日本縦断ブログ

自転車日本縦断ツーリングの記録をはじめとした旅行記、技術、映像、食事の話など。

    ‪機能性構音障害(促音化構音)なのがコンプレックスで、死ぬまで治らないと思ってたけど、昨年試しに発音教室に通ってみたら、マジに治ったっぽい。

    自分のイの段の発音がおかしい自覚は子供の時からあって(気球と言ったつもりが地球?と聞き返される、等)、大学生の時にインターネットで調べたら、自分は促音化構音障害というものなのだとわかった。
    自力で直そうと努力したけど、何が正解かもわからないし、周りに聞いても長時間は取り合ってくれないし、ゴールも全く見えなくて、辛くてやめてしまった。発音教室の存在も見つけたけど、当時の自分には高額すぎて行く気にはなれなかった。

    大学を卒業し、社会に出て、結婚もできた。もうこのままでいいかな、という気持ちになりつつあったけど、子供が生まれ、喋り始めて、促音化している音があることに気づいたとき、自分のせいではないかと責任を感じ、子供には正しい発音で話しかけたい、と強く思った。

    今なら少しはお金もあるし、以前調べた時に記憶していた、東京アクセント教室(現 東京発声教室)なるところにダメ元で行ってみることにした。

    場所は銀座。何故こんな地価の高そうなところに教室を設けているのか非常に謎だけど、東京駅からのアクセスは良いのかもしれない。

    先生は優しそうな老紳士で、大学で言語学を学んだ?(教えた?)バックグラウンドがあり、さらにご自分がプロのアナウンサーだったこともあるそう。

    カウンセリングから始まり、促音化が起こる発音を特定、スタジオでの発声指導を受ける。自分の場合は、無理やり正しい舌の動きができたようで、一発で正しい音が出たらしい。
    ただ不思議なのが、しゃべっている自分自身はちっとも正しい音に聞こえない(自分では"ディ"と聞こえるが、先生には「それが正しい"リ"です!」と言われる、等)。
    これはどうやら、脳内の基準が間違った(促音化した)音で慣れてしまっているかららしい。
    その証拠に自分の声を録音し、客観的に聴くと、多くの人が発声する、正しいイやチ、リになっている!

    一回のレッスンは1時間弱で終了。次のレッスンまでは自宅で練習。
    自分の場合、通算2ヶ月、合計4回通ってもう来なくてよいですよ、と言われた。かなり順調な方とのことで、絶対治したい!という気持ちがよかったのかもしれない。

    そしてそれから普段の会話で実地練習を積むこと数ヶ月、問題のあった音を、おそらく正しく、しかも無意識に発音できるようになっていることに気づいた。そして試しに昔の発音で喋ろうと思って吃驚、なんと、逆に促音化した音で喋れなくなっている!?
    30年以上、なんとかイ段の音を発するために工夫してきた舌の使い方が、いかに不自然で力を使うものだったのかと気付かされた。矯正当初は変な音に聞こえ、その上舌も精神も疲れる発声方法を、よもや一番楽に感じるようになるとは…。

    それにしても、自分の通った教室の先生は、本当に促音化構音障害の矯正に精通されている方と感じた。
    音韻論の知識はもとより、展開するメソッドが素晴らしい。促音化を矯正する人の失敗パターンを熟知していて、それを避ける指導ができるのが、恐らくあの先生の類い稀なスキルなのだと思う。

    教室のまわし者みたいになったけど、決してステマなどではない。ただ、治ったことに驚いて、誰かに伝えたい!と思ってこの記事を書いている。

    促音化構音に悩んでる方がいたら、迷わず教室に通って見て欲しい。
    自分のケースのように、短期間で治れば儲けものだ。

    カラオケや英語の発音もよくなって、人生がとても身軽になった。あとは体力あるうちにバック転をマスターしたい…!

    image


    プリウスαの2014年モデル(S 7人乗り)を購入。2週間経ったので忘備録を兼ねてレビューしてみる。

    【経緯】
    今までフォレスター、ヴィッツと乗り継いできたが、子供ができて手狭になり、タイミングベルトも鳴り始めたのでヴィッツからの乗り換え対象を探し始めた。(現状は夫婦+2歳児の3名構成)

    初めはスライドドアや7人乗り、容積に惹かれてミニバンを検討したが、実家の駐車場の高さ制限でNGと判明。また妻が毎日の通勤で使うので、あまり大きい車は適さない。

    2番目にフリードが気になり、実際にレンタカーまで借りて試してみた。
    たしかに広く、使い勝手も良さそうだが、走りがイマイチ。特に高速時のエンジンとサスペンションがヴィッツと比較しても残念な出来と感じられてしまった。

    3番目に、走行性能やエクステリアからCX-5に惹かれた。ディーゼルモデルを試乗すると強力なトルクが感じられ、一気に購入候補に。ディーラーで見積もりまでしてもらったが、ディーゼルかつ欲しい装備だと値段が高く、結局契約には至らなかった。

    そんな中、ふと興味の無かったノーマルプリウスの中古を調べてみると、台数が多いせいか、かなり割安感があり、性能も良さそうに思えた。しかし知人のプリウスに乗ってみると後部座席(特に頭上のクリアランス)がかなり狭い。そこからプリウスαに興味を持ち始めた。両親を乗せて出かけたり、また子供が増えることも考えると、7人乗りモデルもあるプリウスαがとても魅力的だった。

    試しにレンタカーを借りて1日走ってみると、これがなかなかいい。トヨタの中古車センターで良い玉を見つけ、値引きもそこそこできたので即購入。納車後2週間経ち、色々とわかってきたので、ここに価格コム形式で感想をまとめておく。

    【エクステリア】
    素直にかっこいいと思う。プリウスに似た雰囲気だが、近づいてみると一回り大きい。購入したのはモデルチェンジ前のモデルだが、これはこれで落ち着いていてよい。トライアングルシルエットは、空力について突き詰めた結果だと分かり、さらにポジティブに見られるようになった。

    【インテリア】質感は普通くらい。ヴィッツと大差ないかも。肘置きが前後の席にあるのはよいが、価格からしたらもう少し高級感があってもよいと思うが。グレードGも検討したが、合皮に手の油が付いて目立つのであまり惹かれなかった。

    【エンジン性能】CVTだが1800ccあるのでパワーは感じられる。モーターも併用しているとのことで、パワーモードでの加速や高速道路、坂道での加速にストレスはなく、坂道では寧ろトルクフルと感じる。ただし、高速道路における時速100キロ辺りの加速では、エンジンが安っぽい音を立てる上、車内に響いてうるさい。2000ccの過給器つきフォレスターのような楽しさはあまりない。
    一方で低速時はハイブリッド特有の楽しさがある。特に、時速を抑えて電気のみで走っているとき、アイドリングストップからの走り出しはスムーズかつ静かで、ハイブリッド車に乗っている満足感を存分に味わえる。

    【走行性能】
    嬉しい誤算は高速時の安定性がすこぶる良いこと。ホイールベースが広いからとか、色々理由はありそうだが、個人的には一番はトライアングルシルエットにあると思う。
    どれだけ踏み込んでも、まるで向かい風がないかのように安定する。それだけに安っぽいエンジン音は残念。小型エンジンの宿命かもしれないが…

    【乗り心地】サスペンション、カーブ走行の安定性、重心、いずれも満足。安心して運転できる。
    座席については、2列目は座席が下げられたり、少しリクライニングできるので、SUVなどと比べるとゆっくり座れて良いと感じる。
    3列目は狭いが、短い距離を親や子供を乗せて走る分にはなんとかなる。先週7人乗りの力試しに片道2時間の距離にある温泉に両親、夫婦、子供一人(チャイルドシート)の5名構成で一泊旅行に行ったが、小柄な親を乗せる分にはなんとかなる。
    自分が座ることもあったが、3列目を占有できるためこれはこれでゆったりできる。

    【積載量】
    3列目シートを使うとトランクは狭い…と思ったら、床下?収納が意外と使える。傘も横にして入るし、コストコの保冷バッグとか、よく使うものを外から見えずに入れておけるのがよい。3列目を収納すればヴィッツ比でどれだけでも入れられそう。

    【燃費】燃費を全く気にしない運転で15-16km/l程度。慣れれば18程度までは伸ばせそうだが、楽しく運転するにはこのくらいは見ておいた方がいいかも。ハイブリッドで元を取ろうと思ってはならないということを身を以て知った。しかし7人乗りの車ということを考えれば、十分と言える。

    【価格】ちと高い。ハイブリッドの開発費か、市場で一般的に認められた価値だからか。7人乗りがいらず、ハイブリッドにもこだわりがなければ、同じ価格でもっといい車はありそう。

    【オプション】
    後部座席のモニターは子供用にとても役立っている。純正9インチナビは場所が見にくく、光の反射で全く見えないこともある。胴体が長いので、バックモニターは役に立つ。

    【総評】
    ファミリーカーとして買うという選択肢はありだと思うが、もし私のように妻の通勤と駐車場問題がなければ、スライドドアのワンボックスが無難かもしれない。
    ただ、走りやエクステリアの質感、ハイブリッドの燃費や楽しさはおそらく他にないレベルで実現されているので、全てをハイレベルで満たしたい場合にはプリウスαをお勧めできる。
    トランクも広いので、アウトドアにも使えそう。
    これから、趣味に家族サービスに、色々と活用したいと思う。

    「人工知能vs世界最強の棋士」囲碁対局は人工知能のAlphaGoが勝利、5番勝負の初戦を制する - GIGAZINE
    http://gigazine.net/news/20160309-google-alphago-win/

    なかなかショッキングなニュースです。
    囲碁でコンピュータが人間に勝つのは将棋よりも後だと思ってましたが、やはり競技人口や研究者の数が関係してるのでしょう。

    AlphaGoがどんなアルゴリズムなのか少し調べましたが、結論から言ってよくわかってません。Natureに掲載された論文(有料)を読んでないせいですが、
    ・ディープラーニングの技術を用いている
    ・実際のプロの棋譜を大量に使っている
    ・モンテカルロ木探索によるプレイアウトを実施している
    ・自分同士での対決により強化学習を行っている
    ということが言えるようです。

    まずはディープラーニングを理解すべくサイトを読み漁りました。

    ディープラーニングを簡単に理解するにはこちらのサイトがよさげです。
    http://bizmakoto.jp/makoto/spv/1507/27/news067_2.html

    ディープラーニングにおいて特徴抽出の手段となる自己符号化器については以下が詳しいです。
    http://aidiary.hatenablog.com/entry/20151203/1449146680

    自分は学生時代、どのように画像の特徴を抽出するか、というようなことを日々やっていましたが、このような方法が確立されたのですね。。感慨深いです。

    人工知能はこれからますます進化しそうですが、巷で言われている技術的特異点がいつになるのか、本当に起こるのか、個人的には非常に興味のあるところです。

    このページのトップヘ