「セスさんといると、ぼくは撹拌されるのだ」

ある暑い日、公園で困っている湊(みなと)をさりげなく助けてくれたのは、大人の男の人なのに女性用の日傘をさしていることから『日傘の君』としてローカルで有名な外人さん・セスだった。
そして、なぜか湊を「日傘」と呼ぶセスと、次第に親しくなっていき……。


外人さん×少年。
全プレのために雑誌を買い、そこでぽつぽつと読んでいたシリーズです。
はっきりいってBLと呼ぶには遠いかも? セスと湊はキスどまり(しかもほっぺにちゅー)だし、ほのぼのだし、恋も何もあらゆる意味で「未満」だからどうなんだろうと思いつつ、その透明感のある空気に惹かれてしまいます。
さて、可愛い子ちゃんポジションに設置された湊ですが……とある出来事が原因で他人からちょっぴり距離を置く、おじいちゃんが経営している喫茶店で手伝いをする男の子です。最後まで読んでわかったのは、湊はいろいろと悩んで傷ついていて、ふとした瞬間に落ち込んでしまうこと。そして幼い頃に犬に追いかけ回されたことで、たとえどんなに小さな犬でも怖いということ。今はただ時間が過ぎて、心の傷が浅くなることを待っていること……ぐらいでしょうか。そしてそんな湊の前に現れた、女性用の日傘をさす外人・セスもまた、湊とは違うけれど心に傷を持っていて……。そんな2人を思いがけず繋いだのは、日傘。セスがなぜ女性用の日傘をさしているのか気になる方は、是非とも直に読んで確かめてくださいね(笑)。
……にしても、ほのぼのしてるなあ。
セスがさりげなく手渡す日傘もそうだし、泣いてたり落ち込んでる湊と並んでベンチに座ってたべるアイスもそうだし……酒癖に問題アリのセス弟との遭遇も、謎のバーベキューパーティも、特に何がどうってことないんだけど、セスと湊の間にある空気が甘くて可愛い。しかも2人とも無意識なのが萌えツボなのですよ。ふふふ。そして、ページのあちこちにある、小ネタが楽しいです。(セス兄弟のなんとも言えないスキンシップとか、ミントたっぷりの飲み物、冷やして固めただけのチョコカップとか)止まっていた時間が動き出す瞬間って、なんでこんなに眩しいんだろうなあって胸きゅんしちゃいました。
……というわけで、「1」とナンバリングが打たれてるように続きものではありますが、はたして「2」はいつ出るのか……なんか私が妙にハマるモノはロングスパンなものが多いですね。こうなったらジンクスですな。あう。
でも、ほのぼので、甘々で、年の差&年上攻がツボで、健気に頑張る可愛い子ちゃん受が萌えで、体格差に煩悩ありまくりな方はきっと萌えがたくさん拾えると思います。

hontoへのリンク


Honya Clubへのリンク
日傘ちゃん 1
icon
ネットオフへのリンク
日傘ちゃん 1

楽天ブックスへのリンク
日傘ちゃん 1

セブンネットショッピングへのリンク
日傘ちゃん 1