▲top

  更新履歴
what's new - silverboy's blog
  silverboy club presents


2020年07月02日 22:17      [posted by silverboy]

飲むヨーグルト

佐野元春マニア」の「GREATEST SONGS COLLECTION」に『Rock & Roll Night』のバージョン事前検証をアップ。noteでも!!

会社に行く途中のコンビニで飲むヨーグルトを買って職場で朝の準備をしながら飲むのが好きだ。だいたいストロベリー味を買うんだけど時折飲むピーチ味もいい。果肉がちょっと混じってて、甘酸っぱく、それでいて身体にもよさそうというのが朝にぴったり。

通勤途中にいくつかコンビニはあって、どのコンビニにもプライベート・ブランドの飲むヨーグルトはあるんだけど、会社にいちばん近いのがローソンなのでよく買う。ところがこのローソンの飲むヨーグルトのパッケージがすごく開けにくいのだ。

ドリンク・ヨーグルトには、おそらく果肉が詰まらないように太めのストローが付いている。これをアルミ製のフタに突き刺して飲むのが標準なんだろうが、こうすると最後に吸い上げられなかったヨーグルトと果肉が無視できない量で容器の底に残ってしまう。

そこでフタを容器からペリペリって感じではがしてア〜ンて感じで最後を飲み干すのだが、ローソンのヤツの場合このフタが全然きれいにはがれず、容器本体の内側の薄紙がフタにくっついてくるのである。これは間違いなく毎回そうなる。

イライラしてムリにはがそうとすると、ヨーグルトがピッとそこらに飛び散ってしまう。知ってると思うけどヨーグルトって衣服に付くとなかなかきれいに取れない。シャツやネクタイに付いたらちょっとメンドくさいことになる。

もともとフタをはがすようにはできていないのかとも考えたが、フタの一部が外に向かって広がっていかにも「ここからはがしてくださいね」みたいな感じになっているので、やはりはがすことも想定されているのだろう。その割りには必ず失敗する。構造上の欠陥だと思う。

ローソンPBはデザイン変更が問題になっててアレについても言いたいことはあるが、まずは飲むヨーグルトのフタがはがしにくいのを何とかして欲しい。まずは商品開発の人が自分で一度はがしてみて欲しいわ、ほんま。



Comments(0)佐野元春マニア | note



2020年06月29日 23:30      [posted by silverboy]

茶漬け

佐野元春マニア」の「GREATEST SONGS COLLECTION」に『SOMEDAY』のバージョン事前検証をアップ。noteでも!!

お茶漬けといいながらだし汁をごはんにかけるアレはいつからスタンダードになったんだろうか。お茶漬けというからにはごはんにお茶をかけるのが筋だと思うし、実際僕が子供の頃に家で食べていたお茶漬けはまさにごはんにお茶をかけたものだったのだが、いったいいつから人はお茶漬けと称しつつごはんにだし汁をかけるようになったのか。

それは「だし茶漬け」ではなく「汁かけメシ」ではないのか。
だって、「茶」じゃないじゃん。

様子がおかしくなったのはおそらく永谷園のお茶漬け海苔あたりからなのではないかと僕は推測している。永谷園のお茶漬け海苔には緑色の抹茶粒が入っているが、あれには結構しっかりした塩味がついていて、お湯をかけるとまさにだし汁的な「味」があった。どうもあのあたりから「お茶漬けには味がついている」ということになったのではないか。

その後、居酒屋で締めのお茶漬けを頼むと薄い澄まし汁みたいなだし汁がかかっているケースが続出、いつの間にか汁かけメシを「だし茶漬け」と称して供する店ができるに至った。茶じゃないものをごはんにかけて「茶漬け」と称する行為は独占禁止法か不当競争防止法か景品表示法かなんかで禁じられているはずで、公正取引委員会か消費生活センターか全国銀行協会かなんかそういうところに通報すべきだと思う。

いいか、おまえら、茶漬けというのはごはんに茶をかけたものだ。分かったか。



Comments(0)佐野元春マニア | note



2020年06月29日 00:18      [posted by silverboy]

ブンデスリーガ

フットボール・クレイジー」にブンデスリーガ第34節、グラードバッハ×ヘルタのマッチ・レビューをアップ。

日曜日なのでジムのプールで100m×10本を泳いだ。コースは2人か3人でシェア。途中でひとりすごく遅いおじさんが入ってきて、何度か僕がターンする直前にGOするというテロを敢行されたがすぐに出て行った。タイムは上がらないが中断明けよりはかなり楽に泳げるようになってきた。

ドイツのプロ・フットボール・リーグであるブンデスリーガの今季日程が終了した。例年は8月に開幕し、12月中旬までにシーズン前半を消化、年末年始にブレイクが入り、1月中旬からシーズン後半を開始、5月ごろにシーズンが終わるという日程。ところが今季は新型コロナウィルスの影響で3月上旬を最後に中断し、5月中旬にようやく無観客での再開となった。

残していた9試合を、平日にも試合を入れながら1か月半で消化、昨日が最終節だった。再開後はすべてが無観客試合。それでもグラードバッハはファンから送られた写真を段ボールに貼り付けてスタンドに並べ、少しでもファンの熱気が伝わるよう、殺風景なスタンドが少しでもにぎやかに見えるよう工夫するなどして異例なシーズンを乗り切った。

スタジアムでの感染防止策は詳細に手順が決められ、マニュアルが作成されるなど、そのやり方は先行事例として他の国のリーグ戦再開にも大きな影響を与えたと思う。こういうところドイツ人はマメというかなんというか、そういう人たちなのだ。たぶん好きでやってるんだと思う。

ブンデスリーガと入れ替わるように来週からJリーグも再開する(J2は今週から始まっている)。当初は無観客で、その後も観客の人数制限など厳しいオペレーションが見込まれるが、感染に注意しながら少しずつ日常を取り戻して行く、そのギリギリの線の見極めはこれからもしばらく続いて行くんだろう。メンドくさいがそれにつきあって行くしか方法はない。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2020年06月28日 13:36      [posted by silverboy]



佐野元春マニア」の「GREATEST SONGS COLLECTION」に『悲しきRADIO』と『彼女』のバージョン事前検証をアップ。週末なのでサービスで2曲やっといた。noteでも!!

唾液の飛沫で感染するのなら、より濃厚な体液である汗も当然ダメなんだろうな。満員電車で汗ばんだ腕同士が触れ合うくらいのことはあると思うんだけど、それも結構具合悪いんじゃないのかな。

飛沫は口を閉じてマスクをしていればある程度防げるだろうが、汗は長袖着てても染みてくる。エアコン最強にして凍えながら通勤するか。



Comments(0)佐野元春マニア | note



2020年06月27日 00:19      [posted by silverboy]

キッチン南海

佐野元春マニア」の「GREATEST SONGS COLLECTION」に『Happy Man』のバージョン事前検証をアップ。noteでも!!

神保町のキッチン南海というレストランが閉店するというニュースをやっていた。ここは大盛りのカツカレーを出す店で、僕も何年か前に行ったことがある。有名店かつ人気店なので、開店前から行列ができていて、並んでいると開店と同時に店内に招き入れられ、端から順に詰めて座らされた。

メニューはカツカレーの他にもいくつかあるが、ほぼ全員が自動的にカツカレーを頼む感じ。僕もカツカレーを頼み、運ばれてきたそれを食べたが、評判通り結構な量で、最後の方はかなりしんどかった。でも味は確かで、というかもともとカツカレーは好きなので満足感は高かった。

いずれまた行きたいと思っていたが、その後職場が変わり神保町には行くことがなくなった。入居しているビルの老朽化に伴う閉店で、新型コロナウィルスとは関係なさそうだが、いずれにしてもこういう特徴のある店がなくなるのは残念だ。やはり好きな店にはふだんから足を運ばなければならない。



Comments(0)佐野元春マニア | note



2020年06月25日 22:26      [posted by silverboy]

ヴェスパの不調

佐野元春マニア」の「GREATEST SONGS COLLECTION」に『Sugartime』のバージョン事前検証をアップ。noteでも!!

愛車ヴェスパが故障中である。以前にエンジンがかからない(セルモータは回るがエンジンが点火しない)症状があり、ディーラーに持ちこんで一度は直してもらったが、しばらく乗っているとまた同じ症状が出てエンジンのかかりが少しずつ悪くなり、ついにかからなくなってしまった。

ディーラーにも相談しているが、どうも部品交換が必要で、それをイタリアから取り寄せているが未着だということである。愛車は空しくガレージでカバーをかぶっており、早く部品交換でも何でもして動かしたい。あるのに乗れない、動かないというのはストレスである。

まだ買って1年も経っていないが、既に「あって当然」のアイテムになっているし、手がかかる分また愛着もつのる。おそらくイタリアも新型コロナウィルスの対応でスクーターどころじゃないのかもしれないし、まあ、もともとイタリアなのでいろいろアレなんだけどとにかく早く部品送ってくれ。



Comments(0)佐野元春マニア | note



2020年06月22日 22:11      [posted by silverboy]

キングダム

佐野元春マニア」の「GREATEST SONGS COLLECTION」に『モリスンは朝、空港で』のバージョン事前検証をアップ。「note」でも!!

マンガ「キングダム」に今さらながらハマっていて、単行本を毎日3冊くらいの勢いで読み進めている。もう45巻くらいまで来た。あと10冊程度で追いついてしまうのでこの辺からちょっとペースを落としたい。

このマンガは秦の始皇帝が中国を統一する史実に材を取った歴史活劇であるが、そこに出てくる登場人物がどれもキャラ立ちしていてダイナミック。史実は踏まえているのだろうが、とはいえ当時のことを書いた文献(「史記」とか)にも詳しく説明していない部分は多いはずで、そこをどう補うかが作家の腕。

そこの補い方、史実の背景にある人ひとりひとりをきちんと描くことによるリアルなストーリー感がハンパない。史実なので最終的に始皇帝が中国を統一するというネタは最初からバレている訳だが、それでも先が気になって先を読み急いでしまうのだからすごい。

読んでいるうちに、これは春秋戦国時代の中国を舞台にした「ワンピース」の翻案のようにも思えてきた。あと十数冊は2週間くらいかけて読む。



Comments(0)佐野元春マニア | note



2020年06月21日 21:02      [posted by silverboy]

レジ袋

フットボール・クレイジー」にブンデスリーガ第33節、パダボーン×グラードバッハのマッチ・レビューをアップ。

日曜日なのでジムのプールで100m×10本を泳いだ。営業再開後3回目だったが、まだ全然体力が戻ってなくて、最初は調子いいが半分越えたあたりから急にきつくなりフォームが崩れるのが分かる。タイムも当然遅い。別にタイム・トライアルしてる訳じゃないけど、もう少し余裕持って泳ぎたい。

レジ袋の有料化についてはこないだ何か書いた気もするが、この「有料化」という言い方にも文句がある。というのは、今、スーパーやコンビニその他多くの小売店で提供されている商品持ち帰り用のレジ袋はそもそもまったく「無料」ではないからである。

勘定の上で「レジ袋代」という個別の料金が徴収されていないという意味からは無料であるように見えるのかもしれないが、考えてみればレジ袋代はもともとコストとして織り込まれ、一般管理販売費として計上されているものであって、我々が払った代金で賄われている。

つまりレジ袋代は以前から商品の値段の一部として消費者が負担しているものであり、決して「ただでもらっている」訳ではない。レジ袋を個別の対価なくサービスしても赤字にならないように価格設定されているわけであり、我々は以前からレジ袋代を負担している。

モノの値段を変えずにレジ袋代を追加で徴収すると、我々はレジ袋代を二重に払うことになる。レジ袋の対価を個別に徴収するなら、これまで商品価格に織り込んでいたレジ袋相当分を値下げすべきである。

もちろん1枚2円とか3円の話なので、個別商品の値下げ幅はおそらく1円に満たず、そんなことをするだけ面倒なのだが、それはレジ袋有料化を正当化する理由にはならない。むしろ、レジ袋をもらわない人に対してレジで2円なり3円なりを割引するべきなのだ。だってレジ袋代は最初から値段に含まれているのだから。

店にも客にもムダな手数を強いるだけで筋の通らないレジ袋の有料化はほんまやめて欲しい。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2020年06月20日 21:29      [posted by silverboy]

左岸と右岸、または大阪城はどっちだ?!

佐野元春マニア」の「GREATEST SONGS COLLECTION」に『情けない週末』のバージョン事前検証をアップ。

川の「右岸」「左岸」という言い方があって、特に「セーヌ川左岸の」などと言われるとパリの街並みを想像してしまい訳もなく洒落た言い回しだと思っていたが、いったい何を基準に右と左を決めているのだろうと気になって確認してみた。

決め方は明快で、上流に立って下流側を見た時に右手にあるのが右岸、左手にあるのが左岸である。例えば大阪市と堺市の間を流れる大和川で言えば、大阪市側が右岸、堺市側が左岸である。大和川左岸に広がる街と言われると堺もパリみたいにお洒落に思えるから不思議だ。

そういえば小学2年生の時、社会のテストで「環状線の内回りに乗ると大阪城は右か左のどちらに見えるか」という問題に出くわしたことがあった。当時の僕は今以上に理屈っぽいガキだったので、「左右というのは自分を基準に見た相対的な位置関係に過ぎない。電車の中で自分がたまたまどっちに向いているか分からないのに左右どちらに見えるか決められない」と考えこんだ。

もちろん問題文に「進行方向に向かって」という一言があればそれでよかった訳だし、それはもう当たり前のことなので書かれていなかっただけの話なのだが、純粋(あるいはアホ)なガキだった僕は、電車の左右は進行方向を基準に決めるという暗黙のルールを知らず悩んでいたのである。

しかし、理屈っぽいだけのことはあり、そこでさらに考えたのは、「テストでこのような問題が出されるということは、電車における左右というのは僕の知らない何らかの規則で決まっているに違いない」ということ。そこで、「右側の扉が開きます」などとアナウンスをしている車掌の執務環境を想像してみると、概ね車掌は運転台のパネルを背にして進行方向を向いていることが多いように思われ、だとすれば「答えは左だ!!」とひらめき、意気揚々とテストに書き込んだ。

正解であった。

我ながらただのガキではないと感心するが、それにしてもそもそも何かムリのある問題じゃないか?



Comments(0)佐野元春マニア 



2020年06月20日 11:52      [posted by silverboy]

昨日のアップデート

フットボール・クレイジー」にブンデスリーガ第32節、グラードバッハ×ヴォルフスブルクのマッチ・レビューをアップ。

これは昨日のアップデートなので、今日は今日でアップする予定です、今のところ。







Comments(0)フットボール・クレイジー 



2020年06月18日 21:41      [posted by silverboy]

スパゲティ持ち帰り

佐野元春マニア」の「GREATEST SONGS COLLECTION」に『ダウンタウン・ボーイ』のバージョン事前検証をアップ。

在宅勤務だったので近所でテイクアウトをやっている店を探して電話し、ランチを持ち帰った。今日はいつも前を通りかかりながら気になっていたカジュアル・イタリアンでスパゲティ・アラビアータを頼んだ。伸びるのが怖いので受け取ったら一目散に家に帰ったがまだ熱々で、アルデンテというにはこころもちゆで上がってしまっていたが、唐辛子が効いてトマトソースも味が深く、美味しくいただけた。

地元の個人経営の店ってふらっと入るには敷居が高かったりするが、最近では多くの店が食べログなどのグルメサイトやFacebookなどでメニューを公開しており、コロナ以来テイクアウトもできるようになっているので、調べてみれば結構店の感じが分かるし、持ち帰りからだと入りやすい。

今日の店もちょっと入りにくそうかなと思ってたけど、受け取りに行ってみれば居心地のよさそうな気の張らない店で、ちょっとパスタを食べに行ったりするのによさそう。ペンネ・ゴルゴンツォーラなどもありピザも美味しそうでまた行ってみたいと思った。

他にもまだ洋食屋や韓国料理屋があり、在宅勤務の日のランチの楽しみは絶えないし、こうしてランチで開拓したお店で次は週末の晩ごはんの持ち帰りをするのもいい。外出自粛生活のおかげで地元の店をいろいろと知ることができたのはよかったし、どの店もテイクアウトは続けて欲しい。



Comments(0)佐野元春マニア 



2020年06月14日 17:26      [posted by silverboy]

お好み焼き

フットボール・クレイジー」にブンデスリーガ第31節、バイエルン×グラードバッハのマッチ・レビューをアップ。

日曜日なのでジムのプールへ。と普通に書けるようになったのが嬉しい。とはいえジムはまだ普通ではなく、入口ではフェイスガードを装着し、右手に非接触式体温計、左手に消毒液スプレーを持ったフル装備の係員が張っており、ここを突破しないと奥に進めない。まだしばらく続けるんだろうな、これ。

チェックイン・カウンターにはビニル・シートで幕がされておりその小さな窓から会員証などのやり取りをする。トイレには「便器はフタをして流せ」との張り紙(但しフタはない)。バスルームも人数制限、プールもコース5人までと、いろいろ気を遣いながら営業しているのが分かる。大変だな。

プールは空いていて、コースは2人か3人でシェアする感じ。ちょっと前に追いついたりもしたけど100m×10本を泳いだ。先週ほどはキツくなかったけど、最後の1本をクロールで泳いだら2分かかった。以前は1分48秒くらいで泳げていたので全然戻ってない。少しずつ詰めて行きたい。

毎週末に近くの店の持ち帰りをするシリーズ、今週はお好み焼きにした。関西人なので家で普通にお好み焼きは食べるが、お店の鉄板で焼く分厚いお好み焼きはまたちょっと違う。近くにカネを払って買う価値のあるお好み焼き屋があるのは東京ではラッキーなことだ。

中に焼きそばの入った所謂モダン焼きを食べたけど、持ち帰ってすぐだったのでまだ熱々で食べ応えもあって美味しかった。おそらく糖質の摂り過ぎだとは思うけど、このソバだのキャベツだの肉だのソースだのが混然一体となったかたまりをグイグイ口に押しこんで行く快感はたまにはあっていい。

週末の晩ごはん(土日のどちらか)と在宅勤務の日の昼ごはんを持ち帰りにするのは、外出や外食を控えていることの埋め合わせとして、家メシが多くなることへの手間を省くことも併せてやっているが、近くの店を開拓する意味でも単純なお楽しみとしても楽しいのがいい。来週は何にしようか。





Comments(0)フットボール・クレイジー 



2020年06月14日 01:00      [posted by silverboy]

バージョン違い

佐野元春マニア」で9月リリースのベスト「GREATST SONGS COLLECTION」収録曲のバージョンを事前に検証する特集をスタート。初回は冒頭から3曲分をアップ。

これは2020年9月23日にリリースされる佐野元春のベスト・アルバム「MOTOHARU SANO GREATEST SONGS COLLECTION 1980-2004」について、その収録曲のバージョンを事前に検証してみようという特集である。

というのも、佐野元春の楽曲の中には既に何回もコンピレーション・アルバムに収録され、いくつもの別バージョン、別ミックスが存在するものが少なくなく、今回のベストに収録されるバージョンが過去のどのバージョンと同じなのか、あるいはまたしても新しいバージョンが爆誕したのかは、当サイトとしては検証しない訳に行かないからだ。

しかしながら、今回のベストは3枚組48曲入りであり、リリースされてから1曲ずつ仔細に聴きこみ、過去のバージョンとの異同を確認する作業が結構大変なものになるのは容易に懸念されるところである。1日1曲やっつけても2か月近くかかるのだ。Mein Gott!!

そこで、アルバムのリリースまで3か月以上時間があること、既に曲目だけでなくバージョン名まで発表されていることから、事前にそのバージョン名を頼りにアルバムに収録される可能性のあるバージョンを予想し、ある程度絞りこんでおこうということである。

今日は初回サービスで3曲分やるが、あとは1曲ずつやる予定。もし認識違いがあれば是非指摘して欲しいし、異論も聞かせて欲しい。noteでも展開しようかな。



Comments(0)佐野元春マニア 



2020年06月11日 21:07      [posted by silverboy]

チーズナン

ディスク・レビュー」の「#私を構成する9枚(邦楽編)」に第9回、ゴメス・ザ・ヒットマン『omni』のレビューをアップ。noteでも!!

今日は在宅勤務だったが、雨が降りそうだったのでランチは近場の持ち帰りにしようと思い、以前に持ち帰ったことのあるネパール料理屋のカレーにした。予め電話しておくと指定の時間に用意しておいてくれる。こないだのマトン・カレーは美味しかったし、その後晩ごはんでも一度持ち帰った。

今日はマトン・カレーがまだ準備中だということでチキン・サグ・カレーにした。ナンよりはごはんが好きなのだが、チーズナンの写真があまりに美味しそうだったので値段を上乗せしてチーズナンにしてしまった。あとチキンティッカを2ピース。

帰って食べてみたが、チキン・サグはほうれん草の薫り高く、チキンがゴロゴロ入っていて辛みも旨味もちょうどよい。これがマトンならなあと思ったが美味しかった。

チーズナンは大量のチーズが直径20cmほどのナンの中にぎっしり入っておりインパクトが大きい。熱々でチーズが溶け出す勢い。これをハフハフ言いながら食べるのは至福で、最初はこればっかり全体の4分の1くらい食べてしまった。

そこで我に返り、チーズナンにカレーを乗せて食べたのだがこれも絶妙のコンビネーション。もともとカレーライスにもチーズをトッピングするくらいであり、カレーとチーズの相性が悪い訳がないのだ。ガツガツとチーズナンを半分食べてしまったが、チキンティッカもかじりながらだったのでかなり重たく昼メシとしてはここが限界。

これ以上食べると午後が仕事にならないと思い、チーズナンの半分と、チキンティッカを1ピース残してノンアルコール・ビールを飲み干した。ああ、美味しかった。美味しかったけどボリュームがハンパなく満腹感も重量級だ。

夕方体重計に乗ってその威力を改めて思い知った。



Comments(0)ディスク・レビュー | note



2020年06月10日 00:37      [posted by silverboy]

キングダム

ディスク・レビュー」に「#私を構成する9枚(邦楽編)」の第8回、ミュート・ビート『FLOWER』のレビューをアップ。noteでも!!

マンガ『キングダム』を読み始めてしまい、今22巻まできた。しばらくは睡眠不足になりそうだ。



Comments(0)ディスク・レビュー | note



2020年06月08日 00:45      [posted by silverboy]

3か月ぶりのプール

フットボール・クレイジー」にブンデスリーガ第30節、フライブルク×グラードバッハのマッチ・レビューをアップ。

ついにジムが開いたので久しぶりに行って100m×10本を泳いだ。確認したけど最後に行ったのが3月1日だったので3か月ぶりになる。入口ではアルコールで手指消毒、おでこで体温を確認され、受付にもビニルで仕切りがあったりしたし、ロッカーもひとつおきに使えなくしているなど対策は講じられている。

プールは普通に使えたが人は少なく、コースは2人でシェアの状態。途中でもう一人が上がったのであとは独占だった。さすがに3か月ぶりで体力的にもキツく、特にクロールは最後の方は腕が上がらなかったが何とか所定の距離は泳ぎ通した。もっとダメかと思ってたけどまあ大丈夫だった。

その後、散髪に行った。散髪は偶数月の最初の週末に行くことにしており、前回は緊急事態宣言直前の4月初。スケジュールが狂わなかったのでよかった。いつも寡黙な散髪屋のおじさんだが、今日はなおさら何も話さなかった。おじさんもたぶん「いつも寡黙な客だけど今日はまたしゃべらんな」と思っていたのかもしれない。髪はいつも通りさっぱり刈ってくれた。

緊急事態宣言が解除されお店もいろいろ開いていて、昨日は久しぶりに新宿のタワレコへ行ったけど、客は少なかった。買い物はネットで済ませる傾向が外出自粛で加速したのだろうか。そうだとすればコロナが完全に収束しても街の人出は以前と同じには戻らないかもしれないな。



Comments(0)フットボール・クレイジー 



2020年06月05日 23:02      [posted by silverboy]

レジ袋

ディスク・レビュー」の「#私を構成する9枚(邦楽編)」に第7回、伊藤銀次『SUGAR BOY BLUES』のレビューをアップ。noteでも!!

レジ袋の有料化が始まっている。まあ、僕もドイツに住んでいたころはスーパーで買い物しても袋はくれないのが当たり前で、必ず所謂エコバッグを携えて行ったものだから、レジ袋はどうしても手許にバッグがないときにやむなくカネを払ったもらうものというスタイル自体は理解できるし慣れている。

しかし、今の我が国において、レジ袋はそんなに環境汚染の原因になっているのだろうか。僕の知る限り僕の周囲では、そしてまた僕自身に関しても、レジ袋はほぼ100%何かを入れて捨てる時のゴミ袋として二次利用されており、その辺に放置されたりポイ捨てすることはない。

もちろん世の中にはレジ袋をポイ捨てする人もいるのだろうが、そういう人はレジ袋でなくてもペットボトルとか空き缶、紙袋なんかもポイ捨てする人だろうし、何なら2円払って買ったレジ袋をポイ捨てするだろう。そんな人たちのために僕たちまでもがレジ袋に毎回カネを払わねばならないというのは腹に落ちない。

エコバッグでレジ袋を代替したとして、世の中の多くの人は今度はレジ袋と同じようなゴミ袋を百均で買うことになる。だとすればレジ袋の片道だけをエコバッグで代替することにいったいどんな意味があるのか。リサイクルという意味では商品を入れて持ち帰った袋をゴミ袋として再利用する方が環境に優しいのではないのか。

もうひとつ言っておきたいのは、毎日使っているエコバッグは清潔なのかということだ。気を遣う人はエコバッグもきちんと毎回洗濯しているのかもしれないが、少なからぬ人はお刺身のドリップが染みたり、地面に置いたりしたエコバッグをスーパーのサッカー台に乗せているのではないのか。

これだけ新型コロナウィルスの感染にナーバスになっているときに、毎回新しいレジ袋を使いそれをゴミ袋としても再利用するスタイルと、通いのエコバックで新型コロナウィルスばかりでなくあまたの雑菌を持ち運んでいるのと、どちらがエコで合理的で衛生的か。

エコバッグを毎日洗濯しているとすれば、そのための家庭廃水はポイ捨てされるレジ袋よりも環境負荷が軽いのか。誰か検証したのか。

よろしい、レジ袋が2円だというなら2円払おうじゃないか。レジ袋を買い、それをゴミ袋として再利用するスタイルを積極的に推進して行くぞ。

とはいえ、可愛いエコバッグ見るとつい買っちゃうんだよね〜。



Comments(0)ディスク・レビュー | note



2020年06月04日 23:08      [posted by silverboy]

ハンバーガー

ディスク・レビュー」の「#私を構成する9枚(邦楽編)」に第6回、ザ・コレクターズ『虹色サーカス団』のレビューをアップ。noteでも!!

今日は在宅勤務だったので、例によって運動を兼ね、昼メシのためにひと駅先にあるハンバーガー屋へハンバーガーを買いに行った。マクドでもロッテリアでもモスバーガーでもフレッシュネスでもバーガーキングでもない、もちろんドムドムでもないハンバーガー屋だ。

軽快な足取りで散歩を兼ねてハンバーガー屋にたどり着き、注文を済ませブツを受け取ったところまではよかったが、帰り道が遠かった。ちょっと違う道を通って行こうと曲がったことのない角で曲がって見たのだが、道が微妙にまっすぐつながっておらず、地図を見ながら行きつ戻りつでだいぶ余計に歩いた。

それだけならいいが、今日は気温が30度近くまで上がり湿度も高くて蒸し暑い。汗がだらだら流れてくるが、住宅地に入りこんでしまったのでコンビニもなかなかなく水分の補給ができない。よく分かっているエリアのどこかを歩いているのは分かるが、初めての景色なので手戻り多くロスが出る。

ようやくコンビニを見つけてジャスミン茶を買い、暑い中を歩いて何とか家に帰り着いたが、そこからの道のりも結構長く、危うく市内で遭難するところだった。かえって地図を見たらやはり相当大回りしたことになっていた。

帰ってハンバーガーを食べたが、ちょっとバーベキューソースが甘かったのと、バンズも味があってやや邪魔な感じがした。パティは肉感がしっかりしていて、カリカリのベーコンも食いごたえがあって美味しかった。アンガスビーフ100%、150gのパティだったが、歩いて腹も減ったのでサクッと食べられた。帰りのコンビニで買ったノンアルコールビールも旨かった。

そう、在宅勤務のいいところは昼メシにノンアルコールビールが飲めることだ。いや、会社で飲んでもいいんだろうけど、ちょっと人目をはばかる感じやもんな…



Comments(0)ディスク・レビュー | note



2020年06月02日 22:53      [posted by silverboy]

ソラリス

フットボール・クレイジー」にブンデスリーガ第29節、グラードバッハ×ウニオンのマッチ・レビューをアップ。

こないだの週末に新宿の紀伊国屋書店に立ち寄った。地元の書店がまだ開いてなかったので、NHKラジオフランス語講座の6月のテキストを買いに行ったのである。せっかく来たので他にも見ようと思って文庫本のコーナーをうろついていると、スタニスワフ・レムの「ソラリス」の新訳が出ているのに気づいた。

レムはポーランドの文学者で「ソラリス」はその代表作。1961年に発表されたSF小説であるが、今でもSF史上最高傑作だとする人も少なくない作品だ。この作品は従来「ソラリスの陽のもとに」のタイトルで訳書があったが、言語のポーランド語ではなくロシア語訳からの重訳だったということで、今回ポーランドから直接訳し起こしたものだという。

「惑星ソラリス」としてアンドレイ・タルコフスキ監督により映画化もされている(未来都市のハイウェイとして首都高でロケしたエピソードがある)。この映画も必見の名作である。まあ、原作がいいのだから映画もいいのは当然か。

知性のある海を持つ惑星ソラリスに探査に赴いた研究者ケルビンは、ソラリス上空に浮かぶステーションに、いるはずのないかつての恋人ハリーが出現するのに遭遇する。実体を具えたハリーの出現にケルビンは激しく混乱し、動揺する。こんなところにハリーがいるはずはない、ハリーはもう何年も前に自殺したはずなのだ。

それはソラリスの海がケルビンの記憶の中から抽出し、再構成した人間の模造品だった。「海」の意図は何か。敵対か、友好のサインか、あるいは実験なのか、未知の知性とどうコンタクトするのかというテーマのSFである以上に、人の心の中の自意識、消せない記憶と罪の意識に切りこんで、実存の意味すらに迫る形而上的な文学作品だ。

旧訳を読んだのはもう何十年も前だし、この際あらためて読み直してみようと思う。

あと、ついでにフローベールの「ボヴァリー夫人」も買っておいた。前から読みたかった。




Comments(0)フットボール・クレイジー 



2020年06月01日 22:00      [posted by silverboy]

目詰まり

ディスク・レビュー」の「#私を構成する9枚(邦楽編)」に第5回、佐野元春『SOMEDAY』のレビューをアップ。

東京でも緊急事態宣言が解除され、アラートもステージ2に進んだ今日は、通勤電車も混んでいた。ああ、こういう日々が戻ってきたのかと思うとちょっとうんざりだ。とはいえコロナ前の最盛期と比べればまだ電車にも余裕がある。コロナをきっかけにテレワークや時差出勤が普通になって電車の混雑が少しでも緩和されればいい。

飲食店や商店、商業施設も続々と営業を始めている。本当に大丈夫なのかという気もしないではないが、まあ、こうやって少しずつ社会が動き出さないといろんなところで資本主義のパイプみたいなものが目詰まりを起こしてしまう。ワクチンや特効薬ができた訳じゃないけど、やれる範囲でやって、マズいとなったらまたこもる。そういうスピード調整を続けて行くしかない。

冬の間、たくさんの小動物がやがて来る冬のために雪の中で身をかがめるが、春になり雪が融けてもそのうちの何匹かは起き上がって来ない。感染拡大防止策はもちろん講じたうえでの話だが、行きたい店にはしっかり行って存続を支援する必要がありそうだ。少しずつ動き出してみることが必要なのかもしれない。



Comments(0)ディスク・レビュー | note



!!注意!! このブログは…
このブログはウェブ・サイト「Silverboy Club」の更新履歴になっています。外部リンクから直接このブログに飛んできた場合、サイトのメニュー・バーが現れず、サイト内の他のコンテンツにリンクできません。その場合、このリンクでメニュー・バーが表示されます。
 
月別アーカイブ
最近のコメント




Copyright Reserved
2005-2010 Silverboy & Co.
e-Mail address : silverboy@silverboy.com