「お前たちが、その機体が、ガンダムであるものか!」

無差別に破壊を続けるトリニティ兄弟に武力介入し、突如「目標を駆逐」しに向かった刹那。ひとりじゃ無理だろう…と思っていたら、ヴァーチェが どすこーい! 助けに現れました。

刹那とティエリアが協力して戦うなんて、そりゃスメラギさんも笑顔になりますわ。っていうか、私もちょっと嬉しかった♪ しかもヴァーチェが脱いだし(笑)。

刹那がロックオンの敵…という関係も明らかにされましたが、意外にもふたりの友情(いや絆?)は深まったようです。何気にティエリアも影響されちゃってるあたり、「ガンダム」がマイスターたちをひとつにしてくんですかね。

っていうか、もうひとりの「ガンダムバカ」…完全に忘れちゃいませんかい?

ヴェーダとリンクする機体をすべて制御下に置くというナドレの知られざる性能、ガンダムマイスタートライアルシステム。奥の手なのかと思いきや、出した途端に破られました…。ええ、気持ちいいほどあっさりと(笑)。

黒幕もしっかり動き出してるようです。アレハンドロ・コーナーも、アムロの微笑みも、チャイナ服の少女も、ラグナの存在も……何もかも謎めいて怪しく見えます。

さて、ぷちラブコメを展開して来たあのふたりにも転機です。ネーナの気まぐれな攻撃により家族と自らの左手を失ったルイス。ここで彼女が選んだ道は沙慈と別れることでした。

沙慈の夢は宇宙で働くこと。その夢を叶えることが自分の夢。とぼとぼと帰る頼りなげな後姿が少々心配ですが、ルイスの見せた精一杯の笑顔がきっと沙慈を後押ししますよ! これも絆ですね。彼らのドラマはここから始まるのかもしれません。

次回は世界のバランスに異変が起こるようです。「人は涙し、戦い、そして死するしかないのか」ってナレーション、どこか聞いたような…。「人々はそこで子を産み、育て、そして死んでいった」…う〜む、似てる!(笑)

機動戦士ガンダム00 2