2011年11月15日

北の町を走る。

新潟遠征3日目。

新潟駅で再びレンタカーを借り(前日まで乗ってた車と同じ車だ)、新潟からさらに北上、高速道路を1時間ちょい走って到着したのは村上市。なんでわざわざこの土地に来たのかというと、まぁ、読んでもらえばわかる人にはわかる、と思います。

村上というのは、毎年「村上・笹川流れ国際トライアスロン」が行われている土地。今回は、そのトライアスロンコースをなぞってみようというもの。まずは村上の町からさらに北上し、「笹川流れ」と呼ばれる一帯へ。
「笹川流れ」とは『国の名勝天然記念物(県立自然公園)に指定されており、今や美しい海の代名詞といってもいい、見事な景観を誇る延長11kmの笹川流れ。その名は、岩の間を盛り上がるように流れる潮流を、中心地笹川集落の名にちなんで付けられたといいます。』(村上市HPより)というように、美しい海岸線とそこを流れる潮流のことをいうようで、例えばこんな感じ。
DSC02656
もう1枚こんな感じでどうだ
DSC02655
さらにもう1枚
DSC02660
なんだか写真ではちっとも伝わらない(たぶん写真の才能がないのだろう)けれど、実際にこんな風景が延々と続く海岸線を走るとかなり壮観だったりします。先ほどのトライアスロンでいうと、このあたりはバイクコースになります。

さて、村上の町に戻り、今度はトライアスロンのランコースを実際に走ってみることにしたのだけど、ランコース10キロだけではちょっと寂しいので、コースから離れた村上鮭公園の中も走ることにする。スタートはイヨボヤ会館。イヨボヤとは村上で鮭を意味する方言で要するに鮭の博物館だったりします。
DSC02669
本当は中に入りたかったのけど時間の都合上断念。でもかなりおもしろそうだったので機会がある方は行ってみてください。イヨボヤ会館から走り始めて村上鮭公園をぐるりと一周。横を川が流れており、鮭が上ってくるのだそうな。
DSC02672
路面には鮭の絵が描かれている。
DSC02670
公園を出て海へ向かう。途中「米軍上陸の地」という記念碑があったけどいつの時代のことかは不明(走っていたので立ち止まる余裕がなかった)。しばらく日本海に面した美しい海岸を走る。気持ちいい。
DSC02682
さらに走る
DSC02686
まだ走る。
DSC02693
ある程度走ってようやく、瀬波温泉に到着。ここがトライアスロンのスイムコースであり、バイクコースの発着地であり、ランコースの出発点でもある。ああこれがあの「汐美荘」かなどと温泉宿を見ながら走る。ここから10キロはランコースをそのままなぞることにする。のどかな風景を抜け、
DSC02697
村上駅に到着。小さくていい雰囲気の駅だ。
DSC02698
DSC02702
ここからは市街地。古い町並みを抜ける。
DSC02704
そしてあこがれの「村上新聞社」。やっぱり小さい新聞社だった。
DSC02705
その後しばらく走ってゴール。季候も良くてなかなか楽しいランだった。

次は村上にきたもう一つの目的、それは日本酒を買うこと。町の酒屋に行って、これまた憧れの(というか前日しこたま飲んだばかりだけど)「〆張鶴」。それと村上でもう一つ有名な「大洋盛」、どっちも買う。市内でしか買えないという銘柄を勧められ調子に乗ってたくさん購入。あ、酒の画像がないや。ともかく両方ともおいしいので機会があれば飲んでみてください。特に「〆張鶴」、地元の人はいつも飲んでるんだろうけど、個人的にはあこがれの酒だったのですごく嬉しい。

最後は再び、瀬波温泉に戻って温泉に浸かってから新潟へ。
DSC02709
最後はまたしても道が渋滞し、飛行機の時間ぎりぎりに到着し冷や汗を書いたのと、時間的に村上牛と村上の鮭を食べ損ねたのが心残りであるけど、なかなかいい旅でした。

さて、次に新潟に来れるのはいつになるでしょうか。



silvernavy at 03:47│Comments(0)TrackBack(0)アウェー遠征記 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔