東日本大震災の被害規模は数十兆円と言われています。
阪神・淡路大震災を大きく上回ると言う事なのですが
心配なのは復興にかかる費用をどうやって用意するのか、と言う問題です。
現在、子ども手当や法人税の減税など、
いわゆる予算の組み替えの他に
特別消費税や特別法人税、社会連帯税などが考えられているようです。
要するにそのための税金を集めようという考えです。
更に、震災復興国債や無利子非課税国債などのアイデアもあるそうで
難しい事はわかりませんが
とにかく被災した人たちに早く本来の生活を取り戻してほしいです。
そしてそのための見通しを立てて
一日も早く安心してもらいたいです。