寺西です。

最近大人気のパワーメーター。

SIMIZU CYCLEではPioneerのペダリングモニターが変わらず人気です。
img_top1img_p11_l
























シマノもぼちぼち売れていますが、やっぱりみんな使っているPioneerが安心なんでしょうか?

そんなパワーメーターですが、「最近買ったけどどうやって使うんだ?」という方、多いのではないでしょうか?

詳しくは「パワートレーニングバイブル」という超有名な本を買って読むことを強くオススメします。
私も何度も読み返しています。今日も読み返すと一つ認識間違いに気が付きました。

まずパワーメーターを付けたら外を走ってみてください。自身のパワー変動の大きさに驚くと思います。

レースに出たり、練習会に出たりしてそこそこ苦しい状況?で走ったデータが取れたら解析ソフトでヒストグラムを表示してみてください。

こういうカックンと落ち込んだところがFTP付近と推測できます。
FTP(機能的作業閾値パワー:Function Threshold Power)とは60分間維持できる平均Wの最高値です。
ftp





このFTPを正確に把握することがパワートレーニングでは最も大切です。
著者の大先生も年に4~6回の計測を推奨しています。

FTPが分かれば各ゾーンでの効率の良いトレーニングが可能になったり、疲労度を数値化するTSS(トレーニングストレススコア)を正確に把握できます。

話は少し変わりますが、最近SIMZIU RACING内でもローラー台を用いてFTP計測会をやろうかと相談していました。
ですが「ヨダレを垂らしながら走る姿は他人に見せられない」ということで中止となりましたw 自宅でやってくださいw

私は早速今朝、自宅でFTP計測をやってみました。1時間漕ぎ続ける過酷な計測(トレーニング)です。

計測前にはセンサーとメーターの温度を慣らし、ゼロ点補正をすることをオススメします。
その後軽くアップしてスタート。 以下がそのデータ。
FTP2














60分の平均パワーが302.5W、体重は66.5キロですので4.54W/kgとなります。
最近ちょっと練習量が増えてきたことにより、めでたく個人ベストを更新しました。
おかげでTSSが117.7、IF1.08となり、妙なデータになっています。
その理由はパワートレーニングバイブルに詳しく書いてあります。

クリス・フルームなどのトップ選手なら60分あたり6.8~7.0W/kgという段違いのパワーを発揮します。
仮に私の体重なら6.8倍で452Wです。そりゃ速いわけです。1.5倍ですからね。

フルームが60分走るペースの時、今の私は2分持つかどうかです。現実1分半ぐらいでしょう。恐ろしや。

それはともかく、自分の進歩が目で見えるのは嬉しいですね!

そんなパワーメーターに興味はあるけど迷っている方、是非 私(寺西)に聞いてください!
きっと走るのがさらに面白くなりますよー