2013年12月31日

叔父さんのハーレー

P1150433半年以上、更新しないのは初めてのことかもしれない。
理由は単純。Facebookを始めたからだろう。
何かを発信して「友だち」から「いいね」やコメントが
返ってくることで、もう十分満足なのだと思う。でも、
ここはもうしばらくきちんと維持管理された場所にしておきたい。
だから一年の終わりに記事を更新しておくことにしよう。
目の前に“大きなミニチュアモデル”がある。
これは私が買ったものではなく譲り受けたものである。
しかも元所有者の承諾を得たわけではない。
続きを読む

2013年05月18日

神さまの忘れ物

KW1
人生には時々想像もしていなかった出来事が起こる。
今年の初め、まさかこの人たちが来日しその演奏を
自分が目の前で観る事になる5月がやってくるなど
想像したであろうか。いやまったくしていなかった。
しかしそれはあっさりと現実のものとなった。
思えば人の縁がまた縁をつなぎ、私を今夜この場所に
連れてきてくれたのである。
30年以上憧れ続けたそのサウンド、その存在が
私からほんの10数メートルの距離に降臨した。
続きを読む

simoon1965 at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2013年05月07日

腕に自立型「4号」

G4
15年ぶりのG-SHOCKである。
裏を見ると、もうメイドインジャパンではない。
この時計の価格の何十倍もするスイス製機械式時計たちが
こまめな時刻合わせやゼンマイ巻上げの手間と
定期的にこの時計の価格の何倍もの費用をかけた
オーバーホールを求めてくるのを横目に
この時計は蛍光灯のわずかな光で独り駆動力を発電し
深夜遥か九州の基地局から飛来する微弱な電波を捉え
独り時刻を合わせ、物理的寿命いっぱい正確に動き続ける。


2013年04月21日

手術直後の傷口

nisoto
本日、当家の目の前で工事が進んでいた
京都縦貫自動車道 京都第二外環状道路が開通した。
工事中立ち入ることができなかった側道部分などに
初めて足を踏み入れてみたが、あった筈の民家や
生活道路がごっそり削り取られ、元の地形とは無関係に
真新しいコンクリートとアスファルトで大きな道路が
一直線に伸びていく。それはまるで手術直後の傷口のようで
地元民としてはちょっと痛々しい。早く傷が癒えて
地域の地形に馴染み、同化していくことを願うばかりだ。


2013年01月03日

謹賀新年

sb_01新しい年がまたやってきた。
去年はただでさえ少ない更新頻度がさらに少なかった。
実は心身ともに非常に低調な一年だったせいだろう。
数少ない明るいニュースの中ではリターンライダーを
果たせたことが大きかった。それに支えられたと思う。
あまり走行距離も伸ばせずマイペースな二輪生活だが
ETC装着に続き年末にはサドルバックを装着し
当てのない旅支度がゆっくりと進んでいる。
でもこのバッグ装着、なかなかの難作業であった。
続きを読む

2012年11月30日

レインボーマンが伝えたもの

magatama流行とはあまり関係なく天然石好きな当家であるが
特に私は昔から勾玉型に心惹かれる。
先日大阪のショッピングモールで見つけたモノは
よく見かけるサイズよりかなり大きくしかも置き台付で
身に付けるというよりはインテリアとして飾る感じだった。
数秒迷ったけれど、このサイズ感はなかなか魅力的で
手頃な価格にも後押しされ、包んでもらった。
私が勾玉に惹かれる感覚のルーツははっきりしない。ただ、
ちょっと特異な大昔のヒーローの影響があるようにも思う。
続きを読む

2012年10月21日

やわらかい東京の表情

skytree思えば私の場合、4年半の単身赴任を含め
仕事以外に東京を訪れたことはなかった。
それが今回東京時代非常に仲良くしてくれた
在東京若手社員君の結婚披露宴に招待され
初めて仕事がらみではない上京となった。
私の前に広がる東京は今まで感じたことのない
無垢な晴天と穏やかな空気に満ち満ちていた。
それが私の晴れ晴れした心のせいか、挙式した彼を
神のような力が祝福しているからか、不明だが。


2012年09月29日

アメ車にイタ靴

alpinestars乗り始めて半年が過ぎ、ようやくキチンとした
オートバイ用のシューズを買うことにした。
私が乗るXL1200Xというモデルは、
あまりハーレーダビッドソンらしくない
コンパクトさに加えて、なぜかちょっと無国籍な
モダンデザインを感じる。だから私の足元も
コッテリ味のアメリカンレザーブーツというよりは
アルパインスターズのライディングシューズのような
ヨーロッパ風味のチョイスもアリかと。




2012年08月20日

京都 聖宝講のみなさまへ

ohmine本山修験宗聖護院門跡 京都 聖宝講の
大峰山入峰修行の模様を新しいサイトに移転し
下記ギャラリーにて公開しております。
https://picasaweb.google.com/106643190697292815000
旧ギャラリーが閉鎖されて以来、聖宝講のみなさまには
たいへんご迷惑をおかけしておりましたが
お盆休みを利用してようやくサイトの選定と
再アップロード作業を完了させることができました。
今後ともよろしくお願いいたします。


2012年08月14日

海のSEIKO、ようやく海へ

seiko今年の盆は家内の手配で海辺への小旅行が実現した。
申し訳ないことに子供には中学2年にして初の海水浴。
2年前、海の日に買ったSEIKOもようやく「進水」だ。
設計深度1000mながら本日の潜水深度せいぜい50cm。
とは言え、海水越しに見る潜水時計はやはりいい。
ガラスコーティングのブラウン色にうっとりしたり
水中での文字盤や針の見やすさをを実感したりと
左腕を海水に浸けては何度もニンマリするおっさんに
周りの人たちはさぞ不気味だったのではないか。



2012年07月28日

勇者再生の儀式

rydeen01今、私の手元には2体の超合金「勇者ライディーン」がある。
ひとつは写真奥に立つ、私が小学生の頃買ってもらった
1975年製DX超合金「勇者ライディーン」。
もうひとつは写真手前に立つ、47歳の私が最近買った
2010年製スーパーロボット超合金「勇者ライディーン」。
なぜ今、再び「勇者ライディーン」を私は買うのだろうか。
レジに持っていき、お金を払う瞬間も自問自答していた。
35年分の進化が見てみたいというのもある。
でも実は自分の中に何か儀式的な理由があるように思う。続きを読む

2012年07月13日

人も機械も養生の三連休へ

IMG_1203アメリカから私の元にやってきて4ヶ月あまり、
運転が相当テキトーでしかもかなり重い私を背に載せながら
文句ひとつ言わず走り続けてくれていた、
ハーレーダビッドソンXL1200Xの警告灯が点灯した。
しかもエンジンとバッテリーの2アイコンが光る。
点灯時ちょうど大阪を走っててエンジン音や車体の挙動に
特に異常なかったので、そのまま怖々ながら用事を済ませ
家まで帰り着いたが、一度エンジンを止めると
もう二度と始動しなくなった。警告は本当だったのだ。続きを読む

simoon1965 at 20:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年05月28日

余生はひと皮むけて

g02私のG-SHOCKはかなり古い。品番DW9300J。
なにしろソーラー1号機。購入14年になる。
今でもちゃんとソーラーパネルが機能し満充電に近い。
ところが外装樹脂パーツが劣化しボロボロになった。
タフを謳うG-SHOCKだが衝撃に強い外装樹脂の寿命は
素材の特性からか予想外に短いのであった。
樹脂パーツを取り付けていると思われる4ヶ所のビスを
試しに外してみる。すると樹脂パーツはベルトと同時に
マスクのように外れ、すっぴん顔が現れた。

続きを読む

simoon1965 at 01:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!モノネタ | 無分類

2012年05月05日

京都 聖宝講のみなさまへ

ohmine2012本山修験宗聖護院門跡 京都 聖宝講の
平成二十四年度 大峰山入峰修行の模様を
下記ギャラリーにて公開しております。
ご家族の皆様と楽しんでいただければ幸いです。
ただ、アップル社の一方的な意向で6月末日を
もちましてギャラリーが閉鎖されることとなりました。
それまでに新しい公開スペースを見つけ移行したいと
考えております。何卒よろしくお願いいたします。
http://gallery.me.com/simoon1965


2012年05月02日

オイスターケースは母の声で語りかける

rolex01購入18年。2度目のオーバーホールを終えた
ロレックス オイスター パーペチュアル
シードゥエラーが、ちょうど1ヶ月の
ドック入りの後、送り返されてきた。
1度目はこのブログを始めた頃記事にしている。
まずブログが8年くらい続いてることに少々驚く。
そして1度目とかけ離れたオーバーホールの
請求金額にもっと驚く。わりといい国産腕時計が
ひとつ買えるくらいの金額だ。続きを読む

2012年04月09日

スケールダウンしてゆく幸福感

sw01ミレニアム・ファルコンといえば私の中での
SF映画史上最も好きな宇宙船かも知れない。
元プラモ少年としては、できることなら
ファインモールド社から出ている大型で精密な
モデルキットをじっくり組み立てたいところだが
そんな時間も技術も気力もない今の私には
掌に載るこんな小さな食玩でさえ、もうそりゃ有難い。
なりふり構わぬ5箱オトナ買いの願いは通じ
塗装済み極小ミレニアム・ファルコンが我がものに。続きを読む

2012年03月20日

アメリカンレジェンドと日本のおじさんたち

hd02ディーラー主催の日帰りツーリングに参加した。
想い想いにドレスアップされた凄いマシンと爆音の
長い列に、姿も音も三下奴の我がマシンも混ざり
京都の街を駆け抜けてゆく。
びわ湖畔の休憩場所でマシンを降りヘルメットを脱ぐと
みなさんいたって普通のおじさんたちだ。
ハーレーダビッドソンという高濃度なアメリカが
極東の島国のおじさんたちの間に何の違和感もなく
しっかり根を下ろしている瞬間を見た気がした。

2012年03月18日

予定のない旅支度

etc阪神高速が二輪車のETC車載器取り付けに
5,000円助成してくれるキャンペーンを
3月いっぱいまで延長実施中ということで
というかそれを理由にしてETCを取り付けた。
価格が安いアンテナ一体式を選んだことで
シンプルなハンドル周りに無愛想な「箱」が付いた。
籠の鳥のような毎日を送る持ち主の私をよそに
オートバイだけが旅支度を整えてゆく。
ETCゲートをいくつも越える長い旅を夢見て。

2012年03月03日

人生最大のアメリカ製品

48_01私の貯金を悲しいまでの残額にしてくれたモノが
今日、私のもとに届けられた。大型モーターサイクル
ハーレーダビッドソンXL1200X フォーティエイト。
私にとっては人生最大・最高額となるアメリカ製品だ。
月に数回徹夜仕事や休日出勤があって、毎日の帰宅も
日付が変わっているような下流の私にとって
余暇の象徴のようなこの製品と、どう暮らしていくのかは
全く見えていないのだが、私のこんな暴挙を最終的には
許してくれた家内に感謝しつつ、とにかく走り出そう。

2012年02月20日

喪失感 爽快感 期待感

hd先週末、私にとって大変大きな買い物の契約をした。
その時手金を打ち、今日残金を全額振り込んだ。
母親が亡くなった頃から東京赴任時代を含め
7年くらい、私にしては珍しく貯金をしてきた。
が、一瞬にして残高は悲しいほどの額となった。
銀行から会社へ戻る間、ちょっと涙目になる。
そんな自分の予期せぬ心の反応が面白い。
でもなんだか爽快だ。ここ数年自分を取り巻いてた
少し停滞気味の空気が、吹き払われる気がして。

2012年02月12日

タランティーノの映画愛

P1140663実生活はともかく、脳内ではリターンライダー状態が
先行中の今、「ヘルライド」という映画を観た。
私のイメージでは、仲間を殺された主人公バイカーの
ストイックで壮絶な復讐劇+ふんだんに登場する
アメリカンバイクとそのサウンド。のはずだった。
でいきなりディスクを再生した。油断していた。
画面に映し出されたのは異様なテンションの
暴力とセックス表現がふんだんに盛られた映像だった。
私は焦った。横に居た家内は一瞬驚愕の声を発し、固まった。続きを読む

simoon1965 at 21:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2012年01月10日

未開封だった昭和

ken01子供の頃から「健さん」がけっこう好きだった。
東映のヤクザ映画はテレビでよくやってたし
TVCMにも結構出る人だったので、子供にとっても
意外に健さんは露出度があったんだと思う。
ファンとかそういうのじゃなく、私の中では
日本人として漠然と惹かれる唯一のキャラだった。
そんな高倉健を横尾忠則がアートディレクションした
写真集(のようなもの)を最近偶然見つけた。
半日くらい迷ったが、やはり買うことにした。続きを読む

simoon1965 at 01:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2011年12月26日

一夜限りの高校生

tsuboi_hyk12月23日 夜も更けた午後9時、私たち一家は
京都御所の向かいにあるKBS京都にいた。
KBS京都創立60周年記念
『復活!!つボイノリオのハイヤングKYOTO』の
公開放送を見るためであった。
高校時代大きな影響を受けた深夜ラジオの巨人が
ほぼ30年ぶりに一夜限り深夜の京都に復活する。
私も当時つボイ氏に差し入れに来て以来、
ほぼ30年ぶりにKBS京都にやってきたのだった。続きを読む

2011年12月12日

よくがんばりました。

delta01一週間前に東京長期出張が終わった。
ホテル暮らしは結局6週間にもなった。
帰還後の一週間は体の奥からじわじわ出てくる
東京勤務の蓄積疲労でかなり辛かったが
ちょっと時間を作って免許試験場に向かう。
今回は免許の更新ではなく「交付」。
ちょうど20年ぶりに免許がひとつ増えた。
受け取った新しい免許証には「大自二」の文字と
まだ麻痺が残る非対称な自分の顔写真があった。続きを読む

2011年11月21日

男として山の神に祈る

nisoto01東京支援は継続中で、平日ホテル暮らしが続いている。
ま、それはそれとして、地元ネタを。
以前このブログでも触れたが、京都のわが家のすぐ前に
来年京都第二外環状道路という高速道路が開通予定で、
今年に入って本格的に工事が始まっている。
この週末、地域の人たちに工事現場を見せてくれた。
普段は入れない現場もなかなか見応えあったが、
工事関係者の方々がまるでホテルマンのように
見学者たちをもてなす姿が印象的だった。
続きを読む

2011年10月28日

夢から醒めて

sibuya東京事務所の作業が溢れていて、急に月曜から東京となった。
今回はホテル暮らしの週末戻りで、場合によっては
一ヶ月くらいの東京作業になりそうである。
顔の麻痺もまだ半調、今は耳鳴りの方もひどいんだが
そんな自分の不調を気にする事さえ面倒くさい。
単身赴任を終えてから1年半、実は一度も東京事務所に
行くことはなかったのだが、渋谷に降り立つと
すべてが昨日の事のようで、むしろ京都に戻った事の方が
永くて幸せな一夜の夢だったのではと思えてくる。

2011年10月12日

元プラモ少年の記憶

martini私の住む京都の外れの田舎にも西友がある。
コンビニを拡大したような淡々とした店内だが
妙に癒されるゆるい空気があって、なかなかよい。
東京時代、吉祥寺の西友にもよく行ったが
同じ匂い、同じゆるさがあって驚いたものだ。
そんな西友で買い物をしていた私の視界の片隅に
遠い過去に強く焼き付いたあるグラフィックが
映ったような気がした。足を止めてそれを手に取る。
それはシャンパンのボトルだった。続きを読む

simoon1965 at 00:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!思うこと | 食ネタ

2011年09月26日

ルーカスの天守閣

swブルーレイ版「スターウォーズ」が当家にも届く。
世界中の猛者ファンたちに比べれば
私などはファンでも何でもないだろうが
遥かレーザーディスクの時代より20年、
映像形式に翻弄され、ルーカス商法に翻弄され、
信者のように従順に買い揃えたソフトは数知れず。
積み上げると写真のような高さとなった。
「地獄の黙示録」の時以上に余裕の笑みを浮かべる
家内の視線を背後に、少しずつ鑑賞を進める。続きを読む

2011年09月12日

悪魔と悪魔の取引き

an長年にわたり何度も観る映画というのがある。
うまく説明できないが、時々思い出したように
行きたくなる馴染みのうなぎ屋みたいな。
この「地獄の黙示録」もその一本かも知れない。
十代の頃から繰り返し観て、おまけにソフトも
レーザーディスク、DVD、特別完全版DVD、そして
今回のブルーレイと、ご丁寧に買い替えを繰り返し
製作された時代から時間が経つにつれて次々と
より高画質・高音質なあの狂気が手元にやってきた。
続きを読む

2011年09月05日

機械のように故障して

yusaku顔の左半分が動かなくなった。
病院でステロイドの入った薬を処方されたが、
顔は一向に動き出す気配がない。
人間の体は時にこんなにも機械的に壊れるのだ。
生きながら伝説になりかけていたような人間でさえ
目に見えない癌細胞のせいでその存在も消え去る。
発売から一年以上経ってやっと手にした松田優作の
ドキュメント映画を少し低いテンションで眺めながら
そういうことを考えていた。

2011年08月16日

逆輸入されたKUROSAWA

P1130639お盆休みに届くように逆算して
ニューヨークの通販サイトに発注した
ブルーレイディスクが届く。
以前ここで紹介したクライテリオンレーベル
今回はついに黒澤作品三本である。
日本映画の北米版をわざわざ通販で買うという
私の奇行も家内は「もう慣れたよ」といった
余裕の笑みで見守ってくれるようになったが
真の理解を得られているわけではないと思う。
続きを読む

2011年08月13日

ヤマタツとタカナカ

y&t我々の世代、かつて夏といえばのこの二人。
山下達郎と高中正義がこの夏、新譜を出した。
同じ夏に二人ともリリースするなんて
なんて「験のいい」夏だろうと私などは思う。
盆休みの初日、ずいぶん久しぶりに店頭にて
音楽CDを買う。そう、彼ら二人のCDだ。
視聴もレビューチェックもすることもなく
新譜が出たら即買う。近年私の中では
そういうミュージシャンが少なくなった。続きを読む

2011年08月09日

門前のドラム小僧

IMG_0574部活ではリアル金管の道を突き進む息子であるが
個人的にはドラムをやってみたいという。
訊けばすごくうまいパーカッション担当の先輩がいて
その鮮やかなドラム演奏を毎日毎日至近距離で見ながらも
部内の規律で担当外の楽器に触れる事は御法度。
ドラムを叩いてみたい欲求だけがどんどん膨らんでしまったと。
ちょっと調べてみるとドラムの個人練習ができるスタジオを発見。
家内が電話で空き時間を調べ予約を入れてくれて、
猛暑の土曜日は親子で初の生ドラム体験デーとなった。続きを読む

2011年08月04日

傷んでゆく「餅」

P1130612この地に来て35年。ずっとのどかだった風景は
けたたましい工事の騒音と共に一変した。
京都第二外環状道路と呼ばれる高速道路が
当家の目の前を通ることになったのである。
蛍の来る川は崩され、橋脚は見る見る生えて、
山はトンネルで容赦なく貫かれてゆく。
毎日窓からこの光景を見るたびに
人間の営みは餅の表面に生えたカビと
なんら変わらんなぁと思うのであった。

2011年07月18日

聖域に招かれた2作品

ctアメリカに「クライテリオンコレクション」という
映像ソフトのレーベルがある。
名作と呼ばれる映画作品を独自の厳しい基準で
テレシネ&デジタル修復・色調整を施し、
魅力的な映像特典とともにリリースする。
私もレーザーディスクの時代から存在は知っていたが
ブルーレイの時代になった今、ようやく手にした。
そのクオリティへの興味、それと私が欲しかった映画が
現在クライテリオン版しかないという事情もあった。
続きを読む

2011年07月04日

報道写真的「スリラー」

mjbook01もう没後のマイケル商法には乗らないぞと
思っていながら、また乗ったのだろうか。
書店で見つけた立派な写真集を買ってしまう。
値段も立派、重さも立派、全冊透明ラッピングで
中身は見られない、でも表紙デザインが
大直球で「没後商法」っぽくなく好感度が高い。
数秒悩んだが、結局買った。
その立派な重さを右手に感じながらの帰り道は
意外と中身に期待している気分であった。続きを読む

2011年06月13日

当家はリアル金管時代へ

spectrum息子が中学生となりクラブ活動に吹奏楽部を選んだ。
わが家史上初「リアル金管時代」がやってくる。
なぜリアルかというと、30年前、私の脳内に
バーチャルな金管時代がやってきたことがあった。
E.W&FやChicagoなど、ブラスロックといわれる
サウンドの流れを日本から発したバンド、
「SPECTRUM(スペクトラム)」に心酔していた頃だ。
近年発売された彼らのDVDなどをさりげなく
見せてはみるが、息子のリアクションは少々薄め。。


2011年05月23日

不老不死の大女優

lambo_01清水草一氏最新のDVD、
通販サイトのキャッチコピーはこうだ。
「虎穴に入らずんば虎児を得ず。
敵を知り己を知れば、百戦危うからず!!
大乗フェラーリ教開祖・清水草一が、
仏敵・カウンタックを購入した!
敵をわが物にする荒行によって、
いまカウンタックの真実が明らかになる!!」
…で、DVDは当家にもやってきた。
続きを読む

2011年05月05日

京都 聖宝講のみなさまへ

ohmine2011本山修験宗聖護院門跡 京都 聖宝講の
平成二十三年度 大峰山入峰修行の模様を
下記ギャラリーにて公開しております。
尚、今まで旧ギャラリーに置かれていた
写真も下記ギャラリーに統合いたしました。
過去の写真すべてが一覧していただけます。
ご家族の皆様と楽しんでいただければ幸いです。
よろしくお願いいたします。
http://gallery.me.com/simoon1965

2011年04月25日

余計なことはしなかった

hanji01遠い遠い昔やっていた印象に残るテレビ時代劇がある。
豪腕の浪人とおバカキャラの渡世人が、ケンカしたり
悪者を懲らしめたりしながら旅を続ける道中モノだった。
二人には色々妙な癖もあったりして、そのちょっと
異質なコミカルさが、脳裏に焼きついている。
特に片方の渡世人「焼津の半次」の印象が強烈だ。
最近、その半次を演じた品川隆二という俳優さんの
インタビュー本を古書で手に入れたのであるが
意外な事実が書かれていたのであった。
続きを読む

simoon1965 at 02:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!