日本縦断ブログ

自転車日本縦断ツーリングの記録をはじめとした旅行記、技術、映像、食事の話など。

    「人工知能vs世界最強の棋士」囲碁対局は人工知能のAlphaGoが勝利、5番勝負の初戦を制する - GIGAZINE
    http://gigazine.net/news/20160309-google-alphago-win/

    なかなかショッキングなニュースです。
    囲碁でコンピュータが人間に勝つのは将棋よりも後だと思ってましたが、やはり競技人口や研究者の数が関係してるのでしょう。

    AlphaGoがどんなアルゴリズムなのか少し調べましたが、結論から言ってよくわかってません。Natureに掲載された論文(有料)を読んでないせいですが、
    ・ディープラーニングの技術を用いている
    ・実際のプロの棋譜を大量に使っている
    ・モンテカルロ木探索によるプレイアウトを実施している
    ・自分同士での対決により強化学習を行っている
    ということが言えるようです。

    まずはディープラーニングを理解すべくサイトを読み漁りました。

    ディープラーニングを簡単に理解するにはこちらのサイトがよさげです。
    http://bizmakoto.jp/makoto/spv/1507/27/news067_2.html

    ディープラーニングにおいて特徴抽出の手段となる自己符号化器については以下が詳しいです。
    http://aidiary.hatenablog.com/entry/20151203/1449146680

    自分は学生時代、どのように画像の特徴を抽出するか、というようなことを日々やっていましたが、このような方法が確立されたのですね。。感慨深いです。

    人工知能はこれからますます進化しそうですが、巷で言われている技術的特異点がいつになるのか、本当に起こるのか、個人的には非常に興味のあるところです。

    思い出せる限りのアイテムを列挙します。
    実施したのは2004年の8月から9月中旬まで。スタートは佐多岬、ゴールは宗谷岬。山口から青森まではほぼ日本海沿いを走りました。

    ■自転車
    • Great Journey 2 (GIANT)
    ヒジカタサイクルのマスターに薦められて購入。バッグとキャリアが4つ付いて、頑丈でよく走る。一泊以上の自転車旅行などしたことのない自分には十分すぎるほど高性能で、さすが旅行専用自転車!といった感じでした。

    ■自転車周辺グッズ
    • CAT EYE LEDライト
    • ヘルメット
    • キャリア(Great Journey付属品)
    • サイクルバッグx4(Great Journey付属品)
    • インフレーター(ハンディ空気入れ)
    • パンク修理キット
    • ボトルホルダー
    • 予備チューブ
    • バイク用ゴジラロック
    最安かつ必要十分な構成で挑みました。ヘルメットは出発時に父親からもらったので持っていったのですが、夏だし、暑いので当初はしばらくお守りとしてカバンにいれてました。が、後々とある事件がきっかけで真面目にかぶることに・・・
    なお万が一があってはいけないとゴジラロックを持っていきましたが、さすがにチャリ旅には重過ぎました^^;その分安心感はありましたけど。

    ■地図
    • ツーリングマップル
    チャリダー、ライダー御用達。飯どころや宿泊情報も豊富で、これがなかったら旅できません・・・でしたが、今ならスマホでなんとかなるんだろうなぁ。。
    なお、日本縦断する場合、ツーリングマップルは全シリーズ(九州、中部関西、関東、北陸、東北、北海道)購入することになると思います。中には一冊数ページしか使わないものもありましたが。巻割りが絶妙に上手いんですよね。。旅の先々で購入しては、いらなくなった地図や思い出のパンフなどを郵便で実家に送っていました(重いので)。

    ■ガジェット系
    • 携帯電話(ガラケー)
    • 充電器
    • 充電池
    リアルタイムでブログを書いたり、鹿児島の海で皆にメールで決意表明をしたり、日々の宿の予約をするのに使いました。スマホもネットブックもない時代なのでたったこれだけ!

    ■衣服
    これが一番記憶があいまいです^^;
    • ハーフパンツx1or 2
    • パンツx2or3
    • 靴下x2or3
    • Tシャツx3
    • レインウェア上下(兼ウィンドブレーカー)
    • 手ぬぐいx1
    手ぬぐいが非常に役に立ちました。日よけ、汗拭き、入浴。洗濯は、手ぬぐいは毎日風呂で。シャツも手でたまに。5日に一度くらいは宿や道端のコインランドリーでまとめて行っていました。乾かないときは自転車に括って走る!ちなみにパンツと靴下は平気で2日間ずつはいてました(゜∀ ゜)

    ■寝具
    • 寝袋
    • テント
    以上。しかもツーリング用でないため重くてでかい!毎日宿に泊まれるお金があるのならいらないですが、自分は節約のため2〜3日に一度は野宿しました。暑い日は寝袋だけ敷いたりしましたが、蚊などが気になるので内テントだけでも張ったほうが良く寝られました。

    ■風呂道具
    • ボディーソープ
    • デオドラントスプレー
    たしかこれだけ!シャンプーはボディソープで代用可。髭剃りがないですが、このころ(大学3年)はまだ髭が薄かったので、旅行中は一度も髭そってません^^;

    ■記録計
    • ノート
    • ペン
    • カメラ
    ブログのほかに個人用の日記をつけてました。やっぱり、オフラインで書きたい内容って出てくるんですよね。あとは地図にわだちを書いていくのが毎日のモチベーションアップにものすごく寄与しました。今日は昨日よりこれだけ走ったぞ!みたいな。
    カメラはなんと、フィルムカメラを友人に借りてもっていきました。

    あとは財布と水分、行動食くらいかな!
    行動食はクラッカーとか、いい感じでした。めちゃカロリーつかうので、なんでも好きなものを持ち歩くといいです。夏の山では水がないと死にます(体験談)。

    山本アットホームというオンラインコミックがめちゃ面白いです。
    所謂ギャグ漫画ですが、シュールなだけでなく全てのコマにクレバーな笑いがちりばめられていて自分は笑い通しでした。

    長女の存在が明かされるのがいまから楽しみです。

    image

    ついにコストコの会員になっちゃいました!
    これまで一度だけ招待券で行ったことがあったものの、年会費の元がとれない気がして入会はしていなかったコストコ。
    1LDKから3SLDKへの引っ越しが終わり、家の容積が格段に増えたことで、買いだめ式の生活ができる準備が整っていました。
    引っ越し直後で冷凍庫の中は殆どからなので、これはチャンスでは!?と思い、入会に至ったワケです。

    コストコを使おうと思った一番の理由
    自分は会社から帰ったあと家族の食事を作ることが多く、帰り際に買い物をします。これが意外と手間!通勤時間もそれなりにあるので、家に帰る頃にはヘトヘトに…しかも近所のスーパーは他店との競争があまりないせいか、肉が高い。特に牛肉にはなかなか手を出しにくい…こんな状態が続いていました。
    手間や時間のコストを減らし、食材をまとめて安く買いだめたい!
    これはコストコに行くしかありません。

    また、もともとアメリカ式の備蓄→消費→足りなくなったらまた備蓄 というスタイルに憧れていたというのもあります。
    ストックからビールを出して冷蔵庫にいれて…これは1LDKに住んでいたときにはできなかった贅沢!

    会員登録
    会員登録では少し待たされました。1歳児を連れて行ったのでもう少しサクサクやってもらいたかったところ。
    4200円で一年間会員になれます。同じ住所の大人1人も無料で家族会員になれるようです。
    なお、カード一枚につきゲストを2人連れて行けるようです。(18歳以下の子供は人数に含めない)
    夫婦で会員になれば、大人4名まで招待できるわけですね。

    なお入会のときに、アメックスカード申し込みの勧誘をされましたが、断りました。
    コストコはアメックスか現金しか使えないので、ポイントを狙ってカードを作りたくなるのですが、アメックスは年会費が1万4000円程度かかります。100円で1ポイントなので、還元率は良いのですが、さずにコストコだけでは元は取れなそう。
    我が家には既に年会費無料でそこそこ還元率も高いカードがメインであるし、出張時の費用や高い趣味の買い物をするときは個人所有の航空会社ほクレカで買うので、必要ないと判断。
    カードのポイントを考えなくてもコストコを定期的に利用するだけでもとは取れそうですしね。

    買ったもの
    image


    さて買ったものはというと、

    牛肉切り落とし 1キロ以上
    牛豚合挽き 1キロ以上
    豚バラ 1キロ以上
    ウィンナー キロ
    ディナーロール
    クラムチャウダービッグ缶
    業務用顆粒コンソメ
    業務用ドレッシング
    徳用味噌

    ティッシュx12箱
    キッチンペーパーx20ロール
    洗剤 徳用
    ダウニー 大ボトル
    ハンドソープ 大ボトル
    ジップロック詰め合わせ 業務用

    ノンアルコールビール ダース買い
    冷凍野菜 2キロ
    アスパラ太束
    トマト大パック
    卵24個

    巨大パエリア

    こんなところかな。

    今回は買いましたよ〜
    占めて3万円ちょい!

    内訳はちょうど、食材が半分、日用雑貨が半分でした。

    お得感としては、買うものにもよりますが、このくらい購入すれば2回で年会費の元は余裕で取れると思います。

    車は必須ですね!トランクに入りきらず、座席や床まで購入したもので埋まりました笑

    ストックしてみて
    image

    肉合計4キロやウィンナー、さらにディナーロールは、翌日使う分だけ残してジップロックに小分けにして冷凍庫にイン!400リッタークラスの冷蔵庫の冷凍庫(144l)でもなんとかいけました。パンと、2キロの冷凍野菜がかなりの存在感です。

    生活がどう変わったか
    まだ本格的なコストコ運用から1週間と経ってないので、見えてない点もあるかと思いますが、"毎日買い物に行かなくてもよくなった"これが一番よかったなと思える点です。
    さらに家に食料備蓄が沢山あるという幸福感!これも素晴らしいと感じます。おそらく狩猟生活や、初期農耕生活時代の本能の名残なのでしょうね笑

    image

    購入した牛肉を使ってすき焼きを作ってみました。野菜だけあれば、これが毎日食べられます!(安いので気兼ねなく食べられる)

    少し食材を消費したら、次は巨大サーモンに挑戦してみようかな〜

    image様々なご意見があると思いますが、我が家の転居における引っ越し費用見積の様子を赤裸々に公開します。

    娘が生まれて3人家族となり、住んでいたマンションが手狭になったので、先日引っ越しをしました。
    1LDKからメゾネットタイプの3LDK(庭、納戸付)へ。さすがにいままでよりかなり広くてスペースを持て余し気味ですが、今後うまく活用していきたいと思います。

    ところで今回、引っ越し業者というものを初めてまともにつかいました。
    引っ越し業者については、その費用については交渉次第であると聞いていたので身構えていましたが、結果的に満足いくレベルまで値下げしていただいたので、ここに参考までに私が実際に行った価格交渉の手順と方法を書いておきます。

    1.複数業者に見積の依頼を出す

    何はともあれ相見積もりです。業者間の競争無くしては良心的な価格も良いサービスもありえません。
    今回はインターネットの検索で上の方に出てきた価格コムを使い、一括で見積依頼を出しました。
    あまり多くても面倒なので、今回は口コミの評価が高そうな2社に絞りました。
    一社は地域ローカルの会社、もう一社は大手にしました。

    2.一つ目の業者で電話見積を実施する

    最初に地域ローカルの業者から電話がきました。引っ越し屋さんと言うものは家まで来ないと見積できないと思っていたのですが、聞いてみたところ電話見積が可能とのことで、まずは電話見積で価格を探ってみることにしました。
    条件は3週間後の土曜日、梱包開梱は自分たちで。もちろん相見積もりを取っていることを告げます。これで大手でない業者さんは頑張った価格を出さざるをえなくなるはず。
    結果、その場で決めれば60,000円、いったん考えて後で回答すると65,000円になるとのことでした。もちろんこれはセールスの常套句、こちらから連絡することにして一旦電話を切ります。

    しかしこの見積ではいくつかの持ち物は自分で運ぶ前提だったり、伝え忘れているものもかなりあったりしているので、全て運んでもらう前提の見積ではもっと高くなるものと思います。

    3.二つ目の業者の見積を実施する。そして価格交渉へ

    次に大手の業者から連絡がきました。
    こちらは訪問でないと見積できないとのことだったので、来てもらうことにしました。
    家の中を一通り見てもらったところで見積結果。95,000円。ここで先ほどの相見積もりの金額を提示。60,000円と告げました。本当は65,000円以上なのでしょうが、シーソーゲームで時間をかけるのもお互いに良くないでしょうし、このくらいにはなるかな、というやや戦略的な価格設定にしました。

    すると、その場で電話で本部に連絡をし、値段の調整をされている模様。そして大手であること、サービスの違いなどを理由に他社より5000円高い65,000円をご提示いただきました。

    なおこの時点ではこちらは午前中の引っ越しを希望(午後はNGと表明)していましたが、実は午後でもよいと考えていました(土曜午前に間に合うように梱包を終える自信がない)。

    ここからさらに値下げのお願いをしました。相見積もりの価格以下でないと契約しない旨を伝え、本部との連絡を頑張ってもらいましたが下げ幅はかなり渋め。しかし午後の場合の値段がかなり下がってきたので、一気に姿勢を変え、午後で55,000円(3名、エアコン取り外し、洗濯機取り外し及び取り付け費用混み)で手を打ちました。
    あとで気づきましたが、梱包のエアクッションもおまけして貰えばよかったです。

    引っ越し当日。流石大手、サービスも良く、大変満足いたしました。しかし想定以上に荷物が多かったのか、時間がかかり、作業の方も途中で増員して4名となり、寧ろ申し訳ないくらい…

    色々と学びのある引っ越しになりました。
    次に越す時は値切りも程々にしようかな。。

    このページのトップヘ