デトックス特集(毒抜き食材 

今日は毒素排出食材のご紹介です。
デトックスの基本はマッサージ・ストレッチ・そして一番大きな割合を占めるのは
食生活です。
そのためには今の貴方にとって何を食べると良いのか、効能等も含めご参考になればと思います。
まずは調理方法より大切な食材のご案内です。

☆体内にある毒素を封じ込める効果☆
毒素を封じ込めるというのは、毒素を栄養素が挟み込み、体内に吸収できなくなるようにすることです。
このような反応を「キレート作用」といいます。「キレート」とは、ギリシャ語で「カニのはさみ」を意味する言葉で、
それと同じように有害物質をしっかりと挟み込むことから、名付けられました。キレート作用で取り込まれた毒素は、体内に取り込まれることなく、便や汗、尿などの老廃物と一緒に排出されることになります
食材:あさつき〔硫化アリル)、アスパラガス(ケルセチン)、ニラ(硫化アリル)、パセリ(ケルセチン)

☆毒素の無毒化をサポートする効果☆ 
もともと人間は体内に解毒機能を最初から持っています。
肝臓や腎臓では、解毒作用をもったタンパク質が働いており、そこで水銀や鉛、カドミウムなどを無害化しようとしています。この働きを助けてくれるのが有用ミネラルである亜鉛です。
 また有害金属を無毒化する成分として、セレンがあります。こちらは、亜鉛と違い、体の解毒機能を助けるのではなく、自らが無毒化を行います。
セレンは発ガンを抑える物質としても注目されています
食材:牡蠣(亜鉛)、マグロ(セレン)、レバー(亜鉛)、にんにく(セレン)

☆体内から毒素を追い出す効果☆  
体内から毒素を排出する一番の方法は、便として排出することです
そのため、便通を良くすることでお馴染みの食物繊維が重要な役割を持っています。食物繊維は、腸内の毒素を吸着しながら移動していき、最後に便となって排出されます
イヌリンやアルギン酸といった水溶性の食物繊維は、特にこの働きに優れています。また食物繊維には、腸内環境を整えて善玉菌が成長しやすくなるという効果もあります。
食材:ごぼう(イヌリン)、海藻(アルギニン酸)、りんご(ペクチン)、こんにゃく(マンナン)


デトックスが日常的な今、最も重要な食材をあげてみました(^_^)
これをご参考にされて、それぞれの効果が期待できるような調理をしてみて下さいね。

Posted by simple_beauty at January 13, 200623:16│
Comments(0)TrackBack(0)

この記事へのトラックバックURL