お台場大観覧車の真横にあり、その抜け(空間の広がり)では東京屈指の夢の大橋。ここでのドラマのロケが多い理由がわかります。 - Spherical Image - RICOH THETA



夢の大橋。

普通に川に架かっている橋の名前としては少し大げさで、どことなく観光地を思わせるネーミングのこの橋があるのはお台場。

「案の定観光地か」と早とちりしないでください。

この橋、当初は観光地として作られたわけではなかったんです。

お台場の歴史を象徴する橋

お台場は、当初は世界都市博覧会の開催を起爆剤とし、オフィスと住居とが一体となった都市開発の先駆けとなるはずでしたが、バブル崩壊による景気の失速から、「世界都市博覧会中止」を公約にして当選した青島幸男知事により都市博が中止となり、大きく方向転換することとなりました。

都市博の中止で空き地だらけとなったお台場ですが、この都市博中止騒動のおかげで知名度だけはアップし、レインボーブリッジの開通、フジテレビの移転と、徐々に観光地として名を成してゆくようになります。
以降も、東京ビッグサイトでのコミケやダイバーシティ東京の等身大ガンダムなど、定期的に話題となることで、一定の地位を確保した感のあるお台場ですが、当初は最先端の都市開発を掲げで整備された場所。

埋立地であるお台場を複数のブロックに分けて開発し、その各ブロックを大きな公園で結ぶという形で開発が進みましたが、起点となる公園がシンボルプロムナード公園。

このシンボルプロムナード公園の中央に位置するのが夢の大橋で、歩行者専用橋としては日本一の全長は360mという長さを誇り、一番広い部分の幅は60mもあるという、お台場の街づくりを象徴する橋として架けられたんです。

とはいえ、今では平日の昼間など閑散とした風景の続く、当初の目論見とはまったく反対に、観光地お台場ののどかさを象徴するような場所となってしまった夢の大橋は、時代にほんろうされたお台場の象徴ともいえる場所なんです。


特撮ヒーローからラブストーリまで あらゆるドラマがロケしてます

昼間は本当に人通りの少ない夢の大橋ですが、それなのにここからの眺めを知っている人はとても多いはず。
それは、ここがドラマのロケ地として大変有名な場所だから。

キムタクが過去を思い出し、斎藤工が石田ゆり子に振られ、篠原涼子が江口洋介に気持ちを伝えた場所がこの夢の大橋。

他にも、仮面ライダーは何度もここで戦っていますし、殺人事件だって起きている。
もしすべて現実だとしたら、とんでもない場所がここ夢の大橋です。

お台場デートスポットの穴場

夢の大橋のすぐ真横には、パレットタウンの大観覧車がそびえ立ち、反対側には中世を思わせる高層マンションTHE TOWERS DAIBAが見えるというロケーションは、なかなかに壮観で、特に夜景は360度どこを見ても魅力的にライトアップされていることから、知る人ぞ知るデートスポットの穴場となっています。

当初は、オフィス地域と商業地域と居住地域とを結ぶ懸け橋として設計されてあであろう夢の大橋ですが、今ではまさにそれが夢物語。

ただし、ドラマの世界や恋人たちには、今でも夢を与えてくれているようですけどね。