2011年01月06日

Pre-Order完了/クラスシステムについて

公式サイトでデジタル版のPre-Orderを終え、先程7日から3日間行われる4回目のクローズβ(β参加は初)の参加権も無事ゲットし(Pre-Order得点でリ今からリリースまでの4回のβテストの参加権やヘッドスタート権もあり)、クライアントダウンロードも済ませて、後はβが始まるPSTタイムの7日の午前10時を待つのみとなったSIGUTANですが、皆様如何お過ごしでしょうか?`x`

前回触れたAscended Class Systemですが、非常に判り難い書き方だったので判りやすく説明してみようと思います。

Warrior, Mage, Cleric, RogueのCallingと言われる4つのアーキタイプから更に8づつSoulと呼ばれるサブクラスが枝分かれしていて計32クラス(それに加えヒロイッククラスもあり)があり、レベル15で2つ目のソウルがアンロックされ、レベル30で3つ目を選べるシステムです。

同じアーキタイプ内の8つから最大3つまで同時に選べ、最大51ポイントのスキルポイントを自由に振り分けられ、アウト・オブ・コンバットであればその「振り分けの組み合わせ」を切り替えられて、更には「お気に入り」の組み合わせを4つまで登録出来、ボタン一つで瞬時に切り替え可能出来るシステムです。

つまりCleric系のソウルであれば、

今はソロだからタンクよりのMelee攻撃によってヒールが出来るJusticar(WARで言うならばBattle Priestのようなクラス)に31ポイント振って、HoTの得意なWardenに10、ダイレクトヒールが得意なPurifierに10振る組み合わせのソウルで・・・

でも今はレイドだから、

Purifierに20振って、Wardenに20振って、Justicarは11でいいやと言うような組み合わせのソウルに・・・

など、リスペックする事無く状況に合わせて切り替えられる非常に自由度の高いシステムで、Champions Onlineのシステムを、更にいつでも組み合わせを変更できる柔軟性の高いものにしたような感じなんです!

当初はこれを更にCalling(アーキタイプ)を超えてまで切り替えられたらしく、

例えば、レイドでヒーラー少ないみたいだからWarriorからClericのCallingに切り替えよ!

的なシステムだったらしいのですが、それはそれで自由度は高いですが、アイテムのロールなどの奪い合いなどにも繋がりそうで、個人的には現在のシステムの方が好みです`x`V

色んな記事を読んでもここら辺の古い情報がごっちゃになって、訳の判らない状態になってるのも確かですw

ベータまであと少しなので、

タレントビルダー

でも眺めて自分の好きなソウルの組み合わせを模索したいと思います`x`PUIN

simonmasuda at 18:13コメント(0)トラックバック(0) | RIFTネタ  

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Profile

Siguma

フライト・アテンダント(♂)として香港に住み始めて早10年目。世界中を飛び回りながらも、ステイ先にはノートパソコンを持ち歩き、
社会人でも廃人プレーが可能な事を証明中!

Recent Comments