▲top

  更新履歴
what's new - silverboy's blog
  silverboy club presents


2019年03月22日 00:54      [posted by silverboy]

イカ焼き

ディスク・レビュー」の「最近の買い物」に3月の買い物、杉真理の新譜レビューをアップ。

「平成」とかの元号の単位でモノを考えることがあまりないので、「平成が終わる」とか「平成最後の何とか」とか言われても「へえ〜」以上の感慨を持てずにいたのだが、考えてみれば僕が大学を卒業して就職したのは平成元年の春であり、会社では「元年入社」とくくられている訳で、要は僕のサラリーマン人生は平成とともにあったのである。

で、たまたま昨年、仕事の上でも生活の上でも少し区切りがあったりして、まだサラリーマンとして働いていることは変わらないけど、自分的には平成の終わりとともに人生がひとつ切り替わった感がある。そう考えると、30年というのは何か長いモノにひとつ区切りをつけるにはいいくらいの時間なのかもしれない。

僕自身は昭和の生まれなので、平成はまだ「新しい時代」という感覚があるのだが、それが終わろうとしていて、そのうち「平成の頃はね」みたいな話が出るようになる訳である。そうなると昭和生まれの僕などはもう「前の前の時代の人」になる訳で、そうだな、まあ、実際ジジイだしな、とひとりぶつぶつ言いながら、高島屋の地下で買ってきたイカ焼きを肴にビールを飲んだのであった。



Comments(0)ディスク・レビュー 



2019年03月19日 23:50      [posted by silverboy]

ナイアガラ・コンサート

ディスク・レビュー」の「ディスコグラフィ・レビュー」にポール・ウェラーのアルバム「Studio 150」のレビューをアップ。

大滝詠一が1983年に西武球場で行ったコンサートの模様を記録したライブCDがリリースされた。昨年の12月頃にリリースが発表され、その時に通販で予約したのをすっかり忘れていて、もう少しで重複して買うところだったが、買おうとして過去の注文履歴を確認したらちゃんと予約してあった。

僕が大滝を聴き始めた頃には、大滝はほぼライブをしないアーティストとして知られていた。このコンサートのことも、もしかしたら当時雑誌で読んだりはしていたかもしれないが、今となってはまったく認識がなかったものだ。よくこんな音源が残っていたものだと思うが、能地祐子の解説を読むとかなり特殊なライブだったことが推察される。

だいたいオープニングから5曲目まで本人が一切登場せず、ストリングスによるインストの演奏だったというのだからその時点ですごい。ラッツ&スター、サザン・オールスターズとのジョイントのフェスティバルだったらしいが、いったい観客はどんな顔でストリングス・インストを聴いていたのか想像するだけで震撼する。

スタジオでの歌入れでもスタッフを全員追い出して明かりをすべて消してからレコーディングするというくらい神経質な大滝が、西武球場でおそらくは万単位の観客を前に歌ったということ自体が今となっては信じ難いが、聴いてみればすごくしっかりしたボーカル。録音の音質もライブと思えないくらいきれいですごい音源だ。

それにしても新日フィルをステージに上げ、ストリングスのフル・バッキングをバンドに合わせるとか発想もすごいが実際にやるところもすごい。つきあいのつもりで買ったアルバムだが価値はあった。CD2枚+DVDの3枚組で6,000円+税なら、手に入るうちに押さえておくべき盤。



Comments(0)ディスク・レビュー 



2019年03月18日 23:14      [posted by silverboy]

Tシャツの話

フットボール・クレイジー」にブンデスリーガ第26節、グラードバッハ×フライブルクのマッチ・レビューをアップ。

週末にユニクロに行ったらベスパのTシャツがあってつい買ってしまった。もう家には売るくらいTシャツがあって、袖を通していない新品のままのものもたくさんあるが、デザイン的に「おっ」と思うものがあるとついつい買ってしまう。着るあてのないTシャツがたまって行く。

休日は冬でもまずTシャツを着て、その上にトレーナ・シャツなりパーカなりを着るのだが、そこで着るTシャツはよれよれのいつも同じヤツで、デザインが気に入って買った新しいTシャツはやはりTシャツメインで着る夏場に取っておきたいとか思っている間に着る機会もなくまた夏が終わることの繰り返し。

かくして毎年Tシャツがたまって行く一方だ。ドイツに住んでいた時にヨーロッパを旅行してあちこちで買ったハードロックカフェの店名入りTシャツは、この正月に新品のまま親戚に配布した。この夏には毎週新品を下ろす勢いで頑張りたい。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2019年03月17日 22:48      [posted by silverboy]

フルーツゼリー

フットボール・クレイジー」にJリーグ第4節、FC東京×名古屋のマッチ・レビューをアップ。

日曜日なので近くのスポーツ・クラブに出かけ、プールで100m×10本を泳いだ。僕を含めてコースに3人が入り、中の一人が遅いために追いついてしまうこともあったが、だいたいにおいて気持ちよく泳げた。

今年もホワイトデーが終わった。だいたい毎年、飯田橋のレオニダスでチョコレートを買って、バレンタインデーに何かをくれた人へのお礼にしているのだが、今年はレオニダスの通販で調達した。レオニダスはベルギーのチョコレート屋で、ベルギー王室御用達のチョコレートは8ブランドあるが、その一つらしい。

レオニダスではトリュフが安定の美味しさだが、貝の形をしたチョコレートもいい。そこまで高くないので、自分用に買ってちょっと張りこんだおやつにするのもいい。

しかし、レオニダスの狙い目は実はチョコレートではなく、フルーツゼリーである。果汁をゼラチンで固めて外側にザラ目を付けた見た目は普通のドライゼリーだが、食べてみると実に味が芳醇かつ濃厚で、きちんと果物の味がする。たまに買って食べるがこれは本当に美味しい。試してみて欲しい。

今回もホワイトデー用のチョコレートを注文するのに加えてフルーツゼリーを買って、自分用に食べている。コーヒーにも紅茶にも合う。

ベルギー・チョコといえば、最近日本では見かけなかったノイハウスがまた一部の百貨店に出店しているらしい。ここではギフト用のプラリネよりも普通の板チョコを買いたいが売ってるのかな。今度見に行ってこよう。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2019年03月16日 23:08      [posted by silverboy]

ベスパ

佐野元春マニア」の「ライブ・レビュー」に3月14日ビルボードライブ東京でのライブ・レビューをアップ。

ザ・コレクターズの映画「さらば青春の新宿JAM」を見た影響でM51を買ったところまでは既に書いた通りだが、最近べスパが欲しくなって困っている。

ベスパというのはイタリア製のスクーターなのだが、これもまたM51と同じようにモッズ御用達のアイテムであり、これにバックミラーとかヘッドライトとかデコって街を乗りまわすのである。

もはや中古しか存在しないと思っていたが、今も新車が販売されているということを知って無性に欲しくなった。国産のスクーターに比べれば2倍以上の値段だが、ウェブでバイク屋のサイトを巡っているとどんどん欲しくなってくる。スーツの上にM51を着てベスパで通勤するとかモッド・サラリーマンの鏡だ。

50ccのモデルもあるようだが、普通自動車の免許では乗れない125cc以上が大半。最低でも原付二種の免許を取らなければならないが、原付二種は簡単な教習を受けて数日で取れるということなので、今年の夏休みにチャレンジするということでどうか。

そうすると胸を張ってベスパを乗りまわすことができる。金策と置き場所の確保が課題だがまあ何とかなるだろう。バイク屋に見に行って来ようかな。



Comments(0)佐野元春マニア 



2019年03月13日 00:19      [posted by silverboy]

柚餅

ディスク・レビュー」の「最近の買い物」に1・2月の買い物、ザ・スペシャルズのマッチ・レビューをアップ。

関西に行くと土産に551蓬莱の豚まんと赤福を買って帰るのが最近の定番だったが、あまりにパターン化したので、こないだ新大阪駅の土産物売場で物色していたら鶴屋吉信の柚餅を見つけた。そうだ柚餅があったと思って買って帰り、久しぶりに食べてみたが美味しかった。餅も美味しいしまぶしてある和三盆もいい。上品なお味である。次からはこれも選択肢に入れよう。

鶴屋吉信は京都の店であり、大阪土産として買うのはいかがなものかという指摘もあろうが、もともと赤福も伊勢の名物なのを独断で大阪土産にしている訳であり、さらに言えば関西の実家に行くのに東京で坂角のゆかりを買って持って行ったりもするので、もはや原産地がどこかということはあまり関係がない。というか柚餅は東京でも売っているというようなことは考えたくない。

あと、551蓬莱の豚まんは結構強烈な芳香を放つので、特に東京駅から自宅までの間の持ち運びがつらいのだが、買ってすぐレジ袋で箱をぴったりくるむと芳香が相当緩和されることが分かった。関西に行く時にはレジ袋をひとつ忍ばせて行くことをお勧めしたい。



Comments(0)ディスク・レビュー 



2019年03月11日 23:24      [posted by silverboy]

思い出すこと

フットボール・クレイジー」にブンデスリーガ第25節、マインツ×グラードバッハのマッチ・レビューをアップ。

8年前の今日、僕は大手町の会社で仕事をしていた。18回だったので激しく揺れ、隣で建築中だったビルのクレーンが大きくブラブラしていたのが怖かった。揺れが収まった後、職場のテレビをつけてみんなで見ていた。自社の被害状況を確認する必要があったのだが、テレビが津波の実況中継みたいになっていて、言葉もなくそれを見ていた。大変なことになったと思った。

その日は大手町の会社から都区内の自宅まで歩いて帰った。会社で配られていた運動靴が役に立った。大手町から麹町あたりを通り新宿へ。さらにここから甲州街道を西へ歩き出したが、途中で京王線が動き出したので乗った。改札は解放され、誰でも無料で乗れた。何とか家に帰ったら、ガスが自動遮断されていて、ウェブで説明を見ながら復旧した。

ふだん忘れている震災のことを、毎年この日になるとニュースにつられて思い出す。そんなふうに震災を「回顧」することには批判もあるかもしれないが、あの日何があったのか、自分は何をしたのか思い出すだけでも意味があると思う。

翌日はテレビで原子力発電所のニュースを見ていた。地震もひどかったが、その後の津波、そして原子力発電所の事故、計画停電。佐野元春のライブは延期になった。日常というものが、こんなにもあっけなく崩れ去ってしまうものだと、それがとても脆く儚い基盤の上に乗ったものに過ぎないのだと、僕は何回目かに実感した。

まったく思い出さないより、年に1度でも思い出した方がいい。今日はそういう日だ。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2019年03月10日 23:33      [posted by silverboy]

PULL or PUSH

フットボール・クレイジー」にJリーグ第3節、FC東京×鳥栖のマッチ・レポートをアップ。

日曜日なので近くのスポーツ・クラブに行ってプールで100m×10本を泳いだ。コースは僕を含め3人でシェアしたが、他の二人が実にコンスタントなペースで休みなく泳ぎ続けてくれるので、僕はインターバル調整でストレスなく泳ぐことができた。2週間休んだけどそれほどブランクを感じることもなく快適だった。

扉に「押」「引」などと書かれていることがあって、「ああ、押せばイいんだな」「引くんだな」と思いながらドアを押したり引いたりしている訳だが、これが英語で「PUSH」「PULL」と書かれている場合、一瞬分からなくなってしまうことが多い。

「PUSH」の方が迷うこともなく「押す」のだが、特に「PULL」の方は「プルってええとプッシュじゃないから引く方か」と一段階思考のプロセスが増えてしまうのだ。「PUSH」は使用頻度の高い語彙に含まれており、直観的に「押す」という日本語や何なら「押す」という行為と結びついているのだが、「PULL」はそこまで身体化されていない知識としての語彙なので、それが概念内容と結びつくのに一瞬の落差がある。

もういい年なのだからいい加減「PULL」を見れば特に何も考えずにドアを引くことができるくらいにはなりたいのだが、いまだに「プッシュじゃない方」→「引く」というプロセスを経ないと結論にたどり着けないのが情けない。まあ、自動ドアが増えているので悩む機会は減っているかもだが。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2019年03月10日 01:04      [posted by silverboy]

ビリヤニ

伊藤銀次特集「POP STEADY #9」に、3月8・9日ビルボード・ライブ東京でのライブ・レビューをアップ。

昨日はこのライブを見るために六本木の東京ミッドタウンへ行ったのだが、開場までに時間があったので、近くのインド料理店で腹ごしらえをすることになった。

ところが、パパド(パリパリの豆せんべい)とサラダを食べ、ビールを飲んだところで冷や汗が出てきて悪寒がし、とてもじゃないけど食べられる状態じゃなくなってしまった。その後、フィッシュティッカとビリヤニが出てきたけど、手を付けることもできず、そのまま退出。連れにエラい迷惑をかけてしまった。

何とかライブまでに体調は回復したけど、以前にもインド料理で急に気分が悪くなったことがあり、何か特定のスパイスに弱いのかもしれない。連れは美味しそうに食べていたので食べ物自体は問題がない。前に気分が悪くなった時は真夏で胃が弱っていたし、昨日は風邪の病み上がりでまだ万全でなく、薬も飲んでたので、身体が弱っている時にインド料理に行くのは気をつけた方がよさそうだ。

連れが気を利かせてビリヤニを持ち帰りにしてくれたので、家に帰ってチンして食べたけど、問題なく胃に収まった。このビリヤニが食べたくて行った店だったので有難かった。さすがにビールはやめておいた。



Comments(0)Pop Steady #9 



2019年03月08日 00:47      [posted by silverboy]

アフラック

フットボール・クレイジー」にルヴァンカップ第1節、柏×FC東京のマッチ・レビューをアップ。

「アフラック」と言おうとすると、あのアヒルの口真似になってしまうのは何故だろう。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2019年03月06日 00:15      [posted by silverboy]

おっぱい

ディスク・レビュー」の「最近の買い物」に1・2月の買い物、ディアハンターの新譜レビューをアップ。

久しぶりに飛行に乗った。都合で羽田から関空へ飛んだんだけど、この航路はあんまり需要がないらしく、片側3席の小ぢんまりした機体だった。大阪へ行くなら普通は羽田から伊丹へ飛ぶのだろう。最初は雲を突き抜けて上昇したのでかなり揺れたが、その後は安定して飛んでいた。

下降する時には近くの席の乳児が激しく泣いてしまい、母親がすごく気を遣ってしまって気の毒だった。子供は肺の空気をまるごと絞り出す勢いの音量MAXで泣き叫んでおり、母親が何を言っても聞いている様子もない。もしかしたら気圧の変化で耳抜きができないのかとも思ったが、あれだけ泣き叫んだら大丈夫だろう。

それでも周囲が刺々しい雰囲気にならなかったのは、その子供が時折思い出したようにふと真顔に戻り「おっぱい」と言うのが可愛かったせいかもしれない。今まで泣き叫んでいたのが嘘のように一瞬「おっぱい」とつぶやくのである。母親も今ここでそれを言われても困るだろうと思うが、周囲はそれで思わず「ふふ」っと緩む感じで次はいつ言うかと聞き耳を立てている間に飛行機は着陸した。

新幹線に乗り慣れると、飛行機は席が狭くて厳しいが、まあ1時間程度なので耐えるしかない。チャンドラーの『大いなる眠り』を読んでいた。



Comments(0)ディスク・レビュー 



2019年03月03日 17:45      [posted by silverboy]

特に流暢ではないがまあ分かる英語

フットボール・クレイジー」にブンデスリーガ第24節、グラードバッハ×バイエルンのマッチ・レビューをアップ。

風邪気味なのでプールは休んだ。先週も休んだので今週は行きたかったのだが仕方ない。また来週行こう。

最近新幹線に乗ると、車内アナウンスで車掌が日本語の後に英語でも同じ内容を繰り返すのがいい。人によって発音がいろいろで、もちろんカタカナ棒読みぽい人もいるが、おそらくは相応の研修をしたのだろうと思われ、少なくとも聞いて分かる水準はクリアしていると思う。

確かに、人と対面しての会話はハードルが高いとしても、定型文を読み上げるだけならある程度の練習で何とかなるはずで、録音に頼らなくても自前で対応できるという考え方は頷ける。そういえば会社最寄りの地下鉄の駅でも「ただいまトイレが改修工事中です」みたいなアナウンスを自前の英語でもやっていた。

発音がきれいであるに越したことはないが、すべての人がFMのDJみたいな流暢な英語を話す必要はなく、まずは伝わることが肝心で発音は二の次、三の次でいいはず。英語が母語でない人の多くはそれぞれの母語なまりの英語を話しているのが当たり前で、日本人が日本語なまりの英語を話すのも何もおかしくはない。

こういう「特に流暢ではないがまあ分かる」くらいの英語が公の場でもガンガン出てくるようになるのはいいことだと思う。まあ、エラそうに言う僕の英語力はどうなんだということだけど。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2019年03月02日 23:06      [posted by silverboy]

風邪の薬

フットボール・クレイジー」にJリーグ第2節、湘南×FC東京のマッチ・レポートをアップ。

ここ数日風邪気味なので早く治したい。だいたい風邪は現代医学では自然治癒を待つ以外に根治の方法がなく、薬も個々の症状の緩和策でしかない。

僕が経験的に信じている風邪の治し方は以下の5つである。異変を感じたらこれらを極力早く徹底することだ。

1. 休養
2. 栄養
3. 水分
4. 睡眠
5. 保温

要はムリをせず暖かくして早く寝ることと、しっかりごはんを食べること、そして、僕的に一番重視しているのがとにかく水分を取ることである。水でもお茶でもいい。僕はコンビニで売ってるジャスミン茶が好きだが、お茶でも水でも何でもいい、ガブガブと大量に飲むことだ。

しつこいようだが風邪は薬では治らない。熱を出して仕事を1週間休むなら、ひき始めに1日休んでジャスミン茶飲んで布団かぶって汗かいて眠ったほうがいい。それができないから薬飲むんじゃんという人も多いと思うが、インフルとかならやむなく休むんだから風邪でも休めばいいのだ。

お茶飲んで寝よう。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2019年02月26日 00:57      [posted by silverboy]

お湯を大量に沸かす派

ディスク・レビュー」の「最近の買い物」に1・2月の買い物、ジェイムズ・ブレイクの新譜レビューをアップ。

僕はかつてはお湯を大量に沸かす派であった。

世の中にそんな派閥があるのか知らないが、要はコーヒーを飲んだりカップラーメンを食べたりしたくてお湯を沸かす必要があるときに、なぜかやかんいっぱいに湯を沸かさなければ気が済まず、いつも大量にお湯を沸かしていたのである。熱いお湯がいつでもふんだんにあるということが、何か豊かさの基準のように思っていたのか。

まあ、その割りに沸いたお湯の残りはポットに入れることもなく、そのままやかんで冷めて行ったのであるが。

それが大学生の頃、自炊していた時の話であるが、最近では僕もすっかりみみっちくなり、お湯は必要最小限しか沸かさない。コーヒーを飲むならマグ1杯分だけ。沸かしている間に蒸発して少なくなってしまうのでやや多目にはするものの、2杯分は沸かさない。

なぜ、何をきっかけに宗旨替えしたのか覚えていないが、たぶん、ドイツにいたころは水道水を直接飲めず、BRITAを通した水を沸かしていたから、水を無駄遣いしない習慣がついてしまったのかもしれない。

今となっては僕も必要量だけを沸かすのが当たり前だが、やかんいっぱいのお湯がシュンシュンと沸いていて、お茶でもコーヒーでもラーメンでも何でもできる心の余裕というか幸福感みたいなものは確かにあった。ついつい多目にお湯を沸かしてしまう人って他にもいそうな気がするんだけど。



Comments(0)ディスク・レビュー 



2019年02月24日 23:04      [posted by silverboy]

センター試験

フットボール・クレイジー」にブンデスリーガ第23節、グラードバッハ×ヴォルフスブルクのマッチ・レビューをアップ。

今日は日曜日だったが別用があったので朝から出かけ、昼からビールを飲んで夕方家に帰り、そのまま昼寝した。のでプールには行っていない。来週は行けると思う。

報告が遅くなったが、毎年センター試験があるとドイツ語の問題を解いてみることにしている。実力を定点観測的に測るにはちょうどいい難易度なのだ。昨年は200点満点の186点、間違いは4問だった。2016年は174点だったという記録が残っている。

今年も挑戦してみたが、いくつか迷いながら解いた問題もあったものの、採点してみると満点。初めての快挙だ。センター試験の前身である共通一次試験を受けた高校3年のときも、英語で満点は取れなかったはず。あれから三十数年を経てドイツ語で200点が取れるとは。

まあ、このドイツ語能力は日常生活でも仕事でもほぼ何の役にも立っておらず、せいぜい今日も書いたブンデスリーガの試合のレビューの参考にするためにドイツ語のサイトを読むくらい。しかし、外国語がある程度分かるというのは「世界の広がり」みたいなものを知るために必要なことかもしれないと思う。

今、ラジオ講座で聴いているフランス語も何かの役に立つあてはないけど、書かれたフランス語の文章を(意味は分からなくても)それっぽく読み下すだけで何か楽しい。昨年はフランス語検定の5級に合格したので、今年は4級を狙うかどうかちょっと考えている。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2019年02月24日 01:46      [posted by silverboy]

自転車に乗って

フットボール・クレイジー」にJリーグ第1節、川崎×FC東京のマッチ・レポートをアップ。

久しぶりに自転車に乗って、大きな川に架かる橋を渡ったら、視界がすごく大きく開けて天気もよくて気持ちよかったけど、さすがに今日は風が強く冷たくて涙が出て、泣きながら自転車で橋を渡った。マジ寒かった。

夏ごろにまたこの橋を自転車で渡ったら気持ちいいかもと思った。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2019年02月21日 00:49      [posted by silverboy]

間に合った

フットボール・クレイジー」に「FC東京2019年新戦力プレビュー」の第3回『FW編』をアップ。

何とか開幕に間に合わせようと頑張った。もう遅いので寝ます。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2019年02月19日 00:14      [posted by silverboy]

PASMOの利用履歴

フットボール・クレイジー」に「FC東京2019年新戦力プレビュー」の第2回『MF編』をアップ。

昨日はスマートEXの素晴らしさについて書いたが、今日はPASMOの使用履歴確認のダメさについて書きたい。

僕はふだんオートチャージのPASMOを愛用しており、電車に乗る時にはこれ一択だが、この利用履歴を確認しようとすると、駅の券売機にカードを挿入して印字を取るしかない。PASMOの利用情報はサーバに保存されているはずで、ネットから予約した新幹線の予約が手許のPASMOに連係されるくらいなのだから、逆に利用履歴をネット経由で確認するくらい簡単にできそうなものだが、そのサービスは提供されていない。

実は、かつてはネットでPASMOの利用履歴が提供されていた時期があった。PASMOのホームページにアクセスし、使っているPASMOの番号を登録すると、マイページから利用履歴がザバッと確認できたのである。携帯電話の利用履歴、クレジットカードの明細、銀行口座の出入りなどがネットで確認できるのと同様、PASMOの利用履歴も普通にネットで見ることができていたのだ。

しかしある時、情報漏洩か何かをきっかけにサービスが停止されてしまい、それ以来PASMOの利用履歴は駅の券売機にカードを突っこんで印字を取るしかなくなってしまった。何たる退歩、何たる時代への逆行。パソコンでサクッと履歴が確認できると経費精算とかすごく便利だったのに、駅まで来いとは何たる傲慢。PASMOの利用履歴を再びネット上で閲覧できるようにシステムを回収して欲しい。ほんま腹立たしい。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2019年02月18日 01:28      [posted by silverboy]

スマートEX

フットボール・クレイジー」に「FC東京2019年新戦力プレビュー」の第1回『GK・DF編』をアップ。

日曜日だったので近くのスポーツ・クラブに出かけ、プールで100m×10本を泳いだ。空いていてコースはほぼ2人でシェアの状態だったので、インターバルを調整してストレスなく泳げた。通い始めて1ヵ月以上になり、水着の脱水機や体重計や冷水機の場所も分かって慣れてきた。

最近何回か新幹線に乗る機会があって、これまではJR東日本のえきねっとでチケットを取っていたんだけど、勧められてJR東海のスマートEXにしたらこれが実によかった。

最初にネットで会員登録をするのだが、この時に手持ちの交通系ICカード(SuicaとかPASMO)を登録しておくと、ネットで予約したデータがそのままICカードに紐付いてくれて、後はICカードで改札を通るだけ。みどりの窓口とも自販機とも無縁である。

さらにいいのは予約の変更がネットで簡単にできること。改札を通る前ならスマホからサクッと変更ができるので、乗り遅れそうな時も、早く駅に着いて予約を前倒ししたい時もすぐに対応できる。

値段ではチケット屋の回数券には勝てないが、使い勝手という点ではほぼ完成型に近いのではないかと思う。これからは新幹線はスマートEXで乗る。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2019年02月13日 00:23      [posted by silverboy]

M51

ディスク・レビュー」の「最近の買い物」に週末の買い物のデータをアップ。それにしても21世紀にスペシャルズの新譜が出るとは思わなかったな。

ネット通販でM51を買ってしまった。M51というのは米軍制定の防寒コート。オリーブ色で裾は二股に分かれておりフィッシュテイル・コートとも呼ばれる。「踊る大捜査線」で織田裕二が着ていたヤツと言えば分かるか。僕は見てないけど。

これが欲しくなったのは、このM51が60年代のモッズの必須アイテムとしてスーツの上に着る定番だからであり、ネットで検索したら案外簡単にたくさんヒットして、それなりの値段で買えることが分かったからである。もちろん50年代の本物の米軍放出品ではなくレプリカであるが、街着にするにはこれで十分。

まだしばらく寒い日が続きそうなので、届いたらスーツの上に着て通勤しようと思う。スーツはもともとサイドベンツの細身だし(ただし二つ釦)、髪も短髪。モッズの季節がやってきた。



Comments(0)ディスク・レビュー 



!!注意!! このブログは…
このブログはウェブ・サイト「Silverboy Club」の更新履歴になっています。外部リンクから直接このブログに飛んできた場合、サイトのメニュー・バーが現れず、サイト内の他のコンテンツにリンクできません。その場合、このリンクでメニュー・バーが表示されます。
 
月別アーカイブ
最近のコメント




Copyright Reserved
2005-2010 Silverboy & Co.
e-Mail address : silverboy@silverboy.com