DSC_0902

 先日、ふらっと入った居酒屋でiQOSのキャンペーンをやっていたのだけど、以前、JPBAの高野プロに勧められたこともあり、ついつい買ってしまった。並の人間に勧められたらたぶん手を出さなかったと思うけど、高野プロのことは、妙に信用している。たとえば、車好きで有名な所ジョージが「いやー、新しいFITハイブリッドいいよ」と言ってたら、ハイブリッドカーなんてクソ喰らえと思ってても、「え? 所さんが言うならそうなのかも」と思ってしまうでしょ。それと一緒。

 ちなみにiQOSは、煙が出ません。臭いもほぼありません。煙っぽいのは蒸気。いわゆる電子煙草のようなものなんだけど、本物の煙草の葉を加熱して吸い込む仕組み。たぶんそのうち、「店内喫煙はダメだけどiQOSはOK」みたいな感じのお店が増えてくと思う。現在も、一部の禁煙区域でもiQOSはアリになっていたりする様子である。喫煙家というと、最近では非国民レベルの扱いを受けることもしばしばだし、これはちょっと嬉しいかもね。「人といるときはiQOSで」みたいな使い方をする人もいると思う。

 で、数日前から普通の煙草と並行して吸ってるんだけど、確かにいいかも。ちゃんと煙草吸った気になるし、臭いもほとんどつかないし、灰も出ない。オマケに健康リスク9割減だって(?マーク付きで書かれてるけど、煙が出ないんだからそりゃリスク減るよね。ちなみにまだ確実なことはいえないのだとか)。まだ普通の煙草の在庫があるから併用するけど、在庫が切れたらしばらくiQOS一本に絞ってみるつもり。 

 難点は、まず重いこと! くわえ煙草不可。くわえ煙草で物書き作業なんてことも僕はよくあるので、これけっこうストレス。

 次に、持続時間が短い。 3分も吸えば終わってしまうので、「ついてる間に吸わなくちゃ」と、なんか気持ちが焦る。片手間に喫煙する「ながら煙草」的な用途には、ちょっと向かない感アリ。僕は燃焼時間の長い銘柄を吸ってきたから、特に短く感じてしまう。

 そして、これがいちばんストレスなんだけど、つけるのがちょっと手間。これまでは「煙草吸うか」で取り出し、くわえて火をつければ「うめー!」だったんだけど、加熱にそこそこ時間がかかるので、いちばん吸いたいタイミングでプカーっといけない。

 ともあれ、この辺の短所は、今後新しいモデルが出たりして解消されていくことだろう。とりあえずは、上記短所をさしおいても、「これはなかなか優れものだわ」という感想である。

 世間で肩身の狭い思いをしているホタル族の方々は、試してみる価値アリと思います。