俺ジャーナル

翻訳やったり物書いたりしています。文章の著作権は私に帰属します。

2013年12月


IMG_20131205_124528645

『神様のホテル 「奇跡の病院」で過ごした20年間』
ビクトリア・スウィート著
田内志文、大美賀馨訳
毎日新聞社
 http://www.amazon.co.jp/dp/4620322245/
 
 大美賀さんと一緒に訳した本の見本が、ついに到着! 今年の春先から初夏あたりにかけてがんばっていた本なのですが、ようやく11日に刊行です。さっき手に取ったばかりなのだけど、本当に丁寧に作られた素晴らしい本に仕上がっており、感動しっぱなしです。

 内容は、医療系のノンフィクション。サンフランシスコにあるラグナ・ホンダ病院という救貧院についてのドキュメント、という感じです。貧しき人々が最後に運び込まれてくるこの病院で、著者のビクトリア・スウィート氏は、現代の医療ではどうすることもできない末期的な患者たちと向き合うことになります。限られた予算や設備の中、彼女は「自分になにかできることはないか」と考え、中世ドイツのベネディクト会系修道女で医師、作曲家、ヒーラーでもあったヒルデガルト・フォン・ビンゲンの医療メソッドの研究を始めるのですが、この、一見現代医学とは相容れぬ大昔の医療により、救われる患者たちが出てくるのです。 

 というと難しそうではありますが、これは本当に面白く、そして魅力的な一冊。医療従事者のみならず、いろんな方々に楽しんでいただけるよう、しっかりと配慮して書かれた本です。生とは何か、死とは何か、魂とは何か、そして人とまみえるということはどういうことなのか。とても本質的なことについて深く考えさせてくれる、医療系ドキュメントの枠には収まらない素晴らしい本です。合理性を追求していく中で、だんだんと心を失ってゆく現代医療。それに抗うように、現場の「心」を追求する医師たちの姿には、深く感動してしまいました。

 個人的にとにかく面白かったのは、ヒルデガルトが用いた「四のシステム」という古い医療モデルです。これは、四大元素、四大体液、四つの方角、四色、四つの気質、そして四季などを組み合わせ、そこから人の状態を探り、状態への対処法を導くというものなのだけど、本当に面白い! 現代医療では手のほどこしようのない患者が、時空を越えた「四のシステム」で回復していく様子などには、心底ぞくぞくさせられてしまいました。

 まだ発売まではもうちょい間がありますが、ぜひどうぞ。お薦めです! 

sp7160291

 今日、パソコンのOSをアップグレードしたら、一緒にメールのクライアントも勝手に新しくなった。ウインドウのレイアウトも変わってしまったので、慣れた配置にすべく四苦八苦していたのだが、あれこれいじっているうちに、ひょっこり昔のメールが1通出て来た。2010年5月のメールで、差出人はマメちゃんという、僕よりひとつかふたつ、年上の女性だった。3つだったかもしれない。

 知り合ったのは、その前年の秋だったと思う。とあるSNSにて。顔見知りのいないSNSだったこともあってすごく気楽で、よくそこで遊んでいた。彼女は癌を患っていて、本人ももう助からないのを知っていたのだけど、昼間に仕事をしながらログインしているうちに話すようになり、いつの間にかすっかり仲良くなった。もちろんいつでも彼女が元気なわけではなかったが、彼女の気分がいいときには長い間メールのやり取りをして話し込んだものだ。

 当時、知り合いとウェブで小説サイトを運営していたのだけど、彼女は病床でそれをすごく楽しみにしてくれていた。とはいえ大半は意識が朦朧としているらしく、A4で8枚から10枚の小説をナース・ステーションでプリントアウトしてもらっても、読むのに1週間も2週間もかかったらしい。だから、せめて2週間に一度は更新しようと思って、けっこう頑張っていた記憶がある。

 4月の末あたりに掲載した短編を読んだ彼女から届いたメールが、最後だった。一時帰宅して、再入院の前にくれたメールだった。すごく気に入って何度も読み返してくれたらしかったのだが、メールには「これから、旅立つために入院します。だからこれが最後のメールです。これからも素敵なお話をたくさん書いてください。では、行って参ります!」と書かれていた。なんか、「こんなお話しかなくって、ほんとごめんな……」みたいな気持ちになって、それからしばらく何も書かなくなり、小説サイトは廃墟みたいになって、閉じた。その後、大震災の後まで、たぶん何も書かなかったんじゃないかな。

 あー。なんか久々にマメちゃんのこと思い出してしまったよ。ご主人とは離婚されて、当時中学生の息子さんがいたはず。さぞ心残りだったろうな。息子さんは、そろそろ進学か就職かしているのではないだろうか。当時は、彼や彼の友人も僕の日記を読んだりしてくれていたらしいのだけど、さすがにもう見てないだろうな。元気ですか?

 よく「めちゃくちゃ煙草吸いたいですwww」とかメールくれたっけな。懐かしや。そろそろ、またマメちゃんのために書いてみたりするのも、アリかもしれんね。 

このページのトップヘ