交通の便は、新宿へJRで1本というだけで、あとは浦安へ行きやすいとうだけの東京メトロの東西線しか走っていない高円寺。
クルマを持つにも、駐車場を借りるということは、もうひと部屋借りるに等しい出費を余儀なくなれますから、移動にはそれほど便利とは言えない街。

それなのに、この街に多くの人が暮らしているのは、ひとり暮らしにやさしい街だから。

特に飲食に関しては、安い定食屋さんから朝まで飲める居酒屋まで、すべてのジャンルを網羅している高円寺は、ひとり暮らしにとっては魅力的な街です。

そんな街で、日曜の午後に二日酔いの体と心を癒していくれるのが、ココ高円寺北公園。

ねじめ正一の小説『高円寺純情商店街』の舞台となった純情商店街のすぐ裏にあり、この写真でもわかる通りに、木陰が公園を覆っている、まさに癒しの空間

こんな癒しの場所があれば、どんなに深酒しても大丈夫ですね。
あと、この一回転に写っているすべり台を滑ってみたので、その動画も貼っておきます。

高円寺北公園にあるすべり台は、すべり台に到着するまでがアスレチック。手前のネットだ最難関です。しかしこの公園、高円寺の商店街のすぐ脇なんですが、静かですよ。

Posted by がん治郎's houseの東京街角探検隊 on 2015年5月18日