2009年06月11日

ほうば寿司(2009年6月1日)

ほうばってご存知ですか?

漢字で書くと「朴葉」。
朴の木の葉っぱのことなのですが、
殺菌作用があって岐阜では重宝されています。
郡上ではこの葉っぱを使ってお寿司を作ります。
それが「ほうば寿司」。

高山や美濃でも作られるんですが、
地方によって特色があり、郡上ではあじごはんで作るのが一般的です。
(ちなみに郡上では混ぜご飯や炊き込みご飯を「あじごはん」と呼びます。)

ついこの間うちでも作ったので作り方をお見せしますね。
ちなみに我が家は色んなものを乗っけて作る高山式です。

まず、ほうばを用意します
090601-01


寿司飯、しめ鯖、紅しょうが、きゃらぶき、さやえんどうなどなどをほうばに乗っけていく
090601-02


このように行儀よく並べたら、ぎゅーっと包んで出来上がり
090601-03



この後半日ほど置くと、
ほうばの香りが程よくついた美味しいほうば寿司の出来上がりです。


この時期、郡上では物産展や大きなお土産屋さん、
スーパーなどで売っていますので、是非郡上の季節の味をお楽しみ下さい。
食べ比べてみても楽しいですよ。

simizunagaya at 10:32│Comments(0) きょうのはちまん 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔