81ZqfCcEjRL

 1月31日は、下北沢B&Bにて開催された、ドリアン助川さんと管啓次郎さんのイベントへ。昨年12月に刊行されたドリアンさん訳『星の王子さま』(皓星社)の刊行記念イベント。僕はこの話を長い間、定番ともいえる内藤濯氏の訳でしか読んだことがなくて、その後、管啓次郎さん訳で読んだ。うーん、どれも違ってどれも面白い。

 翻訳はどこか、クラシックの演奏に似ている。クラシックで初めて聞いた演奏を気に入り、他の誰の演奏でも満足できない気分になってしまうように、僕は翻訳も、最初に読んだ訳が気に入ってしまうことが多い。おそらく、僕と同じような読者は少なくないのではないだろうか。作品も訳も引っくるめて気に入るわけだから、これはある意味当然のこと。その訳でなかったら作品そのものも気に入らなかったかもしれないのだ。なので、旧訳が存在する仕事をするときは、その作品のファンにはまず嫌われる覚悟を固めることにしている。逆に自分が読者となる場合は、できるだけ自分が既に読んでいる訳のことは頭から追い出し、初めて読む作品のつもりで読む。

 僕は実のところ、「原書を可能な限り忠実に再現するのが翻訳」とは、あまり思っていない。その努力をしないということではないが、結局は自分の知識や経験を離れて作品を解釈し、理解することは(少なくとも僕には)無理なので、どうしたって作品はどこかしら、著者を離れて自分に寄り添ってくる気がするのだ。そういう意味で僕にとっての翻訳は、音楽で言うところの「カバー」にとても近い。同じビートルズの曲でもプリンスとジュディ・オングがカバーしたらまったく別の歌になるだろうけど、翻訳もそういう部分が大きいと思うのだ。

 かといって「他の訳とは違う雰囲気の訳にしよう」とは思わない。他の訳者と自分が別の人間である以上、自然に訳せば違う訳にしかならないからだ。同じ海を見て、青さに感動する人もいれば、深さに胸をときめかせる人もいるわけだけど、そういう話。『星の王子さま』も、管さんの訳はいかにも管さんらしく、力強く作品をリードしていくような頼もしさがあって面白いし、ドリアンさんの訳にはいかにもドリアンさんらしいサービス精神とひょうきんさがあって面白い。

 訳者の姿や、訳者がその作家をどう思い描いてるのかがページの向こうから立体的に浮き上がってくるのは、本当に楽しい。「翻訳を読む面白さってこれだよな」と思う。他にもたくさん訳が出ているので、どんどん読んでみたくなる。そうすると、その訳者さんたちのことを知りたくなるだろう。訳者が登場するイベントが好きなのは、その辺。訳者本人を知っていると、翻訳を読むのは絶対に面白くなるのだ。そして、面白い訳者の訳は絶対に面白い! やっぱり翻訳って「translation」である反面、完全に「representation」なんだろうな。翻訳はほんと奥が深い。

 なんてことを考えながら、打ち上げ終了後は『松』から『わたくしごと』の、お決まりのコース。懐かしい友人たちと朝6時まで飲み明かしてしまった。またいろんな人に絡んでしまったけど、ご容赦。でろんでろんになった翌朝には、必ず恥ずかしくて死にたくなります。