家庭教師のファミリーの先生に会えるのが楽しみ

こんにちは、息子が評判の良い家庭教師ファミリーで習っている父親です。
評判の良い家庭教師のファミリー先生にめぐり会えたんです。
息子は毎晩、毎朝休むことなく勉強を頑張っています。
こんな時、何かできることは無いかと考えました。でも親は無力ですよね~
そんな時NHKのテレビでテストの花道という番組があるので息子さんと観てみてはと家庭教師のファミリーの先生にすすめられました。
前回のつづきより番組の内容は「試験直前! 先輩はこんなことをしていたスペシャル」です。とても有意義な番組内容でしたので書いていきますね~一部ネットから抜粋しているところもありますが上手く伝えらたいいのですが…
ではここから番組内容です。
前回のつづきからです。
試験直前の不安を払拭し自信をつける方法。それは、参考書をおさらいし、すぐに赤シートで隠して忘れないうちに答えるなど、誰だって正解できるテストをすることだ。 

確認のつもりが確認のつもりで応用問題に手をつけたものの出来なくて不安になる。他の教科も気になり、そのまま徹夜になることも。今回のアンケートで「絶対にしてはいけないことNo1」はずばり徹夜だったぞ。と…

○○さん(東京大学 文学部)
 徹夜は確かにダメ。長丁場だから集中力が大事。徹夜でそういう部分がもたなくなる。
 徹夜は所詮パフォーマンス。自分が頑張ったことを自分に納得させるみたいなこと。中身は全然ない。

▲▲くん(慶應義塾大学 総合政策学部)
徹夜で出来る範囲は限られている。やったところが試験で出たとしても他の部分に疲れが出たり、結果的にはマイナス。

●▲くん(早稲田大学 社会科学部)
今までを信じることが大事。


受験の用意 ベスト5は…
今回のアンケートで聞いた「やっておいたほうがよい受験の用意」ベスト5だ。実は去年と全く同じ結果だったぞ。 
これだけ全部用意して、これでひと安心と思って行くでしょ
でも当日ハプニングって起きるでしょ
例えば下痢止め飲む時間がなくて「あぁ、飲む時間がないってから」ってなっちゃう
ノートをつくったものの読む時間がなかった、とかね だから、当日のハプニングもあるって考えないとね
ただ用意すれば安心と思うと、できないとき不安になっちゃうから
「できないこともあるよ」「使えないこともあるよ」と思っていかないとね 
と言っていました。

こんにちは、息子が評判の良い家庭教師ファミリーで習っている父親です。
評判の良い家庭教師のファミリー先生にめぐり会えたんです。
息子は毎晩、毎朝休むことなく勉強を頑張っています。
こんな時、何かできることは無いかと考えました。でも親は無力ですよね~
そんな時NHKのテレビでテストの花道という番組があるので息子さんと観てみてはと家庭教師のファミリーの先生にすすめられました。
前回のつづきより番組の内容は「試験直前! 先輩はこんなことをしていたスペシャル」です。とても有意義な番組内容でしたので書いていきますね~一部ネットから抜粋しているところもありますが上手く伝えらたいいのですが…
ではここから番組内容です。
前回のつづきからです。
試験直前の不安を払拭し自信をつける方法。それは、参考書をおさらいし、すぐに赤シートで隠して忘れないうちに答えるなど、誰だって正解できるテストをすることだ。 
○○くん(東京医科歯科大学 医学部)
受験直前って不安だから、どうしようかなって考えて、ズルしてでもいいから、いい点をとること。直前に知識を全部詰め込んでからすぐテストする。すぐだから当然できるのだけど、これで安心できる。知識を覚えてすぐにそれを復習することにもなる。
高得点が取れるイメージを植え付け自分に自信をもつことは意外と大切なことかもしれないぞ。 
受験前日 注意したいポイント

あれも必要?
忘れ物だけは絶対に避けたい。でも本当に大丈夫なのかと直前に不安がるのは禁物。受験案内などにのっている「持ち物チェックリスト」さえ用意すれば試験を受ける上で大きな問題はないぞ。とのこと

ただし、特に気をつけたほうがいいことがあると言う。次回へ

こんにちは、息子が評判の良い家庭教師ファミリーで習っている父親です。
評判の良い家庭教師のファミリー先生にめぐり会えたんです。
息子は毎晩、毎朝休むことなく勉強を頑張っています。
こんな時、何かできることは無いかと考えました。でも親は無力ですよね~
そんな時NHKのテレビでテストの花道という番組があるので息子さんと観てみてはと家庭教師のファミリーの先生にすすめられました。
前回のつづきより番組の内容は「試験直前! 先輩はこんなことをしていたスペシャル」です。とても有意義な番組内容でしたので書いていきますね~一部ネットから抜粋しているところもありますが上手く伝えらたいいのですが…
ではここから番組内容です。
試験のスケジュールに慣れておくと自信につながる

スケジュールに慣れることと違った視点で過去問を解く方法もあるぞ。 

○○さん(東京大学 文学部)
 大事なのは何分で解くか。制限時間より10分はやく、8割ぐらいの時間で解ききれるようにする。10分短いと次々にいくクセがつく。特に数学は点数が上がった。
試験の過去問はただ解くのではなく、本番前のシミュレーションとして取り組むべし

試験のスケジュール通り過去問を解いても、まだ夕方。先輩たちはそれ以降の時間、何をしていたのか? 過去問を解いたあとの勉強法に成功の鍵があったぞ。 

間違えノート
間違えノートとは、今までの模試で間違えたところや分からなかった問題を自分流にまとめておいたもの。夜は、そのノートを中心に見直しをしていたんだ。花道の先輩は、直前にやった過去問でも同じような間違えノートを作っていたぞ。 

■▲くん(早稲田大学 社会科学部)
 間違えたところを全部事細かにノートに書きつづる。試験前などに見られるように復習用の自分のツールにしておく。


●▲くん(東京医科歯科大学 医学部)
 試験の前に見直して全部分かるとなるとすごい安心感がある。それだけで十分。
新たなことを詰め込もうと焦るのではなく間違えたところを見直すことで、先輩たちは効率よく最後の実力アップができたという。事でした。またつづきは次回へ

このページのトップヘ