あらすじ(公式より)
アメストリスの命運をかけた最後の戦い!

今回あらすじ、最短でした(笑)。

「十分だ。ああもう十分だ。もう何にもいらねえや。じゃあな、魂の…友よ…」

素手でエドに殴られノビてしまったお父様。賢者の石を求めグリードを吸収。グリードはお父様に反抗するも、最期に一番欲しかった仲間を手に入れたと。

グリードとリンの間にこれほどの友情が育まれていたとは…ねぇ。リンを助ける為にあのグリードが嘘つきましたからね。いい奴だったからやっぱり寂しい…。でも満足して逝ったグリードの顔見たら救われました。ちょっと、かわいかった気もするんだけど…私だけかな。

「思いあがったものに絶望をー」

神、宇宙、全、一、真理…そして私はお前。真理の扉の住人はそういう存在…だったんですね。そしてお父様にも容赦のない絶望を与えると。あれってフラスコの中に戻ったってことなのかな。

「錬金術がなくてもみんながいるって」
「正解だ!錬金術師!お前は俺に勝った。持っていけ、すべてを!!」

賢者の石もホーエンハイムの命も、即却下!!エドが代価として差し出したものは、みずからの錬金術。どうやってアルの身体を取り返しに行くのかドキドキしながら画面に釘付けでした。(CMの間が長かった)

…そうですか。エドは錬金術を差し出しますか。「成り下がるも何も最初っからただの人間だ」ってセリフに打たれました。アルが現れた瞬間は鳥肌ものです。一緒に扉のを通るエドとアルを見たら胸がいっぱいです。おかえり、アル!

長かった一日が終わり、ラジオがニュースを伝える。ブラッドレイ大総統とセリムは混乱の中で尊い命を落とした…ということになったようです。この国のこれからはマスタング大佐が引き継ぐようですね。

「エドワード・エルリックとアルフォンス・エルリック、あのふたりの少年がいなければこの国は滅んでいました。ありがとうございます」

夕暮れに過去を振り返るホーエンハイム。アームストロング少佐に礼を言われ、ホーさん涙全開でした。自分から生まれたホムンクルスを自分の子供たちが倒した。どこか救われた瞬間だったんでしょうか。そして妻トリシャの墓の前で、自分の人生に感謝し、長い長い人生を全うしたと。

「バカたれが…。なんて幸せそう顔して死んでんだい」

すべてから解放された安堵の表情。ピナコばっちゃに見つけてもらえてよかった…。ここでOP曲&回想が入るのは反則です(泣)。ホーさんは幸せだったなぁ…。思わず泣けたけど幸せなラストです。

次回はいよいよ最終回!とうとうこのときが来てしまうのですね。エドたちにどうか素晴らしい未来が待っていますようにーー。

鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST FINAL BEST(DVD付) 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST Original Soundtrack 3