▲top

  更新履歴
what's new - silverboy's blog
  silverboy club presents


2018年08月19日 23:24      [posted by silverboy]

JEVER

フットボール・クレイジー」にJリーグ第23節、札幌×FC東京のマッチ・レビューをアップ。

日曜日なので近くのスポーツ・クラブに出かけてプールで100m×10本を泳いだ。コースを3人でシェア、それぞれ速さが違うのだが、互いに追いつきも追いつかれもしない快適な距離を求める結果、複雑な連立方程式を解くような状況になり、なかなかスタートのタイミングをつかめなかった。難しい。

あるスーパーでJEVERを売っているという情報を得て買いに行き、無事に入手した。JEVERは「イェーファー」と読み、ドイツのビールの銘柄である。ピルスナー(通称「ピルス」)という、日本のビールに近い普通の黄色く透き通ったビールだが、この銘柄は独特の苦みと香りがある。ドイツにいた頃にも好んで飲んでいた銘柄である。

330mlのビン入りで、家に帰って早速飲んでみたが変わらない味。そういえば先月にいった新橋駅前のドイツ・レストランにもJEVERあったな。ドイツもう数えきれないくらいのビールの銘柄があり、地方色も多彩だが、こういうドイツのスーパーで普通に売ってるピルスがもっと日本に入ってくればと思う。

公園とかでやっているビア・フェストみたいなので売っているドイツ・ビールは、ミュンヘン系のヴァイツェンとかラガーとかヘレスとかドゥンケルとかばっかりであんまり食指が動かない。デュッセルドルフのアルト・ビールに至っては日本では見かけたこともない。普通のピルスとアルトを飲ませて欲しい。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2018年08月19日 00:13      [posted by silverboy]

整体

ディスク・レビュー」の「ディスコグラフィ・レビュー」にポール・ウェラーのアルバム『Wild Wood』のレビューをアップ。

今日は整体に行って来た。施術する前に問診があり、「肩と首がこる」みたいな当たり前の説明に加えて、猫背気味で姿勢が悪い問題とか、まっすぐ立っているつもりなのに左右どちらかの肩が落ちている問題とか、集中している時に奥歯を食いしばってしまう問題とか、そういうのをすごく丁寧に聴いてくれた。

その場で「まっすぐ」立ってみるとやはり左が落ちているらしく、施術の中でも固くなっているところを的確に教えてくれて、それがふだんの生活実感や、例えばサブのモニタ・スクリーンを右手に置いて仕事していることとかときちんと符合しており説得力があった。

施術そのものは力任せという感じではなく、血行を促したりするのが中心だが、それでもこめかみとか咬筋とか結構痛かった。あとストレートネックだと言われた。整骨院行った方がいいって。もともと姿勢悪い上にデスクワーク多いしスマホも見てたりするからな。

やはり自分の話をきちんと聴いてくれて、それに対して的確に答えてもらえるとすごく納得感がある。姿勢を正そうとすると自分としてはすごくそっくり返ってる感があってむしろ肩がこりそうにも思える上、ムダに威張ってるような気もして申し訳ない感じになるんだけど、それくらいで姿勢としては普通らしい。かなり頑張らないとこの姿勢は維持できないけど、ちょっと気にかけてやってみようと思う。



Comments(0)ディスク・レビュー 



2018年08月16日 00:44      [posted by silverboy]

ユニフォーム

フットボール・クレイジー」にJリーグ第22節、FC東京×柏のマッチ・レポートをアップ。

グラードバッハの今季のユニが届いた。緑と黒のツートーンでなかなかカッコいいが、実はこれはセカンドで、ホーム用のファースト・ユニはほぼ真っ白、襟と袖に緑の縁取りがあるだけのほぼ体操服状態なので今季はセカンドを買ってみたのだ。

グラードバッハはだいたいファーストが白基調なのだが、昨季もファーストはパッとしないため、イベント・ユニと言われているサード・ユニを購入、実際試合でもファーストよりサードを多用していた。今季もホームでセカンド着用とか普通にありそうな気がしてる。

グラードバッハのユニは2000年以降、リーボックからロット、カッパと変遷し、今季からプーマに。結局ほぼ毎年取り寄せて買ってるわ。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2018年08月13日 22:26      [posted by silverboy]

太陽の黄金の林檎

佐野元春マニア」の「全曲バージョン解説」に『恵みの雨』のレビューをアップ。

NASAが太陽探査機「パーカー・ソーラー・プローブ」を打ち上げたというニュースを見て、レイ・ブラッドベリの短編『太陽の黄金の林檎』を思い出した。今回の探査機はこれまでよりずっと太陽の近くまで行ってコロナとかいろいろ観測するらしく、当然無人で、超高温に耐える装備をしているという。

『黄金の林檎』は「サンプル」を持ち帰るため太陽に決死の突入をする有人宇宙船の話で、ブラッドベリの短編の中でも最も印象的で美しいもののひとつ。ツイートなどを見ても、この探査機から『黄金の林檎』を思い出した人は少なくないようだ。そりゃそうだろう。ほぼそのままなんだから。

あとで本を探してもう一度読んでおこう。



Comments(0)佐野元春マニア 



2018年08月13日 00:52      [posted by silverboy]

みんなまぁるく

ディスク・レビュー」の「最近の買い物」に7月の買い物、ダーティ・プロジェクターズの新譜レビューをアップ。

日曜日なので例によって近くのスポーツ・クラブに出かけ、プールで100m×10本を泳いだ。最初はコースを独占できていて、さすがにお盆休みに入るのでみんな里帰りしていて都内のジムは空いているのだろうと思っていたが、途中から人が増えて一時は3人でコースをシェアした。まあ、インターバルの調整でストレスなく乗りきったけど。

今日レビューしたダーティ・プロジェクターズの新譜に『Zombie Conqueror』という曲が入っているのだが、この曲の途中で挿入される「ゾォンビ・コンキュラ〜」みたいな女声コーラスが、これを聴くとどうも財津一郎が出ているタケモトピアノのCMの「みんなまぁるくタケモトピアノ〜」を思い出してしまい、通勤電車の中で不気味な笑いをしてしまいそうになるので困る。

メロディとか全然違うんだけど、何かこの入って来かたというかテイストが絶妙に似ていて、ええ曲を聴いているはずなのに頭の中で財津一郎が「ピアノ売ってちょ〜だい」と語りかけてくる感じがしてしまうのだ。タケモトピアノの訴求力おそるべし。ピアノなんかないのに売ってしまいそうになる勢いだ。全身タイツのバック・ダンサーもヤバい。また思い出してしまった。

タケモトピアノのCMはウェブで見られる。



Comments(0)ディスク・レビュー 



2018年08月11日 23:22      [posted by silverboy]

テキーラ・トニック

ディスク・レビュー」の「ディスコグラフィ・レビュー」でポール・ウェラーのアルバム『Paul Weller』のレビューをアップ。

こないだも書いたが、いただきもののテキーラを美味しくいただくためにトニック・ウォーターを買ってきた。昨日はトニック・ウォーターがないのでオレンジ・ジュースと炭酸水でテキーラを割ったのだが普通に美味しかったので、トニック・ウォーターとの相性は悪くないはずだと確信したのである。

行きつけのスーパーではカナダ・ドライのトニック・ウォーターが普通に売られていた。これを買って帰り、グラスに氷を入れ、そこにテキーラを適量、トニック・ウォーターをその上から注いでステアしたら、上品な苦みとテキーラの香りでなかなか美味しいカクテルになった。美味しいのでもう1杯作って飲んでしまった。

酒を飲んだというインパクトは全然なかったのに、そのあと頭がいい感じにフワッとなったのでやはりテキーラは危険だと思った。トニック・ウォーターはこれまでもバーで酒を醒ましたいときに注文したりしていたが、単体で飲んでも苦みのある柑橘系の炭酸という感じで大人っぽくて美味しい。

テキーラは小瓶でもうほとんどなくなってしまった。あと1回作ったら終わりだと思うが、自分でテキーラを買ってくるほど酒飲みではないので、残ったトニック・ウォーターはジュース代わりにちびちび楽しみたい。



Comments(0)ディスク・レビュー 



2018年08月11日 00:16      [posted by silverboy]

洗濯機が壊れた話

フットボール・クレイジー」にJリーグ第21節、G大阪×FC東京のマッチ・レビューをアップ。

洗濯機が壊れた。洗濯槽と脱水槽がひとつの所謂全自動を使っていて、いつも通り給水、排水、脱水をきちんとやっていて、フタを閉めている間はちゃんと「グワングワン」と動いている感を醸し出していたので油断していたのだが、今日フタを開けてみると「グワングワン」音がしているだけで回っていないのである。

おい。

洗えてないじゃないか。

仕方なく家人が今日朝一番で家電量販店に出かけ、すぐ持ってきてもらえるヤツを買った。明日の朝持ってきてくれると言う。事前に「何か最近調子悪いな」的な前兆でもあれば余裕をもって買い換えるんだけど、今回みたいに「もうダメ」みたいに急に使えなくなると、もはや選んでいる場合じゃない。

洗濯機といえば、大学生時代に京都で友達と家をシェアしていたとき、2槽式洗濯機が2万円くらいで売られているのを見て、これ欲しいってなって友達と半分ずつカネを出し合ったことがあった。配送してもらうとカネがかかるので、二人で洗濯機をかついで持ち帰ったことを思い出した。重かった。

明日新しい洗濯機が来る。思わぬ出費だ。ちゃんとふだんから減価償却して資金を留保していないとこういうことになる。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2018年08月08日 22:09      [posted by silverboy]

データベース

佐野元春マニア」の「全曲バージョン解説」に『最後の1ピース』のレビューをアップ。

洋楽だけで1500枚ほどのCDがあるのだが、これらを管理するリレーショナル・データベースをアクセスで自作している。1995年に作り始め、それから少しずつ改良を加えてきたものだが、CDを買うとこのデータベースにタイトル、アーティスト、プロデューサー、レーベル、規格番号、リリース年などを入力する。

さらに収録曲ひとつひとつについて、曲順、作曲者などを入力すると、これらのデータがいくつかのテーブルに分けて格納され、クロス・リファレンスが可能になる。「曲」をキーにして検索すれば、ある曲が誰の何というアルバムに収録されているのか分かるし、「人」で探せば、その人がアーティストとしてリリースしたアルバムはもとより、作曲者としてクレジットされている曲、プロデュースしたアルバムなども出てくる。

特定のレーベルからリリースされているアルバムの一覧を出すのも簡単だし、昨年リリースされたアルバムだけを抽出することもできる。もちろん、あるアーティストのアルバムをリリース順にリスト化するとかもすぐに出せる。

アクセスの教則本を見ながら独学で作ったのだが、その割りにはよくできていて、もう20年以上使っている計算になる。ひとつのアルバムに複数のプロデューサーがいるケースに対応するとか、1曲ごとにアーティストの異なるオムニバス・アルバムに対応するとかのバージョン・アップにも地道に取り組んできた。

何ならハードディスクに入っているMP3データと連係して、ボタンを押せば曲が聴ける機能も実装しているが、さすがに1曲ずつリンクを張るのが面倒でまだ実際には使っていない。まあ、iTunesがあるのでそこまでやる意味がないけど。

今となってはたぶんもう作れない。



Comments(0)佐野元春マニア 



2018年08月08日 00:11      [posted by silverboy]

最終形態

ディスク・レビュー」の「最近の買い物」に7月の買い物、ゴリラズの新譜レビューをアップ。

今週からクールビズの最終形態である半袖シャツにした途端涼しくなり、今日はまた長袖シャツに逆戻りした。先週のうちに半袖をエンジョイしておくべきだった。とはいえエアコンの効いた会議室での打合せとか、半袖では調整できない局面もあり、長袖の方が何かと実用的かもしれない。

ちなみにクールビズの進行は以下のようになっている。

通常形態 スーツにワイシャツ、ネクタイ(クールビズではない)
CB第1形態 ネクタイをしない、ワイシャツはボタンダウン
CB第2形態 スーツの上着を会社に置きっぱにしてワイシャツで通勤
CB最終形態 ワイシャツを半袖に、肌着をエアリズムの袖なしに

戻るときはこの逆。今年はなかなか時期の見極めが難しい。最終形態への移行時期を見誤った。



Comments(0)ディスク・レビュー 



2018年08月06日 23:47      [posted by silverboy]

ロンズデール

フットボール・クレイジー」に緊急コラム『タイトルはどれくらい遠くにあるか』をアップ。

面接などで好きな服のブランドは何かと訊かれたら「ロンズデールです」と答えることにしている。ロンズデールはもともとロンドンのスポーツ系のブランドで、ボクシング用のジャージなどを作っていたところ。それをモッズたちが好んで着始めたことで、今では代表的なモッズ・ブランドのひとつになっている。

10年ほど前まで原宿にショップがあったが、今ではネット通販で買うしかない。手に取って確かめることができないし、値段もそれなりにかかるが、それでも通販サイトを見ているとTシャツとかついつい欲しくなってポチッてしまう。ほとんど来てない長T(世間的にはロンT)などが何枚もある。

このロンズデールが、ドイツの4部リーグにあたるレギオナルリーガのバベルスベルクというフットボール・クラブのスポンサーになっていて、ユニフォームの胸にロンズデールのロゴが入っている。ユニ自体のメーカーはヒュンメルなのだが、鉄紺ぽい渋い色合い、デザインで値段も55ユーロと手ごろだったのでついついポチッてしまった。

最近ロンズデールの新しいアイテムは買ってなかったが、こんなところで引っかかるとは思わなかった。届くのが楽しみ。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2018年08月06日 00:47      [posted by silverboy]

虫ゴム

フットボール・クレイジー」にJリーグ第20節、FC東京×神戸のマッチ・レポートをアップ。

日曜日なので例によってスポーツ・クラブのプールへ泳ぎに行こうと思ったのだが、その前に自転車のタイヤに空気を入れようとしたら、空気入れを外した瞬間にバルブのところから空気漏れ。何度かやったがムリで、要は虫ゴムがイカれたのだろうと思うが、どうしようもなく、一時はプールを諦めようかと思った(メンドくさいし)。

しかし、ここで諦めては絶対後悔すると思い、家族の別の自転車を借りていつもよりやや遅めながらもスポーツ・クラブに行き、無事に100m×10本を泳いだ。帰りにダイソーで虫ゴムを買い、家で問題の自転車のバルブを調べたら案の定虫ゴムが劣化して破れていたので、新しい虫ゴムで補修、自転車も使えるようになった。

ゴムはどうしても劣化するし、後輪がアウトだったということは前輪も遠からず同じことになる可能性が高いので、来週は前輪の虫ゴムも点検する予定。一時は自転車屋に持って行こうかと思ったが、ネットで調べたら簡単に交換できそうだったのでやってみたのだ。

ダイソーで買ってきた虫ゴムは50センチくらいの長いチューブで、1回に使うのは2センチ程度だから、おそらく一生かかっても使いきれないくらいある。しかも108円。今日はいい仕事をしたがとにかく暑かった。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2018年08月04日 23:05      [posted by silverboy]

ジェンダー・ロール

ディスク・レビュー」の「ディスコグラフィ・レビュー」にスタイル・カウンシルのアルバム『Modernism: A New Decade』のレビューをアップ。

真面目な話になるが、ある医大が女子受験者の入試の得点を一律減点して、女子の合格者が全体の一定以下になるように「調整」していた話、今どきマジかと思うような話だが、「女性は出産、育児で離職する可能性が高いから…」という説明もまた根の深い話だなという気がする。

というのも、それって結局、(出産はともかく)育児が女性の仕事であり、例えば時短勤務で育児のための時間を捻出したり、子供が熱を出したら仕事を早退して保育所に迎えに行ったりするのはおもに女性の役割であるという日本のジェンダー・ロールを前提にした議論だということ。

今の日本のジェンダー・ロールがそういう感じで、(少しずつ変わりつつはあるものの)あくまで「男は仕事、女は家庭」がベースなので、医師の離職リスクの話だけではなく、社会のいろんなところでそれを前提にし、そのために最適化した「風習」があるのはむしろ当たり前だと思う。

その中で、そうしたジェンダー・ロールの表れのひとつを取り上げて修正しても、大元のジェンダー・ロールそのものをアップデートしないことには所詮モグラたたきになってしまうんじゃないか、という意味で根が深いように思える訳だ。

あと、難しいのは、そういう「男は仕事、女は家庭」というジェンダー・ロールが概ね男性優位というか男性中心に構成されたものだということは確かにそうかもしれないが、そうしたジェンダー・ロールに疎外されている男性も少なからずいる一方、そこからベネフィットを得ている女性もそれなりにいるということ。

だからこの問題は本当は男性対女性の問題ではなく、因習的なジェンダー・ロールによって受益している人たちと、それによって疎外されている人たちの利害対立のはず。これがジェンダー・ロールに関する議論をさらに込み入ったものにしているのではないかと僕は思っている。

でもまあ、ジェンダー・ロールというそれ自体には実体のないものを直接変えるのは至難の技で、結局はこういう「表れ」のひとつひとつをモグラたたき的につぶして行くことでジェンダー・ロールも少しずつ更新されて行くというアプローチしか取りようがないのもおそらくは事実かも。



Comments(0)ディスク・レビュー 



2018年08月03日 23:31      [posted by silverboy]

半減期

ディスク・レビュー」の「ディスコグラフィ・レビュー」にポール・ウェラーのアルバム・リストをアップ。少しずつレビューを埋めて行くぞ。

放射性元素の半減期というのは今まで何度も聞いたことがあったが、どうも半減期と聞くと、その日を境に放射線量が急にガクッと半分に減るイメージがあって、そんなことはないだろうと思いながらもきちん知ることがないまま今日まで来た。

思い立って半減期について調べてみると、原子番号が大きい不安定な元素が一定のペースで安定的な元素に変わって行くとき、もとの量からその半分に減る時期のことを言うということなので、やはり急にガクッと半分になるのではなくて、逓減してきたものが当初の半分に減るということ。

例えば1000個の原子があって、これが毎日10%ずつ壊れて行くとすると、第1日には100個が壊れて900個が残り、第2日には残った900個の10%である90個が壊れて810個が残る。第3日には同様に81個が壊れて729個が残る。これを続けて行くといずれ残りが当初の半分の500個を切る日が来る。それが半減期である。

これは指数関数的に表現でき、当初グッと減り、だんだん減り方が少なくなる曲線になる。反比例のグラフとちょっと似ている。概念的には分かるがこの減り方を数式にするのは専門的なスキルが必要で文系の僕にはムリだ。まあ、これだけ分かってれば「半減期は理解した」といってもいいだろう。

それにしても、なぜ半減期が今日そんなに気になったのかは思い出せない。



Comments(0)ディスク・レビュー 



2018年08月01日 23:54      [posted by silverboy]

テキーラ

フットボール・クレイジー」にJリーグ第19節、鹿島×FC東京のマッチ・レビューをアップ。

メキシコ土産にもらったテキーラの美味い飲み方を調べている。ライムをかじり塩をなめながらストレートで飲むというのもありらしいが、のどが焼けそうだしそこまでタフでもないので、うまくカクテルにできないかと。

調べると最初に出てくるのがマルガリータで、他にもオレンジ・ジュースと合わせるテキーラ・サンライズやグレープフルーツ・ジュースと合わせるコンチータなど、簡単にできそうなものもいろいろある。まあ、トニック・ウォーターで割ってテキーラ・トニックというのでもいいようなので、今度トニック・ウォーターを買ってこよう。

かつて、確かドイツのバーでそこそこ高いテキーラをなめてみたが結構すっきり美味しかった記憶がある。あれはいつのことだったか、どういう流れでいったどこの店だったかも覚えてないが、テキーラ悪くないじゃん、と思った記憶だけがあるのだ。一緒にいた人のことだけは覚えているのでドイツでの出来ごとだったと思うんだけど。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2018年08月01日 00:16      [posted by silverboy]

ポール・ウェラー

ディスク・レビュー」の「ディスコグラフィ・レビュー」でポール・ウェラーのページをリニューアル。

というのも、今日、突如として「ポール・ウェラーのソロのディスコグラフィを体系的に振り返らねばならぬ」という天啓を得たからである。その準備として、これまでのザ・ジャムとスタイル・カウンシルのディスコグラフィ・レビューを最近のレビューのレイアウトにアップデートした。

レビューの内容は変わっていない。ていうか読み直したらちゃんとよく書けているので直すこともなかった。10年以上前に書いたレビューのはずだが、やはり僕はいい文章を書く。時折こうやって過去のレビューを読み返して自分で感心するのが趣味。たまに自分の文章に感動して泣く。

「ロックンロールが僕たちを打つのだとすれば、それはその完全さによってではなく、むしろその不完全さによってだと僕は思う」とか我ながらよく書いたと思うな、うん。

で、ポール・ウェラーのソロであるが、これが実に25年の間にたぶん12枚くらい出てて、もちろん全部持ってるけど改めて聴き返さなければならない。調べてる過程でレア・トラックのコレクションを持ってないことが判明したりもしているので、何枚かは買わなければならないかもしれない。

あと、スタイル・カウンシルとしてレコーディングされ、盤がプレスまでされたのにリリースされなかった「モダニズム」なるハウス・アルバムをレビューするかどうかも考えどころ。この作品は今では公にリリースされていて、今ちょうど聴いているが悪くない。このレビューから始めるのもいいかもしれない。



Comments(0)ディスク・レビュー 



2018年07月29日 23:08      [posted by silverboy]

水分補給

佐野元春マニア」の「全曲バージョン解説」に『月夜を往け』のレビューをアップ。

日曜日なので近くのスポーツ・クラブに出かけプールで100m×10本を泳いだ。最大3人でコースをシェアしたが、互いに節度ある泳ぎ方をしていたのでほぼノー・ストレスで気持ちよく泳げた。

東京は今日は陽射しの強い一日になった。プールからの帰りも太陽にジリジリ焼かれ、家に帰ったらちょっと貧血みたいになってクラっときた。帰りのコンビニで冷たいジャスミン茶を買って飲むべきだった。水分補給はサボっちゃいかん。塩分チャージタブレッツも食べて何とか持ち直した。





Comments(0)佐野元春マニア 



2018年07月28日 23:39      [posted by silverboy]

メンテナンス

佐野元春マニア」の「全曲バージョン解説」に『君の魂 大事な魂』のレビューをアップ。

今日は台風が来るということで暴風雨も予想されたため自宅待機にしようと割り切っていたが、昼ごろになっても一向に雨が降り出さないので少しだけ外に出て最低限の用事を済ませ、夕方前には家に帰ったが帰り道に少しだけ降られた。

その後は家でゆっくりホームページのメンテとかしていた。特に「佐野元春マニア」に掲載しているアルバム・レビューのレイアウトを整える作業に没頭、17枚あるオリジナル・アルバムのレビュー・ページの体裁を最新のものに統一した。

こういう作業は全然苦にならない。というかむしろ楽しく、パカパカとキーボードを打っている間に夏休み最後の土曜日の夜は更けて行った。オリジナル・アルバム以外もぼちぼちやって行こう。

曲ごとのレビューも少しずつやり続けてきて、残りは30曲ほど。1997年にこのサイトを始めたときには、すべての曲を個別にレビューするのがひとつの目標だったが、だんだん現実的になってきた。まあ、急ぐこともないので、特に更新の材料がないときにコツコツ進めて行きたい。



Comments(0)佐野元春マニア 



2018年07月28日 00:49      [posted by silverboy]

カネのかからん男

フットボール・クレイジー」にJリーグ第18節、FC東京×長崎のマッチ・レポートをアップ。

今週は夏休みだったが、予定していた関西への里帰りが事情により急に取りやめになったため、東京でグズグズしていた。

ハイライトは木更津のアウトレットに一人でクルマで行った水曜日。特に買うものもそれほどなかったけど、こないだクルマの点検でクルマ屋から「もうちょっと乗れ」と怒られたので1日くらいはクルマを動かそうとアクアラインを渡って千葉県に行ったのである。

アウトレットをぶらぶらして、フェラガモでネクタイを3本買い、ラルフローレンでポロシャツを1着買った。他にもスニーカーとかTシャツとかジーンズとかいろいろ「おっ」と思うものはないではなかったが、だいたい既に家にそれなりのアイテムがあり、ただでさえモノが余りがちなのにこれ以上増やす訳にも行かず見送った。

青赤のアイテムでいいのがあれば買うところだったがそれもなく、何かオレってカネのかからん男やなあと思いながら海ほたるのスタバでコーヒー飲んでイカの塩辛買って帰った。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2018年07月24日 22:55      [posted by silverboy]

ビー・マイ・ベイビー

ディスク・レビュー」の「ディスコグラフィ・レビュー」にゴメス・ザ・ヒットマンのボックスセットのレビューをアップ。

今日は世田谷文学館でやってる信藤三雄の個展「ビー・マイ・ベイビー」を見に行って来た。信藤はフリッパーズ・ギターやピチカート・ファイブなど、所謂渋谷系のアーティストのCDジャケットなどのアートワークを手がけてきたアート・ディレクター。会場には見覚えのあるCDジャケットやポスターなどがガンガン並べられてて楽しかった。

アナログ・レコードからCDに移行した時、画面が小さくなることでジャケットのアートとしてのダイナミズムや面白さが失われたと嘆く人は多かったし、もちろん一理あるとは思うんだけど、信藤はCDのプラケースまでもをデザインの対象にして、パッケージ丸ごとをコンセプト・アートにしてしまうような面白みのある試みを多く行った。

僕のCD棚にはどうやっても収まらないイレギュラーな大きさのパッケージがいくつかあってかねて迷惑しているのだが、そのほとんどが信藤の手によるものだということを今日の展示で確認した。フリッパーズ・ギターの「世界塔」の初回盤が立体メガネで飛び出して見える仕掛けとかも当然信藤の仕事だ。

「世界塔」のジャケットの黒字に水玉の大きな壁が会場にあり、それを背景に記念撮影したかったが人もいたのでやめておいた。この辺の音楽に興味のある人は足を運ぶ価値があると思う。



Comments(0)ディスク・レビュー 



2018年07月23日 21:30      [posted by silverboy]

異常気象とは

ディスク・レビュー」の「ディスコグラフィ・レビュー」にゴメス・ザ・ヒットマンの新譜レビューをアップ。

今日も暑かった。連日この暑さなので異常気象だとよく言われるし、実際まあ僕たちが子供だった頃に比べれば考えられない暑さが続いているので、その意味では「異常」と言えなくもないんだが、考えてみれば地球はずっと昔からかなりダイナミックな気候変動を繰り返してきたので、何が正常で何が異常かというのはそれほど自明でもないんじゃないかと思う。

例えばほんの何万年か前は氷河期で地表の多くの部分が氷に閉ざされていた訳であり、この程度の気温上昇で「異常だ」と騒いでいる場合ではない。地球はもともとすんごく暑かったりすんごく寒かったりすることを周期的に繰り返してきた訳で、今、人間にとって「ちょうどええ」気候であること自体が偶然の産物なのだから、ちょっとそこからレンジが外れたからといって「異常」って訳でもないと思うんだけど。

あと、人間が大量の二酸化炭素を大気中に放出して地球環境を壊しているという言い方もあるが、もともと植物なんかは勝手に光合成とか始めちゃって猛毒の酸素を大量に大気中に放出したために地球環境が激変し、生物はやむなく酸素を吸って呼吸するという形で何とかその環境に適応した経緯がある。植物が勝手に光合成を始めたために、相当数の嫌気性生物が絶滅したとも言われている。

人間の活動が気候変動に影響を与えているのは間違いないところだし、そのために人間の生存にとって都合の悪い状況が生まれているのは事実だが、「都合が悪い」というのは所詮勝手な人間目線の話で、地球にとってはおそらくどうでもいいこと。あんまり勝手に地球の代弁とかしない方がいいと思う。

とか何とか考えながらも暑いものは暑い。アイスを食べよう。



Comments(0)ディスク・レビュー 



!!注意!! このブログは…
このブログはウェブ・サイト「Silverboy Club」の更新履歴になっています。外部リンクから直接このブログに飛んできた場合、サイトのメニュー・バーが現れず、サイト内の他のコンテンツにリンクできません。その場合、このリンクでメニュー・バーが表示されます。
 
月別アーカイブ
最近のコメント




Copyright Reserved
2005-2010 Silverboy & Co.
e-Mail address : silverboy@silverboy.com