▲top

  更新履歴
what's new - silverboy's blog
  silverboy club presents


2017年03月20日 21:24      [posted by silverboy]

HDMIケーブル直結

フットボール・クレイジー」にブンデスリーガ第25節、グラードバッハ×バイエルンのマッチ・レビューをアップ。

今季からJリーグの中継が衛星放送テレビのスカパーからネット動画配信のDAZNに移行したのはあちこちで言われている通りであるが、このネット動画をどうやって居間の大画面テレビで「普通に」見るかは頭の痛いところであった。

クロムキャストという機械をテレビに突っこんでPCのChromeをミラーリングするという手を考えたが、僕のPCではOSが古いらしく(Windows7)ChromeでDAZNのライブ動画がどうしても見られず難儀していた。これについてはDAZNに問い合わせたりして随分苦労したがダメだった。

これはもうFireTVというのを買うしかないのかと思っていたのだが、どうもPCにHDMI端子があれば、テレビとHDMIケーブルを直結することで簡単にミラーリングできるのではないかということに気づき、試しに直結して見たらあっさりPCの画面がそのままテレビに映し出された。

これならChromeで見られなくてもIEでも何でも、要はPCの画面上に表示さえできれば全画面表示にしてテレビで普通に見ることができる。やってみればあまりに簡単なことなのだが気づかなかった、というか知らなかった。困った時には原点に立ち返ってシンプルに考えなければならないということだ。

中継中にバファリングか何かが発生して画面が止まるのはどうしようもないが、少なくともテレビ画面に映すところまでは行けた。いくつになっても学ぶことはある。世界には知らないことの方が全然多い。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2017年03月19日 21:39      [posted by silverboy]

体重管理

フットボール・クレイジー」にUEFAヨーロッパリーグのラウンド・オブ・16第2戦、グラードバッハ×シャルケのマッチ・レビューをアップ。

今日は午前中に所用があったので夕方からスポーツ・クラブのプールに出かけていつものように100m×10本を泳いだ。

ここのプールは25m×6コースのまともなものだが、子供のスイミング・スクールや何だかよく分からない水中フィットネス教室みたいなことをやっている時間が多く、なかなか6コースをフリーで使える時間が少ない。コース利用の状況はウェブにアップされているので、それを見てなるべくコースが自由に使えそうな時間に行ったのである。

しかし3連休の中日の夕方であるにも関わらずプールは結構混んでいて、ひどい時にはコースに5人が入る過密状態に。インターバルを調整して何とか10本を追いつくことも追いつかれることもなく泳いだが、この時間帯はあまりよくないことが分かった。連休なんだからプールなんか来ないでどこかにお出かけすればいいのに。

今日の所用というのは弔事だったが、久しぶりに着た礼服のズボンがどうにもキツくて難儀した。おそらく作った時から4〜5kg増えているのでキツくなるのも当然。もともと痩せているので今でも標準対比では十分スリムだが、自分的にはあと2〜3kg削ったところで維持したい。基礎代謝も落ちているので体重管理も難しい。

いい天気だったのでコート類を着ないで出かけたけどそれでもむしろ暑いくらいだった。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2017年03月19日 00:42      [posted by silverboy]

電子的な神の視点

フットボール・クレイジー」にJリーグ第4節、FC東京×川崎のマッチ・レポートをアップ。

被疑者の自動車にGPSを付けるのは強制捜査であり令状が必要だが、今の令状でぴったり来るヤツがないので立法すべき、という最高裁の判決が出た。まあ、適正手続という観点からはそうだろうなという感じ。きちんと立法的に位置づけるべしというのはその通りだと思う。

それにしても、最近の事件では、GPSはもとより、DNA鑑定とか、何よりあの防犯カメラ画像などで、従来とは全然違う解決のされ方をするのがすごい。サイバー系の犯罪もあるし、犯罪手法も捜査手法も変わって行くのは当然だが、もう何でもカメラに撮られていると思った方がいいのかもしれない。

実家のある住宅地でも防犯カメラの設置を自治会で議論しているのだと言っていた。僕らの電子的な足跡をまとめれば、本人にも書けないような半生記が自動的にできちゃうのかもしれないし、犯罪捜査もそういう視点(半ば神の視点)になって行くのだろうなと思った。




Comments(0)フットボール・クレイジー 



2017年03月16日 00:28      [posted by silverboy]

地軸の傾き

フットボール・クレイジー」にルヴァンカップ第1節、FC東京×仙台のマッチ・レポートをアップ。

今日は夜のスタジアムがすごく寒いかと思ってスーツの中にカーデガンを着こみ、上着もふだんのジャンパではなくダウン・ジャケットにして行ったところ、まあ何とかそれでしのげた。持参していたダウン・ベストやカイロは使わずに済んだ。

もう3月なのでそろそろ暖かくなってもよさそうだが、「暑さ寒さも彼岸まで」とはよく言ったもので、あと2週間くらいはまだ冷えこむ日もあるということだろう。少しずつ、しかし確実に気温が上がり、いつの間にか春らしくなるという季節の移り変わりが、地軸が公転面に対して23.4度傾いていることから生じているというのは自然の神秘。

すぐに、花見とか言い出す人が出る季節になる。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2017年03月14日 23:23      [posted by silverboy]

塩らっきょう

フットボール・クレイジー」にブンデスリーガ第24節、HSV×グラードバッハのマッチ・レビューをアップ。

以前にも書いたと思うがらっきょうは塩がいい。それもできることなら岩下食品の塩らっきょうだ。らっきょうは甘酢だとか誰が決めたのか本当に理解に苦しむ。ていうかあの甘酢というヤツがあかん。酢豚もイヤだが甘酢のらっきょうもつらい。らっきょう自体が好きだから甘酢でも食べはするが食材台なし感あって悲しい。

そこへ行くと塩らっきょうは素晴らしい。さっぱりした塩味、らっきょうの辛みと独特の香味、つまみにもいけるしごはんのおかずにもいい。シャープな味わいとさっぱりした後口は、甘酢のボヨ〜ンとした味とベシャベシャした後口とは雲泥の差である。厳しい毎日を生きるビジネスパーソンのらっきょう、それが塩らっきょうだ。

スーパーで売っているのもあるが、やはり岩下食品の塩らっきょうが秀逸。今日も通販で入手した岩下の塩らっきょうをつまみながらビールを飲んでいたらいつもより1本余分に飲んでしまった。近くのスーパーに岩下の塩らっきょう入れるように希望出しとこう。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2017年03月12日 23:33      [posted by silverboy]

ユニの色

フットボール・クレイジー」にJリーグ第3節、G大阪×FC東京のマッチ・レポートをアップ。

この週末は関西に里帰りしていたのでプールは休み。その代わりJR千里丘駅から市立吹田サッカースタジアムまで千里丘を越えて歩いたので結構運動した感ある。軽く筋肉痛になる程度には厳しい登りだったしそこを息が弾むくらいのいいスピードでサクサク歩いたのでそれなりの運動になったと思う。

今日のJ2岐阜×松本で、岐阜が前後半でユニを替える珍しい出来事があった。この試合はホームの岐阜が濃緑のファースト・ユニ、これに対しアウェイの松本は濃いめのグレーのセカンド・ユニでキックオフしたが、いざ試合をしてみると、午後の斜めの日差しもあって濃さの似た緑とグレーが見分けにくく、味方と間違えて敵にパスする選手まで出る事態に。

監督が抗議するなど紛糾したがどうしようもなくそのまま試合を続行、結局後半からホームの岐阜が白のセカンド・ユニを着用して何とか解決した。本来ならホームの岐阜にユニの決定権があるはずだが、松本はアウェイでこれ以外のユニを持参しておらず、仮に持参していたとしても松本のファースト・ユニは岐阜と似た濃緑なので解決にはならなかっただろう。

セカンド・ユニを白ではなく濃色にした松本の今季のユニフォーム・デザインの問題という他ない。松本はセカンドを白にするか、白のサード・ユニを作るかすべきだと思う。でないとまた同じようなことが起こる。試合前には両チームの代表と審判とで打合せをして、その時にユニも確認するはずなのにな。

2001年10月27日、ブンデスリーガのケルン×バイエルンでは、アウェイのバイエルンが白のセカンド・ユニと間違えて赤のファースト・ユニを持参、同じく赤のケルンのファースト・ユニとダダかぶりしてしまった。バイエルンはケルンにセカンドの白を着用するよう依頼したがケルンがこれを拒否、バイエルンは仕方なくユニの上に白いビブスをつけて試合した。

今日も松本がビブスつけて試合すればよかったと思う。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2017年03月11日 00:41      [posted by silverboy]

サービスの対価

フットボール・クレイジー」にUEFAヨーロッパ・リーグのノックアウト・ステージ2回戦、シャルケ×グラードバッハのマッチ・レビューをアップ。

宅配便が人手の昼間の配達をやめるとか大手通販と料金引き上げの交渉をしているとか報じられている。確かに我々がネット通販でポチッとやったモノも別にPCやスマホから出てくる訳ではなく、誰かが手に持って階段を上がってくる訳だから、通販が増えれば宅配便の荷物が増えるのは物の道理だ。

通販の送料が無料なのは何だか当たり前みたいになってるけど、考えてみればもともとは自分で店まで買いに行ってたものを誰かに玄関先まで持ってきてもらうんだからコストがかかるのは当然。手数料とか送料とか形に残らないサービスの対価にすごくシビアになってしまうのはなぜなんだろうな、まったく。

時間指定とか夜間の配達とか、単純に配達するだけではない付加価値のある配達を希望するユーザからは追加料金を取るのもひとつの方法だろう。我々が電気信号を食べて栄養にできない以上、モノは運ばれなければならならない。必要なものにはきちんとカネを払うようにしないといつまでもデフレはなくならない。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2017年03月08日 22:55      [posted by silverboy]

ペーパーレス

ディスク・レビュー」にザ・コレクターズ武道館公演のライブ・レビューをアップ。

確定申告を郵送したら受付判を押した控えが税務署から返送されてきた。この書類を作る時に、領収証を添付する必要があって、でも念のために手許にコピーを残したくて、コンビニでコピーしようと思っていたのだが、ちゃんとスキャンしておけばコピーは要らないんじゃないかと気づいた。

スキャナはあるし、スキャンしてPDFか何かで保管しておけば、もし紙が必要になってもプリントするだけ。紙でコピーを取っておいても、どうせくしゃくしゃになってどこかにやってしまうのが関の山なのだ。それに比べればいつでも取り出せるし場所も要らない。

免許証やマイナンバーの通知カードも、家でスキャンしておいて、ネットプリントに登録し、コンビニで番号を打ち込めばサクッとプリントでき、手許に確定申告書類の控えを1セットいちいち保管しておくこともない。申告書自体も国税庁のサイトで作成したPDFなので、提出用だけ1部ネットプリントで印刷。

ペーパーレスというのはこういうことだなと実感。スキャナもっと使い道ありそうだ。



Comments(0)ディスク・レビュー 



2017年03月05日 21:47      [posted by silverboy]

更新スケジュール

フットボール・クレイジー」にブンデスリーガ第23節、グラードバッハ×シャルケのマッチ・レビューをアップ。

日曜日なので近所のスポーツ・クラブに出かけ、いつものようにプールで100m×10本を泳いだ。コースはずっと2人でシェア。インターバル調整で概ねストレスなく泳げたが、一度だけおじさんに追いついてしまった。なんでその前のターンで譲ってくれないかなあ。まあいいけど。

午後は街に出て渋谷のタワレコへ。フィーリーズ、ダーティ・プロジェクターズ、xxなどの新譜を買った。最近、グラードバッハがリーグ戦と国内カップ戦、ヨーロッパ・リーグが重なって毎週末と週央に試合をしている上に、Jリーグまで開幕してしまったのでマッチ・レビューだけでいっぱいいっぱい。

コレクターズの武道館ライブ・レビュー書きたいし、小沢健二のシングル『流動体について』のレビューも書きたいし(レビューのタイトルはもう半分決まっている)、村上春樹の新刊『騎士団長殺し』のレビューのための暫定ノートも書きたい。

新譜レビューも今日買った3枚の前にハミルトン・ライトハウザー、レモン・トイッグズが未了だし、ディスコグラフィ・レビューはスピッツを終わらせてコレクターズに入りたい。コレクターズのディスコグラフィ・レビューは武道館前には余裕で終わると思っていたのだが…。

書きたいことがいっぱいあるのは嬉しいが、早く書かないと忘れてしまう。時間が足りない。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2017年03月04日 22:20      [posted by silverboy]

軽石

フットボール・クレイジー」にJリーグ第1節、FC東京×大宮のマッチ・レポートをアップ。今季最初の現地観戦だ。

最近かかとが固くなってひび割れそうになり、痛みも出てきていたので何かいいものはないかと探していた。昔ながらの軽石というのがなかなか見つからず、かかと用のやすりみたいなのもあまり見かけず、家人が使っているおろしがねみたいなヤツで一度ガリガリやって、あとは毎日風呂上りにももの花クリームをつけていた。

風呂でもナイロンのタオルでかなり入念にこすっており、それにももの花をつけて靴下をはいているだけで結構柔らかくなってきていたが、先日軽石が売られているのを見つけ、早速買ってみた。溶岩を成形した天然モノではなく、真っ白の人工軽石のようだ(材質は「無機質気泡体」と書かれている)。

使ってみるとかなり「こすってる」感があって、気をつけないとやり過ぎてしまいそうになる。注意深く使うと気になっていた固い部分も柔らかく、すべすべになって、まるで赤ちゃんのほっぺみたいだ。これはなかなか使える。さすが軽石だ。風呂上りにももの花を塗って靴下はけば万全。

赤ちゃんのほっぺを触りたいが手近に赤ちゃんがいない人は、僕のところに来ればかかとを触らせてあげる。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2017年03月03日 22:54      [posted by silverboy]

武道館

フットボール・クレイジー」にDFBポカール準々決勝、HSV×グラードバッハのマッチ・レビューをアップ。

村上春樹の新刊『騎士団長殺し』を読んだ。面白かった。しばらく寝かせてから感想を書きたい。きちんとしたレビューはちょっと先になるだろうけど、まずは暫定的なノートを書いておきたいところ。分量的にはかなり長かったが途中でダレることもなく先へ先へと読み進むことができた。

フィッツジェラルドの『グレート・ギャツビー』は先に読んでおいてもいいかもしれない。あとナボコフの『ロリータ』を思い出させる部分もある。何より村上自身の過去の作品との大胆なインターコースがある。過去作を刊行順に読み返している。

一昨日は日本武道館でザ・コレクターズの公演を見てきた。これのレビューも書きたい。30周年で初の武道館ということだったが、ゲストや旧メンバーを呼ぶこともせず、サポート・メンバーも入れず、大きなモニタもなく、4ピースで最後までやりきったビート・バンド魂に泣いた。

僕は30年以上ロック的な音楽を聴き続けているが、武道館でライブを見たのは初めて。武道館童貞をザ・コレクターズに捧げることができて幸せだ。武道館は入ってみると意外に小さかった。ちょっと大きめの体育館くらいの感じがした。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2017年02月27日 22:20      [posted by silverboy]

読書中

フットボール・クレイジー」にブンデスリーガ第22節、インゴルシュタット×グラードバッハのマッチ・レビューをアップ。

『騎士団長殺し』の続き読む。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2017年02月26日 16:56      [posted by silverboy]

騎士団長

フットボール・クレイジー」にUEFAヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦(ラウンド・オブ・32)セカンド・レグ、フィレンツェ×グラードバッハのマッチ・レビューをアップ。

日曜日なので近くのスポーツ・クラブへ。いつものように100m×10本を泳いだ。途中まではコースを独占できたが、途中からガンガン人が入ってきて、最大4人でシェアする状態に。速さもそれぞれ違っていて、遅いおじさんが僕のターンの直前にスタートしたりするので混乱した。

僕は4人の中ではたぶん2番目の速さだったが、クロールで泳ぐ100mと平泳ぎの100mがあり調整が難しい。2人ならインターバルをやり繰りすればそんなに難しくないが、4人だと後ろから追いたてられたり遅いおじさんに追いついたりしてコンスタントに100m泳ぐことすらできない。

あとは家で村上春樹の新刊『騎士団長殺し』を読んでいる。上巻を読み終えたところだ。何とか週末のうちに全部読み終わりたいがこのペースだとムリっぽい。コンパクトな単行本上下巻だが、ザッと数えたところ原稿用紙で2千枚くらいあり、『海辺のカフカ』よりも長い。

ここまで読んでいろいろ思うところもあるが、まだ読んでる途中なので書かない。面白いのは間違いない。既刊の旧作も読み返したくなる。小沢健二が新譜を出すわ、コレクターズが武道館公演やるわ、村上春樹の新刊は出るわ、Jリーグは開幕するわで大変な今日この頃である。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2017年02月25日 18:39      [posted by silverboy]

開幕

フットボール・クレイジー」にJリーグ第1節、鹿島×FC東京のマッチ・レビューをアップ。

今年もJリーグが開幕してしまった。のんびりした週末は終わりだ。ホーム・ゲームはもちろんスタジアムで観戦、アウェイ・ゲームも首都圏で開催されるものは遠征する。今季は浦和、大宮、柏、川崎、横浜に行く予定。湘南が降格したので行けるのがひとつ減った。

それ以外に近畿地方でのアウェイ・ゲームも帰省を兼ねて見に行こうと思っている。ガンバ大阪の吹田スタジアム、神戸のノエビアスタジアムは行こうと画策中。セレッソ大阪とのアウェイ・ゲームは日曜日の夜7時からとムリな日程になっており、試合後に帰ってこられそうにないので諦めた。

これらの他、夏休みに遠征したり、シーズン終盤の大事なアウェイ・ゲームは特に見に行ったりすることもあるがそこは機動的に判断したい。11月の鳥栖とか広島とか行きたい。10月の甲府は石和温泉あたりと組み合わせるのもいいな。日程表を見ながら夢が広がる。ああ、楽しい。

今日は茨城県でのアウェイ・ゲームで、北関東は首都圏ではないので自宅でおとなしくテレビ観戦した。開幕戦なので行こうかとも思ったが、いきなり例外を認めるのもアレかなと思いとどまった。平日夜の試合は半休取得などで対応する。勝手に打合せとか会議とかブチこまれないようにスケジュールしっかりブロックしておかないとな。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2017年02月22日 23:26      [posted by silverboy]

オザケン

フットボール・クレイジー」にブンデスリーガ第21節、グラードバッハ×ライプツィヒのマッチ・レビューをアップ。

小沢健二のシングルがリリースされたらしい。一昨日の新聞にオザケンの書いたエッセイみたいなのが載っていた。この週末にCDを買いに行こう。

もともとフリッパーズ・ギターが大好きだったのでその流れでオザケンも当然聴いていた。日常の中で、時折残像みたいに、「あ、今、何か見えた」的に、「本当の気持ち」の尻尾のようなものを捕まえる手管において、オザケンは僕たちの世代に確実に何かを残した。CDは全部持ってる。

作品について真面目に書こうとすると、きちんと頭の回転速度を上げないと思ってることをきちんと言語化できないのだが、要はオザケンは僕にとって特別なアーティストの一人だということだ。

21世紀に入ってからは散発的なアルバムの発表、ライブなどはあったが、アーティストとしてのコンスタントな活動はなく、僕としてはほぼ「過去の人」。過去の作品が手許にあればそれでいいという存在だったが、ここに来て新譜を出してくるとは。まずは現物を手に入れて聴かないことには始まらないな。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2017年02月19日 21:38      [posted by silverboy]

確定申告

フットボール・クレイジー」にUEFAヨーロッパ・リーグのラウンド・オブ・32第1戦、グラードバッハ×フィレンツェのマッチ・レビューをアップ。

日曜日なので近くのスポーツ・クラブへ。プールで100m×10本を泳いだ。コースは二人でシェア、ほぼストレスなくインターバル調整できた。

午後は散髪に。考えてみれば前回は年末だったはずで、あっという間に2か月が過ぎたということか。時間が過ぎるのは本当に早い。散髪屋のおじさんがうちの父と同年代であることが分かった。

あと、今日は確定申告の準備をした。昨年はふるさと納税をしたので、その還付のために確定申告が必要なのだ。メンド臭そうでイヤだなと思っていたが、国税庁のサイトに行くと申告書作成用のページがあり、そこに求められる数字を入れて行くと勝手に申告書ができあがる。これはなかなかよくできている。

領収書も揃ってるし、本人確認資料のコピーも取ったし、後は申告書にハンコを押し、書類をセットして最寄りの税務署に発送するのみ。サラリーマンなので基本的に税金は源泉徴収で支払っており、確定申告は生まれて初めてだが意外に簡単。これで済むのならふるさと納税しない手はないと思った。

ふるさと納税についてはもういろんなところで説明されていると思うが、使い方としては、まずビールや米みたいにどのみち消費する必需品をふるさと納税の返礼品で賄って生活費を節約するという考え方がある。これは家計に確実に効く。

もうひとつは、ちょっとしたぜいたくな海産物や高級な肉、果物など、「ちょっと自分でカネ出してまでは買わないな〜」と思うようなものを思いきって頼むという使い方もある。アワビやカニ、巨峰などを取り寄せたが、身銭を切ってはなかなかできないプレミアム感があっていい。

とはいえ上限もあるので何でもかんでもという訳には行かない。あと、手許資金からいったん寄付をして、あとから還付なり住民税の減額という形で返ってくるので、その間のファイナンス負担はある。それから配送時期が読めないものが多いのは難しい。特にナマモノは躊躇する。

今住んでいる自治体に払う税金を他の自治体に振り替えるだけで、振替額の概ね3〜4割程度が返礼品としてもらえるシステムなので、国全体としては返礼品の分だけ税収が減っている訳である。制度的には歪みがあると思うのでいずれ何らかの修正が入ると思うが(返礼品は寄付額の10%程度まで、みたいな制限が入るとか)、市場が歪んでいれば裁定取引が生まれるのは自然現象で、ブームになっているのも頷ける。

今年も限られた枠を上手に使いたい。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2017年02月19日 00:08      [posted by silverboy]

歯医者など

フットボール・クレイジー」に「FC東京2017年新チーム・プレビュー」第7回『開幕に向けて』をアップ。

今日は朝から歯医者に行った。前回の検診で歯周病の兆候を指摘され、その後歯磨きをしっかりやって改善したものの、まだ歯周ポケットの深いところが残っているとのこと。今週から4週に亘って毎週簡単な薬液注入に通うことになった。

家に帰って土曜日恒例の靴磨き。4足ローテーションのうち、当該週に累積3回に達した1足か2足を磨く。以前は1カ月ほどためておいてまとめて4足磨いていたが、かなり時間もかかるしなかなかの重労働になるので、毎週1足か2足を磨くことにしたのだ。この方が楽だし、週末の立ちあがりにリズムができていい。

その後はNHKラジオ「まいにちフランス語」のレッスン。15分なのですぐ終わる。今週はウィークデイにまったくやってないので、土日の2日で3レッスンこなさなければならぬ。フランス語をマスターしようという野望はちょっとおいといて、取り敢えず番組として楽しんで聴く、とにかく発語する、に集中しているのが続いてる秘訣か。

午後は渋谷に出て、夕方から109の前でFC東京のゲリライベントを見た。監督と森重、太田、大久保というエースが出演してお得だった。立ちっぱなしはこたえたが、スマホの手撮りでそこそこいい写真が撮れることが分かった。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2017年02月16日 00:00      [posted by silverboy]

ドーナツ

佐野元春マニア」の「全曲バージョン解説」に『35周年アニバーサリー・ツアー・ファイナル』収録曲のデータをアップ。

新宿のクリスピークリームドーナツが閉店したらしい。2006年に開店した当初は長蛇の列で、1時間待ちとか普通にあったと思う。なるべく列の短そうな時に並んで買ったりしたが、それでも20分とか30分は並んだはず。

その後少しずつ店も増え、横浜で勤務していた時は会社の帰りに買って帰れるくらいカジュアルな存在になっていたが、考えてみれば所詮ドーナツであり、もともとそこまでして食べるほどのものだったのか。

最近は新宿の店でもほぼ並ばずに買えるようになって、話題としての旬は完全に過ぎ、普通のドーナツ屋として定着したと思ったが、それではなかなか商売にならないということか。オリジナル・グレーズドをレンチンして食べると美味しかったのだが…。他の店舗はあるので機会があればまた買おう。

それにしても開店から10年、もうそんな時間が過ぎたのかとムダに我が身を振り返った。



Comments(0)佐野元春マニア 



2017年02月14日 23:59      [posted by silverboy]

ワニとカンガルー

佐野元春マニア」の「全アルバム解説」に『35周年アニバーサリー・ツアー・ファイナル』のレビューをアップ。

今日は青山でオーストラリア料理というのを食べた。オーストラリアにオーストラリア料理と称するほどの何かがあるとは知らなかったが、行ってみるとワニの串焼きとカンガルーの串焼きというのがあって、なるほどこれは他ではなかなかないと思った。

ワニはやや身の締まった鶏肉とか七面鳥という感じか。食用蛙が鶏肉に似ているという一般の評からすれば、ワニが七面鳥に似ているのも納得できる。串焼きの他にもワニタンとワニの前足というのも食べたが、何かワイルドなものを食べてる感はあったもののそこまでのゲテモノ感はなく、白身の肉で普通に美味しかった。

カンガルーは牛肉に似た感じ。所謂獣肉でありそこまでの意外性はないが独特の風味はある。ワニよりむしろクセはあるかもしれないが、もともとラムもマトンも気にならないので違和感はなかった。素朴な味だがこれも美味しかった。赤ワイン煮込みとかもあって、そこまで食べられなかったがいいかもしれないと思った。

オーストラリア・ビールを飲み、さっぱりしたニュージーランドの白ワインを飲んだ。東京って何でもあるんだと思った。



Comments(0)佐野元春マニア 



2017年02月13日 21:38      [posted by silverboy]

終わりなき戦い

佐野元春マニア」の「全ビデオ解説」に『35周年アニバーサリー・ツアー・ファイナル』のレビューをアップ。

週末に財布の中の小銭を点検したら、1円玉が1枚もなかった。レジで端数が出るたびにその分の1円玉をこまめに使い、10円単位で精算し続けた長年の努力がついに報われたかと思うと感慨深い。しかし、理解できないのは5円玉が2枚も入っていたこと。何が起こっているのか今ひとつ理解できないが、感情の整理がつかず混乱した。

これは例えば252円とかいう支払いの時に、財布に1円玉はないが5円玉はあるという状況で、その5円を出すかということである。出さなければ当然8円の釣りが返ってきて、財布の中の5円玉は2枚になる。しかし、252円の支払いで、255円出すかといえば微妙な感じがするのも確かだ。こういう逡巡の結果5円玉が2枚たまった訳だ。

あるいは逆に、例えば337円の支払いの時、財布に1円玉が3、4枚あるが5円玉はなければどうするか。350円とか400円払って釣りをもらうと1円玉が3枚返ってきて、財布の中の1円玉は6枚、7枚になってしまうが、かといって337円の支払いの時に352円払って15円の釣りをもらうか。これもまた微妙な感じの支払いである。

こうして、財布の中には1円玉、5円玉がたまって行く。レジで支払いする時には「3円探します」などと宣言してから財布を探るようにしているが(並んでいる時は予め手に9円持っている)、それでも上記のようなケースは後を絶たず、不本意にも1円玉、5円玉が増えることが少なくない。オレと1円玉、5円玉との終わりなき戦いは明日も続くのであった。



Comments(0)佐野元春マニア 



!!注意!! このブログは…
このブログはウェブ・サイト「Silverboy Club」の更新履歴になっています。外部リンクから直接このブログに飛んできた場合、サイトのメニュー・バーが現れず、サイト内の他のコンテンツにリンクできません。その場合、このリンクでメニュー・バーが表示されます。
 
月別アーカイブ
最近のコメント




Copyright Reserved
2005-2010 Silverboy & Co.
e-Mail address : silverboy@silverboy.com