2016年10月01日

6a96947a.jpg(左の画像のみweb-siteから拝借しました)

WARNER BROTHERS R2 554816

2016年9月リリースの3CD+1DVD+1LP=5 DISCSのLIMITED EDITION DELUXE FORMATです。
内容は1982年リリースのアルバム「MIRAGE」の「ORIGINAL ALBUM REMASTERED」と「UNRELEASED OUTTAKES AND SESSIONS」と「MIRAGE LIVE 1982」という3枚のCD、「5.1 SURROUND MIX 24/96 STEREO AUDIO」という1枚のDVD、そして180g VINYLのLPということになります。

このバンドのこのフォーマットは2013年の「RUMOURS」、2015年の「TUSK」に続いて3作目です。
「RUMOURS」より一つ前の「FLEETWOOD MAC」がどうなってしまったのか心配ですが・・・。

私の目的は相変わらず「LIVE」です。
ライヴ盤が欲しいがために毎度大型商品を買わされています。
今回はアナログLPが1枚だけですし、ブックレットも薄いものですので、装丁としては軽めです。(TUSKに比べて・・・ですが)
金額もAmazon JPで6,572円で済みました。(当初は9,206円からのスタートでしたので、2,634円も下がってくれたことになります)

ボックスの表裏です。
IMG_9625IMG_9627






ゲートフォールドスリーヴ見開き内側です。
IMG_9631








ブックレット裏表です。
順番通り並べてみました。
ドラムスとベースという役割分担、立ち位置、ヴィジュアル・・・何れの観点からもミック・フリートウッドとジョン・マクヴィーが裏面に行ってしまうのはやむを得ないところです。
(勿論、この二人が創立メンバーだったとしてもです)
一方、ギターとヴォーカルという役割分担、立ち位置、ヴィジュアル・・・何れの観点からもリンジー・バッキングハムとスティーヴィ・ニックスが表面というのも異論の無いところです。
そうなると、微妙なのがクリスティン・マクヴィーです。
「オマエはあっち行け」と云われながらもしがみついたのか、「私は元夫婦だから」と裏へ行こうとするのを「まぁ、そう云わずに」と表に引っ張り出されたのか・・・多分、どちらでも無いとは思いますが。
IMG_9632IMG_9626

ブックレットです。
IMG_9634








アナログLPです。
今回、スリーヴは白い紙でした。
IMG_9633









ORIGINAL ALBUM - 2016 REMASTER
スキャン 1LOVE IN STORE
CAN'T GO BACK
THAT'S ALRIGHT
BOOK OF LOVE
GYPSY
ONLY OVER YOU
EMPIRE STATE
STRAIGHT BACK
HOLD ME
OH DIANE
EYES OF THE WORLD
WISH YOU WERE HERE

OUTTAKES & SESSIONS
スキャン 2LOVE IN STORE
SUMA'S WALK (CAN'T GO BACK)
THAT'S ALRIGHT
BOOK OF LOVE
GYPSY
ONLY OVER YOU
EMPIRE STATE
IF YOU WERE MY LOVE
HOLD ME
OH DIANE
SMILE AT YOU
GOODBYE ANGEL
EYES OF THE WORLD
STRAIGHT BACK
WISH YOU WERE HERE
COOL WATER
GYPSY
PUT A CANDEL IN THE WINDOW
TEEN BEAT
BLUE MONDAY

LIVE AT THE FORUM, LOS ANGELES, CALIFORNIA (22-23 OCTOBER 1982)
スキャン 3THE CHAIN
GYPSY
LOVE IN STORE
NOT THAT FUNNY
YOU MAKE LOVING FUN
I'M SO AFRAID
BLUE LETTER
RHIANNON
TUSK
EYES OF THE WORLD
GO YOUR OWN WAY
SISTERS OF THE MOON
SONGBIRD

5.1 SURROUND MIX & 24/96 STEREO AUDIO OF ORIGINAL ALBUM
スキャン 4LOVE IN STORE
CAN'T GO BACK
THAT'S ALRIGHT
BOOK OF LOVE
GYPSY
ONLY OVER YOU
EMPIRE STATE
STRAIGHT BACK
HOLD ME
OH DIANE
EYES OF THE WORLD
WISH YOU WERE HERE
COOL WATER

2016年09月30日

22eadd31.jpgCAPITOL CDP 7 46576 2

1986年リリースの1CDです。
通常のプラ(ジュエル)ケース入り。
私のは米国盤です。
AADというフォーマットですから、アナログ、アナログ、デジタルってことですよね。
だからどうした・・・というのはよくわかりませんが。

内容はジョン・レノンのアウトテイク集のようなものと言って良いのでしょうか。
ROCK N ROLLとWALLS AND BRIDGESの頃の作品に限定されているようなので、今となっては価値は無いのかもしれません。
それでもこの頃の作品が好きな私には「良いもの」です。

HERE WE GO AGAIN
ROCK AND ROLL PEOPLE
ANGEL BABY
SINCE MY BABY LEFT ME
TO KNOW HER IT TO LOVE HER
STEEL AND GLASS
SCARED
OLD DIRT ROAD
NOBODY LOVES YOU (WHEN YOU'RE DOWN AND OUT)
BLESS YOU

2016年09月29日

7213e01a.jpgARC-7084

2004年リリースの紙ジャケCDです。
内容は1969年リリースのコロシアムのセカンドアルバム「ヴァレンタイン組曲」です。
さらに米国デビューアルバム(内容的にはファーストアルバムとセカンドアルバムからの抜粋編集盤)をカップリングし、1枚のディスクに収録したものです。
何と言ってもこのスリーヴデザインが有名です。
帯が付いてしまうと、何ともマヌケなことになりますが・・・。

スキャン所謂、ジャズロックというカテゴリーになるのでしょうか。
良い曲が多いですし、演奏水準も高そうですが、「俺たちイケてるだろ」感を良しとするか「鼻につく」と敬遠するか・・・どちらかに二分されるような気がします。

THE KETTLE
ELEGY
BUTTY'S BLUES
THE MACHINE DEMANDS A SACRIFICE
THE VALENTYNE SUITE

JUMPING OFF THE SUN
LOST ANGELES
ELEGY
BUTTY'S BLUES
ROPE LADDER TO THE MOON
BOLERO
THE MACHINE DEMANDS A SACRIFICE
THE GRASS IS GREENER

2016年09月28日

dbcf4a84.jpgATLANTIC 8122794389

2016年9月リリースの3CDセットです。
ペーパースリーヴです。(デジパックではありません。紙ジャケでもありません)
私のは輸入盤ですが、製造国等は不明です。
「EVERY TRACK LED ZEPPELIN PERFORMED FOR THE BBC」とありますが、カットはあるようです。
従来盤に比べると、8曲が追加されたようです。
その新登場曲は全てDISC 3に纏められています。
即ち、DISC 1とDISC 2とは、従来盤と同じ構成ということになります。
勿論、音質は向上しているものと思われます。
但し、DISC 3に追加されたうちの何曲かは、BBCのマスターではなく、BOOTLEGから収録という噂です。
ということで音質は区々です。
もともと番組の放送順に収録されていたわけではないので、今回の追加曲をどこに配置するかというのは、いろいろ迷ったのではないかと推察されます。
賛否両論だとは思いますが、私は今回の纏め方で良かったように思います。
さすがに1971年4月1日に収録された「IN CONCERT」音源については、1枚のディスクに纏まっていて欲しかったような気もしますが、時間的に入りきらなかったのかもしれません。

スキャン








YOU SHOOK ME
I CAN'T QUIT YOU BABY
COMMUNICATION BREAKDOWN
DAZED AND CONFUSED
THE GIRL I LOVE SHE GOT LONG BLACK WAVY HAIR
WHAT IS AND WHAT SHOULD NEVER BE
COMMUNICATION BREAKDOWN
TRAVELLING RIVERSIDE BLUES
WHOLE LOTTA LOVE
SOMETHIN' ELSE
COMMUNICATION BREAKDOWN
I CAN'T QUIT YOU BABY
YOU SHOOK ME
HOW MANY MORE TIMES

IMMIGRANT SONG
HEARTBREAKER
SINCE I'VE BEEN LOVING YOU
BLACK DOG
DAZED AND CONFUSED
STAIRWAY TO HEAVEN
GOING TO CALIFORNIA
THAT'S THE WAY
WHOLE LOTTA LOVE
THANK YOU

COMMUNICATION BREAKDOWN
WHAT IS AND WHAT SHOULD NEVER BE
DAZED AND CONFUSED
WHITE SUMMER
WHAT IS AND WHAT SHOULD NEVER BE
COMMUNICATION BREAKDOWN
I CAN'T QUIT YOU BABY
YOU SHOOK ME
SUNSHINE WOMAN

2016年09月27日

b672ef09.jpgDAC-172

2016年8月リリースの2CD BOOTLEGです。
内容は1978年7月19日の米テキサス州はヒューストン公演の模様をサウンドボード音源+オーディエンス音源で収録したもののようです。
従前、TSPの「HANDSOME GIRLS」という4CD BOOTLEGセットが「超高音質サウンドボード音源」ということで、出回っていましたが、本作はそのうちのヒューストン公演分について、サウンドボード音源はそのままに、不足部分をオーディエンス録音で補填し、ワンコンサートとして仕上げたもののようです。

これはきっと賛否両論でしょうね。
音質の異なる音源でもワンコンサートの雰囲気を味わいたいという人と、高音質部分だけのほうが良かったという人と両方いそうです。

LET IT ROCK
ALL DOWN THE LINE
HONKY TONK WOMEN
STARFUCKER
WHEN THE WHIP COMES DOWN
BEAST OF BURDEN
LIES
MISS YOU
BEAST OF BURDEN
JUST MY IMAGINATION (RUNNING AWAY WITH ME)

SHATTERED
RESPECTABLE
FAR AWAY EYES
LOVE IN VAIN
BAND INTRODUCTION
TUMBLING DICE
HAPPY
SWEET LITTLE SIXTEEN
BROWN SUGAR
JUMPIN' JACK FLASH

2016年09月26日

53e79cec.jpgDAC-171

2016年8月リリースの2CD BOOTLEGです。
内容は1978年7月6日の米ミシガン州はデトロイト公演の模様をサウンドボード音源+オーディエンス音源で収録したもののようです。
従前、TSPの「HANDSOME GIRLS」という4CD BOOTLEGセットが「超高音質サウンドボード音源」ということで、出回っていましたが、本作はそのうちのデトロイト公演分について、サウンドボード音源はそのままに、不足部分をオーディエンス録音で補填し、ワンコンサートとして仕上げたもののようです。

これはきっと賛否両論でしょうね。
音質の異なる音源でもワンコンサートの雰囲気を味わいたいという人と、高音質部分だけのほうが良かったという人と両方いそうです。

LET IT ROCK
ALL DOWN THE LINE
HONKY TONK WOMEN
STARFUCKER
WHEN THE WHIP COMES DOWN
LIES
MISS YOU
BEAST OF BURDEN
JUST MY IMAGINATION (RUNNING AWAY WITH ME)
SHATTERED

RESPECTABLE
FAR AWAY EYES
BAND INTRODUCTION
LOVE IN VAIN
TUMBLING DICE
HAPPY
SWEET LITTLE SIXTEEN
BROWN SUGAR
JUMPIN' JACK FLASH

2016年09月25日

6789b369.jpgDAC-170

2016年9月リリースの2CD BOOTLEGです。
タイトルに「THE ROLLING STONES」の文字はありませんが、内容は勿論、THE ROLLING STONESです。
「BRIAN JONES期」というだけで、BRIAN JONESのソロ作品だった・・・等という話でもありません。
タイトルもスリーヴデザインも大昔のアナログBOOTLEG LPをモチーフにしていますが、内容は拡大盤/拡張盤です。
音質も向上しているようです。

ROAD RUNNER (11 MAR 1963]
BABY WHAT'S WRONG (11 MAR 1963)
BRIGHT LIGHTS, BIG CITY (11 MAR 1963)
DIDDLEY DADDY (11 MAR 1963)
MEMPHIS, TENNESSEE (26 OCT 1963)
ROLL OVER BEETHOVEN (26 OCT 1963)
MEMPHIS, TENNESSEE (MAR 1964)
IT SHOULD BE YOU (20/21 NOV 1963)
I GET AROUND (JUN/JUL 1964)
BEAUTIFUL DELILAH (18 APR 1964)
ANDREW'S BLUES (4 FEB 1964)
SPECTOR AND PITNEY CAME TOO (4 FEB 1964)
DOWN IN THE BOTTOM (11 JUN 1964)
TELL ME BABY (11 JUN 1964)
HI-HEEL SNEAKERS (11 JUN 1964)
DON'T LIE TO ME (11 JUN 1964)
AIN'T THAT LOVING YOU BABY (23 JUL 1964)
LOOKING TIRED (6 SEP 1965)
STEWED AND KEEFED (10 JUN 1964)
FANNIE MAE (18 SEP 1965)
THE LAST TIME (6 MAR 1965)
BLUE TURNS TO GREY (AUG/SEP 1964)
YOU'VE JUST MADE MY DAY (24/26 JUN 1964)
MOTHER'S LITTLE HELPER (3/10 DEC 1965)
HAVE YOU SEEN YOUR MOTHER, BABY, STANDING IN THE SHADOW? (3/11 AUG 1966)

2000 LIGHT YEARS FROM HOME (2/22 JUL 1967)
LOVING SACRED LOVING (4/8 SEP 1967)
SHADES OF ORANGE (8 NOV 1967)
THE LANTERN (2/22 JUL 1967)
CITADEL (2/22 JUL 1967)
BRIAN'S FATHER ABOUT BRIAN

(BONUS TRACKS)
AROUND AND AROUND - LITTLE BOY BLUE AND THE BLUE BOYS (1961)
LITTLE QUEENIE #1 - LITTLE BOY BLUE AND THE BLUE BOYS (1961)
BEAUTIFUL DELILAH #1 - LITTLE BOY BLUE AND THE BLUE BOYS (1961)
LA BAMBA - LITTLE BOY BLUE AND THE BLUE BOYS (1961)
GO ON TO SCHOOL - LITTLE BOY BLUE AND THE BLUE BOYS (1961)
I AIN'T GOT YOU - LITTLE BOY BLUE AND THE BLUE BOYS (1961)
I'M LEFT, YOU'RE RIGHT, SHE'S GONE - LITTLE BOY BLUE AND THE BLUE BOYS (1961)
DOWN THE ROAD APIECE - LITTLE BOY BLUE AND THE BLUE BOYS (1961)
DON'T STAY OUT ALL NIGHT - LITTLE BOY BLUE AND THE BLUE BOYS (1961)
JOHNNY B. GOODE - LITTLE BOY BLUE AND THE BLUE BOYS (1961)
LITTLE QUEENIE #2 - LITTLE BOY BLUE AND THE BLUE BOYS (1961)
BEAUTIFUL DELILAH #2 - LITTLE BOY BLUE AND THE BLUE BOYS (1961)
BITS AND PIECES / DE LANE LEA STUDIOS 1964 (11 MAR 1964)

2016年09月24日

7230ce2b.jpgDAC-169

2016年9月リリースの2CDです。
内容は1973年9月1日のオーストリアはウィーン公演の模様をオーディエンス録音で収録したものです。
音質はまぁまぁですかね。

人気の高い1973年欧州ツアーの初日です。
演奏回数の少なかった、「100 YEARS AGO」や「SILVER TRAIN」が演奏されていることから、評価の高い公演でもあります。
演奏が良いか否かは別の話です。
「その後、演奏されなくなって行った」ということは、推して知るべしです。
「凄く良かった」のであれば、その後も演奏され続けるはずですから。

BROWN SUGAR
BITCH
GIMME SHELTER
HAPPY
TUMBLING DICE
100 YEARS AGO
STARFUCKER
ANGIE
SWEET VIRGINIA

YOU CAN'T ALWAYS GET WHAT YOU WANT
DANCING WITH MR. D.
MIDNIGHT RAMBLER
SILVER TRAIN
HONKY TONK WOMEN
ALL DOWN THE LINE
RIP THIS JOINT
JUMPIN' JACK FLASH
STREET FIGHTING MAN

2016年09月23日

96a9c21a.jpg2016年にリリースされた2CD-R BOOTLEGです。
CD-Rです。
販促用無料配布CD-Rです。
無料といっても「2点購入」の抱き合わせ商法です。

内容はサウンドボード音源です。
何故このような高音質の作品をCD-Rで配布してしまうのか・・・事情はよくわかりませんが、有り難い話ではあります。
最初は2007年頃に出回った音源だったようです。
内容は1973年1月22日の英SOUTHAMPTON公演の模様を高音質ステレオサウンドボード音源で収録したものです。
1973年というと北米ツアーを思い浮かべがちですが、本作はそれより約半年前の英国公演になります。

ROCK AND ROLL
OVER THE HILLS AND FAR AWAY
BLACK DOG
MISTY MOUNTAIN HOP
SINCE I'VE BEEN LOVING YOU
DANCING DAYS
THE SONG REMAINS THE SAME
THE RAIN SONG
DAZED AND CONFUSED

STAIRWAY TO HEAVEN
WHOLE LOTTA LOVE
HEARTBREAKER
ORGAN SOLO
THANK YOU
HOW MANY MORE TIMES
COMMUNICATION BREAKDOWN

2016年09月22日

bcc4314d.jpg2015年リリースの3CD-R BOOTLEGです。
無料配布販促CD-Rです。
CD-Rですが3枚組の大盤振る舞いです。
勿論、2枚購入で・・・という抱き合わせ商法ですが。
それでも、大昔であれば「5,000円」くらいは取れそうな内容です。

1977年6月21日の米カリフォルニア州はロスアンジェルスのINGLEWOOD FORUMでの公演を高音質オーディエンス録音で収録したものです。
副題に「WINSTON UNMARKED 1ST GENS FROM MILLARD MASTERSとあります。
それが何を意味するのか私にはわかりませんが、有名な録音者であるMIKE MILLARDさんの1ST GENERATIONのテープが基になっているのであろうことは想像出来ます。

6月21日というのは「LISTEN TO THIS, EDDIE」の日ですから、別音源なのか同音源なのか・・・よくわかりません。
そこまで深みにハマるつもりもありません。
十分にドはまりしているような気もしますが。

本作ではTEN YEARS GONEにカットがあったらしく、最後に別音源で補填されています。

THE SONG REMAINS THE SAME
SICK AGAIN
NOBODY'S FAULT BUT MINE
OVER THE HILLS AND FAR AWAY
SINCE I'VE BEEN LOVING YOU
NO QUARTER

TEN YEARS GONE
THE BATTLE OF EVERMORE
GOING TO CALIFORNIA
BLACK COUNTRY WOMAN
BRON-Y-AUR STOMP
WHITE SUMMER
BLACK MOUNTAIN SIDE
KASHMIR
OVER THE TOP

HEARTBREAKER
GUITAR SOLO
ACHILLES LAST STAND
STAIRWAY TO HEAVEN
WHOLE LOTTA LOVE
ROCK AND ROLL

TEN YEARS GONE

記事検索
月別アーカイブ
カテゴリ別アーカイブ