ジェットマン ラストシーン

鳥人戦隊ジェットマンラストシーンが感動的だと話題になっていますね。
みなさんは鳥人戦隊ジェットマン見てたでしょうか。

羽鳥慎一(日本テレビアナウンサー)と島田紳助の司会でおなじみ
日テレ系「人生が変わる1分間の深イイ話」でも
鳥人戦隊ジェットマンラストシーンが感動的と紹介され
興味を持った人も多いのではないのでしょうか。

私も特に鳥人戦隊ジェットマンが好きだったわけではなかったので
毎回は見ていませんでした。

それでも気になって何度も見てはいたので
鳥人戦隊ジェットマンラストシーンという言葉に
敏感に反応してしまいました。

いったい鳥人戦隊ジェットマンの最終回はどんなラストシーンなんだろう?
感動的なラストシーンというのはどんななんだろう?

そんな気持ちでいろいろ調べてみました。

鳥人戦隊ジェットマンラストシーンはこんな感じです。




鳥人戦隊ジェットマン最終回)第51話 「はばたけ!鳥人よ」


巨大獣ラゲム(巨大化したラディゲの本当の姿)と最後の戦いに挑むジェットマンたち。
記憶を取り戻したマリアがラディゲの背中につけた傷を集中攻撃し
巨大獣ラゲムを追い込むジェットマンたち。

最後には一人ロボットに乗り込み巨大獣ラゲムを羽交い絞めにした竜が
自分もろとも巨大獣ラゲムを貫くように指示。
凱は迷ったあげくバードニックセイバーで竜、ラゲムを貫く。

巨大獣ラゲムに道連れにされたと思われた竜だか
波打ち際の岩場で仲間たちによって生存が確認される。
一方、岩場の崖からラディゲの帽子が転がり落ちる描写で
ジェットマン達の勝利が確定する。

時が過ぎて3年後。

雷太はさっちゃんと仲良く畑仕事。
さっちゃんのおにぎりをほおばっている所に電話が鳴る。
電話の主はアイドル歌手になっていたアコ。
電話の用事は香りの件。
新曲の発表の前に電話をしていたアコは
マネージャーにせかされ話も途中で電話を切ることに。

再びシーンが変わり、舞台は協会。
アコ、雷太と一緒にいるのはウエディングドレスを身にまとった香だった。
小田切長官も交え、アコ、雷太に祝福される香。

長官に手を引かれ、バージンロードを歩き
新郎のもとへたどり着いた香を待っていた新郎の顔がアップにされる。
新郎としてそこに立っていたのは竜だった。

幸せに包まれた二人をみんなで祝福するが
ジェットマン時代、竜と同じく香に思いを寄せていた凱の姿がない。

そのころ凱は町の花屋で真っ赤なバラを買っていた。
今では気持ちの整理もつき
心から二人を祝福しようという表情。

そこで事件が起きる。
花を買いに来ていた他の客のハンドバッグが
若い男に奪い去られてしまう。

花束を持ったまま男を追いかけ取押さえた凱は
ハンドバッグを取り上げその場を去ろうとするが
ナイフを取り出し後ろから襲いかかってきた男に腹を刺されてしまう。

それでも何とか協会に向かいベンチに座っていた凱を
竜が見つけて近づいていく。

凱が来てくれたことに感謝する竜。
竜を祝福する凱。

竜が顔色の悪い凱に気付くが
凱は心配させまいとごまかす。

男同士の少しぎこちない会話の後
写真を撮ろうとする仲間たちの元へ呼ばれる竜。

その姿を見守りながら
ベンチの上でゆっくりと崩れ落ちる凱の姿がスローモーションで描かれる。

仲間達はそのことに気付かないまま
竜は、真っ白なワンピースを着て現われ、
笑ってうなずいて消えていくリエ(マリア)と
リエ(マリア)に微笑み返している。

仲間達はアコを先頭に駆け出して行った。



以上、鳥人戦隊ジェットマンラストシーンはこんな感じでした。

鳥人戦隊ジェットマンを見ていた人も見ていなかった人も感動のラストシーン
…というほどでもなかったかな?

私の文章が下手なせいもあって
活字だとラストシーンの感動も十分には伝わらなかったかもしれませんね。

鳥人戦隊ジェットマンラストシーンを見てなかった人に
少しでも感動が伝わってればうれしいのですが。

とりあえず今日は
鳥人戦隊ジェットマンの感動的なラストシーンのお話でした。