東京 ぐるり一回転

東京のいろんなところで一回転。今まで知らなかった新しい発見があるかもしれませんよ。

カテゴリ: 公園で一回転



交通の便は、新宿へJRで1本というだけで、あとは浦安へ行きやすいとうだけの東京メトロの東西線しか走っていない高円寺。
クルマを持つにも、駐車場を借りるということは、もうひと部屋借りるに等しい出費を余儀なくなれますから、移動にはそれほど便利とは言えない街。

それなのに、この街に多くの人が暮らしているのは、ひとり暮らしにやさしい街だから。

特に飲食に関しては、安い定食屋さんから朝まで飲める居酒屋まで、すべてのジャンルを網羅している高円寺は、ひとり暮らしにとっては魅力的な街です。

そんな街で、日曜の午後に二日酔いの体と心を癒していくれるのが、ココ高円寺北公園。

ねじめ正一の小説『高円寺純情商店街』の舞台となった純情商店街のすぐ裏にあり、この写真でもわかる通りに、木陰が公園を覆っている、まさに癒しの空間

こんな癒しの場所があれば、どんなに深酒しても大丈夫ですね。
続きを読む



『旧三井文庫』のある品川区の文庫の森。

以前あった『国文学研究資料館』は、仮面ライダーの怪人が出現しそうな雰囲気でしたが、見事なまでに変身

芝生広場や橋の架かった池など、地域の方の憩いの場としては最高の造り。

まわりに柵などを設置せず、外周を利用したジョギングができるという作りも、公園を一段と広く感じさせる要因ですね。

このところ、雨や曇り空ばかりだったために、カメラをきつめに設定していたのがあだとなり、変にケバイ写真になってしまいました。



目黒区の桜といば目黒川が有名になってしまいましたが、目黒川はシートを敷いてお花見ができる場所ではありません。

目黒区内で、お花見の必需品『ブルーシート』と『お酒』と『お弁当』が活躍する場所は、やはり林試の森公園でしょうかね。

この写真を撮る直前まで、朝のラジオ体操で公園はお年寄りラッシュでしたが、そんな中にもブルーシートに座ってラジオ体操を眺めている人がいました。

あいにくの曇り空で、桜の鮮やかさがわからないのが残念です。


日本一のデートのメッカ井の頭公園の360度です。

スワンボートに乗ると恋が成就するとか別れるとか、いろいろ言われていますが、平日はのんびりしたもの。

ただし、行楽日和の日曜などは、あまりの人の多さに『よどんだ空気』を感じるほどの観光地です。

立野公園で一回転


住宅街の中に突然出現するという感じの立野公園は、奥に入ってみるとこれが、想像以上に広い広い。

近くには、武蔵関公園、善福寺公園、そして井の頭公園と、大きな池を有する有名どころの公園がずらりと並ぶ中、この公園は、池がない代わりに大きな広場のあるスポーツ向けの公園。

隠れた穴場のような公園です。

立野公園で一回転

このページのトップヘ