読書

February 15, 2006

The Giant Book of Best New Horror ed. Stephen Jones & Ramsey Campbell

ホラーアンソロジー

マーキーとドクターシェイド既読

 

続きを読む

silvering at 14:55|PermalinkComments(8)clip!

February 08, 2006

ジョン・ヴァーリイ『バービーはなぜ殺される』創元SF文庫

短編集。続きを読む

silvering at 23:03|PermalinkComments(0)clip!

January 16, 2006

ed. Peter Crowther "Tales in Space"

宇宙SF アンソロジー。続きを読む

silvering at 04:24|PermalinkComments(8)clip!

ケイト・ウィルヘルム『クルーイストン実験』サンリオSF文庫

すっげーつまらんかった。つうか、これSF? 何か変な新薬実験をしてはいるけど、動物が狂ったりするだけで、メインの話は科学者夫婦の葛藤と、新薬の人体実験のネタをからめただけ。これ、別にSFである必要ねえだろ。巻末で解説者が必死に褒めようとしているけどお世辞にも面白くはないよ。作者はあれこれと小難しいこと考えて小説を書こうとしているようだけど、出来たものが面白くなければ読んでもらえないだろ。どんなに高尚なこと考えても理解されないんじゃ無駄じゃん。読者が馬鹿だからいけないというのは簡単だが、本書の場合はあまりにも読者のレベルを高く要求しすぎているよ。100人中の一人いるかいないか分からないほどのレベル。偏差値でいうと75以上か。そんな鼻持ちならない小説、世間から爪弾きされて当然だ。知ったことか、頭のいいやつだけでつるんでろって感じ。

テーマ性 ★★★

奇想性 ─

物語性 ─

一般性 ★

平均  1

文体  ★

意外な結末★

感情移入 ★

主観評価 1/2(9/50)



silvering at 04:07|PermalinkComments(0)clip!

January 11, 2006

Paul di Filippo "Fractal Paisleys"

短編集 既読は"Double Felix"のみ。続きを読む

silvering at 02:26|PermalinkComments(8)clip!

January 07, 2006

ed. Edward L. Ferman & Gordon van Gelder "The Best From Fantasy and Science Fiction : The Fiftieth Anniversary Anthology "

アメリカの老舗SF雑誌F&SFのベストセレクション。既読はエリザベス・ハンド「昨夏、マースヒルで」★★★★★、スターリング「招き猫」★、ブルース・ホランド・ロジャース「燃える海の救命艇」★★★1/2、フリーズナー「誕生日」★★★1/2、マキュー「リンカーン列車」★★★★、ルグィン「孤独」★★★。

続きを読む

silvering at 01:03|PermalinkComments(11)clip!

January 05, 2006

ed. Patrick Nielsen Hayden "Starlight 3"

オリジナルアンソロジー。テッド・チャン「地獄とは神の不在なり」★★★★1/2のみ既読。続きを読む

silvering at 00:51|PermalinkComments(17)clip!

January 01, 2006

ed. David Hartwell "Year's Best SF 6"

2000年発表作品を対象にした年刊アンソロジーである。続きを読む

silvering at 06:52|PermalinkComments(9)clip!

荒巻義雄『宇宙25時』徳間文庫

4編収録の中編集。続きを読む

silvering at 06:22|PermalinkComments(0)clip!

December 31, 2005

山田正紀『宝石泥棒』ハルキ文庫

silvering at 03:01|PermalinkComments(0)clip!

December 27, 2005

荒巻義雄『白き日旅立てば不死』ハヤカワ文庫JA

名作中編「ある晴れた日のウイーンは森の中にたたずむ」をもとにした長編。続きを読む

silvering at 21:27|PermalinkComments(0)clip!

George R. R. Martin "Nightflyer"

短編集 既読数編あり省く続きを読む

silvering at 16:04|PermalinkComments(186)clip!

Terry Bisson "IN the Upper Room"

silvering at 16:03|PermalinkComments(1)clip!

板東真砂子『虫』角川ホラー文庫

題名は正確には虫3つの字、作者名の「真」は旧字体、探す時間もったいないので代用。一度記事アップしようとしたが失敗し適時消えたむかつくライブ度脚ね。

続きを読む

silvering at 00:13|PermalinkComments(0)clip!

December 25, 2005

宮部みゆき『理由』朝日文庫

直木賞受賞作。作者の作品を読むのは初めて。続きを読む

silvering at 05:14|PermalinkComments(0)clip!

December 22, 2005

Kristine Katharyn Rusch "Stories for an Enchanted Afternoon"

最近評価の高い女流作家の短編集。ネビュラ賞?受賞の「ミレニアム・ベビー」のみ既読。残りを読む。

silvering at 11:54|PermalinkComments(9)clip!

December 21, 2005

東野圭吾『白夜行』集英社

読了。この作者の本を読むのは初めて。続きを読む

silvering at 00:13|PermalinkComments(0)clip!

December 20, 2005

Suzy Mckee Charnas "Motherlines"

ホールドファスト第2巻。"Walk To the End of the World"続編を読み始めた。東野圭吾『白夜行』と併読(これはドラマになるからってわけじゃなく、何年も積ん読しててそのうち読もうと思ってたので)。

silvering at 02:45|PermalinkComments(1)clip!

December 18, 2005

Greg Egan "Teranesia"

第5長編、1999年。読み始めた。続きを読む

silvering at 11:50|PermalinkComments(5)clip!

December 17, 2005

Gregory Benford "Iceborn"

Paul Andersonの"Saturn Game"と合本になっているペイパーバック。土星ゲームは既に読んでいるので、今回未読のベンフォードのノヴェラを読んだ。続きを読む

silvering at 01:51|PermalinkComments(0)clip!

December 16, 2005

グレッグ・イーガン『ディアスポラ』ハヤカワ文庫SF

イーガン初の本格的宇宙SFである。続きを読む

silvering at 00:23|PermalinkComments(0)clip!

December 15, 2005

Greg Egan "Axiomatic"

イーガンの英米での第一短編集。我が国独自編集の『祈りの海』『しあわせの理由』に、収録作は分散している。続きを読む

silvering at 11:43|PermalinkComments(2)clip!

December 03, 2005

ed. Karl Edward Wagner "The Year's Best Horror Stories : XX"

アメリカのホラー小説の年刊アンソロジー、1991年発表の作品から選ばれている。アラン・ブレナーのネビュラ賞?受賞作"Ma Qui"(ベトナム戦争中にあらわれた魔物を扱った作品、★★1/2)のみ既読。残りをぼちぼち読む。

silvering at 18:29|PermalinkComments(10)clip!

December 01, 2005

ed. Janet Morris "Rebels In Hell"

地獄を舞台にしたシェアードワールドものファンタジーの書き下ろしアンソロジー。シルヴァーバーグのヒューゴー賞受賞作"Gilgamesh in the Outback"とChris Morrisの"Undercover Angel"のみ既読。残りを。

silvering at 02:43|PermalinkComments(5)clip!

November 30, 2005

ed. Sheila Williams etc. "Intergalactic Mercineries"

傭兵ものスペオペアンソロジー『銀河をまたにかける傭兵たち』続きを読む

silvering at 21:56|PermalinkComments(10)clip!

スタニフワフ・レム『すばらしきレムの世界2』講談社文庫

2巻だけ実家で発見し持ってきた。続きを読む

silvering at 21:49|PermalinkComments(1)clip!

November 27, 2005

Bob Shaw "Dark Night In Toyland"

短編集、表題作のみ既読既訳。残りを読む。この作者の作品は俗っぽいわかりやすさが売り。長編もそうだが短編も。

silvering at 12:27|PermalinkComments(15)clip!

November 24, 2005

Gardner Dozois "Geodesic Dreams"

ドゾアの短編集、既読の「モーニング・チャイルド」★★★、「調停者」★★1/2以外を読んでいく。

silvering at 21:05|PermalinkComments(160)clip!

柳美里『雨と夢のあとに』角川書店

同題のテレ朝金曜ナイトドラマの原作。ブックマートの割引券がもうすぐ期限だったので、何か買わないとと思い、定価の半額でこの本を見つけたので購入。小林泰三の『海を見る人』単行本版もあったが、確か文庫化されて安くなっているはずなので見送り。続きを読む

silvering at 20:52|PermalinkComments(0)clip!

ed.David Hartwell etc. "Year's Best SF 7"

ハートウェルの年間SF傑作選シリーズ、2002年版。続きを読む

silvering at 00:52|PermalinkComments(1)clip!

November 23, 2005

ヴァーナー・ヴィンジ『マイクロチップの魔術師』新潮文庫

ヴィンジの中編。VRものの元祖。続きを読む

silvering at 00:35|PermalinkComments(0)clip!

November 22, 2005

荒巻義雄『柔らかい時計』徳間文庫

短編集。唯一未読だった「大いなる失墜」を読み、読了。続きを読む

silvering at 15:43|PermalinkComments(0)clip!

荒巻義雄『時の葦舟』講談社文庫

荒巻連発。続きを読む

silvering at 13:39|PermalinkComments(0)clip!

荒巻義雄『神聖代』徳間文庫

荒巻のいちばん有名な長編。続きを読む

silvering at 13:06|PermalinkComments(0)clip!

November 19, 2005

George R. R. Martin "Portraits of his Children"

87年刊行の短編集。70年代のものと80年代のものを手広く収録している。表題作がネビュラ賞受賞。続きを読む

silvering at 11:49|PermalinkComments(1)clip!

November 18, 2005

Harlan Ellison "Angry Candy"

1988年短編集。続きを読む

silvering at 00:12|PermalinkComments(10)clip!

November 14, 2005

Roger Zelazny "Unicorn Variations"

積ん読短編集を地道に消化。ゼラズニイ短編集。ヒューゴー賞受賞「ユニコーン・ヴァリエーション」(ユーモア・ファンタジイ。地球の運命を賭けてユニコーンとチェスをさす話。★★★★)、ネビュラ賞受賞「ハングマンの帰還」(ロボットものハードボイルド・ミステリSF、「わが名はレギオン」収録、★★★1/2)ほか、「リサイタル」(★★★)「星のない夜を行く」(★1/2)「わがダイオードの恋人」(★★★)「ジョージ・ビジネス」(★1/2)まで既読のため省く。残り15。

silvering at 21:31|PermalinkComments(6)clip!

November 12, 2005

ed. David Pringle "Interzone:The First Anthology"

インターゾーン傑作集第1集
いつものように読んだものからコメント欄に感想を。
英国協会賞の「カイトマスター」「残像」は既読のためスキップ。

silvering at 00:05|PermalinkComments(10)clip!

November 11, 2005

Keith Roberts "Kiteworld"

オムニバス長編。冒頭の「カイトマスター」が英国協会賞受賞で既読。続きを読む

silvering at 00:33|PermalinkComments(0)clip!

November 10, 2005

井上忠ほか3名『倫理 愛の構造』東京大学出版会

大学教養課程程度の倫理の教科書。積ん読だったが、最近興味のあるテーマなので読んでみた。続きを読む

silvering at 00:21|PermalinkComments(0)clip!

November 07, 2005

グリーンバーグ他編『死の姉妹』扶桑社ミステリー文庫

吸血鬼オリジナルアンソロジー続きを読む

silvering at 20:04|PermalinkComments(0)clip!

November 04, 2005

Michael Marrek "Imagon"

クルト・ラスヴィッツ賞受賞のドイツSF。続きを読む

silvering at 21:23|PermalinkComments(1)clip!

笠井潔『薔薇の女』創元推理文庫

矢吹カケルシリーズ初期3部作第3部続きを読む

silvering at 11:42|PermalinkComments(0)clip!

November 01, 2005

串田孫一『ギリシア神話』旺文社文庫

ギリシア神話のダイジェスト続きを読む

silvering at 00:16|PermalinkComments(1)clip!

October 31, 2005

Keith Roberts "Kaeti & Company"

受賞作のみを読んだ短編集の残りの収録作をぼちぼち読んでいく。とりあえずロバーツのケイティ・シリーズ。「絞首刑執行人」「飛行船」のみ既読。残りを読んだ端からコメント欄に感想を書いていく。

silvering at 23:49|PermalinkComments(6)clip!

『創世記』岩波文庫

旧約聖書1続きを読む

silvering at 13:25|PermalinkComments(0)clip!

大江健三郎『われらの時代』新潮文庫

昭和34年の作品。続きを読む

silvering at 12:40|PermalinkComments(0)clip!

October 29, 2005

安部公房『石の眼』新潮文庫

文庫になっている安部長編最後の1冊。続きを読む

silvering at 13:54|PermalinkComments(4)clip!

October 27, 2005

安部公房『榎本武揚』中公文庫

文庫化されている長編未読残り2冊。続きを読む

silvering at 21:22|PermalinkComments(0)clip!

October 26, 2005

ダン・シモンズ『エンディミオン』上下 ハヤカワ文庫SF

シリーズ第3弾続きを読む

silvering at 20:54|PermalinkComments(0)clip!