▲top

  更新履歴
what's new - silverboy's blog
  silverboy club presents


2018年06月17日 21:39      [posted by silverboy]

フランス語検定

ディスク・レビュー」の「最近の買い物」に5月の買い物、アッシュの新譜レビューをアップ。

今日はフランス語検定を受けに行った。英語なら中学1年生レベルと思われる5級だが、まあ、NHKラジオ講座と書店で買った本だけで独学しているので、そのレベル確認という意味で一度客観的に測定しておきたかったのだ。

この試験のために過去問を買い、出題傾向というか出題形式を確かめて対策をしてきた。動詞の活用語尾とか所有形容詞の変化とか、これまでラジオ放送を聴き流してきた部分を、ノートを作って整理。耳からの音が知らない間に蓄積されてて、整理すると結構すんなり頭に入った。

5級の試験は筆記が30分、聞き取りが15分。全部で50問あって合格点は6割程度。会場の青山学院大学に出かけたが、教室には大学生くらいの年代を中心とした若い女性がほとんどで、男性は僕ともうひとりのおっさんのふたりだったと思う。フランス語は女性に人気なのか?!

解説本で過去問を解いていたので落ち着いて問題を解くことができた。試験後に正答が配布され、答え合わせしたが、6割は問題なく取れていると思う。合格したら秋には4級かな。そんなにうまく行くだろうか…。最終的には3級くらいまでは行きたいけど、まあ、趣味の語学なので焦ることはない。

という訳で、今日はこのフランス語検定があったのでプールはサボってしまった。2週連続で休んだので来週は絶対行く。



Comments(0)ディスク・レビュー 



2018年06月13日 22:32      [posted by silverboy]

赤福

ディスク・レビュー」の「最近の買い物」に5月の買い物、MGMTの新譜レビューをアップ。

この週末は関西の実家に帰っていたのでサイトの更新もできず、プールも行けなかった。土曜日の午後に新幹線に乗って行ったのだが、この日は新幹線の中で人が殺された事件があり、僕が乗った時間とは全然ズレていたもののニュースを見て思わず「マジか?!」てなった。

新幹線に乗るときはほぼ反射的にホームの売店でビールを買うのだが、今回は東京駅のホームで買ったビールを、のぞみが東京駅を発車する前に飲みきってしまいちょっと反省した。乗りこんでから発車まで10分程度だと思うが、その間にビールを飲み干してしまうとか行儀悪いにもほどがある。

大阪に行くとだいたい帰りに新大阪で551蓬莱の豚まんを買って帰るのだが、今回は売店が長蛇の列だったので諦めた。蓬莱の豚まんって、もちろん美味しいけどそこまで行列して買うようなものでもなく、ふだんの食べ物だったのではなかったかと思うのだが…。

そんな訳でもうひとつ大阪の定番土産である赤福を買って帰った。



Comments(0)ディスク・レビュー 



2018年06月08日 00:06      [posted by silverboy]

立ちっぱなし

フットボール・クレイジー」に天皇杯2回戦、FC東京×流経大ドラゴンズのマッチ・レビューをアップ。

今日は立食パーティがあった。以前は少々立ちっぱなしでも問題なかったが、だんだんキツくなりつつある。

かつてはレコード屋のアルバイトで1日中立ち仕事の店番とかもやっていたので、数時間の立ちっぱなしくらいは問題ないと思っていたのだが、10年ほど前に社葬の会場係員をやったときにチョロいと思っていた立ち仕事がかなりキツく、その時に「もうあのバイトのころから20年も経ったんだもんな、そりゃ衰えるよな」と思ったものだった。

社葬の会場係員はしょっちゅうあるものではないが、困るのはライブハウスでのライブである。それも、ライブが始まってしまえばアドレナリンが分泌されているので大丈夫だが、始まるまでの待ち時間が既に厳しい。もう頼むからホールでやってくれと思う。

それと今日のような立食パーティ。1時間を超えるとキツい。意味もなく足踏みしてしまう。何なら屈伸運動とかしたくなるが、さすがにパーティ会場でスーツを着たまま屈伸運動したりアキレス腱伸ばしたりしていたらおかしい。しないけど。

いずれにしても20代の頃の自分と比べてはいけないということなんだな。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2018年06月04日 23:15      [posted by silverboy]

デュアル・スクリーン

佐野元春マニア」の「全アルバム解説」に新譜『自由の岸辺』のレビューをアップ。

これは昨日アップしようと書き始めたが完成に至らず、今日書きかけの残りを仕上げた。もうちょっと手を入れたい感じもするけど取り敢えずアップしておく。

昨日は日曜日だったので近くのスポーツ・クラブのプールで100m×10本を泳いだ。おばさんと二人でコースをシェアしたが、スピードがほぼ同じだったのでインターバルを調整したらストレスなく泳げた。

物置を整理していたら、以前デスクトップPCを使っていた時のディスプレイが出てきた。端子がVGA(15ピン)なので今のノートPCにはつなげないが、変換アダプタをかませばデュアル・スクリーンができるのではないかと思ってビックカメラでアダプタを探した。

PC側ではディスプレイポートらしい端子とHDMI端子が余っていたが、ディスプレイポートの方は本当に端子が合うか自信がなかったので、HDMIと15ピンをつなぐアダプタを買ってきた。3,000円もしなかった。帰ってディスプレイを買ってきたアダプタでPCにつなぎ、電源を投入すると簡単にディスプレイの拡張ができた。

PC本体のディスプレイをメインにして、今回拡張した外付けの方にはふだんはiTunesとかSpotifyを映している。ウェブの情報を見ながらディスク・レビューやフットボールのマッチ・レポートを書くときに便利だ。物置で眠っていたディスプレイが役に立ったのはお得感ある。

画面は広くなったが机の上は狭くなった。



Comments(0)佐野元春マニア 



2018年06月03日 00:42      [posted by silverboy]

ラッキーな一日

フットボール・クレイジー」に『FC東京シーズン前半レビュー」の第2回をアップ。

今日は以前からやらねばと思ってたことが比較的簡単にできてしまってラッキーな一日だった。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2018年05月30日 23:55      [posted by silverboy]

マンハイムの思い出

フットボール・クレイジー」に『FC東京シーズン前半レビュー』をアップ。

前回ヴァルドホフ・マンハイムのことを書いたが、なんで僕が4部のクラブを応援しているかといえば、僕が1992年に初めてドイツに行った時に半年住んで語学学校に通ったドイツでのスタートの街がマンハイムだったからだ。

当時はフットボールにはそこまで興味もなかったが、1995年に再びドイツに赴任してからは、地元のメンヘングラードバッハを応援する一方で、ヴァルドホフの試合も何度か見に行った。

住んでいたデュッセルドルフからマンハイムまでは300km弱、クルマでアウトバーンの3号線を飛ばすとほぼ3時間で着く。時速130kmで3時間飛ばすのは結構疲れるが、それでも何回かはマンハイムまで試合を見に行った。

マンハイムがデュッセルドルフに近い街までアウェイ・ゲームに来るときにも見に行った。

前回書いたコールリーダーが警察に連行されたのはアーヘンでの出来ごと。アウェイ側のスタンドに入ると、ほぼスキンヘッドの一団が固まって大声でチャント(応援歌)を歌っているところの正面に機動隊っぽい警官がずらりと並び、ビデオカメラで応援の様子を撮影している。

ハーフタイムになり機動隊長らしい人が指示を出すと警官がコールリーダーを囲み、両脇を抱えてそのままスタンドの外に連行して行った。最初から空気が張り詰めてて一触即発という感じでかなり怖かった。どう見ても東洋人の僕が間抜けヅラでそれを見守っていたのはフーリガンや警官にはどう見えていたんだろうな。

マンハイムのスタジアムはカール・ベンツ・シュタディオンといい、新しくはないがフットボール専用の見やすいスタジアム。雰囲気は好きだったが、僕が現地観戦するとヴァルドホフは必ず負けた。負けてまた300kmをひた走ってデュッセルドルフに帰るのはしんどかったな。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2018年05月28日 23:56      [posted by silverboy]

フーリガン

佐野元春マニア」の「全曲バージョン解説」で新譜『自由の岸辺』収録曲の記載をアップデート。

昨日は午前中に近くのスポーツ・クラブのプールに行って100m×10本を泳いだ。遅い女性がターンの時にコースを譲ってくれないので何度か追いついたが、まあ、インターバル調整で何とかなった。今年はちょっと所用とか体調不良とかでプールに行けてない日が多くて出遅れてる。しっかりキャッチアップしたい。

ネット動画中継で、ドイツの4部にあたるレギオナルリーガの上位クラブが3部昇格を懸けて戦うプレーオフを見ていた。僕が応援しているヴァルドホフ・マンハイムは1stレグをアウェイで0-1と惜敗しており、このホームでの2ndレグは何としても勝たなければならない。1点取られると3点取らなければならない。ギリギリの戦いだ。

しかしヴァルドホフは前半に先制され、いったんは追いついたものの突き放されて前半で1-2。昇格のためにはあと3点必要な状態になってしまった。後半に入ってポストをヒットするシュートがあったりと意地は見せるものの得点できないまま終盤に入った82分、この試合展開にキレたヴァルドホフのゴール裏から発煙筒が投げ込まれ、爆竹が鳴らされて試合が中断してしまった。

その後も断続的に爆竹の音がスタジアムにとどろき、真っ黒な煙がもうもうと立ち込めて試合が再開できないまま所定の90分を大きく過ぎてしまう。結局20分ほどの中断の後、審判がピッチに戻り試合を形式上再開してすぐに終了を宣言、結局ヴァルドホフは逆転昇格を懸けた残り8分の貴重な試合時間を棒に振ってしまった、自分たちのゴール裏の連中のせいで。

ヴァルドホフのファンは以前から素行が悪く、1999年にはオフェンバッハで警官隊と衝突、市街戦さながらの騒乱を繰り広げた前科もある。2000年ごろにはよくヴァルドホフの試合を見にスタジアムに足を運んだが、アウェイではヤバいヤツらのすぐ近くで観戦することになり、コールリーダーが警官に連行されるのを間近で見送ったこともある。

久しぶりに見たヴァルドホフの試合がこんな感じで本当に残念というか何というか、昇格できなかったのもショックだし、まあ、アホは何年経ってもアホなんやなということがよく分かった。



Comments(0)佐野元春マニア 



2018年05月26日 23:03      [posted by silverboy]

ハミガキコ

ディスク・レビュー」の「最近の買い物」に5月の買い物のデータをアップ。

歯を磨くときにつかうチューブに入ったペースト状のアレのことをみんな何て呼んでいるんだろうと思ってアンケートを取ってみた。有効回答数は39人で結果は以下の通り。

ハミガキ 10%
ハミガキコ 90%
ネリハミガキ、その他 0%

という訳でハミガキコの圧勝だ。一部にネリハミガキ派がいるかもしれないと思ったがいなかった。確かに僕自身もハミガキコと言ってる気がする。

だが、考えてもみて欲しい(僕も)。アレ、どう見ても粉じゃねっし。

いや、かつては粉だったので歯磨き粉とよばれていたのが、ペースト状の歯みがき剤が主流になった後も残ってるということくらい知っているが、少なくとも僕は粉の歯磨き粉(まどろっこしい)は見たことがなく、物ごころついたときから粉じゃない歯磨き粉(意味が分からない)を使っていた。

まあ、靴しか入ってないのに下駄箱とかいうのもあるのでそういうものだと思えばいいのだが、ほとんどの人が粉の歯磨き粉を知らない現代でも、アレが歯磨き粉と呼ばれているのはなかなか微笑ましい。

ちなみに日本歯科医師会のサイトを見てみたが、歯科医師会的にはアレは「歯みがき剤」ということになっているようだ。



Comments(0)ディスク・レビュー 



2018年05月24日 23:19      [posted by silverboy]

新譜リリース時の作業

佐野元春マニア」の各ページに新譜『自由の岸辺』の関連情報をアップ。

新しいアルバムが出ると、まず「全アルバム解説」のページにアルバムのレビューを追加する。取り敢えずデータ的なことだけを書いてひとまずアップ、中身の批評はひと通り聴いてから追記するのが最近のパターン。

それから「全曲バージョン解説」に曲ごとの情報をアップする。まったくの新譜だとダダダッとまとめて新曲情報を掲載すればいいが、今回はセルフ・カバー・アルバムであり、既発表曲に新しいバージョンが加わった形になるので、それぞれの曲の欄に情報にバージョン情報を追記。

さらに、今回は初回限定盤にビデオ・クリップを収めたDVDが付属しているので「全ビデオ解説」も更新しなければならぬ。これもデータだけでいったんアップ、中身のレビューは後日追記にする。

これらに対応するインデックスなどもいちいち更新していると、結局全部で15個以上のテキスト・ファイルを編集し、アップロードすることになった。

まあ、こういう作業が楽しいんだけど。



Comments(0)佐野元春マニア 



2018年05月20日 22:32      [posted by silverboy]

ありあけのハーバー

フットボール・クレイジー」にJリーグ第15節、鳥栖×FC東京のマッチ・レビューをアップ。

今日は日曜日だったので近所のスポーツ・クラブに出かけ、プールで100m×10本を泳いだ。先週は所用でサボってしまったので2週間ぶり。コースは最大でも2人でシェアだったのでインターバル調整で問題なく泳げた。最近なかなか毎週続けて行けてないのでちょっと真面目に通わなければ。

毎年母の日には郷里の母親にありあけのハーバーを送ることにしている。今年も送った。随分前に母から「横浜へ旅行に行った時に買って帰ったお菓子が美味しかった」という話が出て、その味や形状などからそれがありあけのハーバーであることを突き止め、それから送るようになった。

横浜に勤務していたときにはデパ地下に普通にありあけの店がありいつでも買えたのだが、東京には取扱店舗も少なく、ましてや郷里ではなかなかお目にかかれないそうで、通販で送り先を実家に指定している。ついでに自宅にも送って食べている。美味しい。

一度、ブルーベリー味の入った詰め合わせを送ったら余計なことをするなとクレームがあり、ベーシックでプレーンなヤツ一択ということらしい。確かにあのプレーンが一番おいしい。ブルーベリー味は最近見かけなくなり、チョコバナナ味というのが出ているが、当然実家には送っていない。

ちなみに父の日には岩下の新生姜詰め合わせを送っている。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2018年05月19日 23:12      [posted by silverboy]

素晴らしきSpotify

ディスク・レビュー」の「最近の買い物」に3・4月の買い物、フランツ・ファーディナンドとトレイシー・ソーンの新譜レビューをアップ。

「買い物」とは銘打っているものの、この2枚のアルバムはCDでは買っておらず、定額配信サービスSpotifyで聴いているもの。そのため、レギュラーの新譜レビューは600字で書いているのを、200字のショート・レビューにしてみた。この「買わなかった物」レビューはしばらく試験的にやってみたい。

このあとこの枠でレビューしようと思ってるのは、ブリーダーズ、MGMT、ヴァクシーンズ、エディターズ、アークティク・モンキーズ、アッシュなど。ただ、この中から何枚かはCDを買うかもしれず、そうなると600字のレギュラー・レビューになる。MGMTとアッシュは買うかもな。

Spotifyがなければ、ヴァクシーンズとエディターズ除いてたぶんCD買ってたと思う。月1,000円で、買おうかどうしようか迷うアルバムが聴き放題で、結果として購入するCDの枚数がグッと抑えられてるのは素晴らしい。それどころか、CD買ってまでは聴かないが気になるアルバムとか話題のアルバムをむしろ積極的に聴くようになった。

あとはいつか来る、Spotifyを解約したら手許には何も残らなかったという状況をどう折り合いつけるかだ。



Comments(0)ディスク・レビュー 



2018年05月17日 23:00      [posted by silverboy]

のどが渇く

フットボール・クレイジー」にブンデスリーガ第34節、HSV×グラードバッハのマッチ・レビューをアップ。

今日は何かめっちゃ蒸し暑かった。そして今、晩ごはんも食べてくつろぐ束の間の休息だが、何かのどが渇く。さっきちょっと炭酸水飲んだけど足りない。この家にはあとビールしかない。困った。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2018年05月17日 00:40      [posted by silverboy]

おやすみ

フットボール・クレイジー」にルヴァンカップ第6節、FC東京×仙台のマッチ・レポートをアップ。

もう遅いので寝ます。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2018年05月14日 00:37      [posted by silverboy]

味スタ欠席

フットボール・クレイジー」にJリーグ第14節、FC東京×札幌のマッチ・レビューをアップ。

今日は所用でほぼ一日外出していたので、今季初めて味スタでのホームゲームを欠席、帰ってから自宅でDAZN観戦にした。昨季は確かホーム全試合現地観戦したんじゃなかったっけ。今日も白熱した試合で、現地観戦はしたかったが、天気が悪く、帰りは大雨になっていたようなので、まあ、欠席でもよかったかも。

当然プールも休み。今年はプールをよく休んでいるのでまた気合入れて通わないと。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2018年05月11日 00:17      [posted by silverboy]

寝ます

フットボール・クレイジー」にルヴァンカップ第5節、新潟×FC東京のマッチ・レビューをアップ。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2018年05月09日 00:27      [posted by silverboy]

足りない

佐野元春マニア」の「全曲バージョン解説」に『ブッダ』のレビューをアップ。

Spotifyの佐野元春の音源が中途半端に欠けていて、思ったようなプレイリストが組めない。この微妙に欠けてる感はいったい何なのか。



Comments(0)佐野元春マニア 



2018年05月08日 00:30      [posted by silverboy]

最近の買い物

ディスク・レビュー」の「最近の買い物」に3・4月の買い物、デヴィッド・バーンの新譜レビューをアップ。

最近新譜のCDを買っていないので、これで新譜レビューはネタがなくなった。一方で、Spotifyでは、フランツ・ファーディナンド、MGMT、トレイシー・ソーン、ブリーダーズ、ヴァクシーンズなどの新譜を聴いていて、CD買うほどでもないが悪くはない程度の新譜をどう扱うか、ちょっと考えることにする。少なくとも「最近の買い物」ではないし。

で、そうやってSpotifyで聴いている音源の中で、ライドの「Tomorrow's Shore EP」という4曲入りのEPがすごくいい。去年出たフル・アルバムはまあそれなりだったが、どうしてEPで急に確変すんのか意味が分からない。これはCDで買ってもいいと思ったがアナログしか出てないみたいだ。iTunes Shopで買うか。





Comments(0)ディスク・レビュー 



2018年05月06日 22:12      [posted by silverboy]

ザワークラウト

フットボール・クレイジー」にブンデスリーガ第33節、グラードバッハ×フライブルクのマッチ・レビューをアップ。

連休の最終日、日曜日なので例によって家の近くのスポーツ・クラブに出かけてプールで100m×10本を泳いだ。コースは最終的に3人でシェアしたがだいたいストレスなく泳げた。先週は体調を崩してサボってしまったので2週間ぶりのプールだったが、そこまでしんどくなかった。やっぱり泳ぐと身体のアンバランスが矯正された気がしてすっきりする。

スーパーで買ってきたザワークラウトのビン詰めのフタが開かなくて難儀した。ウチの家には男手が3人あるが、順番に試みてもびくともしない。陰圧になっているのではないかと温めたり叩いたりしてもムリ。最終的には僕が力ずくで開けたがビン詰めのフタってどうしてここまできつく閉めてあるのか。何か開けられたらマズいことでもあるのか。

ビン詰めのフタ問題については改めて論じたいが、今日書いておきたいのはザワークラウトのことである。ザワークラウトというのはドイツ料理でソーセージを頼むとよくついてくる酸っぱいキャベツのことであるが、あれをキャベツの酢漬けだと思っている人が少なくないようなのでこの機会にその認識を正しておく。

あれはキャベツの塩漬けである。塩漬けにした結果、乳酸発酵して酸っぱくなっているもので、基本的に塩だけで作るものだ。以前に一回自作を試みたが腐らせて失敗した。本来は簡単なもののはずなのでまた挑戦したい。新鮮な野菜が手に入らない長く厳しい冬のために、キャベツを塩漬けにして保存したドイツ人の国民食である。

ところでピクルスのビン詰めのフタが開かないのだが…。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2018年05月04日 23:35      [posted by silverboy]

ビール好き

佐野元春マニア」の「全曲バージョン解説」に『ディズニー・ピープル』のレビューをアップ。

お台場のオクトーバー・フェストを覗きに行ったけどすんごい人だったので諦めて帰ってきた。座るところがないのみならず、ブースでビール買うのも長蛇の列だったので、別にビール飲むのにそんな修練は要らないと思って早々に退散した。家で一番搾りを飲んだけど普通に美味しかった。気軽に飲めなければビールじゃない。

今でこそ職場などでもビール好きとして処遇されるようになったが、実際にはビールが好きというよりアルコールの味の強い「酒」が苦手で、特に日本酒とか焼酎とかウィスキーとか基本的に好きじゃないので、ビールくらいしか飲めないというのがより実情に近い。

会社に入った頃は、そうは言っても「オレの注ぐ酒が飲めないのか」的に安い日本酒の燗を飲まされて辟易したりもしたが、さすがに最近ではそういう高圧的な酒席もなくなり、「オレはドイツ人なんでビールしか飲まないんスよ〜、あはは〜」程度のユルい説明でビールばっかり飲んでても問題なくなった。

駆け出し社員の頃に飲み会で飲まされた安い日本酒の燗(それもやや冷めかけたヤツ)とか、課長に連れて行かれたナゾのスナック(ママとかがいて客が順番にカラオケ歌う的な店)の適当な水割りとかで、日本酒やウィスキーが嫌いになった人はおそらく僕の他にもたくさんいるんじゃないかと思う。

いいんだ、ビールさえあれば。一番搾りとザ・モルツがあれば他には酒はいらない。



Comments(0)佐野元春マニア 



2018年05月04日 00:59      [posted by silverboy]

ボディバッグ

伊藤銀次特集「POP STEADY #9」に『伊藤銀次 自伝 MY LIFE, POP LIFE』のブック・レビューをアップ。

最近、ストラップが1本で肩から斜めに掛ける小ぶりなリュックみたいなヤツ(ボディバッグというらしい)を手に入れて、ちょっとした外出の際に身につけている。

だいたいおっさんの外出時にこまごました身の回りの品を入れるバッグというのはなかなか難しく、その話は既に何度か書いた気もするが、そのソリューションのひとつとして、このシングルストラップ・バックパックまたはボディバッグは最近にわかによく目にするようになってきた。

着脱(よいしょっと「脱ぐ」感じ)がややメンドいが、セカンドバッグなどに比べるとアクティブ感もあり、おしゃれ感もあり、今っぽくて使えると思っているのだが、最近これを持って外に出ると、おっさんが例外なくこのシングルストラップ・バックパックまたはボディバッグを装着していて、おっさんの標準装備になりつつあるのにちょっとげっそりきている。

しばらく様子を見るが、このままだとおっさんアイテムとしてあっという間に消費され、ダサい認定を受けてしまいそうだ。おっさんの外出時の手回り品携行に関する問題はなかなかすっきり解決しない…。



Comments(0)Pop Steady #9 



!!注意!! このブログは…
このブログはウェブ・サイト「Silverboy Club」の更新履歴になっています。外部リンクから直接このブログに飛んできた場合、サイトのメニュー・バーが現れず、サイト内の他のコンテンツにリンクできません。その場合、このリンクでメニュー・バーが表示されます。
 
月別アーカイブ
最近のコメント




Copyright Reserved
2005-2010 Silverboy & Co.
e-Mail address : silverboy@silverboy.com