2014年03月14日

マネージャーの為の戦略の作り方は、このブログに体系的に述べています。
←左欄の★戦略策定・実行・評価手順★からご覧下さい。

がんばれ_edited-1
←左にあるカテゴリーの名称は
「★戦略策定・実行・評価手順★」

戦略を策定し、実行し、評価するときに参考出来るように分類しました。

最初から順にご覧頂ける様に、戦略策定・実行・評価の順に並べました。

勿論必要とされる所からご覧頂ければ有り難いです。

また、戦略策定・実行・評価ツール「マイストラ」を合わせてご活用頂ける様に、試用版をご提供できるようにしています。

まず、ご提供させて頂いてから、「マイストラ」を使いながらご覧頂ければ入力された情報が保存されるようになっています。

「★戦略策定・実行・評価手順★」の構成は、

 1、「マイストラ」についてとダウンロードの方法
 2、戦略のつくり方、「マイストラ」の使い方
 3、現状の把握及び現状分析
   (ミッション・ビジョン~SWOT/クロス分析)
 4、バランス・スコアカードの真の理解
 5、戦略マップの論理性
   (戦略目標の事例)
 6、戦略策定シートの使い方
   (「マイストラ」で使用可能)
 7、KPIの設定
   (KPIの事例)
 8、KPI目標値の設定
 9、ワークショップの進め方
10、ワークショップの事例
11、戦略実行の重要性
12、戦略を部門横断的に管理
13、BSC運用のポイント
14、BSCとMBO
15、IT化による戦略の定着化と継続化
16、BSCとBIの連携

と成っています。


是非ご覧下さい。


「マイストラ」試用版のご提供は下記
http://mgtec.jp/modules/tinyd1/index.php?id=3


simomystra at 09:51コメント(0)トラックバック(0)★このブログの見方★ 

2014年03月11日

マネージャー育成用のツール「マイストラ」の内容がこのブログ全体に記載されています。
←左欄の★戦略策定・実行・評価手順★からご覧下さい。

●人材と変革の視点とBI連携
BIと人材と変革の視点

ここでのBIとの連携は、社員・従業員
が活用するITとの連携が多くなります。

各種データベース整備によるナレッジ
の共有、即ちナレッジマネージメント。

人事管理のシステムもこの視点と連携
するでしょう。

従業員のモチベーションを向上させ、従業員満足度を向上させることが
大切です。その為のリサーチによる分析等が必要です。

貴重な人材をどの様に生かすかがこの視点のポイントになります。

「マイストラ」君左向き


「マイストラ」試用版のご提供は下記
http://mgtec.jp/modules/tinyd1/index.php?id=3




simomystra at 09:31コメント(0)トラックバック(0)  人財の視点とBI 

2014年03月07日

このブログ全体をお読みいただくと戦略の実行と評価方法が体系的に記載されています。
←左欄の★戦略策定・実行・評価手順★からご覧下さい。

●戦略実行の視点(業務プロセスの視点)とBI連携

BIと業務プロセスの視点戦略実行の視点は活動の視点
です。

この視点の戦略目標及びKPIと
BIとの連携は最も多く、重要な
部分です。

財務及び顧客とのBI連携で見つけ
出した挽回策等のアクションをこの視点で実行する場合が多く出てきます。

・データウェアハウス連携
・ERP連携
・顧客分析のCRM連携
・営業マンの行動に関するSFA連携
・工場等の活動によつTPM連携または、6シグマ連携
・昨今重要な、内部統制との関連
・ISO活動との連携
・JQA経営品質賞連携
・方針管理及び目標管理連携

それぞれの管理手法は、経営マネージメントの一部ですから
それらがバランス・スコアカードに連携してくることは当然ですが
BIを活用することにより、より明確に良くなっている原因又、
悪くなっている原因を分析が出来、強化するポイントが見えて
来ます。

効果的なバランス・スコアカードの活動は、これらのBIとの連携が
無くてはならないものとなっています。

自らのマネージメントでどの様に連携させるかも計画時点で
決めておくことが必要です。

「マイストラ」君左向き

「マイストラ」試用版のご提供は下記
http://mgtec.jp/modules/tinyd1/index.php?id=3



simomystra at 10:30コメント(0)トラックバック(0)  戦略実行の視点とBI 
記事検索
★戦略策定・実行・評価手順★
livedoor プロフィール
  • ライブドアブログ