simizucycleのブログ

◆サイクルスポーツ本館◆2014年8月オープン!スポーツバイク専門店 〒474-0061 愛知県大府市共和町2丁目6-9 TEL:0562-74-1711 FAX:0562-74-1710 【駐車場】店舗前に16台分 ◆大府店◆一般車の販売・修理 子供車 電動アシスト自転車 〒474-0073 愛知県大府市東新町2丁目201 TEL:0562-46-6304 FAX:0562-44-9301 【駐車場】店舗裏 4台(№2・10・15・18) 営業時間:10:00~20:00 定休日:毎週水曜日 http://www.simizucycle.com/

メンテナンス情報

ヘッドベアリングについて

寺西です。

外観からは「あまり悪くないかな?」と思っても深刻な場合があります。

お客様からお預かりしたバイクで、ちょっと深刻なケースがありました。
掲載の許可を頂きましたので紹介させていただきます。


最初お持ちいただいた時は、ハンドルを左右に切って、真っ直ぐに戻した時に「コクッ」と引っかかりがありました。

下側のベアリングが消耗が早いのが一般的なのですが、今回は上側のベアリングも恐らく汗で腐食が進んでいました。
まずフロントフォークを抜くのが一苦労でした。シルバーの割りの入った部品の内側が錆びて膨らんでいました。
IMG_1331





















ベアリングを取るとこの状況。 ぐぇぇ。
IMG_1332





















こちらが下側から覗いたところ。ベアリングが上下に分かれてしまっています。
IMG_1334





















フロントフォークの根本。ベアリングの片割れとダストシールです。
錆びて軽く固着していました。下側は水の巻き上げで錆びたり、地面からの突き上げでダメになったりします。
IMG_1333





















左:下側ベアリング  右:上側ベアリング
IMG_1335IMG_1337






















結構大変でしたが、錆びを落として綺麗にしました。 錆びによって少々凹んで(削れて)いる箇所がありますが、これぐらいでしたら大丈夫。
防水グリスをタップリ使って組み上げ、大変スムースになりました。 以前よりもはるかに長持ちしてくれます。
これで来シーズンも安心ですね。
IMG_1338IMG_1339IMG_1341IMG_1342












































ベアリングの新品と外したものです。 今回はご相談のうえ、上下セットベアリング交換となりました。
IMG_1343






















当ブログをご覧になっている方も、ご自身のバイクを是非チェックしてみてください。

前輪を持ち上げて、左右にハンドルを切り、まっすぐの状態で引っかかりがあるようでしたら
ベアリングの異常のサインです。

「よくわかんねぇや」という方は是非点検にお持ちください。

明日から始まるメンテナンスキャンペーンも是非ご活用ください。よろしくお願いします。

最近のTREKの困った事

寺西です。

例えばこういうバイク。
BlogPaint





















先日紹介したCheckPointALR4ですが、こういうワイヤールーティングを分かりやすく色づけしています。

黄色が外に出ているワイヤー
赤色が中に入っているワイヤー

同じ場所にこんな感じにワイヤーが入っていくと、
CheckpointALR4_22628_A_Alt5_mr












時々問題が起こります。

「ワイヤーが中で絡まるという問題」

ダウンチューブ内を全てアウターワイヤーで通過する場合は問題ないのですが、
フレーム入口でインナーワイヤーだけが2本以上入っていく場合は要注意です。

変速やブレーキに支障をきたします。

もう一度見てみましょう。
BlogPaint





















線はフリーハンドですが、入っていく角度は大体合っています。

お分かりの方もいると思いますが、コレだと中で絡まっているか見えないんです。
絡まっていると変速やブレーキ操作に支障をきたします。

ただこれでもフロントフォークを抜くという手間をかければ鏡で見ることは可能です。

しかし、大変な手間。2019TREKでは今後確実に増えてくるこのワイヤールート。うざい

なのでコイツを導入しました。
IMG_5500






















カーボンハンドルや、フレーム内の状況を見るのにも役立ちます。

このように変顔もクリアに撮影可能。
カメラ先端にマグネットを付けて、ワイヤーを引き込むことも可能です。
IMG_5499





















今後の作業の幅が広がりそうです。


そうそう。デカロゴのMADONE SLRは今日ようやく出荷された模様。次の土日には見ていただけると思います。
どうやらシマノ製クランクのデリバリーが遅れているそうですね。
MadoneSLR6Disc_19_24123_B_Primary

Campagnolo BORA ラベル不良とBosch講習会

寺西です。

本日届いたBORAが残念ながらラベル不良です。

BO「R」Aに黒い筋が入っています。

不良個所
IMG_1032






















裏側はこんな風です
IMG_1033






















一度見てしまうと気になってしまうもの。

1メートル離れてみても目立つのでメーカーに交換していただくことにしました。

せっかくシミズサイクルで買っていただくのですから、良品をお渡ししたいと思っています。
〇〇様、もうしばらくお待ちください。
↑先程店にいらっしゃいました。お待たせしますがよろしくお願いします。

昨日はスタッフ佐藤と一緒にBosch(ボッシュ)社のeBike講習会に参加してきました。
講師の高橋さんは元バッテリーのエンジニアとして働いておられた方だそうで、
大変分かりやすく、かつ詳しい内容でとても充実した講習会となりました。

こうして無事に終了証もいただきました。
シミズサイクルでは以前に酒向が受講し、今回は佐藤と私が受講しました。
IMG_1034





















最後にBoschのスタッフさん達と記念写真を撮ったのですが、家に忘れてしまいました。

誰もうれしくないかもしれませんが、明日写真をアップします。
講師の上司の方がフランス人で背も高くイケメンすぎたので、無理に写真をご一緒しました。

イケメン好きな方、そちらをお楽しみに。

今日もホイールの手直しです

寺西です。

昨日もホイールの事を書きましたが今日も一つ。

新車のロードバイクを組み立てる際にホイールを点検したら、後輪のリムからカラカラと異音がしました。

バルブ穴から取り出すと結構大きなものが入っていました。
ワッシャーのようですが、ただの切削カスです。
IMG_2424





















見ての通り、BONTRAGERのホイールです。こういうのは伏せた方が良いのか?

どこのメーカーでもあり得るトラブルの一つです。

点検時に問題無くても、稀に走行中に異物がリム内で動き出すこともあります。

続いて後輪。これはレアケースです。
IMG_2430





















メーカーに送った写真そのままです。ニップルが1個だけ短いです。

アメリカ人でも直感的に分かるよう工夫したつもりです(笑)

機能には問題ありませんが、美観の観点から当店にて交換しておきました。

手がかかりますが、こういう事はちゃんとやらせて頂きます。


ホイールは自転車の土台となる重要なパーツです。
車と違い、自転車のホイールは「ポン付け」では調整が大幅に狂います。
取り付け後にキチンと整備してやらないと、ブレーキ、シフトがズレます。
そのまま乗ると最悪チェーンが外れたり、ブレーキシューがタイヤと擦ったりします。

ホイールも使い続けるとハブにガタが出たり、芯がズレてきます。

そういったことをこのブログでもっとお伝えしていかなければいけないなと反省しています。
今後も良い例があればどんどん紹介していきますのでよろしくお願いします。

シフトワイヤー交換してますか?

寺西です。

車でも自転車でも、消耗品と言われる物はキチンと交換しておくことが重要です。

先日お預かりしたあるバイク。

購入してから2年経つものの、「一度もシフトワイヤーを交換したことが無い」とのこと。

チェックしてみるとリヤのシフトワイヤーがこの様になっていました。
シフトチェンジの度に繰り返される曲げのストレスで、外側の一部が切れ始めています。
BA6F6C63-CA04-4861-AC7E-FBEE1EDCB83B















上の写真の状態なら、ギリギリなんとか動くと思いますが、
あと少しでシフト不能の状態になってしまいます。

切れる直前の現象としては、
・ローギヤへシフトした際に、少し押し込まないと入りづらくなってきた
・トップギヤへシフトしても入らない
この2つが現れますが、敏感な方でないと気が付かないこともあります。

私の経験から見てリヤのシフトワイヤーは、早い方で半年、遅くても2年で切れます。
週末だけのサイクリングだけという方でも1年持たない方も多く見てきました。
3回切れたけど、3回とも10か月で切れる方もいらっしゃいました。

オススメは 切れてなくても1年に1回、リヤのシフトワイヤーだけは交換しておく ことです。

混んでいなければその場での即作業も可能です。 ご相談お待ちしております。

他のパーツの交換頻度についても店内に簡単な一覧を掲載いたしました。ご来店の際は是非ご一読ください。
記事検索
プロフィール

simizucycle

QRコード
QRコード
大府市にある自転車ショップ「シミズサイクル」のアカウントです。
  • ライブドアブログ