家庭教師のファミリーの先生に会えるのが楽しみ

こんにちは、息子が評判の良い家庭教師ファミリーで習っている父親です。
評判の良い家庭教師のファミリー先生にめぐり会えました。
近所に小さな男の子がいます。そのお母さんが自分の子供は落ち着きがないので病気ではと心配しています。うちの息子も小さい時は落ち着きがなかったと思いますが…
子供に落ち着きがないのは病気?それとも性格?その違いは?と数多くの生徒と接している家庭教師のファミリーの先生ならわかるかもと聞いてしまいました。
一般的に、性格による多動などは小学校2年生、つまり8歳前後には落ち着きます。
これにはもちろん個人差がありますが、AD/HDの場合はこれらの症状が継続するのが特徴です。ある程度大きくなっても多動が見られ、この頃にAD/HDの疑いが強まります。
もう少し低年齢(1歳~3歳頃)までも、健診などでこのAD/HDのチェックが入る事は多いようですが、殆どは発育の個人差と捉えられ、グレーゾーン、つまり様子見の対応をとる事が多いようです。もしお子さんに注意欠陥や多動が見られ、本人も困っていたり手に負えない時は、行政や病院に行って相談をしてみると良いでしょう。
決めつけてしまう事はお子さんの将来の芽を摘んでしまいます。慎重になるべきです。
では子供が落ち着きが無い時はどんな時でしょう?
•遊びたい時
•思い通りにならない時(思い通りにしたい時)
•ストレスが溜まっている時
•愛情を欲している時
ざっとあげるとこんなところだと思います。
基本的に自分の思い通りにしたい欲求が強く、遊びたいときに遊び、思い通りに過ごしたいという事が理由のようです。これは自我が芽生えているものの、自由の中にまだ規律が確立されておらず、結果ところ構わず多動になってしまう。という状態です。
また、ストレスが溜まっていたり愛情を欲している時に、注意を引くために落ち着きをなくすこともあります。では次回は落ち着かない子供の対処方法を書きます。

こんにちは、息子が評判の良い家庭教師ファミリーで習っている父親です。
評判の良い家庭教師のファミリー先生にめぐり会えました。
近所に小さな男の子がいます。そのお母さんが自分の子供は落ち着きがないので病気ではと心配しています。うちの息子も小さい時は落ち着きがなかったと思いますが…
子供に落ち着きがないのは病気?それとも性格?その違いは?と数多くの生徒と接している家庭教師のファミリーの先生ならわかるかもと聞いてしまいました。
一部の子供に発達の障害が認められ、そして現在その発達障害は広く知られるようになりました。多くの親は、その障害の存在を知っていることでしょう。
具体的には、どのような症状があるのでしょうか。症状についてもご紹介しましょう。
AD/HDの症状とは
(注意欠陥の症状)
•集中力が続かない。(短時間での集中)
•人の指示に従えず、理解できない事もある。
•ミスをする。
•人の話を聞いていないように見える。
•人間関係が築けないことが多い。
•集団行動がとれない。
•忘れ物が多い。
(多動の症状)
 •落ち着かず、じっとしていられない。または苦手である。
•座っている事が出来ず、席を立ってしまう。
•手足をよく動かしてしまう。

(衝動性の症状)
 •最後まで人の話を聞けず、さえぎって話をしてしまう。
•人にちょっかいを出す。
•順番をまつことができない。
AD/HDにはこのような症状が挙げられます。
性格との違いで考えられる特徴は?次に気になるのは性格との違いですよね。
AD/HDと性格による問題の違いの特徴は、どのようなものでしょうか。
一般的に、性格による多動などは小学校2年生、つまり8歳前後には落ち着きます。
これにはもちろん個人差がありますが、AD/HDの場合はこれらの症状が継続するのが特徴です。ある程度大きくなっても多動が見られ、この頃にAD/HDの疑いが強まります。

こんにちは、息子が評判の良い家庭教師ファミリーで習っている父親です。
評判の良い家庭教師のファミリー先生にめぐり会えたんです。
近所に小さな男の子がいます。そのお母さんが自分の子供が落ち着きがないので病気ではと心配しています。うちの息子も小さい時は落ち着きがなかったと思いますが…
子供に落ち着きがないのは病気?それとも性格?その違いは?と数多くの生徒と接している家庭教師のファミリーの先生ならわかるかもと聞いてしまいました。
子供がある程度大きくなってから、保育園や幼稚園などの集団生活や、たくさんの子供たちが集まる児童館などの外出で、ふと我が子の落ち着きのなさが気になってきますよね!
昔、子供はそこらじゅうを走り回っていて、落ち着かないのが当たり前とされてきました。ですが一部の子供に発達の障害が認められ、そして現在その発達障害は広く知られるようになりました。多くの親は、その障害の存在を知っていることでしょう。

それと同時に、我が子の多動が病気なのか、性格からくるものなのかが不安になる人も少なくはありません。今回は子供の多動をテーマに、病気と性格との違いをご紹介します。

 最初に、落ち着きがない子供の病気と性格によるものとの違いをご紹介しましょう。
落ち着きが無い子供の病気とは?
注意欠陥/多動性障害(AD/HD)

AD/HDは、正式名称としてAttention-Deficit/Hyperactivity Disorderと呼ばれ、日本語では注意欠陥/多動性障害(または症候群)といいます。
これは子供の発達上の障害であり、現在は決して珍しくない病気であることがわかっています。あくまで推測ですが、子供の全体の数%がこのAD/HDであると言われています。
子供は一般的に落ち着きがないのが特徴ですが、AD/HDは「親や学校の先生方が、手に負えなくなるほどの注意欠陥、或いは多動である」のが特徴です。

このページのトップヘ