家庭教師のファミリーの先生に会えるのが楽しみ

こんにちは、息子が評判の良い家庭教師ファミリーで習っている父親です。
評判の良い家庭教師のファミリー先生にめぐり会えたんです。
今回は息子が国語の点数が伸びないと悩んでいる友達が多く、たまに自分もそんな時があると言っていました。家庭教師のファミリーの先生に聞いてみました。
家庭教師ファミリーの先生はやるほど上がる、「国語」の勉強法があるとのことです。
「国語はセンスで決まる」はウソです!
方法論を知れば、確実に上がりますよ。と先生は言っていました。
国語の勉強は、大きく分ければ「3つの分野」があります。
本当に「実力」をつけたければ…「定期テスト」だけなら、ほぼ学校ワークから出るので、問題はかなりバレています。
極論すれば、暗記でも取れますね。ただ、それは「実力」とは違います。

じっさい、定期テストは高得点なのに、模試で下がる人が多いですね。
「実力不足」の状態で入試を迎えるのは不安ですから、実力をつける勉強も、必要でしょう。


これについては、高校受験の「国語」の勉強法と題して、別でお話しします。
「文法」は最後!

文法の配点は低いので、最後でかまいません。例外的なケースとして、・学校の都合で、今回の「定期テスト」は文法ばかりになり、50点分出るという場合があります。(特に中2)
まれな例ではありますが、「応急処置」として、こんな方法で乗り切れます。

・学校ワークの「文法」ページ

・先生が配布した文法プリント (問題つき)

これら2種類について、「社会」と同じ、暗記の勉強法が使えます。

(ワークからそのまま出るという点で、
 「社会」と共通だからです。)
「定期テスト」の成績アップがすぐねらえます。

国語をあきらめる必要はありません。また、本当の意味で“実力”をつけ、

考えてみれば、数学や英語も、「文章題」が多いですね。

それに、読解力、思考力がつけば、どんな教科書も深く理解できます。

この意味で、国語は「総合科目」であり、実力をつければ、全科目が伸びるのです。

国語を制する者が、受験を制す”そう言っても過言ではないでしょう。
中学生の学習をトータルで見つめ直すなら、「国語力アップ」については、
定期テストとはまた別に、“本当の方法”を真剣に探し、やりぬく事が大切ですね!

こんにちは、息子が評判の良い家庭教師ファミリーで習っている父親です。
評判の良い家庭教師のファミリー先生にめぐり会えたんです。
今回は息子が国語の点数が伸びないと悩んでいる友達が多く、たまに自分もそんな時があると言っていました。家庭教師のファミリーの先生に聞いてみました。
家庭教師ファミリーの先生はやるほど上がる、「国語」の勉強法があるとのことです。
「国語はセンスで決まる」はウソです!
方法論を知れば、確実に上がりますよ。と先生は言っていました。
国語の勉強は、大きく分ければ「3つの分野」があります。

漢字と文法と読解です。
「定期テスト」を上げたければ、まず漢字から練習を。漢字が、「20点前後」出ます。

けっこう大きいので、ここを取りにいきましょう。


漢字は、すぐ上げられます!

というのは、漢字は「学校ワーク」からそのまま出るので、「社会」と同じ“暗記の勉強法”で、すぐに成果を出せるのです。


前回のテストで失敗した人も、

漢字だけで10~20点、すぐ上げられますよ!

漢字を覚えたら、次は「読解」へ!

定期テスト対策なら、「学校ワーク」が有効です。

読解についても、テストの予想問題になります。

・解答、解説を見ながら

・自信のないところを中心に練習しておきましょう。

そうすれば、テストの設問に驚かず、本番でも落ち着いて解けます。


「時間がなくて、国語ワークまで手が回らないんです…」

そんな中学生はいませんか。

理想を言えば――

全科目について、定期テスト対策は「2週間前」に始めましょう、
2週間前に始めれば、社会、理科、数学のワークを先にある程度できる、という面もあります。

“上がりやすい科目”であるこれらの目処が先に立つので、「国語」ワークを
やる時間も取れます。

ワークで読解も練習できれば、以前より上がります。

これがプラスの連鎖であり、理想的な形です。

“早めの開始”が、好循環を生むんですよ!と家庭教師のファミリーの先生が言ってました。

こんにちは、息子が評判の良い家庭教師ファミリーで習っている父親です。
評判の良い家庭教師のファミリー先生にめぐり会えたんです。
家庭教師のファミリーの先生に最近息子が上手くリフレッシュ出来ていないようだと相談しました。家庭教師のファミリーの先生は有効なトレーニング法があるのでお伝えしますねと言ってくれました。
何かについて上達し、成果を残すために必要なことはただ一つ、「集中すること」集中力を高めるための方法をお伝えします。

集中力がない人は必見!集中力を高める知識と有効なトレーニング方法
前回からの続きです。

気分転換の際には、瞑想や腹式呼吸で五感を大切にする。
トレーニング方法をまとめると
・ウォーキングをする
 ・風呂に入る
 ・ストレッチとマッサージをする
 ・ゆっくりと単純作業をする
 ・人と会話する


「今までと違う感覚を身体に与えてあげること」を意識し、これらのメジャーな方法を心がけることで、気分転換が苦手な人でも老若男女問わず、上手にリフレッシュして自身の成長を加速させていくことができる。

唯一の注意点として、集中力が切れた原因が「疲労」であるときは、これらの方法を試みるよりも単純に寝たり疲労回復の処置をとったほうがいい。身体がエネルギー不足ならば無気力や何もやりたくない気分、やる気が出ない状態は避けられない。この時はどんなやり方をしても集中力は戻らないので、できるだけ速やかに疲れを回復しよう。

ここでの気分転換の方法は、一時的なストレス解消にも効果があることを覚えておこう。ストレスに苦しんでいる状態とは、ネガティブな観念や記憶を繰り返し頭の中でなぞってしまっているときなのだ。そのため意識をがらりと変えてしまうために、ここで説明した方法が役に立つ。こどもが日常のストレスを発散できず、元気をなくしがちならばストレス解消法!など考えてみよう。

何かを一生懸命にやること、そして適度に休憩をはかることが、目標に向かって上達し、目的を達成する早道だ。気分転換は大きな利点をもたらしてくれる。気分転換が難しいと思っている人も、上手く参考にしてほしいです。との事でした。

このページのトップヘ