SqnYppc


〆「新年明けましておめでとうございます」



〆「稼動報告一切上げずに適当に更新するブロガーの鑑です」



〆「今回はコメント読んでて気になったので記事にしました」



〆「新年のご挨拶的なものはまた次の機会につらつらぺらぺら書かせて貰おうと思います」



〆「では早速本題に移りましょう」






さて。


そういうわけでコメントです。




538ea864f04fc2278ac6c777ed4464ba
 
ガチガチのレバノン「ジャグでもハナでも合算が設定1ぶっちぎりの台を打ってる多数の人は何なんですか?
             私気になります…教えてサバチャン!」 



〆「教えて進ぜよう」









1369861259618



〆「彼らは愉悦に浸りたいのです」


「愉悦ですか」



〆「そう。愉悦です」 



〆「例えば何も考えずに座ったその台でメダルをいっぱい出してたらどうでしょう?」


「いや、養分が平打ちして誤爆させてるなって思うだけではないですか」


〆「それはあなた側の意見です。もっとスロットを打ち始めたてのあの頃を思い返して頂きたい」


「あの頃」


〆「そう。あの頃。
  スロットを数字で考えるのではなく、本能のままに打っていた汚れを知らないあの頃。
  
  そもそもパチンコ屋でえらいのはなんですか?」


「はて・・・」


〆「簡単なことです」






20120704234551d4e



〆「メダルを出している人が偉いのです」


「なんと」


〆「シマスターなんて言葉があるように、誰よりも個性的な立ち回りで、周囲の目を引きながらメダルを出す」


〆「彼らはこれに悦を感じるのです」


「ただジャグラーやハナハナが好きなだけではないのですか?」 


〆「では家でサミタでも回すか、実機でも買うか、2スロでも打てばいい」


「」


〆「簡単に言えば彼らは永遠の厨二病。自分だけが特別であると思っている。ゆえに」




お座りペカ
 


〆「こんなことを言う」


「効果音まではいわねえよ」



〆「そして」



〆「周囲にはこう思われていると思っている」





 軍艦マーチ



〆「軍艦マーチを流した人間の顔を見てください。どんな顔をしていますか?」


「ドヤ顔ですね」


〆「そうでしょうそうでしょう。それもまるでこの世界で自分が唯一神とでも言わんばかりに傲慢な態度を取りながら、ゆるみきった頬を垂れ下げて、ドル箱にメダルを移しているでしょう」


〆「いわばハッピートランス状態ですね。確実にオーガズムを感じています」


〆「そんな幸せな彼らを邪魔することなんて私たちにはとてもとても」


〆「とはいえ、かくゆう私も毎日ホールにいる身ですのでね。よく話を聞かされるんですよ」 


「ほう」



〆「あのバアさん最近負けてたから、あの台調子いいし連チャンするでって教えてやったわガハハ」



〆「とかね」


「ハァ」


〆「まあジャグラーコーナーは老人ホームですからね。
  ご年配の方々は独自のオカルト理論をぶるんぶるん振り回して打っていらっしゃるので、我々の考えの及ぶところではありません。
   実際絡まれて話聞かされるとポジション的にレバー一発の完全抽選です。死んでください。とも言えませんしね」 


〆「少し話がそれました。本題に戻りましょう」


〆「ジャグやハナの合算1をぶっちぎりで下回っている台をぶん回している方たちですね」


〆「前述で書かせて頂きました通り、ご年配の方々はわかりません。独自のオカルト論でしょう。
  どうせやれハマった後は逆噴射するとか、台のスペックなど特に考えずに遠隔だー!!!!って言うのでしょう。話をするだけ時間の無駄です。
  何より仮にすっげえ短時間で集中的に3000枚出た!って言われたら、ハイ和ちゃんお願い」




images
 


〆「そゆこと」



〆「では若者で合算1をぶっちぎってもぶん回している人は?」



〆「上記で書かせて頂いたとおり、自分こそが特別な何かを持っていると勘違いしています」


〆「あるいはオカルトひっさげて打ってる人です」


「でもたまにカチカチくん使ってる人いますよね?」


〆「それは飾りです。なんかできるヤツっぽくてカッケーって思ってるだけです。
  彼らのカウンターを見てください。まともにDDTしてないのにチェリーを数えてます。最終的にはボーナス消化中にハズレが頻発したからこの台高設定だは!とか言い出します」



〆「例外はありません。サラリーマン風の人も、いまどきの若い子も、ジャージ姿で闊歩しちゃう痛い子も、
  みんなみんな同じです。みんなただ目立ちたくて、愉悦に浸りたくて、独自の理論と引きの暴力に酔いしれているのです」


〆「しかし悪いのはその人たちではありません」


「といいますと」


〆「すべてはこの邪悪な輝きを放つピエロが悪いのです。ヤツこそが諸悪の根源です。恨むなら眼前のピエロを恨んでください」


〆「さてはて。以上をもって終了とさせて頂くのですが、如何せん歯切れが悪いので、
  私の口からは下品な言葉は使えませんゆえ、この話のオチを和ちゃんに担当して貰います」

 
〆「和ちゃん。いろいろあったけど、こういう人たちのことどう思う?」



和「そうですね」







氏ね



おわり。


思ったよりまじめに答えてた。きっと二度とやらない。