堀越_旧校舎
ウィキペディアより 堀越学園_旧校舎


昭和のころ、芸能人の通う高校といえば『堀越』といわれた時代がありました。

野口五郎、郷ひろみ、森昌子、岩崎宏美、榊原郁恵、浅野ゆう子、石野真子に松田聖子。
まさに昭和の歌謡界を彩ったアイドルたちが通った学校が堀越学園ですが、もう1校、芸能人が多数通った学校があります。

それが日出高校。

ともに昭和を代表するアイドルたちが通った高校は、学校のある場所も、そしてそこに通った芸能人もとても対照的。

そんなふたつの学校を振り返ってみました。

芸能人に学歴は必要ない?


1960年代までは、「芸能人に学歴は必要ない」といわれ、義務教育を終了しただけの俳優や歌手はたくさんいました。
しかし、1970年代に入り高校進学率が高まると、多くの芸能人やその予備軍の子どもたちが高校進学を希望するようになります。

そこで注目されたのが定時制高校。

一時期、芸能人学校四天王と呼ばれて注目を集めた堀越学園高校、日出女子学園(日出高校の前身)、都立代々木高校、明大付属中野高校のうち、都立代々木高校と明大付属中野高校に通った芸能人のほとんどは定時制。

そんな中で、堀越学園高校と日出女子学園の2校のみが、全日制として芸能人を受け入れる特別なコースを作ります。

こうして、芸能人御用達として名をはせる堀越と日出高校が誕生するのです。

ここの卒業生で映画を作ったら、どんな大作映画になるのやら… 堀越学園


JR中野駅から歩くこと15分。
住宅街の中に私立堀越高等学校はあります。

高い塀に囲まれた外観は、近くまで行かないとそこが学校だとはわかりませんが、近くの公園に行けば、アイドルのファンたちが書いた落書きで、ここに誰が通っているのかがすぐにわかるという、なんとも独特な場所を形成しています。

この学校は、芸能コース(トレイトコース)があるからといって、決して校則がゆるかったり勉強をおろそかにできたりするわけではないのですが、ジャニーズのメンバーが通うのが知られるようになる前から、大変多くの芸能人が通っていました。

多くの芸能人が通うからこそ 黄金世代伝説


よく『花の××年組』と呼ばれる世代があります。

プロ野球の1980年度生まれの選手たちは『松坂世代』と呼ばれ、松坂大輔に藤川球児、杉内俊哉に和田毅など、そうそうたるメンバーが名前を連ねる年代ですが、 多くの芸能人が通う堀越では、約10年の周期でそのような黄金世代が出現しています。

1992年の卒業生には、稲垣吾郎(SAMP)、佐藤アツヒロ・赤坂晃(ともに光ゲンジ)、工藤正貴(引退)、高橋由美子、桜井幸子(引退)、夏川りみ、深津絵里が、2004年の卒業生には、山下智久、田中聖、小池徹平、城田優、蒼井優、酒井彩名、上戸彩(中退)などが名を連ね、2012年の卒業生には、神木隆之介、志田未来、山田涼介・知念侑李・中島裕翔(ともにHey!Say!JUMP)、川島海荷、入江甚儀、西内まりやと、なぜこの年代に固まるのかと不思議になるほどアイドルが集中する世代があります。

ただ、こんな現象が起きるのも堀越だからこそ。

逆に言えば、それだけ多くの芸能人が通っているからこその現象といえるのではないでしょうか。
まさに、『芸能人の園』ですね。

「がんばり!」そんな言葉が似合うのは、やっぱり昭和? 日出高校


もうひとつの芸能人御用達の高校『日出高校』は、堀越学園とはだいぶ様子が違います。

JR目黒駅から坂を下ること5分。
ビートたけしの相棒『ビートきよし』が歌った『雨の権之助坂』で有名になった権之助坂商店街の『裏』にあるのが日出高等学校。

正門は恵比寿側にあるのですが、JR目黒駅の方が圧倒的に近いので、権之助坂の飲み屋街のわき道から入る生徒がほとんどだという、なんとも昭和チックな場所にある学校です。

この学校が一躍有名になったのは、あの伝説の『山口百恵』が在学していたから。

山口百恵自身は、普通の高校生として通いたいと、当時は普通科しかなかった日出高校の前身の日出女学園に通うこととなります。

以降、山口百恵の所属していたホリプロがすぐ近くにあるということから、日出高校に進学する女優さんが続出します。

ただし、通っている生徒に少しだけ違いがあります。
それは、まだデビュー前だったり、デビューしていてもまだまだ役名すらつかない仕事しかなかったりという、明日を目指してがんばっている新人の女優さんたちが多かったということ。

まさに、前向きに生きられた『昭和』を体現している生徒たちばかりだったのです。

日出女学園は、まさに女優の園


ここまで女優さんと書いてきましたが、ここも堀越との大きな違い。

現在は共学となりましたが、元が女子高ということで、この学校に通うのは堀越のようなアイドルというより、女優さんたちがメイン。
そんなこともあり、堀越のような出待ちをしているファンがいるわけでもなく、静かに学校生活が遅れたようです。

とはいえ、あの山口百恵にはじまって、菊池桃子、原田知世、佐藤藍子、奥菜恵、仲間由紀恵、井上和香に優香と、このメンバーを見れば、まさに『女優の園』。

そんな日出女学園も、山口百恵のころには無かった『芸能コース』が設立され男女共学となり、今ではしっかり芸能人をサポートしている、堀越にも負けない芸能人学校となっています。

少子化といわれる中、大学進学率は50%を超える今では、芸能人が大学に行くのも普通のこと。

高校に通うこと自体が大変だった昭和に時代と比べると、本当に時代は変わったんですね。