー 篤姫 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー) 新装版 天璋院篤姫(上) 新装版 天璋院篤姫(下)