2006年10月29日

大詰めJリーグ!

残り5節のJリーグ。
詳細に書くと長くなるので、ざっとあれこれ書いてみる。


首位争い
浦和
磐田相手にこけて面白くなってきた。
ワシントンはやばいけど、攻撃はそれだけ。
守備が安定しているのは強みだが・・・

G大阪
今日の清水戦は3−0だが、内容は接戦。
清水自体の強さもあるが、パスの回りが悪いのが気になる。
遠藤不在はあまりにも痛い。

川崎
いい位置にいるが、まだ絶対的な強さはない。
最後まで優勝争いに絡むだけでも、御の字だろう。



九州勢
大分
今日鹿島に勝ち、5位以内も見えてきた。
昔を思えば感動的な飛躍。
若い選手も多く、これからが本当に楽しみ!

福岡
新潟に勝ち、先日の鹿島戦に続き連勝(今期初!)
この前磐田にも勝ったし、やればできるじゃん!!!
残念ながらすぐ上の広島が勝ち始めたため、降格争いは免れないが、なんとか入れ替え戦の順位くらいはキープしてほしい。
そして、もちろんJ1残留を願う。

鳥栖(J2)
J2得点王争いでトップだったエース新井の怪我が本当に痛い。
(怪我の間に得点ランキングも2位に)
昇格は無理だが、来期に向ける戦いを続けてほしい。
新井はまだ若いので代表すら狙える。
選手、チームともにこれからに期待!
  
Posted by simotaka_soul at 19:26Comments(0)Jリーグ

2006年10月12日

草サッカー?@インド戦

転がしたボールが急に跳ねる。
照明が突如消える。
犬がグラウンドを走り回る。

とてもプロの代表戦とは思えないような環境だった。


さて、今回のインド戦は消化試合ということもあり、気の抜けたような試合になった。
特に前半、ゴール前1メートルでの播戸の空振りをはじめとする決定力のなさはひどかった。
先制点の場面も
巻の空振り→播戸も当たりそこなう→GKタイミングを逃しゴールへ
という情けないものだった。

いくらピッチの状態がひどいとは言え、プロである。
少なくとも、トラップくらいはしっかりと収めてほしいもの。
ところが目の前で軌道が変わると急に右往左往してしまう。

世界的な選手はこのへんの瞬発力がずば抜けている。
目の前でDFに当たっても、即座に反応しようとする。
頭よりも早く体が反応するのだろう。
逆に日本の選手は一瞬見てしまい、硬直の時間ができる。
小さな差だが、サッカーはこういうところが大きな差になるのだ。

日本の選手はそういったところも含め、悪い意味でお行儀がいい。
逆に播戸のアグレッシブさは、昔のドーハ組を思い起こさせ気持ちが良かった。
残念ながら技術もドーハ組の中山のごとし、だったが・・・


思えば日本の教育からして、問題なのかもしれない。
昨今の学校はがんばったならそれでいい的な風潮が蔓延してる。
まぁ、アマチュアならばそれでいいかもしれない。
しかし、彼らはプロなのだ。
サラリーマンですら、業績で評価される。
その何倍も給料をもらっている彼らが勝負にこだわらなくてどうする!

これはサッカーだけの話ではない。
幼少期から、しっかりと勝ち負けに対する意識づけを行うべきだ。
勝てば官軍、それが世の中の常識なのだから・・・

さぁさ、誰もこの話にくいついてきてないやzzz
話をインド戦に戻そう。

残念ながらガーナ戦と違い、今回は相手や環境もあって、収穫に乏しかった。
オシム監督や川渕キャプテンといったトップの人間が、この試合に警鐘を鳴らすのも当然だ。
まぁ、大会の予選だから試合自体に文句を言ってもしょうがない。

ただ、この程度の相手にあの内容では寂しすぎる。
選手たちには、アジアトップとしての誇りをもって、今後試合に臨んでほしい。  
Posted by simotaka_soul at 22:37Comments(0)日本代表

2006年09月07日

もやっと!イエメン戦

やっぱりすっきりしない勝ち方。
ダラダラ攻めて、終盤放り込み。
結果的に終了間際に劇的な得点で勝利。
選手こそ変われど、中身はジーコ体制と大差ない。

例えば後半、我那覇を入れたのに、クロスが入ってこない。
ベンチからクロスの指示を飛ばすが、なかなかサイドをえぐれない。
この場面、ウイング的な選手を入れ、ドリブル突破させることも一考だ。
ベンチにいた選手では梅崎だろう。
ところが、梅崎が出たのはロスタイム。
あまりに遅い。
(結局交代しようとしている間に得点)


そういった戦術的なこと以前に、あれだけ疲れた選手が多いのだから、フレッシュな選手はどんどん入れるべきだろう。
まさか、オシム監督も酸素の薄さと暑さにやられたわけではあるまい。

たしかにサウジ戦よりは進歩した。
終盤のパワープレーで、どんどんクロスを放り込んだ点もそれだ。
しかし、仮にもプロなら(というか思考のできる大人なら)その程度のことはできて当たり前。
評価の対象にはなるまい。


今の日本代表は個々がいろいろなことをやろうとしすぎて、持ち味を出せていないように見える。
もしかすると、全員サッカーの過渡期ということなのかもしれない。
しかし、これがそのまま続くようなら、オシムに監督を任せた意味がまるでない。

次のガーナ戦(10月4日)で代表5戦目。
そろそろ変化が出始めてもいいころだ  
Posted by simotaka_soul at 20:18Comments(0)日本代表

2006年09月04日

久々の対サウジ、敗戦


好機は作れど、カウンターに沈む。
サッカーでは、特に決定力のない日本代表では珍しくない試合。

この試合後、オシム監督は会見で雄弁に語っている。
非常に考えさせられる部分もあるので、興味のある方は一読願いたい。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/soccer/japan/kaiken/200609/at00010496.html


点ではなく線で見る、線ではなく面で見る。
このことはスポーツのみならず、重要なことである。

日本の失点、それ自体は見方DFに当たったボールが相手に渡るという不運なものであった。
しかし、失点にいたるまでの過程でミスは少なからずあった。

・サイドに気を取られ中を空けてしまったこと
・中に渡った後、中途半端に前をあけた事
・ボールばかり見て、人につき損なったこと
etc・・・


普段の代表戦の中継では、このような失点を不運で片付け、その後語りたがらない局も多い。
テレ東の中継では前園らがしっかりとその前のプレイについて反省点を語った。
さすがは元プロだ。


うまくいかない時、それを運のせいにして忘れるのは楽だろう。
しかしそれでは進歩がない。
成長するのには痛みが伴うものである。

シモタカ式選手論評 (左端数字は採点)

GK 川口能活  5
不安定な時の彼が出た。
相手へのパス、中途半端なパンチング・・・迷いがあったか?

DF 坪井慶介  6
おおむねミスはなかった。
相手の攻撃を無難に処理。

DF 加地亮  7
この日の試合で一番輝いた。
1人来ようが2人来ようが突破する。
ずいぶん頼もしくなったものだ。

DF 駒野友一  5.5
守備でそれほど危ない場面はなかったものの、攻撃に貢献できず。
クロスが売りのはずが、代表に来るといつも不正確。

DF 田中マルクス闘莉王  6
高さを発揮。
後半の攻め上がりは、味方の意思疎通を欠き空回り。

DF 三都主アレサンドロ  6
左を突破し、好クロスを供給。
後半は次第に存在感がなくなった。

MF 遠藤保仁  6.5
散らしのパス、飛び出し、シュートと幅広く貢献。
得点につながらなかったのは残念。

MF 阿部勇樹  5.5
特に目立つ失策も活躍もなし。
前線にもっと絡んでほしい。

MF 鈴木啓太  6
サウジの攻撃をことごとく止める。
ただ負担が多すぎ、疲れがでて交代。

FW 巻誠一郎  5
前線で体をはるもペナルティエリア内で存在感出せず。
幾度かあったヘッドのチャンスも生かせず。

FW 田中達也  5
再三突破を試みるも、つぶされる。
シュートを打つ姿勢はいいが、入らない。

控え選手
FW 佐藤寿人(後半21分⇔田中達也) 5
不振の達也に変わるも攻撃に絡めず。
結局シュート0に終わる。

FW 我那覇和樹(後半29分⇔巻)  5.5
失点後投入も、相手に引かれ、苦しむ。
クロスの本数が少なかったこともあり、活躍できず。

MF 羽生直剛(後半36分⇔鈴木啓太)  6
少ない時間ながら、精力的に攻める。
もう少し見たかった。


監督 オシム  5.5
後半流れを取り戻せず。
羽生の投入は遅すぎた感もある。  
Posted by simotaka_soul at 22:47Comments(0)日本代表

2006年08月31日

九州の星、大分

今日は大分VS浦和という熱い試合。
にしても近頃の大分は強い!
まさにシャムスカマジック!!
九州人としては嬉しい限り♪

はやく鹿児島にもJのチームができないかなぁ。。。
がんばれヴォルカ鹿児島!!!


さて、今日の試合でも浦和相手にいい試合するんではと思ってたら、なんと2−1で勝ってしまった!!!
しかも互いに攻めあっての勝利。
(終了間際はバテバテだったが・・)

信じられない。
九州のチームが優勝候補相手に力勝負するなんて。
気がつけば6位。
今日の試合も死力を尽くしての激闘は感動の一言。
嬉しさのあまり涙がでそうだ。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン


今の大分はよくまとまったいいチームになっている。
走り続ける全員攻撃、全員守備のサッカーはオシムの千葉ともよく似てる。

大きな違いは2つ。
1つ目は外国籍選手の使い方。
千葉は縦のラインに並べているが、大分はボランチの横のラインに並べる。
精力的な動きと技術を併せ持つトゥーリオとエジミウソンの2人が、攻撃時には押し上げ、守備時にはディレイとうまく機能している。

2つ目は・・・やべ、書いてるうちに忘れちゃった。
試合見ながら考えてたのにな。
年かorz


ちなみに大分は若手もうまく育っていて、今後にも期待が持てる。
GKの西川は代表候補とすら言われている。
身長こそないものの、瞬発力は特筆すべきものがあるし、キックも正確。
ユース時代にはフリーキックも蹴っており、数得点あげていた。

ルーキーコンビの梅崎、高橋はサイドハーフと攻撃的MFの中間のようなポジショニングを取り、ともに精力的にドリブルをしかける。
梅崎は19歳にも関わらず、鋭いドリブルと破壊力のあるシュートで浦和のDFを苦しめた。
このまま成長すれば、日本を代表する選手になっていきそうな雰囲気すらある。
また、高橋は豊富な運動量で右サイドを制圧。
頼りになる若手だ。


ただし、もちろん弱点もある。
チームが若いからか、勝ちなれていないからか、試合運びがつたない。
今日の試合でも終盤バタバタしたし、これまでの試合でも勝てる試合をいくども引き分けている印象がある。

また、決定力が非常に悪い。
高松、松橋ともにJではいいFWなのだが、最後のところで凡ミスが散見する。

とはいえ、個人的には大分はJ1に残っているだけでも嬉しい。
それが上位に食い込んでいるのだから、望外の喜びだ。
夏が終わっても、大分はまだ熱そうだ。  
Posted by simotaka_soul at 07:58Comments(0)Jリーグ

2006年08月16日

VSイエメン@アジア杯最終予選

就任2戦目、準備期間はほぼなし。
ということで、戦術的な指導はあまりできなかったのだろう。
寄せ集めのようなサッカーに終始し、セットプレイ以外ではチャンスすら少なかった。

イエメンはそれほど強くない国。
いくら全員守備で守られてるとは言え、もう少しチャンスを作って欲しかった。


そんな中で、オシムがこなした数少ない仕事はベンチワーク。
これはなかなか効果的だった。

まずは後半頭、サイドバック駒野に変えて攻撃的MFの羽生を投入。
攻めにこないイエメンを見て、守備を削り、攻めの選手を増やした形。
羽生はジェフでも豊富な運動量で、幅広く動き回る選手。
例えるなら森島か。

羽生の縦横無尽な動きにイエメンは手を焼き、徐々にスペースができる。
そこを田中達也らがドリブルでしかけ、ファールをもらう。
突破を図る日本選手を手足を駆使して止めるイエメン。
さながらサッカーVSラグビーのような構図だった。


その後、阿部が先制すると、すかさず中盤のつぶしや佐藤勇人を投入。
イエメンのカウンターに備え、セカンドボールを拾うべく守備的MF鈴木啓太と2人で走らせた。

結局、徹頭徹尾攻め続けた日本が2−0で勝利をものにした。
国内だけの召集、準備期間の短さを鑑みると、及第点の点差だろう。


ただ、課題も当然ある。
力量で劣るイエメン相手に、ほとんど放り込みでしか攻めなかった点だ。
連携や戦術を整備し、相手の守備陣を崩さねばサウジにすら苦しむだろう。

ちなみに今回、その点をクリアするための手は打ってはいた。
前者の連携は守備に浦和、攻撃にジーコ代表時のメンバーを揃え対処した。
後者の戦術はジェフ時代の選手を多くそろえることで、浸透を促進しようとした。

もっともこれらは急場の策。
ずっとこのままでやっていくわけにはいくまい。
これからのオシムの指導に期待というところか。


最期によかった点をあげて締めくくろう。
それは選手のポジショニングである。
後半、点が欲しい時。
センターバックのトゥーリオは再三攻め上がり、チャンスに絡んだ。
また中盤も羽生やサントスらが左右に動き回り、スペースを作ろうとした。
もちろん、空いたスペースは他の選手がカバーに入り隙をつくらない。
これらは前の代表ではあまり見られなかった光景である。


ひとまずイエメンにはこのムービングフットボールは成功した。
まだ上のレベルでは通用しないだろうが、方向性は見えてきた。
これがいかに熟成されるか。
やっと代表戦が楽しみになってきた。  
Posted by simotaka_soul at 21:57Comments(0)日本代表

2006年08月15日

阿鼻叫喚灼熱地獄

今朝のこと、いつも通りギリギリに起きてネットつけながら準備。
・・と急にネットが切れる。
よく見れば、PCの充電も止まってる。
周辺機器の接続がまとめておかしくなったか?
(修理から戻ってきたばっかだし)
しかし、マウスだけは問題ない。

はて?と思い、PCを消しトイレへ。
・・・電気がつかない。
まさか停電!
ブレーカーを見ると上がってる。
そらそうだよな、何も電気使ってないのに。
ってことは、マンション全体?
ってことは・・・・

ガビーン Σ(゚Д゚)
やっぱりエレベーターも止まってるorz
8階からえっちらおっちら階段で降りる。
まったくめんどくさい。


JRで渋谷まで行き、たまプラーザに向かうため、田園都市線へ。
おや?改札がバタバタしてる。
もしや、電車止まってる?
ラッキー!!のんびり行けるよ♪

とのんきなことを考えていたのもつかの間。
なんと、停電が起こっているというアナウンス。
へ〜、こっちも停電なのか、偶然だなぁ。
(まだ東京中停電と知らない)

なんでも地下街の電気も消える恐れがあるらしく、外に出て待つようにと勧告している。
ちょっと楽しくなってきたぞ、ワクワク♪

とりあえず、遅れることは伝えないとな。
同期のひっつーに連絡。
オレ「お〜、電車止まっちまった。そっちは?」
ひっ「横浜に向かう途中だよ。」
オレ「横浜???」
ひっ「今日、会社の朝礼じゃん。」

忘れてたぁぁ!! ガ━━(゚Д゚;)━━━ン!!!!!

運良くここは渋谷。
すぐに東横線へ向かう。
あれ?こっちも止まってる??
(ようやく全体的に停電になっていると知る・・)

まぁ、いいや。
じゃあ急ぐこともない。
のんびり行こ〜っと。
もうちょっと止まってくんないかなぁ。


だが、東横線は強かった。
オレが着いてから5分ほどで動き出す。
運良く通勤快速で座れたオレ。


運良く・・・そう思ったのもつかの間。
ここからがつらかった。
まず、電気節約のため、車内の冷房がオフにされた。
ι(´Д`υ)アツィー

隣のおっさんが扇子であおぐ。
風とともに加齢臭が・・・

すぐ隣の車両で人が倒れた。
運び出され、寝かされている。
意識がない模様。

それも仕方ない。
なにしろ暑い・・いや熱いのだ。
オレのハンカチも汗ですっかりビショビショ。


かろうじて横浜に着いたころには朝礼は終了。
すぐに出向先のたまプラーザに向かうことに。
さすがに疲れたので、同期とこっそりコーヒーブレイク。



しかし、思う。
朝でよかったものだと。
もし夜だったら。
そこらが真っ暗になり、もっとパニックになっていただろう。
あっ、でも暑さは少しマシなのか。
う〜ん・・・
とりあえず、電気は大事だ。  
Posted by simotaka_soul at 00:50Comments(0)日常のこと・・

2006年08月10日

トリニダード・トバゴ戦〜オシムジャパンの始まり

互いに主力が出ず、レベルが高いとは言いがたい試合だった。
特に相手のトリニダード・トバゴ(以下T・T)はまったく攻めに迫力なし。
とはいえ、先日も書いたように無理やりねじ込まれた試合だから仕方ないか。


選手個々に目を向けると、サントスに触れないわけにはいくまい。
本来の中盤左サイドで躍動。
以前オシム自身が、「サントスを使うなら後ろにディフェンシブな選手を置く」と述べていたが、まさにその通りの配置。
そしてそれがはまった。
左SB駒野が後ろを守ることにより、守備から開放。
クロスはイマイチ合わなかったものの、2点目の飛び出しは見事だった。

また、2点目の駒野のアシストも見逃せない。
攻撃に出る機会は少なかったが、隙をついたいいクロスだった。


FW陣は不発。
田中達也はスペースを見出せず、特徴を出せなかった。
我那覇は体の強さを見せたが、ゴール前で生かせず。
佐藤は終盤のビッグチャンスを逃してしまった。


中盤に目を移すと、山瀬が技術の高さを発揮。
しかし、久しぶりの試合のためか後半は完全に失速。
長谷部はなれない右サイドで悪戦苦闘。
鈴木啓太は中盤でのフィルタリング機能を向上させたが、反面攻撃には絡めず。
とはいえ、彼は昨日の試合で活躍した一人だろう。
小林大吾は随所に光るところを見せたが、まわりが疲れていたこともあり、チャンスになかなかつながらなかった。


ざっと振り返ってみたが、控えGKと2日前に試合をした青山以外全選手出場。
今はまだ選手の見極め段階であって、チームとしての話はできない。

まだ始まったばかりのオシムジャパン。
試運転を終え、走りだすまでにどこまで加速できるか。
ただただ楽しみである。  
Posted by simotaka_soul at 19:40Comments(0)日本代表

2006年08月07日

船出はやっぱりゴタゴタで

国民の期待を一身に背負った日本代表オシム監督。
水曜はいよいよ初試合のトリニダードトバゴ戦。

が、やっぱりゴタゴタは起こる。
A3や親善試合の関係でガンバ大阪、ジェフ千葉、鹿島、新潟、大分の選手を招集できなかったのだ。
さらに五輪代表の試合もあり、21歳以下の選手も呼ぶことはできない。

このことに激怒したのか、オシム監督の最初の招集メンバーはたったの13人だった。
協会への皮肉か、お灸か。
ともかく前代未聞の出来事である。
結局、後日オシム監督が5人を追加し、18人という体裁は保ったものの、協会の面子はつぶれかけた。


そもそも、この試合に意味はあるのだろうか。
代表監督が決まる前から、試合が決まり、肝心の選手も満足にそろえられない。
相手のトバゴもW杯に出場した選手は、たったの4人しかいない。
意味のない試合と言われても仕方ないだろう。

たしかに代表戦は客が入る。
だからと言って、目先の金儲けのために無駄な試合を組んでばかりいても、選手の疲労とファン離れが増すばかりだ。
日本協会は日本を強くするということが第一目標である。
断じて金儲けではない。  
Posted by simotaka_soul at 21:35Comments(0)日本代表

2006年07月24日

セリエスキャンダルまとめ

ごちゃごちゃあった、今回のセリエ騒動を総括。
煩雑ではあるが、欧州サッカーを揺るがした大事件ゆえ、興味ある人には正しい知識を知ってほしくまとめてみた。


まずは現時点での(おそらく控訴しても無駄)処分の内容から。

ユベントス
セリエB降格、勝点30マイナスでスタート。
04〜05、05〜06の優勝剥奪。

フィオレンティーナ
セリエB降格、勝点12マイナスでスタート。

ラツィオ
セリエB降格、勝点7マイナスでスタート。

ミラン
セリエA残留、勝点15マイナスでスタート。
チャンピオンズリーグ出場権剥奪。



この騒動は審判操作という事件を経てのものだが、それぞれの立場は大きく異なる。


中心にあるのはユベントスの元GMのモッジ、そして元取締役のジラウドだ。
イタリアでは前々から、「ユーべに審判が味方している」という噂が多々流れたが、今回それが単なる噂ではないことが証明された。
この2人はいくどもユベントスに対して有利な判定をするように圧力をかけたり、審判を指名していたという。
さらにそれだけでなく、自分たちのチームに不利な判定をした審判(レジーナ戦でのパパレスタ主審)を監禁した容疑にも問われている。
もはやマフィアのやり口である。


これに対し、ラツィオとフィオレンティーナの立場はやや異なる。
ともに降格を避けようと、ユベントスのシステムと戦ったのである。
しかしそのやり方がまずかった。
両チームとも、自分たちに都合の良い判定をしてもらおうと工作したのだ。
そのためユーべと共に、被告の席に立つことになってしまった。
毒を持って毒を制そうとした、典型的な悪例である。


一方、ミランも似た立場にあった。
彼らもユベントスのシステムと戦おうとしたのである。
とはいえ、その戦い方は前の2チームとは大きく異なる。
直接、審判委員会の上層部に講義したり、信頼できる審判の起用を交渉していたのである。
ユベントスのシステムと戦うためとはいえ、直接的なこの行動はある種の圧力と見られ、連座させられたのである。
とはいえ、ミランは自己の権利を守るための行動、かつ行ったのが委託している外部の人間(メアーニ)であったため、処分はかなり軽くなっている。


以上がセリエスキャンダルの概要である。
W杯優勝という祭りも、おかげでしめやかなものになってしまった。
この影響でマーケット、株式にも大きな影響が出てきている。
果たして、これからセリエは信頼を取り戻して行けるのだろうか?

参考文献
サッカーダイジェスト:アルベルト・コスタのレポート
エルゴラッソ
他多くのウェブサイト  
Posted by simotaka_soul at 21:58Comments(0)世界のサッカー事情