▲top

  更新履歴
what's new - silverboy's blog
  silverboy club presents


2018年09月23日 21:42      [posted by silverboy]

新しいゴーグル

フットボール・クレイジー」にJリーグ第27節、広島×FC東京のマッチ・レビューをアップ。

日曜日なので近くのスポーツ・クラブに出かけてプールで100m×10本を泳いだ。先週に続き今週もプールは空いていた。天気のいい連休の中日ということで、どこかに行楽に出かけている人が多いのかもしれない。コースは最大でも2人でのシェアだったので楽にマイ・ペースで泳げた。

今日は先週買った新しい水着での初泳ぎだったのでそれも気持ち良かった。水着は着用してしまえば別に新品でもあまり変わりはないが、新品のゴーグルがぴったりとフィットして、これまで水が入るのに悩まされてたのがすっきり解消して快適だった。

午後は街に出て、タワレコでCDを2枚購入。スピリチュアライズドとレモン・ツイッグズの2枚だが、どちらもSpotifyで聴いて買うことにしたもの。レモン・ツイッグズはファーストを買って、悪くはないけどキワモノかなと思っていたところ、セカンドもよかったので買うことにした。トッド・ラングレンがボーカルで参加しているらしく何となく納得した。

そのあと街を歩いていたら、ポケモンGOで今まで見たことのないポケモンに遭遇。ナットのような頭をしたナゾのモンスターで図鑑にも載っていない。「なんじゃこりゃ〜」と驚きつつゲットしてみると結局メタモンで拍子抜けしたけど、あれはいったい何だったんだ。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2018年09月20日 18:16      [posted by silverboy]

エントロピー増大の法則

ディスク・レビュー」の「最近の買い物」に7・8月の買い物、ジュリアナ・ハットフィールドの新譜レビューをアップ。

我々の宇宙には熱力学の第二法則というものがあり、俗にエントロピー増大の法則とも言われている。乱暴に言えば「閉じた物質系においては、エネルギーは利用可能なものから利用不可能なものに不可逆的に変化して行く」ということである。

会社においてもこれと似た現象が確認されている。つまりある事務用品は会社の中で必ず一方向に移動し、ある部署では常にその事務用品が枯渇する一方、別の部署ではその事務用品がたまってたまって仕方ない、という現象である。いわば事務用品の第二法則、または事務エントロピー増大の法則である。

この法則が最もよく妥当するするのはゼムクリップである。もちろん細かく見ればゼムクリップは社内で複雑に行ったり来たりしているが、全体として大きく見ればゼムクリップが常に減って行く部署と常に増えて行く部署とがあり、減って行く部署ではいくら買ってもすぐになくなってしまう一方、増える部署ではお菓子の缶などに大量にたまっていたりして「ご自由にお持ちください」状態になる。

近年、この法則があてはまる別の事務用品が発見された。クリアファイルである。これも減る部署ではすぐに足りなくなっていくら注文しても追いつかないのに対し、増える部署では引き出しなどに大量に中古品がストックされており、「新しいのを使わずこちらから先に使ってください」状態になっている。

ある部署が予算を使ってゼムクリップやらクリアファイルやらを買い続ける一方で、別の部署はたまる一方のそれらを持て余してあろうことか捨てたりしているのは、会社全体としては大きな損失である。部署を超えてこれらの事務用品を還流する仕組を作らなければならない。

僕の引き出しにも大量のクリアファイルが死蔵されていて、使いもしないのに増えると嬉しいのは何かクリアファイルが社内通貨になりつつある表れか。

ていうかゼムクリップの「ゼム」って何なんやろ…



Comments(0)ディスク・レビュー 



2018年09月18日 00:43      [posted by silverboy]

ガツンとみかん

佐野元春マニア」の「全曲バージョン解説」に『観覧車の夜』のレビューをアップ。

赤城乳業といえばガリガリ君だが、同社が出しているアイスには他にもガツンとみかんというのがあって僕の好物である。コンビニなどでは1本売りしているが、スーパーでやや小ぶりのもの5本入りの箱で売っているのがちょうどよく、これを冷凍庫に常備して風呂上がりなどに毎日1本ずつ食べるのが楽しみだ。

残念なことに、この5本入り箱を売っているスーパーは少なく、うちの近所では西友にしかない。ふだんはより近い別のスーパーで買い物をしているが、ガツンとみかんを買う時だけはやや足を伸ばして西友まで行くことになっている。手間がかかるが、風呂上りにあのみかんの果肉の入ったさわやかなアイスを食べるためなので苦にはならない。

ところが昨日、在庫を食べ尽くしたのでいつものように近所の西友に出かけたところ、あるべきところに見当たらない。1分くらいアイスの棚を端から端まで見分したがやはりない。今日、家人が出かけて見てきてくれたが、やはりないと。

たまたま欠品なのか、もしくは置かないことになったのか。ここ以外に近所でガツンとみかんを置いているスーパーはなく、西友が扱ってくれないと大変な惨事になる。もう一度見に行ってないようなら、置いてくれるように要望を出す一方で、少し範囲を広げて近くのスーパーを回り、どこかで売ってないか確かめなければならぬ。

トップ・プライオリティで対応したい。



Comments(0)佐野元春マニア 



2018年09月16日 21:51      [posted by silverboy]

忙しい日曜日

フットボール・クレイジー」にブンデスリーガ第3節、グラードバッハ×シャルケのマッチ・レビューをアップ。

日曜日だが、未明1時半キックオフのグラードバッハの試合の録画を見るために6時半起き。昨季はブンデスリーガはDAZNでの中継だったので、いつでも好きな時にオンデマンドで再生できたが、今季はスカパーなのできちんと放送を録画しておかなければならない。結果情報を遮断して時差観戦。勝ったので早起きが報われた。

昨日が朝から所用あって土曜日のルーティンができていないので、朝メシ食った後はフランス語講座と靴磨きを。今週は雨靴を2回履き、雨にも濡れたので念入りにデリケート・クリームで手入れ。きちんと道具を使って靴がピカピカになって行くのは楽しい。

その後はいつものごとく近くのスポーツ・クラブに出かけてプールで100m×10本を泳いだ。今日は先週とは打って変わってプールは空いており、最大でも3人、大方は2人でコースを分け合う状態でストレスなく泳げた。毎週こんな感じならいいのに。

午後は新宿へ買い物に。まずタワレコでCDを3枚買った。最近はSpotifyで済ませることも多く、買う枚数が減っているが、その中でもきちんと音源を持っておきたいものをSpotifyで試聴した上で購入。目についた新譜をメモっておいたのでまたSpotifyで聴いてみる。スピリチュアライズドの新譜は買うかも。レモン・トイッグズは悩む。

その後、小田急ハルクの水着売場で水着とゴーグルとキャップを買った。こないだ書いた通り、水着ももう2年以上使っていて生地が若干頼りなく感じられるようになってきたのだ。ゴーグルはよく曇るようになり左目の浸水も頻繁に。今まではarenaのセットを使っていたが、今回はspeedoで揃えてみた。

今日はよく働いた。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2018年09月15日 22:58      [posted by silverboy]

なぜ月曜日の通勤電車は混むのか

フットボール・クレイジー」にJリーグ第26節、仙台×FC東京のマッチ・レビューをアップ。

9月になって新学期が始まり、通勤電車がまた混み始めているのは諸兄もご承知のことと思うが、それとは別に、通勤電車は月曜日が一番混んでおり、金曜日に向けて少しずつ減って行くように思うのは僕だけだろうか。

職場の同僚を見ても、月曜日だけは全員会社に来ていて、その後、金曜日に向けて少しずつ人が減って行くというようなことはない訳だし、なかなか合理的な説明を思いつかない。

まずは「月曜日の通勤電車は混んでいる」という仮説の検証から始めなければならない。どこかでデータ拾ってきて本当に月曜日から金曜日に向けて通勤電車の混雑は逓減しているのかを調べてみたい。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2018年09月13日 00:01      [posted by silverboy]

ポール・ウェラー

ディスク・レビュー」の「ディスコグラフィ・レビュー」に、ポール・ウェラーのアルバム『Heavy Soul』のレビューをアップ。

ポール・ウェラーは僕が絶大な信頼を置いているアーティストの一人。初めて買った洋楽のアルバムはスタイル・カウンシル『カフェ・ブリュ』(とトム・ウェイツの『レイン・ドッグズ』)だったし、そこから遡ってザ・ジャムを聴き、不遇のソロ初期を経て、英国のミュージック・シーンに確固たる地位を確立した今日までずっと聴き続けている。

音楽がいいのはもちろんだが、この人のモッドとしてのスタイルみたいなものにも憧れて、彼の写真を見てロンズデールやらフレッド・ペリーやらのアイテムを探しに行ったこともあった。今では随分おじさんになったが、基本スリムでおしゃれ。僕が英系の細身のスーツを好んで着るのももちろんこの人の影響だ。

もうすぐ新しいアルバムが出るようだけど、それまでにはディスコグラフィ・レビューは完結しそうにない。まあ、気長に聴き返して足跡をたどりたい。



Comments(0)ディスク・レビュー 



2018年09月10日 00:46      [posted by silverboy]

浸水

ディスク・レビュー」の「最近の買い物」に7・8月の買い物、ジョニー・マーの新譜レビューをアップ。

日曜日なので近くのスポーツ・クラブに出かけ、プールで100m×10本を泳いだ。今日はどういう訳かプールがすごく混んでおり、一時はコースに僕を含め6人くらいが入るストレスフルな状況。普通に泳ぐとすぐに前に追いついてしまう。

だが、中に一人、遅いのにかたくなにコースを譲らない人がいて、しばらく見ているとその人を先頭に数珠つなぎの状態になるので、それを見極めてからその集団をギリギリまで引きつけてスタートし、何とか100m泳ぐことの繰り返しでエラい時間がかかった。

何かゴーグルが頻繁に浸水するようになってきたのでそろそろ新しいのに買い換えたい。見たところどこも劣化しているようには見えないんだけど、なんで左目ばっかり浸水するんだろう。この機会に水着も新調しようかな。今のアリーナの水着ももう2年くらい使ってるし。

スポーツ・クラブの帰りにロフトに寄って来年のほぼ日手帳を買った。もう7年くらいこの手帳を使っていて、最近ではカラーペンを使ってスケジュールやタスクを管理している。カバーは3年ごとに新調しており、来年は今のカバーをそのまま使う予定なので、今回は中身だけの調達。カラーペンを使った仕事の管理は改めて紹介したい。



Comments(0)ディスク・レビュー 



2018年09月08日 22:32      [posted by silverboy]

サラリーマンの美学

佐野元春マニア」の「全曲バージョン解説」に『地図のない旅』のレビューをアップ。

午前は歯医者に行った。左下の親知らずが歯茎に埋もれており、ここが炎症を起こしやすくなっていると言われた。というか以前から言われていて、いずれ抜去した方がいいとも勧められているのだが、特に日常生活に問題ないのと、かなり深く埋もれており大学病院とかで本格的に手術をしないといけないと言われてビビっているのもあってそのままになっているのである。

今日は技師のお姉さんに「そろそろ抜かないとかなあ」と訊いてみたら、「でもかなり深くて神経が近いので、神経の麻痺みたいな影響残るかもだから、もう少し様子見たいですね」と怖いことを言われてますますビビってしまった。右下の親知らずもかなり深く埋もれていて、これは25年くらい前に日本医科歯科大学で抜いてもらったのだった。考えるだけで憂鬱になる。しばらく考えないことにする。

午後は散髪に。以前にも書いたと思うが、サラリーマンたるもの最低でも月に一度は散髪に行って、周囲からは「あの人はいつ見ても同じ髪型している」と言われるべきもの。しかし何しろメンドくさいのでついつい先延ばしにし、我慢できなくなってついに散髪屋に行くというのを繰り返している。今回も、先週の段階でかなりうっとうしい状況になっていたが時間が合わずさらに1週間伸ばしたのである。

サラリーマンの美学的にはあり得ないことで、毎回、次こそ1ヶ月で散髪行くぞと心に決めるが守れた試しがない。散髪に行くたびに同じこと書いてる気がする。一目見て分かるほど短くなっているので、たぶん月曜日には「おっ、髪切りましたね」とかまた言われる。「それ、セクハラですよ」って言い返そう。いや、だれも僕の髪型なんか気にもしていないのか。それはそれでセクハラじゃないか?!



Comments(0)佐野元春マニア 



2018年09月07日 23:13      [posted by silverboy]

半身浴

ディスク・レビュー」の「ディスコグラフィ・レビュー」にポール・ウェラーのアルバム『スタンリー・ロード』のレビューをアップ。

少し前に「半身浴」というのが流行ったことがあったが、当時の僕は「半身」と聞くと「右半身」と「左半身」しか思い浮かばず、「半身て右と左のどっちだろう。ていうかいったいどんな風呂の入り方なんや?!」とすごく不思議に思っていた。

身体を横にして右半分または左半分だけ浴槽に入るというようなテクニカルな風呂の入り方がそう簡単にできるとも思えず、それが流行っているとか意味不明で、この「半身浴」という言葉は僕には長い間ナゾだった。絶対に鼻からお湯入るやん。

何かの時に「半身」とは「上半身」と「下半身」のことであり、どうも下半身だけ湯につかるということらしいと気づいてナゾは解けたが、それなら「下半身浴」とでも表現して欲しい。上下に分けるとしても、もしかしたら「上半身浴」だってあるかもしれず、「半身浴」という言葉だけで「下半身浴」を想像しろという方がムリ筋だろう。

考えてみれば上半身浴は右半身浴(または左半身浴)よりさらに難しい。



Comments(0)ディスク・レビュー 



2018年09月05日 23:01      [posted by silverboy]

神の視点

佐野元春マニア」の「全曲バージョン解説」に『希望』のレビューをアップ。

台風でクルマが転がったり屋根が飛んだりする動画がニュースで何度も放映されている。もはやほぼすべての日本国民がビデオカメラを携行している時代にあって、決定的な瞬間がきちんと映像として記録される可能性は飛躍的に高まってきた訳だ。

犯罪捜査においても、犯人はあちこちの防犯カメラ画像から突き止められるのが普通というかむしろ主流になっている。自動車だってドライブ・レコーダーで前方をずっと撮影しながら移動している訳で、防犯カメラのない場所での犯罪でももしかした通りすがりの自動車のドラレコに記録されているかもしれないのだ。

そのうち人間も(例えばトラブル防止のため)ドラレコ的に24時間自分の行動を(例えば眼鏡のツルにカメラを搭載するなどして)撮影することになるかもしれず、もしかしたら我々は知らない間に神の視点に近いものを少しずつ手にしているということなのではないかと思う。こうした映像を集約して整理して検索可能にしたらすごいものができる。



Comments(0)佐野元春マニア 



2018年09月04日 22:42      [posted by silverboy]

インド料理

ディスク・レビュー」の「最近の買い物」に7・8月の買い物、アーサー・バックのアルバム・レビューをアップ。

今日の昼ごはんはインドカレー屋で食べた。2種のカレーとサフランライス、大きなナン、ついでに簡単なサラダと食後のラッシーも付いていて900円。都心のランチ相場としてはこんなものかもしれない。カレーは何種類かから選べて、サグチキンとマトンにした。

インド料理はドイツにいる頃に初めて食べ、気に行って日本に帰ってからも何度か行っているのだが、スパイスが体質に合わないのか、本格的な店に行くと、途中で食べられなくなったり、あとでお腹を下したりすることがたまにある。カレーもティッカもパパルもビリヤニも好きなのに、きれいに食べきれなかったりするのは悲しい。

それでも最近はちゃんと腹におさまっているので、次はまた改めて本格的な店に挑戦したい。この夏は異常に暑い日があったので、思ってる以上に体力が削られてたのかもしれない。でもまあ、スパイスの効いたインド料理を食べると代謝が活発になってデトックスできているようにも思うので、それはそれでいいのか。

ああ、インド料理のことを書いてるとビリヤニが食べたくなってきた。六本木のサイーファ・ビリヤニ&ケバブに行きたい。インディアン・ミッションを組成しなければ。



Comments(0)ディスク・レビュー 



2018年09月03日 22:52      [posted by silverboy]

ハイ・ライズ

フットボール・クレイジー」にブンデスリーガ第2節、アウクスブルク×グラードバッハのマッチ・レビューをアップ。

J.G.バラードの「ハイ・ライズ」を読み返している。既に一度読んで「J.G.バラード 小説総覧」でレビューもしているのだが、文庫本が東京創元社から新装版で出た(創元SF文庫)ので思わず買ってしまい、通勤電車の中で読み始めたのだがやはり面白い。

1975年の作品だが、超高層マンション(今でいうタワーマンション)の住人が低層階、中層階、高層階に別れていつしか自然に憎み合い、ついには血で血を洗う抗争に発展するという小説。この時期のバラードは「クラッシュ」、「コンクリート・アイランド」、そしてこの「ハイ・ライズ」と冴えまくった作品を次々とものしており、中でも「ハイ・ライズ」は僕が一番好きなバラードの作品だ。

少し前には、もう手に入ることもないだろうと半ば諦めていた「22世紀のコロンブス」が「ハロー、アメリカ」と改題されてやはり東京創元社から文庫でリリースされ、これも改めて読んだが、図書館で借りて読んだ時の印象よりもずっとバラードらしく感じられ一気に読めた。今なら違ったレビューを書くだろう。

バラードは「太陽の帝国」と「女たちのやさしさ」がまだレビューできてないし、エッセーや自叙伝も残っているので、この機会にひとつずつ読んで行きたい。何ならまた最初から読み返してもいいな。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2018年09月03日 00:59      [posted by silverboy]

カオス状態

フットボール・クレイジー」にJリーグ第25節、FC東京×鳥栖のマッチ・レポートをアップ。

日曜日だったので例によって家の近くのスポーツ・クラブに出かけ、プールで100m×10本を泳いだ。今日はプールが混んでいて、一時はコースに5人が入るカオス状態だったが、何とか泳ぎきった。天気が悪かったので空いているかと思ったのだが関係なかったようだ。

何か書こうと思ってたこともあったような気はするけど、遅くなってしまったので取り急ぎ寝ます。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2018年08月31日 00:31      [posted by silverboy]

レポート

フットボール・クレイジー」にJリーグ第24節、湘南×FC東京のマッチ・レポートをアップ。

日曜日の試合だったが、何しろ平塚から都内まで戻るのに時間がかかり、当日はレポートを書けず力尽きた。週が明けても飲み会が続き、月、火で少しずつ書いて今日ようやく仕上げた。日曜日の夜の試合は厳しい。先週は水曜日にも試合があったので日曜日開催も仕方ない面はあるが、基本土曜日でお願いしたい。

Shonan BMWスタジアム平塚は駅から2km以上あり、シャトルバスに乗るのだが、この待機列誘導が今ひとつで最後尾が分からず、真っ暗な公園の中をムダにうろうろして時間を浪費。土曜日なら30分くらい駅まで歩くのもありかもしれないが、日曜日の夜だし、翌日の仕事のことを考えるとバスに乗るよね、普通。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2018年08月27日 00:35      [posted by silverboy]

人身事故

フットボール・クレイジー」にブンデスリーガ第1節、グラードバッハ×レバークーゼンのマッチ・レビューをアップ。

日曜日なので近くのスポーツ・クラブに行き、プールで100m×10本を泳いだ。一時はコースが5人でシェア状態になり、どうしようかと思ったが、ほどなく2人抜けて何とか大きなストレスなく泳ぎきった。行き帰りの暑さがヤバく、久しぶりに危険を感じる気温と湿度の高さだった。

夜、JRに乗っていたら、車内のディスプレイに列車遅延情報として「人身事故のため秋田新幹線が運転見合わせ」というお知らせが出ていたのだが、併せて表示される英語の説明が「Passenger injury」となっていた。

これを読めばどう考えても「乗客」がケガをしたと思うのだが、普通「人身事故」といえば電車が人をハネた的な事故を想像するし、実際、今日の秋田新幹線の事故でも起こったことは「26日午後6時35分ごろ、秋田県にあるJR田沢湖線羽後四ツ屋−大曲間を走行中の秋田新幹線こまち27号が高齢女性と衝突した」。「乗客」ではない。

ちょっとこの「Passenger injury」は表現として事実を表していないと思うのだがどうだろうか。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2018年08月23日 00:29      [posted by silverboy]

吐く

フットボール・クレイジー」に天皇杯4回戦、山形×FC東京のマッチ・レビューをアップ。

今日は健康診断だった。例によってバリウムを飲まされ、台の上でグルグル回転させられて、挙句の果てに下剤を飲まされた。ちゃんとバリウムを排出しないと腸閉塞になるとか脅されているので、追加の下剤も飲んだ。

毎年のことだがこれが本当にイヤで、何とかならないかと考えた結果、下剤を飲まなくてものどに指を突っ込んで吐いてしまえばいいんじゃないかと名案を思いついた。実際やってみたのは検査からしばらく経っていたせいか、しばらくやっても吐くことができなかった。

来年は終わった直後にトイレに駆けこんでゲーゲーやってみようと思う。絶対その方が楽だし話が早いはず。病院も下剤より嘔吐剤をくれたらいいのに。そんな薬はないのか。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2018年08月21日 00:50      [posted by silverboy]

ブンデスリーガ

フットボール・クレイジー」にDFBポカール1回戦、ヘシュテッド×グラードバッハのマッチ・レビューをアップ。

ブンデスリーガはリーグ戦の開幕に先立って、カップ戦の1回戦がこの週末に行われた。グラードバッハは5部のクラブと当たり、11-1で圧勝。勝って当たり前の試合とはいえ、格下との戦いは相手もモラル高く挑んでくるので難しい。時にジャイアント・キリングが起こるのもカップ戦の面白いところだが、まずは順当にコマを進めた。

この週末からはいよいよリーグ戦が始まる。こないだ書いた通りユニフォームも入手した。今季は日本での放送権がDAZNからスカパーに移ったが、スカパーでは全試合生中継してくれるようだ。DAZNとの対抗上だろう。何にしてもグラードバッハの試合がきちんとテレビで見られるのは有難い。

Jリーグとブンデスリーガで忙しい日々が始まる。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2018年08月19日 23:24      [posted by silverboy]

JEVER

フットボール・クレイジー」にJリーグ第23節、札幌×FC東京のマッチ・レビューをアップ。

日曜日なので近くのスポーツ・クラブに出かけてプールで100m×10本を泳いだ。コースを3人でシェア、それぞれ速さが違うのだが、互いに追いつきも追いつかれもしない快適な距離を求める結果、複雑な連立方程式を解くような状況になり、なかなかスタートのタイミングをつかめなかった。難しい。

あるスーパーでJEVERを売っているという情報を得て買いに行き、無事に入手した。JEVERは「イェーファー」と読み、ドイツのビールの銘柄である。ピルスナー(通称「ピルス」)という、日本のビールに近い普通の黄色く透き通ったビールだが、この銘柄は独特の苦みと香りがある。ドイツにいた頃にも好んで飲んでいた銘柄である。

330mlのビン入りで、家に帰って早速飲んでみたが変わらない味。そういえば先月にいった新橋駅前のドイツ・レストランにもJEVERあったな。ドイツもう数えきれないくらいのビールの銘柄があり、地方色も多彩だが、こういうドイツのスーパーで普通に売ってるピルスがもっと日本に入ってくればと思う。

公園とかでやっているビア・フェストみたいなので売っているドイツ・ビールは、ミュンヘン系のヴァイツェンとかラガーとかヘレスとかドゥンケルとかばっかりであんまり食指が動かない。デュッセルドルフのアルト・ビールに至っては日本では見かけたこともない。普通のピルスとアルトを飲ませて欲しい。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2018年08月19日 00:13      [posted by silverboy]

整体

ディスク・レビュー」の「ディスコグラフィ・レビュー」にポール・ウェラーのアルバム『Wild Wood』のレビューをアップ。

今日は整体に行って来た。施術する前に問診があり、「肩と首がこる」みたいな当たり前の説明に加えて、猫背気味で姿勢が悪い問題とか、まっすぐ立っているつもりなのに左右どちらかの肩が落ちている問題とか、集中している時に奥歯を食いしばってしまう問題とか、そういうのをすごく丁寧に聴いてくれた。

その場で「まっすぐ」立ってみるとやはり左が落ちているらしく、施術の中でも固くなっているところを的確に教えてくれて、それがふだんの生活実感や、例えばサブのモニタ・スクリーンを右手に置いて仕事していることとかときちんと符合しており説得力があった。

施術そのものは力任せという感じではなく、血行を促したりするのが中心だが、それでもこめかみとか咬筋とか結構痛かった。あとストレートネックだと言われた。整骨院行った方がいいって。もともと姿勢悪い上にデスクワーク多いしスマホも見てたりするからな。

やはり自分の話をきちんと聴いてくれて、それに対して的確に答えてもらえるとすごく納得感がある。姿勢を正そうとすると自分としてはすごくそっくり返ってる感があってむしろ肩がこりそうにも思える上、ムダに威張ってるような気もして申し訳ない感じになるんだけど、それくらいで姿勢としては普通らしい。かなり頑張らないとこの姿勢は維持できないけど、ちょっと気にかけてやってみようと思う。



Comments(0)ディスク・レビュー 



2018年08月16日 00:44      [posted by silverboy]

ユニフォーム

フットボール・クレイジー」にJリーグ第22節、FC東京×柏のマッチ・レポートをアップ。

グラードバッハの今季のユニが届いた。緑と黒のツートーンでなかなかカッコいいが、実はこれはセカンドで、ホーム用のファースト・ユニはほぼ真っ白、襟と袖に緑の縁取りがあるだけのほぼ体操服状態なので今季はセカンドを買ってみたのだ。

グラードバッハはだいたいファーストが白基調なのだが、昨季もファーストはパッとしないため、イベント・ユニと言われているサード・ユニを購入、実際試合でもファーストよりサードを多用していた。今季もホームでセカンド着用とか普通にありそうな気がしてる。

グラードバッハのユニは2000年以降、リーボックからロット、カッパと変遷し、今季からプーマに。結局ほぼ毎年取り寄せて買ってるわ。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



!!注意!! このブログは…
このブログはウェブ・サイト「Silverboy Club」の更新履歴になっています。外部リンクから直接このブログに飛んできた場合、サイトのメニュー・バーが現れず、サイト内の他のコンテンツにリンクできません。その場合、このリンクでメニュー・バーが表示されます。
 
月別アーカイブ
最近のコメント




Copyright Reserved
2005-2010 Silverboy & Co.
e-Mail address : silverboy@silverboy.com