家庭教師のファミリーの先生に会えるのが楽しみ

こんにちは、息子が評判の良い家庭教師ファミリーで習っている父親です。
評判の良い家庭教師のファミリー先生にめぐり会えました。
以前、甥っ子の反抗期がひどいと書きました。うちの息子もありました。母親たちは大変だった時もあったようです。多感な時期にどう勉強と向き合っていけば良いのかカ家庭教師のファミリーの先生へ相談しました。
現在、反抗期だった甥っ子も落ち着いています。
多感な時期にどう勉強と向き合っていけば良いのかカ家庭教師のファミリーの先生へ相談したときの事を振り返りながら書いています。父親側にもしかり方についてアドバイスをうけました。頭ごなしの叱り方はNGです。
父親の接し方は怒ったり、怒鳴ったりの一辺倒過ぎるのです。
それではなかなかうまくいきません。
反抗期の父親の関わり方、特に息子との関わり方はすごく大事です。
「ぼくは父親だ」と肩に力を入れ過ぎて、やたらに権威を振るうこともないと思います。
「すまなかったなあ。今まではちょっと忙くて構わなかったけれども。できればお父さんも仲間に入れてくれる?」
と言えば、男同士でもきっと仲良くなれますよ。いずれにしても、思春期は不機嫌で無愛想なものです。
そのことを良く理解した上で接してあげましょう。と言われました。
お母さんたちはゆとりを持って! 
子育てに行き詰まったら、とにかく外に出て行くことをお勧めします。
一日中家の中でずっと考えていても何も解決できません。
外に出て、同じ年ごろの同じ立場のお母さんたちと話を交わすだけでも
かなり違います。
また、草花や自然を眺めたり、動物を飼うのも良いでしょう。
お母さんのゆとり、安定感が子育てには何より大切です。これは時間的なゆとりではなく、気持ちのゆとりです。
ゆとりはゆとりを生みます。例えば、幼児期の場合であれば、子供と一緒の外に出て、五分でもいいからちょっと手足を止めて、道端に咲く一本の花や夕焼けを見て「きれいね」って語りかける。
このゆとりが、優しいゆとりのある子を育てるもとになるわけです。
反抗期においても同じ事です。「反抗期は大波小波のサーフィン」とお話するのですが、親子で「さあ次はどんな波が来るかな」とむしろ楽しみに待ち受ける。それくらいの気持ちのゆとりを持ちたいですね。

こんにちは、息子が評判の良い家庭教師ファミリーで習っている父親です。
評判の良い家庭教師のファミリー先生にめぐり会えたんです。
最近甥っ子が反抗期が益々ひどくなってきたようです。
うちの息子も度々ありました。
妻は大変だった時もあったようです。
多感な時期にどう勉強と向き合っていけば良いのかカ家庭教師のファミリーの先生へ相談すると…先生は自分も子育てアドバイザーのプロに聞いた事があったそうなので是非お教えしますねと言ってくれました。
前回の続きからです。

「何を今更、さんなこと言われる筋合いない。父親は何もお母さんの助けもしないで」
とかえって反発を招いてしまうのです。
だいたい父親の接し方は怒ったり、怒鳴ったりの一辺倒過ぎるのです。

それではなかなかうまくいきません。
 反抗期の父親の関わり方、特に息子との関わり方はすごく大事です。
「おれは父親だ」と肩に力を入れ過ぎて、
やたらに権威を振るうこともないと思います。
「すまなかったなあ。今まではちょっと忙しいもんで構わなかったけれども。
できればお父さんも仲間に入れてくれる?」
と言えば、男同士でもきっと仲良くなれますよ。
 いずれにしても、思春期は不機嫌で無愛想なものです。
そのことを良く理解した上で接してあげましょう。 


●メッセージ
お母さん、ゆとりを持って! 

 子育てに行き詰まったら、とにかく外に出て行くことをお勧めします。
一日中家の中でずっと考えていても何も解決できません。
外に出て、同じ年ごろの同じ立場のお母さんたちと話を交わすだけでも
かなり違います。
また、草花や自然を眺めたり、動物を飼うのも良いでしょう。
  お母さんのゆとり、安定感が子育てには何より大切です。
これは時間的なゆとりではなく、気持ちのゆとりです。
ゆとりはゆとりを生みます。
例えば、幼児期の場合であれば、子供と一緒の外に出て、
五分でもいいからちょっと手足を止めて、
道端に咲く一本の花や夕焼けを見て「きれいね」って語りかける。
このゆとりが、優しいゆとりのある子を育てるもとになるわけです。
  反抗期においても同じ事でしょう。
私は良く「反抗期は大波小波のサーフィン」
とお話するのですが、親子で「さあ次はどんな波が来るかな」
とむしろ楽しみに待ち受ける。
行手社会のタタキ台、しっかりと受け止めさえすれば、
すべて肥やしになります。
それくらいの気持ちのゆとりを持ちたいですね。

こんにちは、息子が評判の良い家庭教師ファミリーで習っている父親です。
評判の良い家庭教師のファミリー先生にめぐり会えたんです。
息子は毎晩、毎朝休むことなく勉強を頑張っています。
こんな時、何かできることは無いかと考えました。でも親は無力ですよね~
そんな時NHKのテレビでテストの花道という番組があるので息子さんと観てみてはと家庭教師のファミリーの先生にすすめられました。
前回のつづきより番組の内容は「試験直前! 先輩はこんなことをしていたスペシャル」です。とても有意義な番組内容でしたので書いていきますね~一部ネットから抜粋しているところもありますが上手く伝えらたいいのですが…
ではここから番組内容です。
前回のつづきからです。
試験直前の不安を払拭し自信をつける方法。それは、参考書をおさらいし、すぐに赤シートで隠して忘れないうちに答えるなど、誰だって正解できるテストをすることだ。 

確認のつもりが確認のつもりで応用問題に手をつけたものの出来なくて不安になる。他の教科も気になり、そのまま徹夜になることも。今回のアンケートで「絶対にしてはいけないことNo1」はずばり徹夜だったぞ。と…

○○さん(東京大学 文学部)
 徹夜は確かにダメ。長丁場だから集中力が大事。徹夜でそういう部分がもたなくなる。
 徹夜は所詮パフォーマンス。自分が頑張ったことを自分に納得させるみたいなこと。中身は全然ない。

▲▲くん(慶應義塾大学 総合政策学部)
徹夜で出来る範囲は限られている。やったところが試験で出たとしても他の部分に疲れが出たり、結果的にはマイナス。

●▲くん(早稲田大学 社会科学部)
今までを信じることが大事。


受験の用意 ベスト5は…
今回のアンケートで聞いた「やっておいたほうがよい受験の用意」ベスト5だ。実は去年と全く同じ結果だったぞ。 
これだけ全部用意して、これでひと安心と思って行くでしょ
でも当日ハプニングって起きるでしょ
例えば下痢止め飲む時間がなくて「あぁ、飲む時間がないってから」ってなっちゃう
ノートをつくったものの読む時間がなかった、とかね だから、当日のハプニングもあるって考えないとね
ただ用意すれば安心と思うと、できないとき不安になっちゃうから
「できないこともあるよ」「使えないこともあるよ」と思っていかないとね 
と言っていました。

このページのトップヘ