神宮外苑のいちょう並木 - Spherical Image - RICOH THETA



このイチョウ並木を知らない人を探すのが大変なほどに有名な神宮外苑のイチョウ並木。

神宮外苑という名前の通り、ここは明治神宮の管理する庭園(外苑とは神社の外にある庭のこと)で、できてから90年近くの歳月が流れているという、意外と歴史的な要素も持っている場所です。
 

すぐ横にある神宮球場では、第二次世界大戦の時は学徒出陣という悲しい式典も行われましたし、前回の東京オリンピックの時は、この地に立つ国立競技場はメインスタジアムとして使用されました。 

遠近法を活用してより印象的な並木道に

そんな場所にあるイチョウ並木ですが、意外と知られていない演出もされているんですよ。

それが、遠近法を活用した奥行きの演出。

イチョウ並木の長さは約300メートルで、並木道の先には聖徳記念絵画館が見えるような作りになっていますが、その聖徳記念絵画館までの距離に、チョッとだけ魔法がかけられています。

それが、並木に並ぶ両側のイチョウの高さで、150本近いイチョウたちは、青山通りから背の高い順に植えられていて、遠近法で並木道に奥行きを与えています。

これは歩道上のイチョウのトンネルにも言えることですが、徐々にイチョウの高さが低くなるということは、イチョウのトンネルも先の方が小さな出口のように見えるということで、まさに黄色いトンネルに迷い込むように感じてしまうという演出。

迷宮へのトンネル


まさかこんな仕掛けがあったなんて、考えた人凄いでね。